閉じる


  • 風狂(2017年)
  • 風狂(2017年)
  •  「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。最も主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において、講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた詩を研究する会であった。その後、「中野学校」「武蔵野詩人会」を変遷して「風狂の会」は生まれたが、主宰者は、2006年(平成18年)6月に亡くなるまで齋藤 怘氏であり、現在はその後を継いだ北岡善寿氏である。ところで「風狂の会」には会則がなく、役員もいない。つまり自由な風狂詩人であることを自認する者、詩歌に興味がある者、文学に関心がある者などによる自主的で民主的な集まりである。しかしながら、日常的に作品を発表する場所が従前からなかったので、2014年(平成26年)8月に創立20周年を記念して電子書籍の同人誌「風狂」を創刊することとなった。誰でも投稿できるものとするが、創作活動に主眼を置く観点から、掲載作品は原則として未発表のものとしており、編集会議(編集長は北岡善寿氏)にて決定するものとする(投稿規定は「風狂(創刊号)」の「創刊に当って」を参照)。毎月21日に新作品を発表する予定である。
  • 連載 評論 翻訳 エッセイ 同人誌 創作

  • 無料
  • 1回配信 ( 配信日を確認 » )
  • 高村昌憲高村昌憲

風狂(2017年3月号)目 次

 

 梅咲く                  神宮 清志

 アンタレス(Antares)           出雲 筑三

 悲しみ                  高  裕香

 権力を思考する人へ            高村 昌憲

 拾った石                 なべくら ますみ

 玉手箱                  原 詩夏至

 年末に                  北岡 善寿

 

風狂ギャラリー

 三浦逸雄の世界(十六)          三浦 逸雄

 

エッセイ              

 永遠の高等遊民(三)           神宮 清志

 

 アラン『わが思索のあと』(三十二)    高村 昌憲 訳

 

執筆者のプロフィール

 

読者からのコメント(2017年 2月号)

 


梅咲く     神宮 清志

 

ヒノキの香りが部屋に満ちて

叩きノミと木槌で能面の荒彫りを進める

木片が飛び散りカンカンと冴えた音

 

「今年の梅の花はことさら綺麗だ」

師匠がそう言ってから間もなくあの世へ旅立った

奥様から師の仕事場の整理を託された

 

さっそく仕事場に行って師の常席に座ってみた

手元の道具を手に取り、見回してみたり

その空気に身を任せていた

 

「ああこの感じだ」

突然師の気分が乗り移ってきた

しばらくその意識に全身が包まれた

 

あれからたくさんの日々が過ぎ去っていった

そしていま師の旅立った齢に差し掛かってきた

ふとあの日の師の空気が身辺に忍び寄る

 

一瞬ノミを持つ手を休めて

庭に咲いた梅の花は…

今年も綺麗だ

 


アンタレス(Antares)     出雲 筑三

 

太陽は地球の百九倍

アンタレスは太陽の七百倍

その巨星アンタレスの死は近い

 

死期がくると赤く染まり中空になる

そしてコアから一気に爆発する

熱力学第二法則は「形あるものは必ず崩れる」を教える

 

地球も燃える物が無くなれば

中が空洞になり爆発する

第二法則の例外はない

 

衝突ばかりを繰り返した

火の星の生涯

いよいよ南無阿弥陀仏

 

おっと滅びてゆくのでは…

いまさら倒木再生する気かアンタレス

おやおや新たな反応ガス同士でせめぎ合い

 

いつの世にか同じ道をたどる星

そこにはたゆまぬ進歩を正として

争い好きなゲノムがいる

 


悲しみ          高 裕香

 

ニンジンをぶら下げられて

走る馬の悲しみは、だれも知らない

馬自身も知らない。

 

生きて行くために

ニンジンを食べなければならないのか?

走らなくてはならないのか?

 

ニンジンをぶら下げられて

走る馬の悲しみは、だれも知らない

馬自身も知らない。

 

ニンジンのために走ってはならぬ。

空を仰ぎ、悠々と走ろう。

えさは自分で探せばいい。

 

生きるための糧は

どこにでもあるさ 限りなくあるさ

走らされる馬型人間には 決してなるまい。

 


権力を思考する人へ    高村 昌憲

 

実際の経験が不可能になると

強烈な印象が想像を生み出す

現実でも事実でもなくなると

無関心や不信と共に飛び出す

 

好意的なサークルは証拠でなく

常に精神力により支配して来た

思想も証拠による説得が少なく

力によって昔から支配して来た

 

幼年時代に受けた最良の忠告は

千に一つの証拠もなかったのだ

けれども信じるものへの和合は

証拠によって理解されることだ

 

思想の機能は殆ど規制にあるから

心を動かすものを常に信じている

不条理の中で酷く不安であるから

激しく心が動かされて信じている

 

政治的秩序の大罪を犯す共犯者は

武力と宗教の和合を夢見て居座る

その後も権力を保持し過ぎた者は

理を説く術策に強制する力を見る

 



読者登録

高村昌憲さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について