twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 , ヒューマンドラマ 作者 蒔田 尚之
価格 200円(税込)
タグ 応仁の乱室町時代畠山義就修羅名将足利義政阿修羅帝釈天毘沙門天荒野鬼神大将大元帥明王大元帥ノ法護国法会醍醐寺秋篠寺声明若江城の戦い山城南三郡河内十七箇所犬田城の戦い明応の政変畠山政長細川政元足利義尚銀閣寺勝軍寺水攻め四天王西岡の戦い和睦国井娘仏法王法の敵
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 88ページ (Web閲覧)
167ページ (PDF)
試し読み:9ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
十一年にわたった応仁の乱がようやく終結した。実質的な敗者となった西軍の武将たちは、大御所足利義政に降参した。だが義就だけは、なぜか許されない。義就は孤独な戦いをしいられる。そしてついに幕府が総力をあげて義就討伐に乗りだすことになった。政略、軍略を駆使して圧倒的な幕府軍の戦力を削ぐ義就。それでも兵力の差は、いかんともしがたい。苦慮のすえ義就は、夷狄調伏の法会である大元帥ノ法を用いて、幕府軍と戦うことに決めた。義就のいう十万の神兵は、本当に降臨するのか。日本の歴史で初めてとなる戦いのひぶたが切られる。
自分の正体と定めを知った義就は、どこへ行こうとするのか。仏法・王法の敵とよばれた義就が去り、日本は乱世に突入して行くのだった。

この本には試し読みが 9 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...
400円
路地裏流・繁盛店の創り方

この本を開く

全国の路地裏で、商売を成功させている方はたくさんいます。悪条件は考え方次第で好条件になる、というモノ...

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...

もっとみる