◆【メンテナンス情報】 10月24日(火) 14:00-17:00 の間、パブーはメンテナンスの為、利用できません。

twitterとfacebookアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)
この本は、ePubファイルとPDFファイルが生成されていませんので、ブラウザーでの閲覧のみとなります。
なお、購入後にファイルが生成されたら、ダウンロードすることは可能です。
カテゴリー 小説・ノンフィクション エッセイ・インタビュー 作者 飛来はゆく
価格 300円(税込)
タグ 映画経済松本雄吉アメリカ
ダウンロード

この本には、PDFファイルとePubファイルが存在していません。

Kindleに送信

この本にはePubファイルが存在しないため、MOBIファイルを生成することができません

状態 完成 ページ数 1ページ (Web閲覧)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
2020年東京オリンピックを境に日本経済は急落する、

日銀が行っている異次元緩和、

これは、

政府が発行している国債を年間80兆円、

買い続けている財政ファイナンスがメイン、

これでは行き詰まるのは当然、

超インフレ、

円は崩れ、

貯金封鎖もあるだろう、

この日記は、

その時、

僕らは何をすべきか、

真摯に向き合う哲学エッセイである





飛来はゆく   カウアイ島にて

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧