閉じる


序章~事実は小説よりも奇なり~

 序章~事実は小説よりも奇なり~

 

 今は昔、王国の末期に、それはそれは美しい中殿さま(チユンジヨンマーマ)がおられたそうな。
 中殿さまは今を時めく左議政(チャイジョン)の息女で、王妃となることは王さまの母君の大妃さま(テービマーマ)もお認めになっていたという。
 ここまで話を聞けば、誰もが中殿さまが何の苦もなく王妃の地位に昇られたと思うだろうが、そうはゆかなかった。
 中殿さまは女官から身分の低い側室となり、更に側室として上の方の位階を賜った後、漸く正妃となられた。
 なになに、どうして、左議政の令嬢、しかも予め王妃になることが定められていた令嬢がすんなりと中殿さまになれなかったのか?
 やはり、それには相応の理由があった。
 よく事実は小説より奇なりというが、まさに、そういう出来事が左議政の令嬢には起こったとしか言えまいて。
 その頃、例の有名な〝春香伝〟の続編ともいえる〝続春香伝〟が都で大流行したが、これから儂が話すのはその〝続春香伝〟よりも更に面白き話よ。
 この話を聞けば、つくづく人の縁も人生も数奇なもので、我々人間は天のご意思には逆らえぬということも判る。
 左議政のご息女はやはり、どのような試練を経ても王妃になるべくして生まれ、その宿命を背負っていたとしか言えぬ。
 はてさて、王さまのご寵愛を一身に集めたというその中殿さまは、どのようにして王妃におなりになったのか。
 知りたければ、まずは儂の話を聞いて下され。  

 


  〝本の虫〟と呼ばれる少女

 

 華仙(ファソン)は先刻から食い入るように自分の手許を見つめていた。まるで壊れ物にでも触れるかのような慎重な手つきでそれにそっと触る。ひとしきり恍惚(うつと)りと眺め入り、切なげな溜息をそっと零す。
 その様はまるで妙齢の娘が恋しい男からの待ち焦がれた文を漸く受け取ったかのようでもある。そう、確かに華仙は美しかった。今年、やっと十六歳になったばかりの初々しい美貌はさながら咲き初(そ)めた水仙の花にでも例えられるだろう。
 都漢陽(ハニャン)に降り積もる雪のように白く透き通った膚、紅など引かなくても椿のように紅い唇は可憐で、何より人眼を惹くのは大きな生き生きと輝く瞳であった。それは当時、屋敷の奥深くで大切に育てられ、親の言うなりの従順な両班(ヤンバン)の令嬢には珍しいもの―覇気と呼べる類のものだ。
 だが、当の本人はその美貌の自覚はいささかもなく、今は後生大切に両腕に抱えている一冊の本にのみ意識は向けられている。
「ああ、本当に〝忠孝明道〟なのね」
 ファソンは感じ入ったように呟き、腕に抱えた本をギュッと抱きしめた。
「やっと手に入ったわ」
 愛おしげに分厚い書物に頬ずりしたまさにそのときだった。ドスンと背後から強い衝撃が押し寄せ、ファソンの華奢な身体は前方へとつんのめった。
「痛―」
 ファソンは勢いで飛ばされ、膝を突く形で床にへたり込んでしまった。ここは都は外れの下町の一角、町の人々からは〝曺さんの本屋〟と呼ばれている古本屋だ。ファソンはこの本屋の常連の一人でもある。
 〝曺さんの本屋〟の主人曺ガントクは常民(サンミン)ではあるけれど、あらゆる分野に対しての知識が広く深く、なまじ身分だけは高く偉そうにふんぞりかえっている中身のない官僚などよりは、よほど教養も学才もある人なのだ。
 年の頃は四十ほどで、ファソンの父とたいして変わらない。
 この古本屋は品揃えも充実していて、なかなか巷では手に入らない稀少本を手に入れることができる。何よりファソンは主人のガントクの気さくでいながらも知識人であるところが好きで、足繁く通っていた。
 顧客が多い割に、いつ来ても客の姿は殆ど見かけることもなく、ひっそりとしている。間違っても他の客と衝突するなんてことはないはずなのだが―。ファソンは痛む膝をさすりながら身を起こし、背後を振り返った。
「ごめんなさい、欲しかった本がやっと手に入ったものだから、つい我を忘れていたみたいで」
 言いかけ、彼女はたった今、ぶつかったばかりの相手をまじまじと見つめた。相手はあろうことか、二十歳ほどの若者であった。絹製の薄紫の上等なパジ、更には鐔広の帽子から垂れ下がった紫水晶(アメジスト)の玉を見れば、彼が相当に身分のある両班の子弟であることは一目瞭然だ。


とはいえ、ファソンが愕いたのは彼が常民ではなかったからではない。ファソンの周囲にもそのような若い青年は当たり前にいるから、別段愕くようなことではない。
 彼女の視線は青年がひしと握りしめている一冊の本に釘付けになっていた。
「―春香伝」
 何と彼は女子どもの間で今、大流行しているという恋愛小説本を大切に抱えているのだ。普通、貴族の若い男が好んで読むものではない―というより、表向きに読むのは体裁が悪いとされているような通俗小説とされている。
 ファソンの視線にギクリとしたように青年は眼を見開き、慌てて言った。
「こ、これはだな」
 ファソンは黙って彼を見つめ続ける。
 若い男はファソンに見つめられ、白い頬を上気させた。彼の男ぶりもなかなかのものだ。逞しさなどは欠片ほどもない優男ではあるが、美男には違いない。
「妹に頼まれて買いにきた」
 男の右眉がひくついている。ファソンは、にっこりとしながらも、しれっと言ってやった。
「嘘でしょ」
「うっ」
 生来嘘がつけない質なのだろう、彼は言葉に詰まり、呆気ないくらい早く認めた。
「何故、判る」
「右の眉がピクピクしてるもの」
 ファソンは彼にグッと顔を近づけ、自分も右眉をひくつかせて見せた。
「馬鹿な」
 彼は心外だというような顔をする。ファソンは肩を竦めた。
「別にあなたが〝春香伝〟を読もうが読むまいが、私には関係ないから。気にしないで」
 ファソンは彼に取り合う気はさらさらなかった。そのまま行き過ぎようとするのに、呼び止められる。
「待て」
「なに?」
 青年の物言いたげな瞳に、ファソンは小首を傾げた。
「そなたの手にしている書物は―」
「ああ、これ」
 ファソンは軽く頷き、さらりと言った。
「〝忠孝明道〟よ。あなたも両班の子息なら、きっと書名は知っていると思うけれど」
 彼はまた顔を紅くした。
「題名は知っている。だが、まだ全部は読んだことはない」
「この書物はまだ清国から伝わって間がないもの。この朝鮮であるとしたら、王さまのいらっしゃる宮殿の書庫くらいにしかないと言われているほどの価値ある本なのよ。もちろん、国王殿下(チュサンチョナー)はとっくにご覧になってらっしゃると思うけどね」
「うっ」
 何故か青年は踏みつぶされる寸前の蛙のような声を出した。
「そなたは、な、何故、国王がそれを既に読んだと思うんだ?」
「当たり前でしょ」
 と、ファソンは断じた。
「国王さまはこの国を統べる尊い方でおわすのよ。まだお若いけれど、きっと向学心も旺盛だし、政にも熱心でいらっしゃるに違いないものね」
 当代の国王賢宗は二十一歳だと聞いている。十年前に父王の早すぎる死の後、十一歳で即位。最初は生母である朴大妃とその父、つまり幼い王には外祖父に当たる領議政(ヨンイジョン)がその後見として政に当たっていたが、六年前、王が成人したのを機に国王親政が始まった。
 二年前、外戚として権勢を振るった領議政が亡くなっても、いまだに王の母朴大妃の朝廷における影響力・発言権は絶大だという。
「確かに王宮の書庫に〝忠孝明道〟はあるが」
 彼は形容しがたい複雑な表情で呟き、ファソンを見た。
「そなたは父か兄に頼まれて、その本を探しにきたのか?」
「あら、違うわ」
 否定すれば、青年がちょっと憮然として言う。
「許婚とか、恋人とかに頼まれて?」
「そんな男はいないわよ」
 ファソンはクスクスと笑う。青年が勢い込んで続けた。
「そう申せば、そなたは先ほど、国王の話をしたな。王といえば、今は国婚の準備が始まり、国中の適齢期の両班の令嬢には禁婚令が出ているはずだ。そなた、見れば、それなりの家の娘のようだが、そなたは王の妃候補として名乗り出ていないのか?」
 ファソンは黒い大きな瞳をくるっと動かした。
「まさか、私がお妃ですって? あなた、知ってるの?」
 ファソンは声を低めた。
「お妃に名乗りを上げて選抜試験を受け、紛れでも最後まで残ったら、どうなると思う?」
「何か大変なことになるのか?」
 彼がいささか不安そうに言うのに、ファソンは真顔で頷いた。


「最悪は中殿さまになるか、外れても側室として後宮入りは必至よ。冗談じゃない。一生、豪華でも狭い鳥籠に閉じ込められて終わるなんて、私は願い下げだわ」
「中殿になるのは最悪なのか―」
 青年の整った顔が何故か引きつっている。
「中殿といえば、両班の娘であれば誰もが夢見ているこの国最高の地位であろうに。そなたは何ゆえ、それを望まぬ?」
「だから言ったでしょ。一生、狭い後宮に閉じ込められるのはご免だって」
 ファソンは言うと、またクスクスと笑った。
「それに、幾ら国王殿下が物好きでも、私を見れば絶対に嫌だとお思いになるわ」
「それは何故?」
「私は〝本の虫〟だから」
「本の虫?」
 彼が素っ頓狂な声を出す。
「あなたは信じてないようだけど、この〝忠孝明道〟は私が読むのよ」
「そう、なのか?」
「ええ」
 ファソンは迷いなく応えた。
「本当はね、私の父に頼めば、この本を手に入れることはできると思うの。でも、父は私がこんな難しい本を読むことを歓ばないのよ。女はせいぜい〝内訓〟を読めばそれで良いと信じているようなカチコチの石頭の時代遅れなのよ」
「カチコチの石頭の時代遅れ―」
 青年はまた呆気に取られている。
「私は」
 ファソンは言いかけ、伸び上がるようにして青年を見上げた。ひょろ長い彼と小柄なファソンでは向かい合うと勢い、そんな体勢になる。青年はファソンに真正面から見つめられ、また頬を上気させた。眩しい陽光でも見るかのように、しきりにまたたきしている。
「やっぱり良い」
 ファソンが首を振ると、彼はすかさず言った。
「話してくれ。そなたの話をもっと聞いていたい」
「でも、あなたも所詮は両班の男よ。私の話を理解はしてくれないでしょうし」
「とにかく話してみてくれ。絶対に笑ったり否定したりしないと約束する」
 ファソンは彼の眼を見た。真剣そのもののまなざしに嘘はない。彼がファソンの話に納得するかどうかはともかく、少なくとも耳を傾けてくれるのは確かなようである。
「あなたを信じるわ」
 ファソンは話し始めた。
「私は色々なことを知りたい。〝内訓〟なんて所詮は女の通り一遍の心得を説いただけよ。そんなものじゃなくて、もっともっと広い世界のことを、この国をより良くするには、どうしたら良いのか。そういうことを考えてみたいの」
「なるほど」
 青年は約束どおり、ファソンの打ち明け話を真摯に聞いてくれた。
「それで、〝忠孝明道〟を読みたいと思ったのだな」
「そう。清国は大国だけあって、私たちが見習うべきことはたくさんあると思う。だから、何とかして彼(か)の国から来た書物は読みたいと思ったのよ」
 〝忠孝明道〟は前半はその書名のごとく人としての徳目を説いたものだが、後半は国のあり方について記されている。全体を貫くのは、政は民のためにあるべきものであり、国の根本であり財産は民草であるという考えだ。
 儒教思想とは少し考え方を異にしたものではあるが、政について判りやすく説かれた優れた書物として評価されている。若者にも言ったとおり、最初は父に読みたいと頼んでみたものの、案の定、
―おなごには不要。
 と、一蹴されてしまった。
「あなたももう、少しは読んだの?」
 問えば、青年はまた顔を引きつらせた。
「いや、その」
 そこで、ファソンは笑った。
「まだ読んでいないのね」
「恥ずかしい話だが」
 自分を取り繕おうとせず、正直に話すところが好ましい。彼の率直さをファソンは嫌いではなかった。
「まあ、あなたときたら、〝春香伝〟が愛読書みたいだし」
 笑いを含んだ声音で言うと、彼が恥ずかしげに頬を染めた。
「私もそなたと同じだ。屋敷にいれば、俗な小説などろくに読めぬ。どこに監視の眼が光っているか判らぬでな」
 実は、と、彼が袖から取り出した帳面の表紙には〝続春香伝〟と流麗な手蹟で書かれている。
 〝春香伝〟は作者不明の小説である。元々はパンソリの詠唱曲であったものが人気を博し、小説化された。両班が書いたとも伝えられているが、同じ〝春香伝〟でも微妙に筋が違っているものがそれぞれ流布しており、正確なところは判らない。


 妓生と両班の間に生まれた美しい娘春香は妓房で生まれ育つが、ある日、その地方を治める代官(使道)の息子夢龍(モンリョン)と恋に落ちる。父の任期が終わり、モンリョンは都に帰るが、それに際し、必ず迎えにくると約束する。
 何年か後、モンリョンは見事に科挙に合格、暗行御使(アメンオサ)となり再下向する。暗行御使とは国王の命令を受け、地方官が善政を行っているかどうかを極秘調査する任務を帯びる。いわゆる隠密である。
 後任の悪徳代官(使道)に横恋慕され無理に妾にされようとした春香はモンリョンのために操を守った。そのために、拷問の末、投獄される。悪徳代官の不正を暴いたモンリョンが春香を助け、最後に二人はめでたく結ばれるという話だ。
「〝春香伝〟の続きを今、書いている」
「ええっ。まさか、あなたが〝春香伝〟の作者ということ? あなたが小説を書いてるの―」
 流石に愕いた。思わず叫んだその口を若者の手が覆った。
「シッ。声が高い」
 彼が低声になった。
「そんなはずがないであろう。〝春香伝〟は私が書いたものではないが、自分で読んでみて、是非、続きが描いてみたいと思ったのだ」
 線の細い優男に見えても、やはりその手は大きく、男のものだ。父以外のしかも若い男性に触れられたのは生まれて初めてのことで、ファソンは身を強ばらせた。
 少しく後、若者は我に返ったようで、まるで焔の塊にでも触れたかのように素早く手を放した。
「す、済まぬ。さりながら、読むだけならともかく、書いていると知られるのは幾ら何でも、まずいのだ」
「え、ええ。そうね」
 ファソンはまだ早鐘を打つ胸の鼓動をなだめるの必死で、まるで上の空で応える。
 会話が途絶えたところで、遠慮がちに割って入った者がいた。
「話がお弾みのところ、申し訳ないんですがね。朴氏の若さま(トルニム)」
 身の丈がさして高くない中年の男、彼がこの古本屋を営む曺ガントクである。
「若さまがお書きになっている例の小説、少し拝見してもよろしいですかね?」
「ああ、良かったら、見てくれ」
 ガントクはしばらく真剣な面持ちで若者から渡された小説を読んでいた。ややあってから、自慢の口ひげを撫でて若者に言う。
「なかなかですな。これは売れるかもしれませんよ」
「そうなのか?」
「ええ。春香伝の人気は今、うなぎ登りですからね。大きな声じゃ申し上げられませんが、若さまのように両班家の方々の中にも、ご夫人やご令嬢だけでなく、れきとした殿方が熱心に読みふけっておられる方は少なくないのです。その今や大人気の〝春香伝〟に続きが出たとなれば、こりゃ売れるのは間違いないと、儂は踏んでますがね」
 ガントクはいっそう声を潜めた。
「どうですか、この作品をお書き上げになったら、儂に預けて下さいませんか?」
「私の書いた〝続春香伝〟をこの書店で売ってくれるというのか!」
「さようです」
 ガントクの頼もしい返事に、若者の白い面に血が上る。
「それは願ってもない話だ。何とぞ、よしなに頼む」
「合点でさ」
 本屋の主は胸を叩いて請け合った。売れるか売れないか―、この道二十年の目ききのガントクが言うからには目算はかなりの確率であるのだろう。
 ファソンと若者はそれぞれ本の代金を払い、本屋を後にした。いちおう古本屋、貸本屋ということになってはいるが、もちろん新しい本も売っている。
「毎度ありがとうございます」
 ガントクの愛想の良い声に見送られた後、二人は何となくそのまま並んで通りを歩いた。ガントクはファソンの父がそも誰であるかを知っている。同様に〝朴氏の若さま〟と呼んでいた彼の素性をも知っているのかもしれない。
 が、ファソンはこの青年にそれを訊ねようとはしなかった。大体、彼の物腰や身なりを見れば、彼が高位の両班であることは丸分かりだし、ファソンはファソンで身許をあまり知られたくはない。特に父には内緒で巷の古書店に通っているなんて知られたら、それこそ屋敷に閉じ込められて二度とお忍びでの外出はできなくなる。
 そんな危険を冒す愚はしたくない。
 この本屋の良いところは大通りから外れた小路に面しているのもある。つまり、出入りしているのもそれだけ人に見られる可能性も低いということだ。二人は直に小路から大通りに出た。流石に人通りが多く、たくさんの人が忙しない足取りで往来を行き交っている。


往来の両脇にはあまたの露店が軒を連ね、通りすがりの人々が熱心に店の品物を検分している。それに混じって客を呼び込む商人の声が声高に聞こえる。いつもながらの活気に溢れた下町の光景がひろがっていた。
 青年がやや名残惜しさを感じさせるように言った。
「そなたの屋敷はどこだ? 送っていこう」
「ありがとう。でも、私なら大丈夫だから」
 ファソンが言い終わらない中に、彼らの間前に突如としてヌッと現れた人影があった。
「陳ファソン、こんな場所で逢えるとは、つくづく奇遇だな。やはり、俺たちは縁があるのか」
 近づいてきた男を見て、ファソンは両班家の息女にはおよそ似つかわしくない悪態を心でついた。
「あら、金氏の若さま。今日もまた相変わらず嫌みがお上手ね」
 つかつかとやって来た若い男は険のある眼でファソンとその傍らに立つ青年を交互に見た。
「俺の許婚者と他の男が昼間からよろしくやっているとは、これはどういうことかな、ファソン?」
 この男、金サムジョンという。右議政の嫡男で、父親が政府の高官なのを鼻にかけて傍若無人なふるまいが眼に余る。妓房で女遊びに狂うは酒色に溺れるはで、その放蕩ぶりはつとに知られている。
 こんな男ではあるが、ファソンにとっては幼い頃からの知り合いなのだ。子どもの時分から、このいけ好かない性格は変わらない。
 男ぶりはそこそこなのだけれど、何しろ性格がそれを上回って有り余るほど悪いのが難点である。
「お生憎さま、私はあなたと婚約した憶えなんて、金輪際ありませんけど」
 確かにサムジョンが父を通して結婚を申し込んできたのは知っている。けれど、その縁談はその時、父がきっぱりと断ったはずだ。
 なのに、この道楽息子ときたら、
―陳氏の娘と婚約した。
 などと真っ赤な嘘偽りを触れ回っているらしい。父も嫁入り前の娘のこととて外聞をははばかるゆえ、事実無根の話を触れ回るのは止めて欲しいと、右議政に苦情を申し入れたが、どうやら、息子に甘すぎる右議政は止めさせた風はない。
 現在、領議政の地位は例外的に空席になっている。ファソンの父陳明瑞(ミヨンソ)は左議政の要職にあり、右議政とは若い頃からの盟友でもあり飲み友達でもあった。政治的なライバル以前に、二人の絆は強い。父もサムジョンにはあまり強く出られない立場ということもある。
 ああ、と、サムジョンがもっともらしく頷いた。
「そういえば、そなたの父御がここのところ、そなたを後宮に上げる気になったとか。確かに、願い出れば妃候補の一次選考試験にはまだ間に合うかもしれんが、お若い国王殿下がそなたのような跳ねっ返り、おまけに〝本の虫〟に興味を示されるとは思えんがな」
「私は後宮に上がるつもりもありませんから。誰にも嫁がず、本に埋もれて暮らすわ!」
 ファソンがつんと顎を反らすと、サムジョンが鼻で嗤った。
「そういうわけにもゆかんのは、お前も判っているだろうが。嫁き遅れと人の噂が立つ前に、この俺が妻に貰い受けてやろうというのだ。ありがたく受けろ」
「冗談でしょ。後宮に閉じ込められるのもご免だけど、あなたと同じ屋敷に住むのはもっとご免だわ」
「何だと」
 流石に気色ばんだサムジョンの前に、それまでずっと二人のやり取りを聞いていた例の朴氏の息子が立った。彼は背後のファソンを庇うように立ち、サムジョンをおもむろに見つめた。
「何なんだ、貴様」
「私は朴家の縁戚の者だ」
 サムジョンが唾棄するように言い放った。
「朴なんて姓はこの都中だけでも掃いて棄てるほどある。どこの朴か、俺は知らんぞ」
「どこの朴氏ゆかりの者かを私自身もそなたに告げるつもりはない。さりながら、名乗らぬ卑怯者にはなりたくないゆえ、先に名乗ろう。私の名前は李幹(イ・カン)だ」
 サムジョンがゲラゲラと笑い出した。癇に触る笑い声だ。
「なるほど、ありふれた名前だ。俺は金サムジョン、父は右議政をしている」
「国の重責を担うだけあって、流石に右相大監(ウサンテーガン)は道理を心得られた方だが、その子息がこの程度とは大監もお気の毒なことだ」
 イ・カンと名乗った青年は静かな声音で断じた。
「き、貴様ッ。この俺にそんな口を叩いて無事で済むと思うのかっ」
 激高するサムジョンを見、ファソンはカンの袖を引いた。
「カン。もう、止めて。あなたのお父さまもそれなりの地位をお持ちでしょうけど、ああ見えても、サムジョンの父親は右議政なのよ」



読者登録

megumi33さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について