閉じる


<<最初から読む

8 / 50ページ

入り乱れる策謀

「水路を辿りなさい」

 そんな少女の言葉に素直にしたがって、アトラスは、ルージ国王の館にたどり着いた。

「王子、我々に無断で外出されるのは困る。警護の役が果たせぬ」

 帰ってきたアトラスを見つけてそう言ったのは、近習のザイラスという男で、非難の口調を隠さず、王子との距離感を感じさせない。この口調がルージという国を象徴している。

 

 漁村の人々が船に乗って漁場に向かう。凪や嵐に協力して立ち向かい、豊漁の時も不漁の時も、得るものは等しく分け合う。その中で、人々は自らの責任を果たす事によって対等で、船を操る船長はその判断の正しさその統率力によって人々を付き従わせるのである。

 極論すれば、ルージという国は、そんな漁村を国家にまで拡大したようなものである。組織としては、酷く未熟な国家に違いない。しかし、指導者に恵まれれば、目的に向かうのにこれほど無駄を排除した組織はない。

 

「すまぬ」

 アトラスはザイラスの非難を受けて素直に詫びた。いい訳をする必要は感じなかった。幼い頃から生活を共にし、歳の離れた兄のように感じている関係である。ザイラスは弟を見守るようにそれ以上の非難を避け、アトラスを居室に導いた。

「我らが王子のお戻りだ」

 ザイラスは部屋の中の少年たちに声をかけた。アトラスは部屋に入るや否や顔ぶれを見て親近感を込めて三人の名を呼んだ。

「オウガヌ、テウスス、ラヌガン。お前たちも到着したか」

 少年が一人ふくれっ面で不満を露わにしつつ抗議した。

「我らが王子よこのスタラススの名をお忘れか?」

「おおっ、お前も来たのか」

 四人の少年の年齢はアトラスと大差がない。アトラスと共に寝起きを共にするように育てられた若者たちである。やがて、王になるアトラスを支えるべく、リダル王がアトラスにつけた側近である。ザイラスを伴ってシリャードにやってきたアトラスから一歩遅れてたどり着いたのである。

「我らが王とは」

 オウガヌか尋ね、アトラスはため息をつくように言った。

「まだ面会ができぬ」

「よそ者とは面会しているというのに、一人息子のアトラスと顔を合わさぬとはどういう事だ」

「我らが王を批判するのは差し控えよ」

 年長のザイラスがそんな言葉でテウススの疑問を封じた。

 アトラスが尋ねた。

「よそ者?」

「シュレーブのドリクス殿が、我が王に表敬訪問においでになった」

「ドリクス? 聞いたことのない名だな」

「さもあろう、議会にも軍事にも関わりがない。我々が名を知る人物ではない」

「名もない人物が、我が王と謁見できるものか」

「わけは知らぬよ。ただ、エリュティア様の教師ということだ」

 名を知られていないと言うこと、ただの教師としての肩書きは、密談を交わすのに適しているのである。この時期、ドリクスという人物がシュレーブ国王女の教師であると同時に、稀代の策謀家であることを知るものは少ない。


神話の英雄レトラス

 同じ時、シュレーブ国王の館では、エリュティアがルミリア神殿で神帝スーインへの謁見を済ませて帰宅し、出迎えた教師ドリクスがエリュティアの手を導いて館のテラスに誘った。

「いかがでありましたか?」

「お元気であられましたが……」

 エリュティアが表情を曇らせた。エリュティアの優しい伯父は、生気を失いように元気が無く、懐かしい姪に向ける笑顔に明るさがなかった。

 ドリクスはその事情が分かる。国内の情勢が思わしくない。複雑に入り組んでから見合った情勢が重く神帝スーインにのしかかっている。

 

 ドリクスはエリュティアの傍らで、エリュティアにつき添う侍女に手を振ってみせ、人払いをせよと命じた。エリュティアは振り返って侍女に笑いかけ、指示どうりにせよと指示した。

(あらっ)

 エリュティアはドリクスが豊かに蓄えたあご髭に、幾本もの白髪を見つけたのである。頭髪も白髪の方が多いのではあるまいか。年齢を考えれば、彼女の教師は間もなく四十五歳に達する。人々の平均寿命が五十歳を僅かに越えるこの社会では、もう老境に達していると考えても良い。ドリクスは年相応に落ち着いた口調でいつかエリュティアに語って聞かせたことを繰り返した。

「アトランティスの存亡の危機に際して、神々が神帝スーインのもとに、裁きの英雄を差し向けます。それがレトラスです」

「それがルージ国と関わりがあるのですか」

「レトラスとアトラス。いかがです。音の響きが似ておりましょう?」

「では、ルージの王子がルミリアのお使いだというのですか?」

「それは誰にも分かりません、おそらく本人にすら」

「ご本人も?」

「その通り、地に降りたレトラスは、自分の使命を知りません」

「どうして?」

「神々の意図は我々には図り知れません。ひょっとすれば、神々は、我々が鍛えられた剣を研ぐように、レトラスが大地で試練を乗り越えつつ研ぎ澄まされるのを待っているのやも知れません」

「神々のご意志……」

「そして、今ひとつ、大事なことがございます」

「なんですか?」

「剣が己を研ぐ人を必要とするように、研ぎ澄まされた切っ先が無用に誰かを傷つけぬように、危険な刃のレトラスを迎える無垢な乙女が鞘として一体の剣になる必要となりましょう」

 

 ドリクスが語る内容は偽りではない。確かに彼らが信じる神話体系にその内容がある。ただ、体の良い洗脳とも言える。この時、この場で、この話をすれば、利発でありつつ素直なエリュティアは自分の役割を理解するだろう。彼女は心の中にアトラスの居場所を作り上げ、彼女自身の役割を果たそうとするに違いない。

 

 しかし、そんな素直さが痛々しく、ドリクスは罪悪感を覚えている。彼ら大人はエリュティアの素直さにつけ込んで彼女を保身の道具に変えようとしていた。

「先生、一人になりたいんです」

 エリュティアは遠慮がちにそう要求したために、ドリクスは月が照らし出すテラスを離れ奥の間に引っ込んだ。

 生まれてこの方、不自由したことが無く、与えられたものを受け続けるだけの少女が、はじめて誰かに何かを要求したのである。


ザイラス

 アトラスの側近ザイラスの視線で、物語がややさかのぼる。

 

 寡黙だが周囲の変化に良く気がつき、性根も父親譲りで肝っ玉がすわっている。アトラスの傍らに侍り、将来の王をもり立てる人材としては申し分がない。

 ザイラスはルージ王リダルが自分にそんな期待をかけていることを自覚している。ただ、その期待の大きさの割に、ザイラスには見るべき家系はなく出自は卑しい。リダルが遠征している時代にリダルに付き添った従卒の一人が勇敢さで比類が無かった。その男がある戦でリダルを守って戦死した。リダルはその男の息子ザイラスを取り立てて今の身分にした。平民から一挙に貴族に出世したことを妬む人々は、彼の出自の卑しさを密かに笑っている。 ザイラスはリダルの命を受けて、アトラスを伴い、リダルの居室の簾を開けて、アトラスを王の部屋に導いた。そのまま護衛の任を果たすように、周囲を窺いつつ入り口に立ちつくした。その姿に変わらぬ忠誠心を見るようだった。

 

 居室に足を踏み入れたアトラスの声がした。

「ただいま参じました」

「よぉ、来た」

 リダルは機嫌良くアトラスを迎えた。その声は大きく、居室の入り口で護衛に当たるザイラスにも届いている。

「儂がリネを后に迎えたのは、お前より1つ下の時であった」

「母上の事ですか?」

 アトラスは意外に思った。父親が本当に愛している相手の名をあげれば、アトラスの母親でリダルの正后であるリネの名ではなく、戦線の地から連れ帰った蛮族タレヴォーの娘の名ではないかと考えたのである。口ごもるアトラスをしりめに、リダルは言葉を続けた。

「シュレーブ国にエリュティアという王女が居る。見目麗しいだけではないぞ、評判の素直で気だての良い姫だ。我が国の力を増すことも出来る」

 

 リダルの言うとおりである。このアトランティスで平和を保つために、力関係の片寄りは排除せねばならず、各国はアトランティスを統率する神帝スーインの元に同格である。各国は神々の神託を神帝スーインを通じて賜り、その神の命に従う。この関係を保つために二国間の同盟は許されてはいない。ただ、その裏では政略結婚による血縁関係を軸に、第三国と関係を強化し、自国の勢力を増やそうとする。事実、ルージの王族貴族は海を挟んだ対岸のヴェスターと血縁関係が深い。

「アトランティス議会など腰抜けよ。しかし、シュレーブと手を組んでみよ。シリャードのアテナイなど蹴散らして、海を渡って押し寄せる蛮族タレヴォーの軍など、我がルージの海軍が海の藻屑にしてくれるわ」

「その折には、先鋒の一角を賜りたく」

 リダルの息子としての模範解答である。リダルはアトラスの返事に答えず、にこやかに息子の肩をたたいた。

「とりあえず、件の姫と会うてみよ」

 この場合、アトラスにとって、エリュティアと会ってみろというのは、后として迎え入れる心づもりをせよと言われているに等しい。

 居室の入り口に立つザイラスは耳を澄ませたが、王の言葉にアトラスの返事がなかった。


ザイラスの内通

 夜が更けて月は中天にあり、フローイ国王の館は寝静まる手前で、静けさの中に火の後始末を呼びかける使用人の声が響いている。そんな時間帯の王の寝室に執政のマッドケウスが顔を出した。部屋の隅には気まぐれに果物を囓るリーミルの姿がある。つい先ほどまで、祖父と孫の会話とも、何かの謀略とも区別の付かない言葉を交わしていたのである。

 

 口ごもるマッドケウスにボルススは孫娘の存在は気するなと苦笑いをして部下の言葉を促した。執政のマッドケウスは王の耳にささやいた。

「ボルスス様、謁見を願う者がございます」

「誰か」

 ボルススはそう問い、執政は名を秘めたまま答えた。

「彼の者でございます」

 ボルススは寝間着にガウンを羽織った。

「会おう。通せ」

 マッドケウスが背後の人物に顎をしゃくって入室の許可を与えた。ボルススの寝室である。いわば、この館の策謀の子宮と呼んでも良い場所だった。ここまで足を踏み入れる人間は少ない。部屋に踏み込んできた男は頭部を覆った深いフードを脱いで顔を見せた。アトラスの近習のザイラスである。 ザイラスはボルススに進み出て片膝をついて頭を垂れた。ボルススは短く問うた。

「何か」

 ザイラスはリダル王の館と変わりない冷静な声で答えた。

「リダル王がアトラス王子に后を迎える準備を進めております」

「知って居るわ。そこのリーミルをアトラスに引き合わせるつもりで居る。」

「いえ、シュレーブのエリュティア様を」

 ザイラスの言葉に耳を傾けていたリーミルの眉が、別の少女の名に反応してぴくりと動いた。ボルススは首をかしげた。

「何かの間違いであろう」

「エリュティア様の教師ドリクス殿が、我が王リダルを訪問され、シュレーブとの間を取り持ちたいとお申し出になり、我が王リダルも了承されたとのことでございます」

 ボルススは激怒した。自らの迂闊さについてである。

「聞いたか、マッドケウス。シュレーブの犬めらに、出し抜かれたわ」

 武力には長けても政治に疎いルージ王リダルが、自分たちフローイ国の提案をさしおいて、シュレーブ国の策略に丸め込まれたと考えたのである。ただ、その怒りが自分に向くところが、陰謀家でありつつ根が明るいという妙な一面を持っている。

 二重三重の陰謀があり、1つ目が破れても別の策略があるという余裕かも知れない。事実、ボルススはルージに政略結婚を申し出つつ、同時にリーミルの弟にシュレーブ貴族の娘を嫁に迎える手だてを整えていた。

 先ほどから幔幕の影にいたリーミルが顔を見せ、ボルススはその孫娘に怒鳴るように言い放った。

「リーミルよ、アトラスとの話はご破算になったぞ」

「ご破産ですって? なんと、男たちの短慮なこと」

「しかし……」

「私一人でも、アトラスを陥落させて見せるわ」

「エリュティアとの話が進んでいる以上、ルージ国のリダルが我々の話を受けることはあるまい。連中は愚直なほど義理堅い」

「義理堅いなら、それを逆手に取るまでよ」

(まったく、これが男であれば)

 ボルススは苦笑しつつ孫娘のことをそう思った。冷静さを保ち、次の最善の一手に頭を働かせ続けるという点では、この孫娘は自分さえ上回っているのではないかと考えたのである。

「ありがとう、また異変があれば知らせてちょうだい」

 リーミルはザイラスにそう言って、その場を去らせた。彼女は弄んでいた腕輪をマッドケウスに渡していった。

「この物に見合う、いえ、その十倍の価値のある銀細工を選んでちょうだい」


リーミルの計略

 次の日の夜が明けた。ルージ国王の館ではアトラスが一人、物思いにふけっていた。

「とりあえず、件の姫と会うてみよ」

 昨夜、そう言った王の言葉に、アトラスは口ごもって答えられずにいた。結婚という言葉が、母親のリネと父親のリダルの関係と重なった。

 

 アトラスの本心は彼自身が深く封印しているようで知りがたい。ルージの世継ぎとして生まれ、周囲の祝福を受けつつ何不自由ない生活をした。しかし、そのアトラスの傍らには常に嘆き悲しむ母親の姿があり、その姿がアトラスの心に深く刻まれている。母親の嘆きは、夫の愛を受けられない孤独感と、夫の愛を受ける蛮族タレヴォーの娘への嫉妬に違いない。アトラス自身、父親の愛が自分よりも、父が蛮族タレヴォーの娘に産ませた子供、ロユラスに向けられていると感じている。アトラスの子どもじみた純真さは、母親リネの息子として、リネが愛する男の歓心をリネに向けようとするところにあり、その点で、アトラスがリダルを見つめる目は、父を見る少年の眼としてやや距離感がある。

 そんなリダルの提案である。アトラスは母のためにリダルの歓心を買おうとすれば、提案を受け入れてエリュティアという王女を妻に娶らざるを得ない。アトラスは父の提案を受け入れる決心をしつつも、多少、冷ややかに考えている。そして、異性としての女性を意識してみると、これから出会うエリュティアという女性ではなく、昨日出会った不思議な少女の面影が浮かぶ。

 

「王子、我らが王がお呼びだ」

 ザイラスが足早に歩いてきて、アトラスの居室に顔を見せてそう言った。冷静な男で歩調を乱すことはない男である。そのザイラスがやや息を切らせるほど急いでいるのは急な用に違いない。

「何事だ?」

 アトラスの問いに答えず、ザイラスは王子をリダルの執務室に導いた。リダルは息子の顔を見るやいなや挨拶も忘れて言葉を発した。

「フローイ国王の館から先触れの使者が着いた。間もなくフローイ国のリーミル王女がそなたを訪ねてお見えになる」

 アトラスは混乱した。島国育ちで他の王家の貴族との面識が薄い。昨日は妻という意識をすり込まれつつエリュティアという名を聞いたが、今朝、耳にする名は、別の王族の姫の名である。

 

 そんなアトラスの傍らで、リダルとザイラスの会話が進んでいた。

「しかし、エリュティア姫との面会の話がある。他国の姫との面会はまずくはないか?」

「ここは、お会いになるがよろしいでしょう。ただ、あくまでも、王子が私的に。シュレーブ国への対面を考えれば、我が王は知らぬふりをするのが肝要かと」

「さすがはザイラスよな。よく知恵が回る。では、その通り手はずを整えよ」

「御意のままに」

 ザイラスはそう頷きながら、二人を面会させるとすれば、この館の片隅に小川を引き込んだ中庭が良かろうと計算している。日当たりが良く、川と植物のある景色だが館とは窓のない壁を隔てており、塀で遮断されて館の外部の目が届かない場所である。

 

 執務室を離れ際、ザイラスはふと振り返った。そこにいる二人は父と子のはずだが二人を隔てる空気が重い。父親に相談することもなく一人で思いにふける少年と、その息子にどう接して良いか分からない男の姿である。

 あの二人の信頼を裏切ってフローイ国に通じていると言うことに良心の呵責は感じてはいないが、あの二人に寄り添うように育って、なにやら哀れに見えることがある。



読者登録

塚越広治さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について