目次
登場人物
登場人物
地図
応仁元年五月二十六日 上京の戦い
応仁元年十月三日 相国寺の戦い
光宣の奇策
光宣の奇策 1
光宣の奇策 2
光宣の奇策 3
光宣の奇策 4
光宣の奇策 5
光宣の奇策 6
流転果てなし
流転果てなし 1
流転果てなし 2
流転果てなし 3
流転果てなし 4
流転果てなし 5
正実坊の預り証
正実坊の預り証 1
正実坊の預り証 2
正実坊の預り証 3
正実坊の預り証 4
正実坊の預り証 5
正実坊の預り証 6
正実坊の預り証 7
たまかき書状
たまかき書状 1
たまかき書状 2
たまかき書状 3
たまかき書状 4
たまかき書状 5
たまかき書状 6
たまかき書状(全文)
北山に春が来た
北山に春が来た 1
北山に春が来た 2
北山に春が来た 3
北山に春が来た 4
解けた公案
解けた公案 1
解けた公案 2
解けた公案 3
解けた公案 4
解けた公案 5
解けた公案 6
吉野千本桜
吉野千本桜 1
吉野千本桜 2
吉野千本桜 3
吉野千本桜 4
吉野千本桜 5
文正の政変
文正の政変 1
文正の政変 2
文正の政変 3
文正の政変 4
文正の政変 5
千本釈迦堂
千本釈迦堂 1
千本釈迦堂 2
千本釈迦堂 3
千本釈迦堂 4
千本釈迦堂 5
上御霊社の戦い
上御霊社の戦い 1
上御霊社の戦い 2
上御霊社の戦い 3
上御霊社の戦い 4
上御霊社の戦い 5
変わらぬ世の中
変わらぬ世の中 1
変わらぬ世の中 2
変わらぬ世の中 3
変わらぬ世の中 4
変わらぬ世の中 5
東寺講堂の謎
東寺講堂の謎 1
東寺講堂の謎 2
東寺講堂の謎 3
東寺講堂の謎 4
東寺講堂の謎 5
東寺講堂の謎 6
大乱始まる
大乱始まる 1
大乱始まる 2
大乱始まる 3
大乱始まる 4
大乱始まる 5
大乱始まる 6
燃え上がる歴史
燃えあがる歴史 1
燃えあがる歴史 2
燃えあがる歴史 3
燃えあがる歴史 4
燃えあがる歴史 5
虚々実々
虚々実々 1
虚々実々 2
虚々実々 3
虚々実々 4
虚々実々 5
倒すべき敵は
倒すべき敵は 1
倒すべき敵は 2
倒すべき敵は 3
倒すべき敵は 4
倒すべき敵は 5
決戦、相国寺
決戦、相国寺 1
決戦、相国寺 2
決戦、相国寺 3
決戦、相国寺 4
決戦、相国寺 5
降りしきる時雨の中で
降りしきる時雨の中で 1
降りしきる時雨の中で 2
降りしきる時雨の中で 3
降りしきる時雨の中で 4
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

3 / 100ページ

試し読みできます

応仁元年十月三日 相国寺の戦い


試し読みできます

光宣の奇策 1

       【光宣の奇策】
 京の一条にある山名屋形で、宗全は垣屋豊遠と会っていた。嶽山の戦場から戻ったばかりの豊遠は、少しやつれてみえた。
「豊遠、ご苦労だった」
 宗全がねぎらう。嶽山で山名軍の指揮をとる山名是豊と、垣屋豊遠はうまく行っていなかった。是豊は宗全の次男である。山名家の家督をねらっている是豊は、何がなんでも武功をあげたかった。それが、垣屋豊遠とうまく行かない原因である。
 嶽山を総攻めしたとき、垣屋豊遠は、山上で畠山義就と接近戦を演じた。かなわないとみて、豊遠は退却したが、是豊には、それが気にいらない。
「もう少し頑張れば、義就の首を挙げられたのではないか」
 何度も、そんな事を言う。
 義就の兵は少数とはいえ、必死の形相だった。あんな軍勢とまともに戦っても、勝てはしない。勝てたとしても、たいへんな損害を受けるだけだ。歴戦の勇将として名高い、垣屋豊遠にはそれが分かる。
 道理をつくして説明したが、分かってもらえない。君臣の仲は、次第に疎遠になっていた。
「もう、二年以上になるか」
 山名宗全が、感心したように言った。嶽山城の籠城は、すでに三年目にはいっていた。何度か、総攻めをかけたものの、その都度撃退されている。数万といわれる包囲軍も、疲れをみせていた。
 宗全は、かたわらにいる孫の山名政豊を振り返った。政豊は十九才の若者だが、宗全の跡継ぎと定められている。
「政豊、籠城する時に、気をつけなければならないのは、何だと思う?」
 少し考えてから、政豊は答えた。
「まずは兵糧を充分に備えることでございましょう。また、水の手を確保することも重要ではありますまいか」
「うむ、そなたの言う通りじゃ。だがな、もっと大事なことがある」
 政豊は小首をかしげたが、思いつかない。
「それはな『人の心』じゃ」
 宗全はきっぱり言い切った。
「籠城とは辛いものよ。狭くて暮らしにくいところで、命の危険にさらされながら、日々を過ごすのだ。十日もすれば、誰でも嫌になってくる」
 政豊に諭すように宗全は語る。
「籠城している将兵の心は、必ず離れる。ある者は恐怖心から、ある者は利害から、寝返りを考えるようになる」
 この頃は戦国末期のように、忠義が絶対ではない。主君を裏切ることなど日常茶飯事だった。
「そうして、籠城は内部から崩れるのだ」
 宗全は断定した。
「今や伝説となった、楠木正成公の千早城籠城戦ですら、三カ月じゃ。二年以上も籠城できるなど、信じられぬ」
 垣屋豊遠が、口をはさむ。
「城内には、何度も寝返りを誘う文を送ったのですが、良い返事がありませんでした。たいへんな褒美を出すと言っても、ダメだったと聞いています」
「畠山右衛門佐義就か・・」
 山名宗全は、過去の記憶をたどった。義就が都から追放される前年、一緒に八幡神人討伐に行ったことがある。淀川の河上関が多くなりすぎたので、壊しに行ったのだ。
(あの時、関など無用のものだ。関は壊さなければならない。などと青くさいことを言っていた。世間知らずの若造だと思っていた)
 だが、どうも違うようだ。
「わしは、あの男の器量を見誤っていたのかもしれぬ」
 宗全は、小さくため息をついた。

 


試し読みできます

光宣の奇策 2

 幕府の中で、嶽山城をどうするか話し合いがもたれた。山名宗全は、和議をむすぶべきだという。朝敵、賊徒として二年以上戦ったのである。もう許してやっても良いのではないか。それが、宗全の意見だった。飢饉のさなかに軍勢を駐留させていたのも、たいへんな負担だった。もう勘弁して欲しいというのも本音だった。
 それに対して、将軍の足利義政や管領の細川勝元は強硬である。いつまでも降伏しないのは、けしからん。今更、許すことなどできないと言う。
 とにかく事態を打開しなければならない。そこで成身院光宣を送ることになった。策士として知られる光宣である。きっと良い手だてが、みつかるだろうと期待していた。
「嶽山城の様子を探るのであれば、ひとつお願いがございます」
 公方と管領を前にして、成身院光宣は進みでた。
「わたくしが立てる策は、公方さまのご指示であるとの御教書(指示書)をいただきたい」
 義政と細川勝元は顔を見合わせた。
「征討軍の者どもは、おぬしの命令に従わないということか」
 光宣はうなずいた。征討軍の総大将は、河内守護になった畠山政長である。細川、山名、武田などの軍勢も守護あるいは守護代が率いていた。大和の官符衆徒棟梁(守護代格)の兄にしか過ぎない成身院光宣の命令では、たしかに立場が弱い。
「わたくしの命では、誰も動きませぬ。ただ、策を立てることはできる。その策をおこなうためには、公方さまのお墨付きが、是非とも入り用なのでございます」
「分かった。おぬしの申す通りにしよう」
 こうして、成身院光宣は公方の御教書を持って、嶽山にやってきたのである。

 


試し読みできます

光宣の奇策 3

 早速、軍議がもたれた。
「公方さまは、お怒りであろう」
 滞陣している武将たちの関心事はそれだった。
「うむ、どのような手だてを講じているのか見てまいれ、との御言葉であった」
 成身院光宣は公方名代として、上座から、言った。
 何度も、総攻めをかけた。だが、このところ何もしていない。厭戦気分で、やる気もおきないというのが実際だった。
 だが、そんなことを報告するわけには行かない。みな、どうやって責任を逃れようかと考えていた。
「いや、兵糧攻めをしているのだが、これが上手くいかぬ。城内には、大きな井戸もあって、水を絶つこともできぬ。われらも困っているのだ」
 成身院光宣は黙った。沈黙は大きな圧力になる。
「嶽山の周囲は三里(十二キロ)もある。大軍を以てしても、出入りを塞ぐことはできないのじゃ」
「大和の越智家栄が、兵糧を運び込んでいるのは分かっているのだが、くい止める術がない」
 武将たちは、口々に言い訳する。ようやく、光宣が口を開いた。
「越智の兵糧は、どこから運ばれてくるのでござろう」
 成身院光宣が差配する筒井家の力は、大和のほとんどに及んでいる。だが南大和に本拠を持つ越智家栄だけは、どうしても倒せなかった。かつて後醍醐天皇の南朝が、盤拠していた吉野を背景にして、頑強に抵抗していた。越智家栄にとっても、畠山義就は幕府内で唯一の味方である。義就が滅びてしまえば、越智家も孤立する。なんとしても義就を支える必要があった。
「荷駄は南大和から国見峠を越えてくる。そのあと包囲陣の隙を縫って、城に運ばれるのだ」
「では、その国見峠を塞げばよかろう」
 光宣にあっさり言われて、武将たちもあわてた。光宣の弟で、筒井家の当主をつとめる筒井順永が、弁明する。ほかの武将のためにも、しっかり説明しておかねばならない。
「われらも、同じように考えた。だが国見峠は、軍勢をおいておくのに不向きな場所なのじゃ。さらに、間道も多くて、出し抜かれることも多い。とても塞ぎきれぬ」
「では、城を築けばよかろう」
「えっ」
「し、城を、峠に」
「まさか」
 同席している者すべてが、仰天した。
「兄上、峠に城を築くなど、正気の沙汰とは思えぬ。とても無理じゃ」
 光宣は順永のほうを見た。
「峠に城を築いてはいかんという『法』でもあるのか?」
「いや、そんな法はないが・・」
 ここで、城攻めの総大将である畠山政長も口をだす。
「峠に城を築けば、たしかに効があがるかもしれぬ。だが、たくさんの労力と、多くの日数がいるのではないか?」
 成身院光宣はにっこりした。
「すでに二年を越える月日と、数万の将兵をつぎ込んでいるのでございますぞ。城を築くくらいの労力は致し方ございますまい」
「むむむ・・」
 ここで成身院光宣は、ふところから書状をとりだした。
「じつは、この策は公方さまにご披露して承認をいただいております。これが、そのお墨付きでございます」
 嘘である。ここに来るまでの間、成身院光宣は、嶽山の周囲を調べてあった。国見峠も行ってみた。その結論が、峠への築城である。公方義政は、そんな策は知らない。だが、承認をもらっている暇はない。それで、御教書を使ったのである。
「うむ、公方さまのご指示とあれば、致し方ないか」
 武将たちも、ほっとした。これで少なくとも、責任を問われることはないだろう。

 


試し読みできます

光宣の奇策 4

 峠に城を築くという、前代未聞の普請がはじまった。大勢の兵たちが、普請道具や石や縄を背負って山に登ってゆく。
 国見峠周辺は、まず木々が伐採された。次に伐採した木を使って、稜線沿いに長い柵が築かれてゆく。柵の内側には、櫓が建てられていった。
 多くの将兵を投入したかいあって、峠の城は意外と早く完成した。数百人の兵が、兵糧を抱えて城に籠もる。河内と大和の国境が、完全にふさがれることになった。

 

 峠を塞いだ効果は、すぐに表れた。嶽山城に蓄えていた兵糧が、目に見えて減ってきたのである。
 すぐに軍議が開かれることになった。
「兵糧の補給が途絶えた今、籠城を続けるのは難しい」
 誰もが同じ意見だった。だが降伏するのは、みな反対である。なんのために頑張ってきたのか。降伏してしまったら、意味がなくなってしまう。
「お屋形さま他、何人かで城を脱けられてはいかが」
 知略にたけた花田家清の意見である。城外への通路は、完全にふさがれているわけではない。義就が城を出ても、気づかれることは少ない。城が落ちるまでに、義就も遠くに逃げることができる。もっとも安全で、良い策のように思われた。
「いや、オレだけで逃げるわけにはいかん」
 義就は首をふった。
 義就のいなくなった後、残された将兵がどうなるか分からない。下手をすると、皆殺しになるかもしれない。長い間、生死をともにしてきた将兵を見捨てることはできない。
「では、敵陣を突破するしかありませんな」
 遊佐就家が、結論を出した。
 ただし、三手に分かれて逃げることとした。敵の狙いは畠山義就の首にある。三手に分かれれば、追っ手の対応も難しいだろう。犠牲も少なくて済むはずだ。
 あまり日延べしても、難しくなるばかりだ。脱出は三日後と決まった。

 



読者登録

蒔田 尚之さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について