twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 , ヒューマンドラマ 作者 蒔田 尚之
価格 200円(税込)
タグ 応仁の乱室町時代畠山義就修羅名将足利義政竜田神南山の戦い嶽山城籠城田楽踊り寛正大飢饉河上関備中新見荘細川勝元山名宗全伊勢貞親畠山政長河内国東寺百合文書請負代官満城の紅緑割符違割符備中屋彦五郎後継者争い大和争乱
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 95ページ (Web閲覧)
192ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
義就が還俗し畠山家の当主になったことで、畠山家は分裂した。母の身分のためさげすまれ、東寺の落ちこぼれとして馬鹿にされる義就。そしてついに頼みにしていた将軍義政からも見放されてしまう。朝敵、賊徒として、日本全国の軍勢数万に攻められることになった義就は、南河内の嶽山城に籠ることになった。預かってきた少女の袈裟を、母の土用はなぜか連れて行けという。史上に例をみない長い籠城戦がはじまる。
また義就の兄、祐清は東寺の直務代官として、備中新見荘に赴くことになった。高い志をなし遂げるため、励む祐清。だが新見荘には、深い闇が広がっていた。
混迷をふかめてゆく時代を、はたして二人は乗り切って行けるのだろうか。

コメント一覧

権力者は更に高みを目指し金持ちは更に貧欲になる。がんじがらめの末法の世でどう生きていけばよいのか。答えはあるのだろうか。
masaksk : 2018-02-10 15:48:05

facebook コメント一覧