twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 , ヒューマンドラマ 作者 蒔田 尚之
価格 200円(税込)
タグ 応仁の乱室町時代畠山義就修羅名将足利義政たまかき書状東寺百合文書備中新見荘祐清じゃばら吉野千本桜文正の政変伊勢貞親上御霊社の戦い立体曼荼羅東寺東岩倉の戦い相国寺の戦い細川勝元山名宗全朝倉孝景一条戻橋王法仏法帝釈天毘沙門天
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 100ページ (Web閲覧)
209ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
宿敵成身院光宣の奇策により、嶽山城は陥落する。兄の祐清も、新見荘で悲劇的な最期をむかえる。末法の世の矛盾とヒズミのために、正義は決して報われることがない。世をただし、正義を貫くため、山名宗全の招きに応じて上洛する義就。そして遂に、応仁の乱が、勃発する。燃え上がる京の都を駆けながら、義就は疑問を感じていた。いったい自分は、何と戦っているのか。相手は東軍総大将の細川勝元ではない。家督を争う畠山政長とも思えない。答えは炎の向こうにあるのか。日本最大、最長の戦乱、応仁の乱の真実にせまる。

コメント一覧

本当の敵は誰か。世を糺すにはどうしたらよいのか。悩みながら 京を駆け抜ける義就。そしてついについに・・戦うことが果たしてて是か非か。大きな命題の答えがここにある。
masaksk : 2018-02-10 15:52:20

facebook コメント一覧