閉じる


<<最初から読む

12 / 50ページ

リーミルの計略

 次の日の夜が明けた。ルージ国王の館ではアトラスが一人、物思いにふけっていた。

「とりあえず、件の姫と会うてみよ」

 昨夜、そう言った王の言葉に、アトラスは口ごもって答えられずにいた。結婚という言葉が、母親のリネと父親のリダルの関係と重なった。

 

 アトラスの本心は彼自身が深く封印しているようで知りがたい。ルージの世継ぎとして生まれ、周囲の祝福を受けつつ何不自由ない生活をした。しかし、そのアトラスの傍らには常に嘆き悲しむ母親の姿があり、その姿がアトラスの心に深く刻まれている。母親の嘆きは、夫の愛を受けられない孤独感と、夫の愛を受ける蛮族タレヴォーの娘への嫉妬に違いない。アトラス自身、父親の愛が自分よりも、父が蛮族タレヴォーの娘に産ませた子供、ロユラスに向けられていると感じている。アトラスの子どもじみた純真さは、母親リネの息子として、リネが愛する男の歓心をリネに向けようとするところにあり、その点で、アトラスがリダルを見つめる目は、父を見る少年の眼としてやや距離感がある。

 そんなリダルの提案である。アトラスは母のためにリダルの歓心を買おうとすれば、提案を受け入れてエリュティアという王女を妻に娶らざるを得ない。アトラスは父の提案を受け入れる決心をしつつも、多少、冷ややかに考えている。そして、異性としての女性を意識してみると、これから出会うエリュティアという女性ではなく、昨日出会った不思議な少女の面影が浮かぶ。

 

「王子、我らが王がお呼びだ」

 ザイラスが足早に歩いてきて、アトラスの居室に顔を見せてそう言った。冷静な男で歩調を乱すことはない男である。そのザイラスがやや息を切らせるほど急いでいるのは急な用に違いない。

「何事だ?」

 アトラスの問いに答えず、ザイラスは王子をリダルの執務室に導いた。リダルは息子の顔を見るやいなや挨拶も忘れて言葉を発した。

「フローイ国王の館から先触れの使者が着いた。間もなくフローイ国のリーミル王女がそなたを訪ねてお見えになる」

 アトラスは混乱した。島国育ちで他の王家の貴族との面識が薄い。昨日は妻という意識をすり込まれつつエリュティアという名を聞いたが、今朝、耳にする名は、別の王族の姫の名である。

 

 そんなアトラスの傍らで、リダルとザイラスの会話が進んでいた。

「しかし、エリュティア姫との面会の話がある。他国の姫との面会はまずくはないか?」

「ここは、お会いになるがよろしいでしょう。ただ、あくまでも、王子が私的に。シュレーブ国への対面を考えれば、我が王は知らぬふりをするのが肝要かと」

「さすがはザイラスよな。よく知恵が回る。では、その通り手はずを整えよ」

「御意のままに」

 ザイラスはそう頷きながら、二人を面会させるとすれば、この館の片隅に小川を引き込んだ中庭が良かろうと計算している。日当たりが良く、川と植物のある景色だが館とは窓のない壁を隔てており、塀で遮断されて館の外部の目が届かない場所である。

 

 執務室を離れ際、ザイラスはふと振り返った。そこにいる二人は父と子のはずだが二人を隔てる空気が重い。父親に相談することもなく一人で思いにふける少年と、その息子にどう接して良いか分からない男の姿である。

 あの二人の信頼を裏切ってフローイ国に通じていると言うことに良心の呵責は感じてはいないが、あの二人に寄り添うように育って、なにやら哀れに見えることがある。


リーミルの来訪

 来客がルージ国王の館に着いたのは、先触れの使者から時間にして一ライ、現代の時間にすれば一時間後である。貴人の訪問を受ける準備を整えるには足りるが、それ以上の面倒な策謀を巡らす事は出来ないという時間である。

 

 アトラスは人払いをした中庭で来客を待っていた。やがてザイラスの姿が見え、その背後に少女の体型の人影が続いていた。中庭の入り口で少女が何かを指示するようにこくりと頷くと、指示を察して付き従ってきた侍女は入り口から去り、来客を案内したザイラスも、王子に配慮するかのように立ち去った。

 

 少女は周囲の草花を愛でるように、しかし、ターゲットを見定めたようにゆっくりとアトラスに歩み寄った。アトラスは首をかしげた。やや伏せた少女の顔に見覚えがあるような気がするのである。

「フローイの第一王女で、リーミルと申します」

 彼女にとって、この種の礼儀正しいお辞儀と堅苦しい挨拶をしたのは久しぶりである。

 アトラスは伏せていた顔を上げた少女にやや戸惑った。ゆったりした厚手のローブを脱いだ少女の長い黒髪が滝の流れのように肩から背を流れ、シャルと呼ばれる飾り紐を額から後頭部に回して髪を結っている。そのシャルの右のこめかみに当たる部分に銀で縁取られた緑の宝石が下がって、朝日を反射している。右なら未婚、左なら既婚者という習わしである。

 

 そんな衣服や装飾品が気になったのは、目の前の王女の顔立ちが、昨日の不思議な少女の雰囲気を漂わせていたことである。もちろん、本人である。

「アトラス様ですね」

 リーミルはいたずらっぽく笑って、名乗りを忘れているアトラスにそう確認し、訪問の用件に触れた。

「昨日の贈り物の返礼を持って、参上致しました」

 昨日、別れ際にもらった腕輪の返礼に来たというのである。紫色の柔らかな布の内側から銀色に輝く装飾品が現れた。アトラスが戸惑いから抜けきらない様子に、リーミルは髪を後ろでまとめていたシャルを解いて頭を振り、滑らかに流れる髪を乱した。リーミルはくすりと悪戯っぽく笑った。そういう笑い方をすると昨日の少女のイメージが強くなる。

 

「やはり、昨日の?」

「思い出してくれた? 私の可愛い剣士さん」

 リーミルはアトラスの傍らに寄り添って座り、胸元に抱いていた包みを解いた。紫色の柔らかな布の中から、銀の地に緑の星の粒が散りばめられた幅の広い飾り紐が出てきた。

「これは?」

 差し出された贈り物のについて問いかけるアトラスに、リーミルは右手の指先を摘むように握って、アトラスに腕を伸ばさせた。

「剣士様、右のお手を」

 飾り紐をアトラスの手首にくるりと巻いた。その感触が冷たさに、飾り紐をよく見れば、布ではない。銀の細い糸を編み合わせ、緑に輝く小さな宝石を幾つもはめ込んだ精緻な装飾品だと分かった。さすがは銀細工に長けたフローイの装飾品である。現代ではエメラルドと呼ばれる宝石が放つ緑の輝きはフロー異国を象徴する色だった。

 

 リーミルはその飾り紐の両端の銀の糸をまるで縫うようにまとめて飾り紐をアトラスの左手首の太さに合わせて留めた。アトラスはリーミルに任せつつ同じ質問をした。

「これは?」

「汚れ無き銀の地は勇者に神の真理を、緑の宝石の輝きは勇者に勇気を与えるとされています」

「そんな貴重な物を?」

 重ねて尋ねるアトラスを押し倒すように、リーミルは顔を近づけて言った。

「気づいてないのね? あなたは私たちにとって大事な人だもの」

「私が?」

「いいこと? 単純な事だわ」

 リーミルは姉が弟にするようにアトラスの髪を優しくなでて、言い含めるように言葉を続けた。

「私の国フローイと、あなたの国ルージは、他国が靡くほどの精強無比な軍隊があるの。シュレーブは金で多数の兵を養っているわ。これには他の国は対抗できない。かといって、残りの六カ国が三カ国を攻めるほどにまとまるなんて事は、今の政治情勢で出来やしない。アトランティスの平和はフローイとシュレーブと、貴方のお父上の国ルージの釣り合いの上に成り立ってるのよ。考えてみて? その三カ国の中でフローイとルージが、つまり私とあなたが手を組めば、シュレーブを攻め滅ぼすことだって難しくはない。このアトランティスの命運を握れると言うことだわ」

(たしかに、その通りかもしれぬ)

 アトラスはそう思った。そう思いつつ、自分と年齢が大差ない女性がこの社会を広く洞察しているのかという驚きが、アトラスの劣等感を刺激してもいる。リーミルの視野の広さが転じて、アトラスに自分の視野の狭さを見せつけているのである。

 リーミルはアトラスが劣等感にさいなまれる様子を、幼さ故の戸惑いと見たのか、アトラスをなだめるように言葉を締めくくった。

「今は分からなくても良いのよ。国や政治を語るのは私に任せて。でも、考えてみてちょうだい。この手首の腕輪の意味を」

 

 リーミルは立ち上がり、にこりと笑顔を残してアトラスに背を向けた。来た時と同様に綺麗な去り方だったが、彼女が意図したとおり彼女の存在と、意図せずに劣等感をアトラスの心に刻みつけた。 故郷で愛馬アレスケイアと遠乗りに出かけた時に、アトラスは自分の本性を自覚することがある。まだ精神は完成されず未熟ながら、自分は武人ではなく、自然や歴史の雄大さを人々に伝える吟遊詩人や、自然の出来事に神の摂理を追う神官であったらと願うように考えるのである。

 しかし、父の歓心を買い、父の愛を母のリネに向けておきたい。そんな意識がアトラスに武人の仮面をかぶり、武人としての演技を強要している。そして、アトラスの生真面目さは、そんな運命の強要を受け入れて本来の姿を消そうとしているのである。今日のリーミルはアレスケイアとは別の観点からアトラスの虚飾を剥ぎ取って見せた。このアトランティスの政治や力関係を語る彼女に子ども扱いされるようなあしらわれたのである。

 リーミルが帰途につき、イラザスが中庭に様子をうかがいに来た時に、アトラスが左の手首を掴んで捻っている姿を見つけた。アトラスはとまどいつつ短く語った。

「取れない」

 先ほどリーミルがアトラスの手首に装着した腕輪が取れないのである。力を入れると細い銀と糸が切れ精緻に織り込まれた小さな宝玉が外れそうな気がして力任せに取ることが出来ない。かといってその合わせ目はリーミルが丁寧に銀の糸で縫い合わせるようにつなぎ合わせてあり、複雑に絡む糸を丁寧にほぐすことも難しい。


謀略と裏切りの気配

 聖都シリャードの大通りを、リーミルが乗る輿を四人の屈強な担ぎ手が運んでいる。人々はその紋章でフローイ国の貴族が乗っていることを察して道を譲っている。その輿が行き止まりの路地に入った。両側はこの聖都シリャードにあるグラト国とヴェスター国の王家の館だが、高い塀に遮られて人の目が行き届きにくい。

「首尾はいかがでしたか?」

「上々よ。ちゃんとアレが私の物だって言う印は付けたから」

 侍女の問いかけにリーミルは機嫌良く答えて、御簾で周りを覆われた輿を降りた。すでに昨日、アトラスと出会った時の気さくな町娘の衣類を身につけている。アトラスへの表敬訪問が終わった。ルージ国王の館を出て、十数分の時間が経過し、街路の曲がり角をいくつか曲がって、もはやルージ国王の館は見えない。ここまで来れば堅苦しい儀礼を気にする必要はあるまいと思うのである。リーミルは侍女を自分の代わりに輿に乗せてその場を去らせた。輿という乗り物は移動の速度にしても、気まぐれにうろつくという点でも、彼女の性格に合わない。

 突き当たりの水路に背を向けて、この行き止まりになった通りを出れば、すぐに活気のある商店が建ち並ぶ大通りである。彼女はそちらを向きながら、ふと足を止めて考えた。

(なんとまぁ、無邪気なこと)

 アトラスの顔を思い出したのである。素直すぎて操るのに気が引ける。利用価値は大きいというのがリーミルがアトラスという人物を測る尺度だったはずだ。その尺度に、思い出せば微笑みたくなる素直な好感が混じり始めていた。

(でも……、フェミナと言ったかしら、)

 彼女は出会ったこともない弟の婚約者の名を思い出して状況のややこしさを考えた。彼女の弟はシュレーブ王家に連なる貴族の娘を娶る。祖父のボルススはこの大陸の中央の大国シュレーブ、東の島国ルージを天秤にかけているのである。リーミルも弟のグライスもその天秤の分銅に過ぎない。    名目上の政治体制に過ぎないアトランティス議会もあと数日で閉会する。リーミルの弟のグライスは今はフローイ本国で祖父の代理人として国を治めているが、アトランティス議会の閉会の後、ボルススは帰国して、シュレーブからフェミナを迎えて孫のために盛大な結婚式を執り行う。両国の絆を見せつける盛大な式になるに違いない。

(では、私とアトラス王子は?)

 考えてみれば、リーミルのアトラスに対する好意は男女の愛情かどうかは疑わしい、政略結婚をさせられるならアトラスという男で妥協しておこうということかもしれないし、アトラスという獲物を横から掻っ攫われたかのようなエリュティアに対するライバル心かもしれない。

 考え事をしながら歩くリーミルは、ふと、自分に向けられた不審な視線に気づいた。周囲を見回せば、ここはシリャードの中心部である。左側にアトランティス議会の議事堂、右側に六神司院ロゲルスリンと呼ばれる、神帝スーインに直接仕える最高神官ロゲルスゲラたちが集う館がある。この辺りに一般市民が姿を見せることは少なく、町娘の姿でフードで顔を隠すリーミルは町の警護の衛兵どもから不審者という視線を浴びていたのである。

最高神官ロゲルスゲラどもは、よう臭う」

 謀略家のボルススが悪臭に耐えて鼻をつまむまねをして、そう称したことがある。ボルススらは国を運営するために謀略を張り巡らすが、それは政治的な駆け引きに近い。ロゲルスリンを構成する六人の最高神官ロゲルスゲラは、自らの権力や富のために、陰湿な手段を用いて政敵を排除しているのである。神帝スーインを通じて神を奉じるべき神官が、欲望にとらわれて腐り果てている。

 リーミルはこんな場所には興味はなく、退散することに決めた。

(きゃっ)

 くるりと身を翻したリーミルは小さく悲鳴を上げた。足早に、しかも足音も立てずにやってきた男とぶつかってしまったのである。リーミルの悲鳴と同様に、男も舌打ちに混ぜて、小さく何かの悪態らしき言葉を吐いた。リーミルはその言葉やアクセントに全く聞き覚えがなかった。

 立ち去ってゆく男は、リーミルにはかまわずに六神司院ロゲルスリンの館の通用門へと姿を消した。リーミルは、あの男が漏らした僅かな言葉から、あれがアテナイ人ではないかと考えたのだが、首を横に振って疑念を打ち消した。いくらなんでも、アトランティスの議会を運営する神官どもが、異境の蛮族タレヴォーと通じているとは思わなかったのである。


シュレーブ国王の館

 物語はシリャードにおける政治の中心組織として、六神司院ロゲルスリンに触れねばならない。アトランティスは長い戦乱の世を終わらせるために、九つの国家が共通して信仰する神々を利用した。真理の女神ルミリアの神託を受ける最高神官の元で、九つの国が平等に神に仕えようと誓いを立てたのである。

 

 当然のことながら、アトランティス内でも強大な国力を誇る3カ国が、神帝スーインと名付けられた地位の候補者を出した。ルージ国王で若き日のアトラスの父リダル、フローイ国王で、その後の遠征で異境の地で戦死したリーミルの父、シュレーブ国王でエリュティアの叔父オタールであった。

 そして、ヴェスター、レネン、アルム、グラト、ゲルト、ラルトの六カ国から各一名づつ、王家と関わりのない神官が選び出され、六人の神官は真理の女神ルミリア(ルミリア)の神託を受けて神帝スーインを選び、オタールがシュレーブ国王の座をエリュティアの父に譲って初代神帝スーインの座に就いた。六人の神官は神帝スーインの補佐役になる諮問機関として六神司院ロゲルスリンを構成した。

 

 アトランティスを統べる神帝スーインは、神殿の奧で祀られる実権のない名誉職にすぎないとも言える。ただ、ロゲルスゲリンは各国の利害を調整する職務を背負うため役得が伴う。付け届けや賄賂横行し、様々な権力が集中した。そして、今や、ロゲルスゲラと呼ばれるロゲルスリンの構成メンバーは、神職という立場から堕落し、権力欲に囚われている。そして、その地位を脅かす者どもを暗殺しているともささやかれていた。

 

 アトランティスは、九カ国を平和に統率する手段として聖都シリャードを作り上げた。いまはその聖都シリャードも発展し、一万人近い人口を抱え、独自の統治能力と僧兵集団という兵力も抱える都市国家になった。

 そして、アトランティナは彼らが作り出した宗教国家シリャードの元に集うことで、1つにまとまったが、その平和は当初から虚栄だったと言える。今は、この大地に平和をもたらすべき聖都シリャードの内部で、組織を改革しようとする神帝スーインオタールと、現在の体制を維持しようとする六神司院ロゲルスリンの間で密かだが、熱く激しい争いが始まろうとしている。

 各国の力のバランスを維持するために、国家間の政略結婚は禁止されていた。しかし、神帝スーインは裁定するのみで、強制したり罰したりする権力がないために、決まりは存在しつつ形骸化している。例を挙げれば、アトラスの母リネは、海峡を挟んで存在するヴェスター国王の妹として、ルージ国のリダルに嫁いだ。

 ただ、表だって神に逆らうことを避けて、政略結婚ではなく男女の自由恋愛という形を取っている。ルミリアが国家の権力拡大を禁止していても、ルミリアの娘で愛を司る女神リナシアや恋を司る女神フェリンは、男女の恋の成就を妨害するはずがないいう理屈である。

 

 アトラスはそんな背景に沿って、紹介されたエリュティアに面会するという形を取っている。シュレーブ国から使わされた案内人、側近のザイラス、それから荷物持ちの下僕1人を伴っただけの軽装でシュレーブ国王の館へ歩んでいた。

「エリュティア様という方は、どのような方なのだ?」

 アトラスの質問にザイラスはアトラスの心境を察して答えた。

「エリュティア様は、オタール様がシュレーブ国王を退位されて神帝スーインの座に就かれた後、シュレーブ国王の座に就かれたジソー王の一人娘であらせられます」

 ザイラスの見るところ、アトラスは落ち着かずこれからの出会に緊張を隠せないのである。

(王子と側近というより、まるで兄弟のようではないか)

 案内に付き添ってきたシュレーブ国の使者はこの二人を眺めてそう思いつつ、先に見えてきた館に手を差し伸べて言った。

「さあ、エリュティア様は、あの館の庭園で王子のお越しをお待ちです」

 

 同じ頃、エリュティアはシュレーブ国王の館の庭園のベンチに腰を掛けて、小首をかしげていた。

「アトラス王子は、本当にレトラスのごとく、アトランティスに遣わされたのでしょうか?」

 エリュティアはそう疑問を投げてはいるが、半ば幼児が物語の英雄に憧れるようにその存在を信じている。

(そんな虫のよい話が)

 侍女頭のルスララはそう思いつつ、エリュティアの思いを否定しきれずにいる。シュレーブ王の館の敷地にある離れの間に、間もなくアトラスを迎えるのである。


アトラスとエリュティアの出会い

 シュレーブ国王ジソーは、自ら館の門にアトラスを出迎え、自ら王の執務室に招き入れた。国としての儀礼ではないという体裁を取り繕う必要がある状況では、最大限の好意の演出と言える。

「お招きにあずかり、参上いたしました」

  儀礼的な挨拶をし、贈り物を捧げるアトラスに、ジソーは機嫌良く笑いかけた。

「エリュティアは庭園で王子のお越しを待ちこがれておりますぞ」

 ジソーは傍らのドリクスに目配せをし、賓客を庭園に案内するように命じた。ただ、その視線は注意深くアトラスの左手首に移動した。あの見事な銀細工はフローイのものだろうと見当をつけたのである。ドリクスが頷いたが、案内せよとの命令に対してなのか、王の推測についてなのか、判別がつかなかった。

 ドリクスは王と賓客に軽く一礼をして、アトラスを案内するように歩き始めた。

 

 広い庭園の中央が小川を模して水が流れる溝で囲まれて、自然の中の庵を演出していた。庵は膝の高さほどに組んだ木枠に囲まれ、木枠には蔓草が絡んで緑の壁面になり、その壁面は随所に小さな白い花を満開に付けていた。サーフェと呼ばれる植物で、シュレーブ国北方の山岳地帯から移植した物である。

 

 日当たりの良い庭園には、花の蜜に引き寄せられた蝶が舞っていた。穏やかな微笑みを浮かべたエリュティアが、柔らかな曲線を持って腕を伸ばして蝶と戯れていると、明るい風景にとけ込んで、花の精か蝶の精にも見えた。アトラスはまぶしげに少女に歩み寄った。

「エリュティア様ですね。お初にお目にかかります。ルージ国のアトラスと申します。お招きに預かり、参上しました」

 アトラスの挨拶は緊張感を隠すように慎重で、それに応じるエリュティアは無邪気な戸惑いを隠していない。彼女はやや膝を曲げうつむき加減にお辞儀をして言った。

「エリュティアと申します。お目にかかれて光栄でございます」

「美しい庭だ。シュレーブ国がアーヴィラの祝福を受けているのが分かります」

 アトラスは庭園を眺め回しながら美の女神アーヴィラの名を挙げてその調和を褒めた。戸惑いを隠すためか周囲に気配を配るように視線を移動させているのは、少し首をかしげて、じっとアトラスの目を直視するエリュティアの視線を避けるためである。二人の初めての出会いは、その光景に象徴された。  儀礼的な挨拶を交わす二人を、エリュティアの教師のドリクス、アトラスの側近のザイラスが、王女と王子から距離を置いて庭園の入り口に控えて眺めていた。ザイラスの見るところ、人の好意と偶然を装って仕組まれた出会いが白々しく、その舞台にいるアトラスとエリュティアは互いに自分の意志を持たないまま、周囲の人々の意に沿うよう演技が要求されていた。その二人が同情を誘う。二人が成長し幼い殻を脱ぎ捨てて本当の出会いを果たすのに、まだこの後、二年以上の月日を要するのである。



読者登録

塚越広治さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について