twitterとfacebookアカウントでログイン

  • 風狂(2017年)
  • 風狂(2017年)
  •  「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。最も主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において、講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた詩を研究する会であった。その後、「中野学校」「武蔵野詩人会」を変遷して「風狂の会」は生まれたが、主宰者は、2006年(平成18年)6月に亡くなるまで齋藤 怘氏であり、現在はその後を継いだ北岡善寿氏である。ところで「風狂の会」には会則がなく、役員もいない。つまり自由な風狂詩人であることを自認する者、詩歌に興味がある者、文学に関心がある者などによる自主的で民主的な集まりである。しかしながら、日常的に作品を発表する場所が従前からなかったので、2014年(平成26年)8月に創立20周年を記念して電子書籍の同人誌「風狂」を創刊することとなった。誰でも投稿できるものとするが、創作活動に主眼を置く観点から、掲載作品は原則として未発表のものとしており、編集会議(編集長は北岡善寿氏)にて決定するものとする(投稿規定は「風狂(創刊号)」の「創刊に当って」を参照)。毎月21日に新作品を発表する予定である。
  • 連載 評論 翻訳 エッセイ 同人誌 創作

  • 無料
  • 1回配信 ( 配信日を確認 » )
  • 高村昌憲高村昌憲

カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , 雑誌 作者 高村昌憲
タグ 連載評論散文翻訳エッセイ同人誌創作
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

16 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 14ページ (Web閲覧)
26ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。最も主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において、講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた詩を研究する会であった。その後、「中野学校」「武蔵野詩人会」を変遷して「風狂の会」は生まれたが、主宰者は、2006年(平成18年)6月に亡くなるまで齋藤 怘氏であり、現在はその後を継いだ北岡善寿氏である。ところで「風狂の会」には会則がなく、役員もいない。つまり自由な風狂詩人であることを自認する者、詩歌に興味がある者、文学に関心がある者などによる自主的で民主的な集まりである。しかしながら、日常的に作品を発表する場所が従前からなかったので、2014年(平成26年)8月に創立20周年を記念して電子書籍の同人誌「風狂」を創刊することとなった。誰でも投稿できるものとするが、創作活動に主眼を置く観点から、掲載作品は原則として未発表のものとしており、編集会議(編集長は北岡善寿氏)にて決定するものとする(投稿規定は「風狂(創刊号)」の「創刊に当って」を参照)。毎月21日に新作品を発表する予定である。

コメント一覧

高村昌憲さま 今回も、風狂(2017年3月号)を拝読させていただきましてありがとうございます。三浦さまの絵画は、見てすぐわかるようになりました。風狂で鑑賞させていただきありがたく思っています。感想が書けなくてすみません。 ぼーっとひと月が過ぎていく中で、風狂の方々には恐れ入るばかりです。 また、よろしくお願いいたします。
huukyo-15 : 2017-03-24 23:17:05

アラン『わが思索の後』(三十二)  神々の方へ 祈る動作は、花が咲く動きと同様に自然で、平和の表現であるということ。 敬虔なこころや賛美の心・愛が大切ということ。また、人間嫌いは寂しいと思います。人間全体を理解して、騙されることなく希望を持つことが大切と教えていただきました。
huukyo-15 : 2017-03-24 22:59:21

永遠の高等遊民(三) 『文字学概要』・『賓組甲骨文分類研究』など著作された、崎川隆博士のことを 知りました。中国で活躍されている立派な方ですね。日中友好の為にも、将来の活躍と、大きな飛躍を期待をするお気持ちがよく分かりました。
huukyo-15 : 2017-03-24 21:54:56

年末に 木漏れ日の落ちる静かな木立に小鳥のさえずり、癒されますね。 2月3月と続けて、親戚に不幸がありました。介護施設に入所のお義兄さんと、入退院を繰り返してのお義兄さんでした。 スタコラさんは、足もお丈夫で案外幸せだったように思いました。 最後の3行に感動しました。
huukyo-15 : 2017-03-24 16:06:19

玉手箱 面白いですね。 お土産を開けるのが好きなので、年寄った今なら、玉手箱を開けてみたいです。
huukyo-15 : 2017-03-24 14:46:14

拾った石 隕石落下のニュースを知りませんでした。よく分かりました。
huukyo-15 : 2017-03-23 11:38:03

権力を思考する人へ 最終連に共感をしました。権力者の思うままでいいのでしょうか?
huukyo-15 : 2017-03-22 22:43:05

悲しみ 身近に多く馬型人間の悲しみを見せつけられています。厳しいですね。 けれど、四連五連には共感しました。
huukyo-15 : 2017-03-22 22:22:01

アンタレス 巨星と小さいゲノムの対比が面白く思いました。まだ地球は大丈夫ですね。
huukyo-15 : 2017-03-22 22:05:08

梅咲く 梅の綺麗な寒い日に旅立たれたお師匠様を偲ばれて・・・ (二月三月と続けて不幸がありました) 能面師の世界は、全く別世界のことを教えていただきました。
huukyo-15 : 2017-03-22 21:31:27

facebook コメント一覧