閉じる


<<最初から読む

9 / 16ページ

9ページ

 

   

                  そこで ななしは じぶんで なまえを つけることに しました。 

      「 ぼくの なまえは ようせい!!」  でも なにも かわりません。    

      「 ぼくの なまえは  てんし!!」  やっぱり もとのまま。 ななしは

      じぶんで なまえをつけても だめなことに きが つきました。   

        

        


10ページ

 

      

                  「 なまえがない せかいの すべてに なまえが あるのに ぼくには    

      なまえがない だれか ぼくに なまえを つけて ・・・・」  ななしが

      つぶやきました。 

        

        


11ページ

 

     

      あるひ ななしは おめんをつけた ひとにであいました。「 きみには 

      なまえが ないのだね わたしが とても すてきな なまえを  

      つけてあげよう 」  「 ほんとう!!」  ななしは おめんのひとに 

      とても すてきな なまえを つけてもらえる ことになりました。     

 

 

        

        

        


12ページ

 

   

  

      おめんのひとが ちいさな こえで なまえを ささやきました。         

      すると ななしに かたちが うまれ いろがつきました。           

 

 

 

 

        


13ページ

 

      

      「 なまえが ついた!! ぼくに なまえが ついた!!」      

      はやく じぶんの すがたを みたくて はしって みずべにいきました       

 

 

                       



読者登録

にきけんじさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について