閉じる


試し読みできます

サイとミーナ

「14歳にもなって処女なんて恥ずかしくない?」

そんなことを言われても……。

16歳になる頃にはクラスで処女はミーナだけになってしまった。

「ミーナさ?ビアンなの?」

「ち、違うよ…、私……」

「だったらなんでカレシ作ろうとしないの?」

答えに窮した。

「AKBは処女でないと入れないから……」

 

口から出まかせだ。

「ばっかじゃないの!バレなきゃ恋愛してもいいのよ、秋元康先生も『恋愛禁止なんて無い』って言ってるじゃん」

ミーナは汗をかきながら懸命に反論する。

「そ・・そんな気持ちで務まるほどアイドルの世界は甘くないよ!大金のかかった厳しいプロの世界なんだよ?」

ミーナの視線の先には及川サイがいる。

ユッコとカオリは顔を見合わせる。

(わかりやすい子だなぁ・・)

「及川ァー!これ持って、あ、これもあれも、全部持ってけ!」

「う・・うん・・」

「早くしろよ!」

「ご・・ごめん、イテッ・・!」

命令され殴られ蹴られひたすら謝っている及川サイ。

 

いつもの光景だ。

ユッコとカオリは声を強めていう。

「キモいよねーあの草食サイ」

「あんな勉強ばっかりしてる厚底メガネサイなんて一生童貞だよね!肉食じゃないと絶対将来ヤバイよね」

「ねっミーナ?どうしたのミーナ?」

「う・・うん・・」

及川クン!

サイは『太宰治全集』を読みながら下校していた。

「及川クンて童貞なの?」

「そうだよ」

「エッチに興味ないの?」

「非処女に興味がないんだ」

「及川君、あのね!私処女なの!」

「しょ・・処女なの!?」

サイの顔がぱっと明るくなったがすぐにソッポを向いてしまう。

「だから何?僕は勉強のほうが大事だ、ますます日本経済は厳しくなるのに……、それに妊娠させたら責任とれない」

「ゴムつければ大丈夫って・・新聞にも書いてるじゃん、芸能人も言ってるし、夏目アナだって・・」

「万が一がある、夏目アナは転落した」

「もういいよッ!!」

ミーナは情けなさと恥ずかしさで涙ぐみながら走り去った。

及川君のばか!!

だいきらい!!

次の日の朝。

 

ユッコとカオリに囲まれた。

ミーナ!!

「サイはやめときな!」

「あわわ・・私、全然あんな人、興味ない、キモいし、童貞だし!」

「見れば分かるの!あんたすぐにサイのところに借りに行ったり、チラチラ見たり、周りをウロチョロしたり、処女処女しすぎなの!向こうもとっくに感づいてる!」

「で・・でもいつもすごい無視されるよ?」

「それが童貞なの!」

「ミーナも寂しいし、なにより悔しいでしょ?」

「いっぱい楽しい思い出作ってくれるカレシがいいでしょ?

「だいたい一緒に歩いててカッコ悪いじゃんあんなシャバ僧」

そういうとユッコとカオリはカレシ達と撮った写メやBBQ、リア充パーティーの画像や動画を見せてきた。

他校の生徒もいっぱいいる。

みんなキラキラしてる。

すごく幸せそうに欧米コンプを解消している。

「でしょ!ミーナもジョインしようよ!

ミーナの画像見せたらすごい可愛いってみんな言ってたよ!」

「でも私・・」

「かー、シャバい!シャバいよミーナ!でも処女だもんね」

「だから私達、ミーナのために最高のプレゼント用意した!」

そういって画像を見せる。

あっ、キララくん!

「キララくんがミーナとならエッチしてもいいって!」

「えっ、でもキララくんは彼女いっぱいいるんでしょ?」

「うわわわわ・・出たよ処女思考!イマドキ古い!重い!めんどくさい!」

「そうだよ、エッチはパスポートみたいなもの!色んな男の子とエッチして自分に一番ふさわしいカレシを見つけるの!」

「自分で動いて、自分で決める!世界が広がるよ!経験豊富で超絶人気のキララくんと初体験!となれば、一躍社交界のスター候補デビュー!」

口々に説得されてそんな気になってきた。

親友たちの思いやりも無視できない。

「わかった、私、ちゃんとした普通の女の子に、なる!」

うわー、やったー!

おめでとうミーナ!!

女子達が大盛り上がりだ。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)

読者登録

メイプル対応さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について