目次
いきなりですが、言いたいことはこれにつきます。
人生は、誰と、どこで、何をしたか。
そんなことを覚えているよ。
今どんな気持ち?
気持ちってなんだろう?
イライラしてる?
クヨクヨしてる?
モヤモヤしてる?
ニコニコしてる?
イキイキしてる?
ノビノビしてる?
ワクワクしてる?
ブレイクタイム①
ー言葉が世界を創るからー
ゴキゲンの5起源
ゴキゲンの5起源
どうにもならないことと、どうにかなること。
どうにもならないことがあるよ
どうにかなること
ブレイクタイム②
平穏と勇気
先が見えない根源
自分とジブンの関係
存在してくれてありがとう
それでよかったんだよ
素晴らしい未来が待っているよ
自分とジブンの関係 
自分を好きになろう 〜卑屈退治〜
自分を好きになろう 〜満たされるということ〜
自分を好きになろう 〜悪いのアイツだ〜
自分を好きになろう 〜好きなことをやろう!〜
想像しよう。
自分と誰かの関係 〜コミュニケーション〜
自分の人生は他者が決定付けているかもしれないよ?
あなたとは違う人だから
聴く 〜相手の目と耳と心で〜
聴いてもらう 〜自分の心を伝えるために〜
思いやりと勇気
私でもなくあなたでもなく、私たち。
やっぱり想像しよう。
ブレイクタイム③
自分の価値観を他人の物差しで測って謝るな。
仮面を被るのは
愛は動詞 
応援 〜多様な捉え方〜
あの子たちへ ー自立への応援・そして支え合いへー
どうしても書いておきたこと ーきょういくー
心配しない
子どもたちへプレゼント ー脚本という贈り物ー
ボクらは選ぶことができる
選択は思い通り 〜何を選び、何をするか〜
選択は思い通り 〜感情も選べる〜
だから今、何を選んで何をする?
想像しよう 〜見たくない未来〜
想像しよう 〜見たい未来〜
感性と感受性
今だけを。
思考は言葉に、言葉は文章に。そして…
感謝 〜ありがとう〜
どっちの向きに行こうか迷ったときは。
ゴキゲントレーニング
実践すること 習慣にすること  【ゴキトレ】
ノスタルジーをつくろう
ボクのお願い
奥付
奥付

閉じる


試し読みできます

人生は、誰と、どこで、何をしたか。

 

思い起こせば人生って

 

誰と

どこで

何をしたか。

 

 

そして、その時どんな気持ちだったか。

それの繰り返しなんだと思う。


試し読みできます

そんなことを覚えているよ。

ちょっとだけボクの昔を振り返ると、例えば一番最初の思い出は、両親とその友達と夜遊んでいたことが思い浮かぶ。

あんときボクは4歳くらいだったかな?

歩いていると溝に落ちてしまったんだ。

夜道だから見えなかったんだろうね。

 

たぶん、痛かったんだと思う。

でもね、その痛さはもちろん覚えちゃいない。

 

ボクが覚えているのは………

 

手を差し伸べて、めちゃくちゃ心配してくれた両親のこと。

つまり、愛されていたんだなってことだけを覚えてる。

 

 

 

例えば、高校時代。

弱小サッカー部に入っていたよ。

あんときボクは、最後の試合であっけなく負けたよ。

あっけなく負けたけどね、泣いたよ。

 

でもね、それは悔しくって泣いたんじゃなくって………

 

もうこのメンバーでサッカーをしていくことが出来ないって思った時、寂しくって泣いてしまった。

ああ、むしろ試合が始まる前にそんなこと思ってたかな。

負けた時のこと考えてたよ。

だから弱かったのかな。

 

最高のメンバーでチームが組めた。

そんときはそこまで思うことは出来てなかったけど、今思えば、最高のメンバーだった。

 

ありがとうね。あんときのアイツら笑

 

 

 

思い起こせば、いいことばかり。

たぶん悪いこともたくさんあったんだけど、それはそれで糧になってる。

だからボクに悪い思い出はないんだ。

 

 

 

今、どう感じるか?

そして、これからどうするか?

 

それで人生は変わるから。

めっちゃいい人生に変えることが出来るから。

 

 

 

ゴキゲンをつくろう。

 

過去を受け入れて、未来を信じて、今をゆこう。

それが、ボクのゴキゲンの作り方。

 

自称世界でたった一人の《ゴキゲントレーナー》であるボクが、これからその作り方を書いていきます。

 

あ、言っとくけど、今あなたがめっちゃ落ち込んでて、この本を読んだ瞬間めっちゃゴキゲンに変わるってことではないからね。

もちろんそんな人もいると思うけど、ボクはこう伝えたいんだ。

 

あせらなくていいよ。

緩やかでいいよ。

少しずつ、少しずつゴキゲンになっていこう。

緩やかに、豊かにゴキゲンになっていこう。

 

こんな感じ。

 

大きな別れがあった時に、それでもゴキゲンでいれるのはむしろバカだし、生きていれば当然悩みも出てくるよ。

 

でもボクらは、幸せになるために生まれてきたんだと思う。

幸せを感じるために生まれてきたんだと思う。

 

それには、もう一度言うよ?

 

誰と、どこで、何をしたか。

その時、どんな気持ちだったか。

そして今、どんな気持ちなのか。

 

そういうことなんだと思う。

 

ではでは、一緒にゴキゲンをつくっていこう。

 

心の底からあなたを応援します。

じゃあ、いくよ。


試し読みできます

気持ちってなんだろう?

さあ、最初はこの「気持ち」ってやつを考えてみたいと思う。

この「気持ち」は、ある物事に接したときに生じる心の状態。

気分。感じ。そんな意味があるみたい。

ググってちゃんと調べたから間違いないよ。

そこはめっちゃ頼っちゃうよ。

 

この本のタイトルに『ゴキゲン』って言葉を使ってるんだけど、ゴキゲンもまさに心の状態や気分のことだよね。

非常に気分がいい様をご機嫌っていうんだけど、ボクはゴキゲンとは《気分上々》みたいな意味で使ってます。そして上々だからちょっとずつゴキゲンになっていこうねってことも思いながら、この本を書いていってます。

 

 

さてさて、じゃあちょっと考えてみてね。

 

今自分がどんな気持ちなのかちょっとだけ考えてみてくれないかな?

それは考えなくても分かるのかな?

 

もちろんね、これを読んでいるときに気分が悪いなんて思わないでね。

なんじゃこの面白くない本は?って思われたら、それはボクがショックを受けて気分が落ち込んでしまうから…。

今どんな気持ちって聞いてるんだけど、最近どんな気持ちで過ごすことが多いかなってことを考えてみてね?

ヨロシクです。

 

とりあえず、次の節に7つの気持ちを書いてみたよ。

これのどれかに当てはまるかもしれないし、何個も同時に感じているかもしれない。

もちろん当てはまらないかもしれないね。

例えば、今いっぱいいっぱいでオロオロしてるんですよ〜とか、もう儲けたくて儲けたくてギラギラしてるんです!とか、ね。

悩みがあるかもしれないし、すっごい希望で溢れているかもしれない。

だからまずここでは、いろんな感情があるよねってことを分かってくれるだけでもいいよ。

 

 

怒ってる

沈んでる

揺れてる

喜んでる

楽しんでる

 

とかね。

 

まずは、その気持ち、「感情」をみていこう。

人生は、そのとき、どんな気持ちだったか、が大事だから。

 


試し読みできます

ゴキゲンの5起源

もうゴキゲンのゴキゲンを書いてしまうよ。

あ、ご機嫌の5起源って意味ね。

ゴキゲンをつくる5つの要素。

今は簡単に書いておくね。

読み進めていくうちになるほど〜って思ってくるから覚えておいてね。

 

 

①健康

うん、これは大事だ。めっちゃ大事。元気があれば何でも出来るって裸で赤いタオル持ってる人が言ってたよね。あ、黒いパンツも履いてたね。あれは一つの真理だよね。便秘でめっちゃ腹痛い時にはゴキゲンにはなれないよね。よっしゃーーー!足折れたーーー!なんて人も当然いない。いたら連絡ちょうだいね。書き直すからね。

 

②お金

まあ、ないよりある方がいいよねって話。これはいくら持ってればゴキゲンになるってのは人それぞれなんだけど。最低限のお金は誰でも必要だと思う。毎日食べていくのに困るほどお金がない。教育費が払えない。借金にまみれてるって人はゴキゲンにはなれていないだろう。

 

この①健康②お金のことはこの本ではそんなに書かないからね。他の本で勉強してね。健康はやっぱり体作りの本とか料理の本になるのかな。お金は…、働こう。この働くってのもゴキゲンには大切な言葉なんだけど、ここではお金とは分けて考えるね。

 

 

③関係性

そう、ここからが本番。というかボクが書きたいことで伝えたいこと。最後にも書くんだけど、この関係性っていう言葉をいつも頭に入れて読んでほしい。関係性っていうのは、例えば自分と誰かっていうだけじゃないよ。自分とジブンの関係もそうだよ。実際やっている自分と本当はそれをやりたくないと思っているジブン。一致しなければゴキゲンにはなれないよね。でも、やりたくないことやっているけど、それをやったら未来が拓けると思っているジブンがいたら、それは少しゴキゲンかもしれないね。そんなこともそうだし、世の中と自分自身との関係もそうだね。どんな立場なのかとかもそう。

 

この関係性ってのがボクの本の中で、それはそれは大事な言葉になっているよ。

 

④選択

自分で何を選ぶかっていうシンプルな話だよ。何をするのか、誰に会うのか、どこにいくのか、いつするのか。そんなこと。でももう一つ選択出来ることがある話をこの本ではしようと思う。それは、どんな気持ちなのかも自分で選んでみようって話。そんなことまでここに書くよ。なかなかいいこと書くでしょ?まだ先読んでないんだから分からないだろうけどね。

えっと、ここには「運」も入ってくるかな?運も何かを選択した結果だからね。宝くじも買わなきゃ当たらないってことだよ。ついでにいえば、ファッションや音楽を聴くという選択もここだね。

 

⑤ユーモア

いいかい?このユーモアっていうのは本当に世界を変える力を持っているよ。これほど素晴らしいものはないんじゃないかなって思ってる。人間だけに与えらえた唯一の才能であるユーモア。あ、そんな人を笑わすことなんて出来ないなんて思わなくていいよ。ただ、楽しくて面白いものをみようってこと。それだけでもいいよ。もちろん人を笑わすことが出来たならそれは素敵なことだけどね。

 

ボクはこの本にユーモアをいっぱい詰め込んで書こうって思ってる。ふざけんじゃねえよ!金払ってみてやってるんだから真面目に書けよ!って思う人がいるかもしれないけど、そんな人にはゴメンねっってだけ伝えます。ゴメンね。でも、理解してくれる人はめっちゃ理解してくれると思う。だから、あなたがクスっとしているところを想像しながら書いていくよ。ふふふ。楽しいです笑 この本にユーモアの解説はここだけで、あとはボクがあなたを笑わせるからね。←ハードルあげたね。

 

で、覚えておいてね。

このゴキゲンの5起源があるんだけど、このすべてを包み込むのは

 

感謝と想像

 

なんだ。

 

 

 

 

この二つの言葉をいつも頭にいれておいてね。

これは毎日思っててね。

 

感謝してるかな?

想像してるかなって?

 

 

 

 


試し読みできます

奥付

 

ゴキゲンを創ろう。

 

 


http://p.booklog.jp/book/114113


著者 : kawarasista
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/kawarasista/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/114113



 
 
 
 

 

 

 

itsumo arigato


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格850円(税込)

読者登録

kawarasistaさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について