目次
登場人物
登場人物
地図
畿内
河内とその周辺
勝竜寺城の夕暮れ
勝竜寺城の夕暮れ 1
勝竜寺城の夕暮れ 2
勝竜寺城の夕暮れ 3
勝竜寺城の夕暮れ 4
勝竜寺城の夕暮れ 5
足軽の跳梁
十一年にわたるいくさ
十一年にわたるいくさ 1
十一年にわたるいくさ 2
十一年にわたるいくさ 3
十一年にわたるいくさ 4
十一年にわたるいくさ 5
ひとりぼっちの阿修羅
ひとりぼっちの阿修羅 1
ひとりぼっちの阿修羅 2
ひとりぼっちの阿修羅 3
ひとりぼっちの阿修羅 4
ひとりぼっちの阿修羅 5
さらば都よ
さらば都よ 1
さらば都よ 2
さらば都よ 3
さらば都よ 4
さらば都よ 5
つかの間の静寂
つかの間の静寂 1
つかの間の静寂 2
つかの間の静寂 3
つかの間の静寂 4
つかの間の静寂 5
つかの間の静寂 6
河内討伐の足音
河内討伐の足音 1
河内討伐の足音 2
河内討伐の足音 3
河内討伐の足音 4
河内討伐の足音 5
国をかけた商い
国をかけた商い 1
国をかけた商い 2
国をかけた商い 3
国をかけた商い 4
国をかけた商い 5
知略をつくした攻防
知略をつくした攻防 1
知略をつくした攻防 2
知略をつくした攻防 3
知略をつくした攻防 4
知略をつくした攻防 5
知略をつくした攻防 6
知略をつくした攻防 7
無明の闇のかなたに
無明の闇のかなたに 1
無明の闇のかなたに 2
無明の闇のかなたに 3
無明の闇のかなたに 4
荒野鬼神大将
荒野鬼神大将 1
荒野鬼神大将 2
荒野鬼神大将 3
荒野鬼神大将 4
護国法会の唄声
護国法会の唄声 1
護国法会の唄声 2
護国法会の唄声 3
護国法会の唄声 4
護国法会の唄声 5
結願満了の日
結願満了の日 1
結願満了の日 2
結願満了の日 3
結願満了の日 4
神兵降臨
神兵降臨 1
神兵降臨 2
神兵降臨 3
河内十七箇所
河内十七箇所 1
河内十七箇所 2
河内十七箇所 3
河内十七箇所 4
幕府軍の崩壊
幕府軍の崩壊 1
幕府軍の崩壊 2
幕府軍の崩壊 3
幕府軍の崩壊 4
幕府軍の崩壊 5
新たなる旅立ち
新たなる旅立ち 1
新たなる旅立ち 2
新たなる旅立ち 3
新たなる旅立ち 4
仏法、王法の敵
仏法、王法の敵 1
仏法、王法の敵 2
仏法、王法の敵 3
明応の政変、そして
明応の政変、そして 1
明応の政変、そして 2
明応の政変、そして 3
明応の政変、そして 4
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

7 / 88ページ

試し読みできます

勝竜寺城の夕暮れ 4

 応仁二年十一月二十三日、足利義視が西軍の将軍に就任した。西軍にも幕府が誕生したのである。
 兄である足利義政の反応は、義就の予想以上だった。
「義視坊主め。予の恩を忘れたのか」
 もちろん斯波義廉、山名宗全など西軍諸将にたいする怒りも半端なものではない。義視以下西軍に加わっているものの官位をすべて剥奪するとともに、朝廷から治罰の綸旨を発布してもらった。
 義政はもともと弟を、無条件に将軍にする気などなかった。次期将軍であるなどと勘ぐっている者がいたのは知っている。だが自分はまだ三十才を越えたばかりである。弟の義視に将軍を譲るはずがないことは、常識で考えれば分かるはずである。それにもかかわらず将軍を僭称するというのは、明らかな叛乱である。決して許すことはできない。
 義政が怒り狂っていると聞いて慌てたのは、当の斯波義廉たちである。義視を仮の将軍にしなければならないほど困っている。その気持ちを義政に分かってもらいたい。そんな風に考えている者も多かった。
(だから言ったのだ。だが今度こそ、決戦の機会が生まれるかもしれぬ)
 義就は、西軍の諸将にやる気がでてくるのを期待していた。

 

 


試し読みできます

勝竜寺城の夕暮れ 5

 京の南西、西岡でいくさの火の手があがったのは、五カ月後のことだった。西岡は細川勝元の地盤のひとつである。西岡被官衆と呼ばれる地侍たちは、将軍の直轄軍としての役割もになっていた。そんな事情で、多くの地侍は東軍に加わっている。東軍が花の御所周辺しか押さえていないのに勢いを失わないのは、こうした山城の地侍たちの支援があったからだ。その西岡被官衆の中にも西軍に味方する者がいた。今度のいくさは、西軍に味方する者を、他の被官衆が攻めているのである。
 攻撃がはじまってわずか三日後、畠山義就の軍勢が西岡に現れた。予想外の事態に西岡被官衆を率いる野田泰忠は仰天した。あまりの速攻に野田泰忠は敗れ、本拠である松尾の谷ノ堂も陥落した。
(西岡を制すれば、細川勝元は必ず助けにくる。その時が勝負だ)
 義就は、味方の諸将にも檄をとばした。今度こそ決着をつけるのだ。西岡の野で、東西の会戦が行なうのが望みである。
 僚友である大内政弘は、すぐに反応した。大内勢は摂津に攻め込み、細川勝元被官の城を抜いた。だが西軍の他の連中の動きは鈍い。これ以上足利義政を怒らせたくないという者までいる。
 だが西岡を占領され、摂津を席巻されているのである。細川勝元が、我慢できるはずがない。勝元さえ出てきてくれれば、勝負を賭けることができる。
(どちらも勝元の大事な地盤だ。東軍をあげて助けに来るだろう。こない筈がない)
 その期待は、結局はずれた。細川勝元は西岡を見捨てたのである。多少の援軍は送ったが、勝元率いる東軍の本隊が現れることはなかった。
 相国寺でかろうじて引き分けに持ち込んだものの、義就や大内政弘の強さは骨身にしみた。いくさで最も頼りにしていた安富元綱も失ってしまった。細川勝元には、義就や大内政弘と正面きって戦う気持ちはもうない。西軍の諸将が治める国々への攪乱と、政略で勝ちぬく。持久戦で、西軍を破るつもりだった。
 この後、西岡の地は大乱の終わりまで、畠山義就の支配するところとなった。摂津の諸城も、守護である細川勝元に見捨てられて、独自の道を歩むことになる。
 細川勝元という男は、いざという時に非情な決断をすることができる。上御霊社でも畠山政長を、いったんは見捨てた。今度も守ってやるべき分国を見放した。その意志の強さは、義就の及ぶところではない。それだけは確かだった。

 

 勝竜寺城の櫓に、義就はひとりたたずんでいた。今日も空しく暮れてゆく。一日の終わりが近づいていた。
 細川勝元の心に「決戦」という言葉はない。それはよく分かった。だからといって、奴はこのいくさを、どこへ持って行こうというのだろう。
 勝元だけではない。東軍の者たちの考えも、西軍の者たちの気持ちも分からない。いくさが果てしなく長引けば、誰もがたいへんな損失を被るはずだ。もう、ここまで来てしまった以上、乾坤一擲の勝負をするべきなのだ。
「戦わずして、なにが武士だ」
 義就は、大声をだした。だが、その声は夕暮れの山並みに、消えてゆくだけだった。

 

 

 

 

 


試し読みできます

足軽の跳梁


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)

読者登録

蒔田 尚之さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について