目次
(ある老人の言。) (1984.9.19.)
《 我らが美わしの天地よ 》 …アリンシ=エランの物語…
《われらが麗しの天地》
…スタル・アルラーナ 創世賛歌…
《 ナシルの谷 》 史略
《 ナシルの谷 》 史略
《 ナシルの谷 》
(荒筋)
『 ナシルの谷 史略 』 : 目次
(草稿&没原稿)
(草稿&没原稿)
(手書きノート表紙)
(草稿)
『 ナシルの谷 史略 』 第一章 第一節 (1990.05.21.着筆)
大陸ウァ・エムバの大半を占めるングサ・インスカ(神聖帝国)が、いまだ平穏であった時代に、この史略は端を発した。
「概要: 《ナシルの谷》 史略」。 (仮題)
「人間なんてさあ、仕事と、食うものと、あと寝るところさえあったかけりゃ、それで十分だと思わん?」
「史略概説」。
(ナシルの谷 史略:概説
(設定資料)
(設定資料)
「神・聖・王・貴・業・労・素/放。 」+「学舎」。
([ン]が末尾につくもの⇒末子。)
(キャラ設定)
(キャラ設定)
◎ (仮題) ナシルの谷へ
アリンシ・エラン内親王
レーデル家のウルアン。まじめできつい。)
( だれだろう だれかしら ♪ )
(借景資料集)
(借景資料集)
(借景BGM集)
『 ELAN 』
奥付
(手書きノート EX-LIBRIS )
奥付

閉じる


(設定資料)

(設定資料)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(設定資料)

 

 

 


「神・聖・王・貴・業・労・素/放。 」+「学舎」。

 

◎ 神・聖・王・貴・業・労・素/放。

・神(ングス)家…帝、后・妃(聖か貴の血統)、親王、内親王。

・聖(パエ)家…親王・内親王が独立したもの。
 (一代限りで貴化する)。

・王(ドーン)家…エウァ(エラン)の血統。辺境諸王。
 (扱いとしては貴家より下の場合も)。

・貴(ハッシュ)家…帝家の流れを汲むもの。

・官家・学家…学問及び貴家の実務的補佐。

・業(ライム)家…商業・交通。

・労(アグ)家…もともと農民を指す言葉であったが、文明の進行に従い分業が進んでいる。

・素(ギオ)民…

/放(エゲラ)…



◎ 学舎

 …帝都・宮殿まで四ツ足で3時間位。街道から少し入った荘園地帯。
  周辺には貴家・帝室の領地が混在。宗教寺社も多い。

 

 

 

 

(参照したければ資料)

http://85358.diarynote.jp/201703031516308783/

「神・聖・王・貴・業・労・素/放。 」+「学舎」。

2017年3月3日 リステラス星圏史略 (創作)


([ン]が末尾につくもの⇒末子。)

 

[ン]が末尾につくもの⇒末子。

☆ 正子

アン (単子)男
エラン(単子)女

アール(長子)
エラル(長女)

ナン (次男)
ニエン(次女)

ラーン(三男)
ネン (三女)


(それ以下は相続権なし。)

 ローン(末男)
 レーン(末女)


☆ 庶子 :
  複妻式の場合、年齢順ではなく、相続順で数える。
  繰り上がりはなしで、絶えれば家門とりつぶし。


※母音は ア→エ→ウ→イ→オ、の順列。


(用例:次の子が産まれるまで、
 「アランノ」の呼称(肩書)は
 「アランノ・アール」でなく、
 「アランノ・アン」だった。)

 

 

(参照したければ資料)

http://85358.diarynote.jp/201703031954466964/

([ン]が末尾につくもの⇒末子。)

2017年3月3日 リステラス星圏史略 (創作)