閉じる


<<最初から読む

18 / 50ページ

エリュティアの疑問

 アトラスは館から去り、ドリクスはうつむき加減に歩くエリュティアに寄り添いつつ、彼女の心理を窺った。エリュティアがぽつりと呟いた。

「本当にあの方が、真理の女神ルミリア(ルミリア)に遣わされたレトラスなのでしょうか?」

 

 救世主が自分の目の前に現れる。そういう期待は裏切られていた。エリュティアうつむきながら発したそんな問いかけは、独り言だったのだろうか。しかし、ドリクスはその独り言に介入した。

「それは、まだ分かりません。ただ、抜き身の刃という自らの姿に気づかぬうちは、触れる者を傷つけましょう。剣を振るう目的に気づかぬうちは、その切っ先が思いもかけぬ方向に向くこともございましょう。ですから、刃には鞘が、力にはそれを正しく使う意志が、必要なのです」

 ドリクスはそんな表現でエリュティアの疑問を制したあと、思いついたように付け加えた。

「そうそう、今日、アトラス王子にお越し頂いた返礼に、こちらからも王子を訪問せねばなりませんな。手みやげは何がよろしいでしょう」

「また、あの方と会わねばならぬのですか?」

「早いほど、お二人の気持ちは高まりましょう。いかがでしょう、今から宝物庫で王子への手みやげを選んでは?」

 ドリクスはエリュティアに問うという形を取ったが、すでに返礼の贈り物はフェルムスの剣と決めていた。シュレーブ王家に伝わる宝刀である。剣の前でさりげなく、そのすばらしさを説けば、エリュティアはドリクスの意志に沿って剣を選択するだろう。

 

 日当たりの良い庭園から館の出入り口が見える。その出入り口の門のように2本の樹木があって葉を茂らせていた。ドリクスは驚いたように目を見開いた。樹木に向き合うように背を見せている少女の姿がある。

 傍らにいるエリュティアが元気を失って存在感がない。ドリクスにはその彼女がいきなり別の場所に現れたかのような気がしたのである。その新たな少女の後ろ姿は、それほどエリュティアとよく似ていた。背後の人の気配に気づいて振り返った少女は親しげな声を上げた。

「エリュティア様」

 エリュティアも親しげに彼女の名を呼んだ。彼女の表情は一転して明るくなったところに二人の少女の関係が窺われる。

「フェミナ」

 エリュティアにそう名を呼ばれた少女は、王家の血筋を引いて現国王のアルトオ家に次ぐ格式の高い家柄の貴族の娘である。年齢が近いことがあり、幼い頃から仲が良い。エリュティアは許可を求めるようにドリクスの顔を振り仰いだ。

「先生」

 幼なじみと二人で話し合いたいというのだろう。ドリクスはそれを察して笑顔を浮かべた。

「エリュティア様。私は急用を思い出しました。後はお二人でお過ごしください」

 ドリクスはそう言って足早にその場を立ち去った。ドリクスは自分たちが意図的に操作した二人の少女の運命を考えた。フローイの王家に嫁ぐフェミナと、ルージに嫁がせる予定のエリュティア。姿形の似通った二人だが、もし、エリュティアがフローイ国に嫁ぐようにし向けていたら、この二人の少女の運命はどう変わったのだろうと。

 ドリクスはその足を彼の報告を待っているジソーの元に向けた。


謀臣ドリクス

「首尾はどうであった?」

 シュレーブ国王ジソーは、執務室に戻ってきたドリクスに面会の様子を問い、ドリクスが答えた。

「上々かと存じます」

「王子の左の手首を見たか」

「気がついておられましたか」

「儂の目は節穴ではないわ。銀の細工に緑の宝石」

 細やかな作りの銀細工がフローイを連想させた。装飾品に興味を示すことがないルージ国の男が、あれを身につけていたと言うことは、フローイがアトラスに接近を図っているということに違いあるまい。油断はならない。ジソーは言葉を続けた。

「さすれば、アトラス王子への返礼の日取りも、早いほうが良いの」

「さようでございます」

「その日取りと、返礼の品を決めておいてくれ」

「いえ、返礼の宝物も、日取りも、エリュティア様のご意志にて」

「なるほど」

 当事者のエリュティアの意志を尊重しようという言葉の裏で、意味深に微笑みあうジソーとドリクスの表情は、エリュティアを意のままに操って誘導すればいいと語っているようなものだった。結論は決まったとでも言うようにドリクスは話題を変えた。

 

「さきほど、フェミナ様のお姿を拝見いたしましたが」

「フローイ国に嫁ぐ前の挨拶に参ったよ。あと数日は滞在するとのことだ」

「それは、ようございました。エリュティア様にとってもいい話し相手、よい気晴らしになりましょうな」


ザイラスの内通

 街道を歩くアトラスの両側に、各国の王族や貴族の館が並んでいた。館の造りに各国の習慣や独特の意匠が凝らされていて、アトラスは興味深げに眺めて歩いた。ルージ国王の館があるのはこの辺りから水路と街道を挟んで東北の区画である。

 

 その中を連れ添って帰るアトラス主従だが、ザイラスの表情が険しい。気さくに物を言う主従関係だが、アトラスに意見を具申する時のザイラスが、これほど不快感情を露わにすることは珍しかった。

「王子。言っておきたいことがある。先ほどは冷や汗をかいた」

「すまぬ」

 幼い頃から生活を共にし、兄弟のように育ったザイラスの言いたいことは分かる。先ほど、アトラスがエリュティアに示した態度である。

(私の尊大さが、エリュティア姫を怯えさせてしまったのではないか)

 内側に秘めた素直さは、ザイラスに指摘されずともアトラスを反省させている。

(次に会った時には、今回のことを詫びねばならぬ)

 そう言う意識がアトラスの動作ににじみ出すように感じられ、ザイラスはそれ以上の主人に対する苦情を控えた。

「ご自分で分かっていればよいのです。ご婦人に接する時には、敬意と優しさを忘れぬ事が肝要かと存じます」

 

 ザイラスはそう言いながら、もう一つの自分の任務を思い出している。ルージ王家の内情を密かにフローイに伝える密偵という役割である。フローイのボルススは、この面会の事の次第について興味を示すだろうし、情報は早いほど価値がある。

「王子、テウススらが館でくすぶっております。私が連中に何かシリャードの旨い食い物か酒でも見繕って参りましょう」

 幼い頃から顔なじみの信頼できる側近たちが、アトラスとザイラスより遅れてこのシリャードに着いていた。しかし、ザイラスの見るところ、連中にはアトラスほどの好奇心は無いようで、聖都シリャードという大都市に圧倒される田舎者のように、館に閉じこもるように遠出を避けている。その者どもにルージでは食べられないものを食べさせてやろうというのである。

「それはよい考えだ。大食らいのラヌガンが腹を満たせるように頼む」

 アトラスは笑顔で賛同した。幼なじみの側近の名はアトラスから暗さを振り払っていた。ザイラスは僅かに頷いて、一行から離れ、足をシリャードの東の市に向けた。もちろん、市を素通りして戻り、フローイ国王の館に向かうのである。


ザイラスの情報

 リーミルがルージの密偵の来訪を知って、祖父の執務室に姿を見せた。

「彼の者が来ているそうね」

 彼女にとってもアトラス行動には興味がある。中央のテーブルにボルススがおり傍らに侍るマッドケウスに、孫娘のいつもの強引さに肩をすくめて笑って見せた。

 

 館を訪れたザイラスは謀略の子宮、フローイ国王の執務室の入り口にいる。部屋に飛び込むようにやってきたリーミルは傍らに居たザイラスに笑顔を浮かべた。

「ご苦労様。それで、状況は?」

 王をさしおいて話を進めようとする孫娘に苦笑したボルススが、ザイラスに顎をしゃくってみせて話を進めよと指示をした。

「シュレーブ国王の館の庭園で、王子はエリュティア姫との面会を果たされました」

「それで?」

 言いかけるボルススをさしおいて、リーミルがザイラスに続きを促した。

「様子はどうだったの」

「何事もなく」

「何事も? エリュティア姫は王子の腕輪に何か、」

「いえ、お話の内容までは分かりかねませんでしたが、お二人とも熱心にお話をしておいででした」

 そんなザイラスの報告にリーミルは眉をひそめて言った。

「姫は腕輪には気づかなかったと?」

 ザイラスが頷くのを見て、リーミルはエリュティアを評する言葉を続けた。

「なんと鈍い女」

 アトラスの腕輪さえ見れば、どこかの女がアトラスという男の所有権を主張しているのが分かりそうなものだし、その腕輪が精緻な銀細工なら、フローイの女だと分かりそうなものだ。リーミルはそう考えたのである。 「それ以外には? 」

 他の情報を求めるマッドケウスにザイラスは首を横に振った。

「いえ、それだけでございました」

「なるほど、何かあれば、また知らせよ」

 そのボルススの言葉に、ザイラスは頷いて、深くフードをして顔を隠したかと思うと、足早に部屋から姿を消した。その後ろ姿を見送りつつ、リーミルは祖父に尋ねた。

「おじいさまは、ずいぶん役に立つ密偵を飼っておられるのね。報酬はいかほど?」

「報酬など払っておらぬわ」

「では、あの男、ただ働き? そんな男が信用できるの?」

「いや、恨みさ。あの男は父親をリダルに殺されておる」

「ふうん」

「分かりにくく信用できないとすれば、最高神官ロゲルスゲラ(*1)の連中よ。あの者どもは陰湿な陰謀を飲み食いして生きておる」

 そんな祖父の言葉に、リーミルはふと思い出した。聞き慣れない言葉を話す男が六神司院ロゲルスリンの中に姿を消したことである。

 

*ロゲルスゲラ:神帝スーインの諮問機関の六神司院ロゲルスリンを構成する六人の最高神官のこと。


秘密の泉

 フローイ国王の館の出来事も、何もなかったかのように過ぎ、明くる日を迎えた。

 エリュティアはフェミナに伴われて、御者を伴っただけの馬車でシリャードの城門をくぐった。幼なじみとして、語り合うのに良い場所に案内してあげるというのである。エリュティアの失意の様子を見たフェミナが彼女を励まそうとしたに違いない。

 ルミリアの神殿を中心にぐるりと円形に城壁が張り巡らされて、その内側が聖都シリャードというアトランティスを束ねる都市国家である。

 ただ、その城壁を一歩出れば、アトランティス大陸の中原に存在するシュレーブ国である。北東にはグラト、北方にはレネン国とアルム国、西にはナリズム山系で隔てられてフローイ国があり、南西にはゲルト国、南方にはグラトとラルトの各国、東には海を隔ててルージ国が存在するという位置である。

 

 この辺りはシリャードに人口が集中し、城門を出ると嘘のように人の気配が絶え、静かで豊かな緑の森林地帯になる。王族の狩り場に指定され、一般民衆の立ち入りが禁止されている場所も多い。シュレーブの国力を支える豊かな穀倉地帯は、ルードン川をもう少し下った辺りである。

 二輪馬車が向かう先は、道が途絶えるのかと思われるほど細く、熟練した御者が手綱さばきに苦労する様子がうかがえる。やがて道は途絶え、馬車は木々の間を縫うように北に目ざし続けた。

「止めて」

 フェミナが御者に馬車を止めるよう指示し、エリュティアの方に顔を転じて言った。

「見て、エリュティア様。前に見えてきたあの細い川が目印」

 希望が広がるように甘い香りがし、木漏れ日の間を縫うように蜜蜂があわただしく飛び交う場所である。フェミナは馬車を降り、御者には馬車をその場に留め置くように言いつけ、エリュティアの手を引いて小川のほとりを遡り始めた。

 

「すばらしいわ」

 その景色はエリュティアを満足させ、表現する言葉に詰まって絶句するエリュティアの驚きと満足感の表情はフェミナを楽しませた。細くなってゆく小川を遡って間もなく、川は地の窪みを伝い湿らせる流れとなり、やがて、その水を溢れさせる小さな泉に行き着いた。

 泉の周囲の水草は白く大きな花を付けて、飛び交う蝶に蜜を提供している。周囲の木々の木漏れ日が泉の水面を刺して微笑みたくなるほど眩しい。ため息をつきたくなる景色だが、二人の少女もその美しさの一部になって泉や森の精のようにも見える。

「夢の中みたい」

 エリュティアはくるりと身を翻して周囲を眺めてそう叫ぶようにそう言った。周囲から隔離された世界の中で、男どもが彼女に背負わせた重荷を感じずにすむのである。

「ええっ。九つの時に、偶然に見つけたのです。この辺りは私のお父様の領地で、誰も立ち入れない狩り場の中。私以外に知る者はいない場所。嫁ぐ前に、もう一度、最後にここを見ておきたかった」

「どうして?」

 エリュティアはフェミナの言葉に疑問を呈した。アトランティス議会のためにこの聖都シリャードに参集した各国の王族が、議会の閉会とともに帰国する。フェミナはそのタイミングでフローイの王子の元に嫁ぐ予定なのである。フェミナはフローイの人々に温かく迎えられ盛大な結婚式になるだろう。そこで結ばれた夫をこの景色を見せてやればいい。しかし、フェミナの雰囲気はそれを拒絶しているように思われた。

「フローイにあるものは、戦と銀細工だけ。あの田舎者たちには、この自然の美しさは理解できないわ」

 リーミルの言葉に彼女が婚儀を望んでいないことが窺い知れた。

「婚儀が嫌なの? それとも、相手のお方が気に入らないの?」

「私は自分が嫌なの。女だということがが嫌なの。女ってなんと無力なものなんでしょう」

 フェミナは同じ境遇にいるはずのエリュティアに同意を求めるように言ったが、エリュティアはまだ結婚と言うことが十分に理解できずにいる。

 

 約一ライ、現代で言えば1時間。二人は会話らしい会話もなく二人だけで過ごした。この時代、互いに別の王家に嫁ぐということが、ひょっとしたら、幼なじみの二人が過ごす最後の機会になるかもしれず、その機会が深刻な話で綴られることを避けたのかもしれない。ただ、王族という身分を背負った二人に許される自由時間はその程度のものである。

 やがて、二人は立ち上がり、元来た道を辿った。

 

 忠実な御者は二人の帰りを待ちながら、馬に水を与え、馬の体をブラシを使ってマッサージしていた。この美しい馬は彼の自慢なのだろう。ただ、馬は先ほどからまとわりつくように飛ぶ大きな蜂に不快感をあらわにし、落ち着かない。気づかないうちに蜂の巣に接近してしまっているのである。

 戻ってきた二人を見つけた御者は、馬車の向きを変えて二人を導いた。この時に、二人が振り返って景色を記憶に留めるように眺めるのは、この景色を二度と見ることが出来ないという予感のせいかもしれない。  御者は馬の轡を取り、馬車を南に向けた。この時である。先ほどから周囲を飛び回っていた蜂の一匹の羽音が馬の耳を刺激した。馬は驚き興奮して、前足を大きく上げていななき、耳に煽られた蜂も興奮して馬を刺した。

 

 馬車は今から御者台に乗ろうとしていた御者を振り落とし、二人の少女を乗せたまま暴走を始めた。やや幸運だったのは馬車が林の木々の間を通り、道らしき場所に出た辺りだったことである。不規則に木が生い茂る中で、もう少し木々が密に茂っていれば、馬車はいずれかの樹木にぶつかって転倒して馬車に乗っていた二人は負傷していたかもしれない。しかし、蜂を振り払ったものの馬の興奮は収まらず、馬車を牽いたまま疾走している。



読者登録

塚越広治さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について