目次
登場人物
登場人物
地図
畿内
河内とその周辺
勝竜寺城の夕暮れ
勝竜寺城の夕暮れ 1
勝竜寺城の夕暮れ 2
勝竜寺城の夕暮れ 3
勝竜寺城の夕暮れ 4
勝竜寺城の夕暮れ 5
足軽の跳梁
十一年にわたるいくさ
十一年にわたるいくさ 1
十一年にわたるいくさ 2
十一年にわたるいくさ 3
十一年にわたるいくさ 4
十一年にわたるいくさ 5
ひとりぼっちの阿修羅
ひとりぼっちの阿修羅 1
ひとりぼっちの阿修羅 2
ひとりぼっちの阿修羅 3
ひとりぼっちの阿修羅 4
ひとりぼっちの阿修羅 5
さらば都よ
さらば都よ 1
さらば都よ 2
さらば都よ 3
さらば都よ 4
さらば都よ 5
つかの間の静寂
つかの間の静寂 1
つかの間の静寂 2
つかの間の静寂 3
つかの間の静寂 4
つかの間の静寂 5
つかの間の静寂 6
河内討伐の足音
河内討伐の足音 1
河内討伐の足音 2
河内討伐の足音 3
河内討伐の足音 4
河内討伐の足音 5
国をかけた商い
国をかけた商い 1
国をかけた商い 2
国をかけた商い 3
国をかけた商い 4
国をかけた商い 5
知略をつくした攻防
知略をつくした攻防 1
知略をつくした攻防 2
知略をつくした攻防 3
知略をつくした攻防 4
知略をつくした攻防 5
知略をつくした攻防 6
知略をつくした攻防 7
無明の闇のかなたに
無明の闇のかなたに 1
無明の闇のかなたに 2
無明の闇のかなたに 3
無明の闇のかなたに 4
荒野鬼神大将
荒野鬼神大将 1
荒野鬼神大将 2
荒野鬼神大将 3
荒野鬼神大将 4
護国法会の唄声
護国法会の唄声 1
護国法会の唄声 2
護国法会の唄声 3
護国法会の唄声 4
護国法会の唄声 5
結願満了の日
結願満了の日 1
結願満了の日 2
結願満了の日 3
結願満了の日 4
神兵降臨
神兵降臨 1
神兵降臨 2
神兵降臨 3
河内十七箇所
河内十七箇所 1
河内十七箇所 2
河内十七箇所 3
河内十七箇所 4
幕府軍の崩壊
幕府軍の崩壊 1
幕府軍の崩壊 2
幕府軍の崩壊 3
幕府軍の崩壊 4
幕府軍の崩壊 5
新たなる旅立ち
新たなる旅立ち 1
新たなる旅立ち 2
新たなる旅立ち 3
新たなる旅立ち 4
仏法、王法の敵
仏法、王法の敵 1
仏法、王法の敵 2
仏法、王法の敵 3
明応の政変、そして
明応の政変、そして 1
明応の政変、そして 2
明応の政変、そして 3
明応の政変、そして 4
奥付
奥付

閉じる


登場人物

試し読みできます

登場人物

          表紙は興福寺の阿修羅像
    【登場人物】
●畠山義就
当代一の名将。正義にこだわるあまり、孤立している
●袈裟
地下人あがりの義就の妻。
●修羅、乱
義就の嫡男と次男
●覚深上人
東寺にいた頃の義就の師僧。大酒飲み
●粗阿弥
紀州北山の筏師の頭。義就が逼塞していたとき世話になっていた
●楠葉西忍
混血の貿易商人。義就の知己
●越智家栄、古市澄胤
南大和の有力者。義就と同盟して大和支配をもくろむ
●大内政弘
周防(山口)守護。応仁の乱で、義就が唯一信頼していた
●足利義政
第八代将軍。宿老たちに翻弄され、政治に興味を失っている
●足利義視
義政の弟で副将軍格。応仁の乱で兄を裏切り、憎まれてしまう
●足利義尚
義政の子。応仁の乱の最中に九代将軍となる
●細川政元
細川勝元の子。父と違って、畠山義就を憎んではいない
●畠山政長
義就の従兄弟。畠山家を継ぎ幕府管領となる。義就を滅ぼすことが念願
●遊佐長直
畠山政長の右腕。策謀を巡らす
●神保長誠
畠山政長麾下の勇将。越中(富山)守護代
●遊佐就家、誉田就康、斉藤彦次郎、花田家清
義就被官の国人、地侍
●豊岡兵庫介
祐清の薫陶をうけた新見荘の生き残り。義就の側近
●小柳貞綱
小柳左近次郎の息子だが、武芸が苦手
●道安、市若、弥六
義就の雑兵。袈裟と仲がいい
●又四郎
作庭の天才、善阿弥の孫。皮屋(非人)の血を受け継ぐ


« 前の章