閉じる


<<最初から読む

6 / 16ページ

6ページ

 

       

      「 きみたちは とり!! うえに みえるのは そら!!」  すると 

      ひろい ひろい そらが うまれ おおそらに とりたちが はばたいて 

      いきました。  せかいは けっこう いろづきました。  


7ページ

 

       

      「 あれは うみ!! きみたちは さかな!!」  すると おおきな 

      おおきな  うみに たくさんの さかなたちが とびこみました。 

      せかいは ずいぶん いろづきました。                          

        

        


8ページ

 

   

      たくさん たくさん なまえを つけて やっと せかいの すべてに 

      なまえを つけました。  せかいは きれいに かたどられ うつくしい

      いろに みちあふれ しあわせな ときを きざみます。  でも      

      ななしだけ なまえが ありません。         

              

        

        


9ページ

 

   

                  そこで ななしは じぶんで なまえを つけることに しました。 

      「 ぼくの なまえは ようせい!!」  でも なにも かわりません。    

      「 ぼくの なまえは  てんし!!」  やっぱり もとのまま。 ななしは

      じぶんで なまえをつけても だめなことに きが つきました。   

        

        


10ページ

 

      

                  「 なまえがない せかいの すべてに なまえが あるのに ぼくには    

      なまえがない だれか ぼくに なまえを つけて ・・・・」  ななしが

      つぶやきました。 

        

        



読者登録

にきけんじさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について