目次
登場人物
登場人物
地図
畿内の守護設置
河内とその周辺
畠山家分裂
畠山家分裂 1
畠山家分裂 2
畠山家分裂 3
畠山家分裂 4
畠山家分裂 5
河内をわたる風
河内をわたる風 1
河内をわたる風 2
河内をわたる風 3
河内をわたる風 4
義政の親政
義政の親政 1
義政の親政 2
義政の親政 3
義政の親政 4
義政の親政 5
義政の親政 6
初陣誉田城
初陣誉田城 1
初陣誉田城 2
初陣誉田城 3
初陣誉田城 4
初陣誉田城 5
喜ばれぬ凱旋
喜ばれぬ凱旋 1
喜ばれぬ凱旋 2
喜ばれぬ凱旋 3
喜ばれぬ凱旋 4
喜ばれぬ凱旋 5
喜ばれぬ凱旋 6
喜ばれぬ凱旋 7
すれ違う心
すれ違う心 1
すれ違う心 2
すれ違う心 3
すれ違う心 4
すれ違う心 5
すれ違う心 6
去る人、来る人
去る人、来る人 1
去る人、来る人 2
去る人、来る人 3
去る人、来る人 4
去る人、来る人 5
畠山家家紋
都からの追放
都からの追放 1
都からの追放 2
都からの追放 3
都からの追放 4
都からの追放 5
竜田神南山の敗北
竜田神南山の敗北 1
竜田神南山の敗北 2
竜田神南山の敗北 3
竜田神南山の敗北 4
嶽山城籠城
嶽山城籠城 1
嶽山城籠城 2
嶽山城籠城 3
嶽山城籠城 4
それぞれの戦い
それぞれの戦い 1
それぞれの戦い 2
それぞれの戦い 3
それぞれの戦い 4
それぞれの戦い 5
新見荘の闇
新見荘の闇 1
新見荘の闇 2
新見荘の闇 3
田楽踊り
田楽踊り 1
田楽踊り 2
田楽踊り 3
田楽踊り 4
田楽踊り 5
田楽踊り 6
山上の激戦
山上の激戦 1
山上の激戦 2
山上の激戦 3
山上の激戦 4
山上の激戦 5
猿女との約束
猿女との約束 1
猿女との約束 2
猿女との約束 3
猿女との約束 4
猿女との約束 5
寛正大飢饉
寛正大飢饉 1
寛正大飢饉 2
寛正大飢饉 3
寛正大飢饉 4
寛正大飢饉 5
寛正大飢饉 6
人々を救う船
人々を救う船 1
人々を救う船 2
人々を救う船 3
人々を救う船 4
人々を救う船 5
大庭関の陰謀
大庭関の陰謀 1
大庭関の陰謀 2
大庭関の陰謀 3
大庭関の陰謀 4
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

7 / 95ページ

試し読みできます

畠山家分裂 4

「もう、洛中にはいっているのか」
 徳本入道は目をつぶりながら、つぶやいた。徳本入道の病状はもう、自分でカワヤに行くのがやっとの状態である。
「義就、奴らはおまえの命が狙いだ」
 うっすらと開けた瞼から、するどい目が光る。
「おまえはすぐ逃げよ。今なら間に合う」
 義就もそう思う。だが、お屋形さまである父を、置いて行くわけには行かない。好き嫌いにかかわらず、正義感が許さない。
「わしの事なら大丈夫じゃ。建仁寺に入れてもらうつもりじゃ。建仁寺なら、匿ってもらえるじゃろう」
 建仁寺は五山の第三位である。先にも述べたように、五山はいわば、幕府の公共事業体である。相国寺の荘園経営、天龍時の交易などに便宜を図る代わりに、幕府は多大な運上金を召し上げていた。
 何度も管領を務めた畠山徳本入道にとっては、便宜を図ってやった相手だった。当然、長老はじめ幹部の僧はみな知っている。
「神保や椎名、遊佐などの内衆も、まさかわしを粗略には扱うまい。おまえは、自分のことだけ考えておけばよいのだ」
「分かりました。では早速出立いたします」
「うむ、だが西国街道を行ってはならんぞ。奴らが、待ちかまえているはずじゃ」
「では、お屋形さま、ご健勝で」
 うなずいた義就はすぐ退出した。

 

 笙子姫の部屋に行ってみると、侍女たちが、荷物をまとめている。
「笙子は、笙子はいずれにおる?」
 義就が呼びかけると、侍女の一人が顔をあげた。
「あっ、若殿さま。お方さまは、すでに出られました」
「何、いずれに行ったのか」
「はあ・・」
「なんじゃ、『はあ』では分からん」
 言いにくそうに侍女が言ったのは一条家の屋敷だった。
「なに一条家、実家に戻ったというのか」
 まさか、屋形の女どもや下働きの者に手をだすことはないと思うが、笙子だけは、どこかに避難させるつもりだった。だが、別れの挨拶もしないで行ってしまうとは思わなかった。
(今生の別れになるかも知れぬのに、なんということか)
「ちっ」
 舌うちした義就は、笙子の部屋をあとにした。


試し読みできます

畠山家分裂 5

 神保長誠を主将とする軍勢が畠山屋形に入ったときには、徳本入道も義就もすでに脱出していた。
「義就を追え。とり逃がしてはならん」
 神保や椎名の軍勢が、義就を追って馬をとばして行く。
「お屋形さまは、動けない。この近くに潜んでいるはずじゃ」
 調べてみると、洛東の建仁寺に行ったことが分かった。神保与二郎たちが、建仁寺に向かう。
 果たして、建仁寺西来院に徳本入道はいた。ともの者は西方六郎左衛門ほか十数人である。
 体調が悪い徳本入道は、夜中の移動を強行したため、すっかり弱っていた。
「お屋形さま。よくもわが殿、神保国宗を殺してくれましたな」
 神保与二郎が、口元をゆがめる。西方六郎左衛門が、与二郎のまえに立ちふさがるが、すぐ弾きとばされた。建仁寺の者は、誰も出てこない。徳本入道を守ろうとする者は、一人もいなかった。
「さあ、屋形に戻っていただきましょう」
 横になっている徳本入道を、与二郎が無理矢理立たせた。
「ごほ、ごほっ」
 徳本入道は、辛そうに咳きこんだ。
「与二郎どの、せめて一日休ませてくだされ。お屋形さまのお体が保ちませんぞ」
「うるさい」
 すがりつく六郎左衛門を、与二郎が蹴りつける。
「六郎左衛門。きさまが偉そうにしていられたのは、昨日までだ。きさまは、もうただの老いぼれさ。分かったか」
 六郎左衛門の目に、怒りの光が宿った。
「どうしても、お屋形さまを連れ出して欲しくないなら、オレの足を舐めてみろ。舐めて綺麗にできたら、お屋形さまを置いて行ってやろう」
「くっ」
 どうせ言う通りにしても、ダメなのは分かっている。六郎左衛門は拳を握りしめた。
「どうした、老いぼれ」
 高笑いした与二郎は、徳本入道を引きずるようにして出て行ってしまった。
「お屋形さま、申し訳ございません」
 とり残された西方六郎左衛門は、その場で腹を切った。

 

 

 

 

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)

読者登録

蒔田 尚之さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について