目次
(ある老人の言。) (1984.9.19.)
《 我らが美わしの天地よ 》 …アリンシ=エランの物語…
《われらが麗しの天地》
…スタル・アルラーナ 創世賛歌…
《 ナシルの谷 》 史略
《 ナシルの谷 》 史略
《 ナシルの谷 》
(荒筋)
『 ナシルの谷 史略 』 : 目次
(草稿&没原稿)
(草稿&没原稿)
(手書きノート表紙)
(草稿)
『 ナシルの谷 史略 』 第一章 第一節 (1990.05.21.着筆)
大陸ウァ・エムバの大半を占めるングサ・インスカ(神聖帝国)が、いまだ平穏であった時代に、この史略は端を発した。
「概要: 《ナシルの谷》 史略」。 (仮題)
「人間なんてさあ、仕事と、食うものと、あと寝るところさえあったかけりゃ、それで十分だと思わん?」
「史略概説」。
(ナシルの谷 史略:概説
(設定資料)
(設定資料)
「神・聖・王・貴・業・労・素/放。 」+「学舎」。
([ン]が末尾につくもの⇒末子。)
(キャラ設定)
(キャラ設定)
◎ (仮題) ナシルの谷へ
アリンシ・エラン内親王
レーデル家のウルアン。まじめできつい。)
( だれだろう だれかしら ♪ )
(借景資料集)
(借景資料集)
(借景BGM集)
『 ELAN 』
奥付
(手書きノート EX-LIBRIS )
奥付

閉じる


(草稿&没原稿)

(草稿&没原稿)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(草稿&没原稿)

 

 

 


(手書きノート表紙)

 

 

 

 

 


(草稿)

 

 今朝がた早くにあがった雨は木々の肌をしっとりと黒く濡らして、よじれるように萌えでたやわらかい新緑は、光を撒くように、ときおりの風に撫でられてはらはらと黄金の水滴を落とす。


 今朝がた早くに雨はあがった。木々の肌はしっとりと黒く濡れている。
 新緑はまるで光を撒くようだ。ときおりの風に撫でられて、はらはらと滴が、香りのたかい土にふる。

( もったいない… )

 うん、と伸びをして、黄金の日ざしを楽しみながら、エルルはちょこっと優越感にひたった。

 残してきた同級生たちは、惰眠をまだむさぼっている。

( 当番だと思うからいけないんだよな )

 うん。と、ひとり肯いて、学舎に付属の果樹園をひとり、とっとと歩いて行った。

 動きやすい素民の衣を着て、背には籠。両手にいっぱい枯れシダを持っている。

 

 

 

(参照したければ資料)

http://85358.diarynote.jp/201703031653272677/

(草稿)

2017年3月3日 リステラス星圏史略 (創作)


『 ナシルの谷 史略 』 第一章 第一節 (1990.05.21.着筆)

『 ナシルの谷 史略 』 第一章 第一節 (1990.05.21.着筆)

2017年3月3日 リステラス星圏史略 (創作)

 

 『 ナシルの谷 史略 』

 第一章 第一節


 土の香りがする。

 朝霧がさしそめた陽光をはねかしている。

 そろそろ刈らねばならない下草の水滴を踏みつけながら、うん、と伸びをした。

 エルルは朝が好きだ。

 この時間はなにより幸福だと思う。

 だから、他人の当番までつい引き受けて菜園へ、毎朝せっせと足を運ぶのは、日課を通りこした秘かな趣味なのだ。

 毒舌家のウルアンに言わせれば、お人好しの貧乏くじ、土民になるためにわざわざ学舎へ来たわけじゃない、なのだそうだけど。

 とまれ、日の出とともに新鮮な菜類を食堂へと運ぶ係が、いなければ困るのも、現実なのである。

 帝国が後援する数少ない公立学舎の生徒たちは、家柄血統を問わず自給自足を等しく義務付けられている。

 エルルが着ているのは手紡ぎ手織りの生なりのチュニックで、これも学舎に入って早々に、課業でこさえたものだ。

 業を卒えれば皆、あらゆる地方のあらゆる役職に就くことになるわけだから、国中のすべての産業の労苦を身をもって識っておかねばならない、というのが、学舎の教育方針。

 たてまえ通りにいくわけでもないのは、貴家の子弟と商家や労家の特待生が机を並べるのであれば、当然のことだ。

 エルルは、一応、貴家のはしくれの部類だ。

 学費にもさしたる不足はない。

 それが、なにを物好きに…と、ウルアンなど頭からの変人扱いだ。

 いいではないか。

 と、エルルは考えている。

 好きなものは好きなのだ。

 淡い黄金色の天空と、青白いソレル(太陽)にかけて、日の出とともに起きだして、アルラーナ(天地)の恵み物を籠に入れる、労家さながらの行ないが、自分に合っている

 それは、確かなことだ。

 幼ない頃、乳母の田舎に預けられて育ったことにも原因があるかもしれない。

 …まあ、それは、どうでもいいことで。

 今朝は、ことし一番の春ぶどうを皆の食卓に乗せられる。

 菜園でいつもの分を採ったあと、果樹の畑へいそいそとまわった彼は、役得、とばかり、まずは自分の口に放りこむ。

 つややかな黒い幹から春先の花房の形そのままに垂れさがる淡い桃色の半透明の樹果。

 独特の甘味。

 香りのたかさ。

 思わず口いっぱいに頬ばったところへ、

「うまそうじゃの」

 …急に、声をかけられて、彼はむせた。

 街道から学舎客門(正門)に通じる公道沿いの果樹列。

「わらわ(妾)にも、ひとつたも。」

 あわてて振りかえれば学舎内では珍しいことに、まだうら若い女性。それも、少々奇抜な装いではあるが、ひとめで上臈だと知れる、高価そうな衣をつけている。

 数ある貴家のなかでも、かなり帝室に近しい姫であろう。

 供はなく、見慣れない四つ足に曳かせた車輪つきの奇妙な輿に座している。

 ふっくらとした浅黒い肌の手のひらをさしだして、腰かけたまま、春ぶどうの果実の届けられるのを、当然のように待っている。

 その、態度が、エルルのしゃくにさわった。

 もし彼がもう少し位の高い貴族であるか、身分の低い労家の出自であれば、大慌てでお追従のひとつも言いながら、籠ごと献上するべきところであろうが。

 無頓着なエルルの場合、ただ、ムッと、口をヘの字にしただけである。

「…くれぬか? 少しでよい。」

 目下の者の無礼を気にした風もなく、姫君は重ねて言った。

 エルルにしても無視するわけにもいかない。

「これは、学舎に属するもので」

 背中の菜籠をしょい上げながら、慌てて韻文を探した。

「僕が冬のうちから丹精こめて、世話をして実らせた…」

「 これなる菜園は…
  学舎に属するもので、
  冬のうちから丹精こめて
  ぼくが世話をして実らせたものですが、 」

 初対面の貴種族に平文で話しかけたのでは、あまりに無礼にあたる。

 そのくらいの躾は、エルルも学舎で叩きこまれているのだ。

 姫君は、そうか、という顔で聞いている。

「 のどをうるおす一房を
  ぜひに欲しいとおおせなら
  御自分で 樹下までおこしを
  身分高きかた 」

「 よろこんで 差しあげましょう…」

 …ようするに、欲しいというなら自分で取りに来るのが礼儀というものだろう、と、身分差を無視して殆ど喧嘩を売っているに等しい。

 相手が悪ければ、分をわきまえぬ不省者と、学舎長にねじもまれて、悪くすれば波紋さわにぎなりかねない。

 …が、姫君は、姫君らしからず、天をあおいで愉快そうに笑った。

「確かにの。礼をわきまえぬ振る舞いにて、すまぬことよ。」

 車つきの輿をひく獣の手づなをはずし、低い座面から大義そうに両の足をおろす。

 小径から樹園へと続くゆるやかな斜面を、お運び下さろうというわけだ。

 そこまでは、エルルの感覚では、すくなくとも頼みごとをしている以上、当然、だと思った。

 姫君の上体が、一歩、踏み出したとたん、ぐらりと傾ぐ。

 泥にあしをとられて転ぶのか。と、見えた。

 エルルは慌てて駆けよりかけた。

 が、何事もなさそうに姫君は上体を起こす。

 あしが、つられて動く。

 また、反動をつけて、上体が、ぐらり。

 あしが、ひきづられて、ずるり。

 ………不具なのだ。

 気づいて、エルルは、困惑した。

 わずか3ヤンほどの傾いた草地を姫君は、ぐらり、ずるり、と全身を振りながら昇ってくる。

 近づけば、年長であろうにエルルとさして背丈もかわらぬ小柄な姫は、かすかに息をはずませながら、平然として謝罪した。

「礼を欠いてすまぬな。見ての通りの体にて、つい、余人に面倒をかけがちなのじゃ。」

「…いえ…姫君…僕のほうこそ…」

 存じ上げぬこととはいえ失礼を、と、しどろもどろに口ごもるのを、そういった応対には慣れているのか、半ば無視するようすで、春ぶどうの房をとる。





(未完)


大陸ウァ・エムバの大半を占めるングサ・インスカ(神聖帝国)が、いまだ平穏であった時代に、この史略は端を発した。

 

 

 聞くところによればエルルは一応、ハッシュ(貴家)のはしくれなのだという。

 なるほど舎生名簿には、ハッシュ・ノグナス・エルドス=ローン(貴・ノグナ家の末弟エルドス)、となっている。

 もちろんローン(末弟)であれば位階の継承は望めない、彼一代限りのものではあるが。

 ウルアンはといえば "家" も名乗りえない素民の出自である。

 ギオ・アグ・ウルノル=アン(素・アグ血統の単子ウルノル)。

 ただし舎生名簿には、養家であるライム(業)・ラク家の姓を借りて、ウルノル=ラーン(三男ウルノル)で載っている。


 大陸ウァ・エムバの大半を占めるングサ・インスカ(神聖帝国)が、いまだ平穏であった時代に、この史略は端を発した。

 

 

 


「概要: 《ナシルの谷》 史略」。 (仮題)

「概要: 《ナシルの谷》 史略」。 (仮題)

2017年2月24日 リステラス星圏史略 (創作) コメント (1)

 


 概要: 《ナシルの谷》 史略 (仮題)
               貴野真扉(とおの・まさと)


 うすももいろの春ぶどう、たわわに実る、ングサインスカ(大陸帝国)の初夏…

 官立学者の自給菜苑で、エルル、こと、ハッシュ・ノグナス(貴・ノグナ家の)エルドス=ローンは、風変りな姫宮に、であ(遭遇)った。

 見慣れない北方の毛深い獣に曳かせた車輪つきの輿に乗り、侍女のひとりも連れずに、身分の低い見ず知らずのエルルに気さくに話しかける。

 春ぶどうの房をうけとりに輿をおりた姫宮は、一歩を踏みだすたびに上体の大きく揺らぐ、不具の身の上だった。

 エルルの無礼なふるまいを知った旧友のウルアンは仰天して劣化のごとく怒る。

 パエ・ラクサス(聖ラクサ家の)・アリンシ=エラン。

 ングス・アイン(現神帝)の末の姫、内親王である。

 学者住まいの母方の従兄を、ときおり訪ずれるのだと、いう。

 学舎寮内では新入生にもすでに知られた話で、聞き及ばないのは、世間知らずの昼あんどん(行燈)とそしられる、エルルくらいのものだろう。


     O


 ハッシュ・ヴェーラス(貴・ヴェーラ家の)アランノ・アール(長子アランノ)は変人君との噂がたかい。

 才幹にあふれ、容姿にも恵まれ、前神帝の親王を父にもつ、望んで叶わぬ地位のない選りぬきの貴家の嫡子でありながら、各家の姫たちの求婚をぬらりくらりと言いぬけて、ろくに帝都へ伺候すらせずに、もう六年もの間、学舎住まいで通しているのである。

 学究の徒になりたいというわけではない。

 講義にもさして出ず、暇潰しに学内の後輩たちの人生相談などしてやりながら、気が向けば金琴をたしなむ。

 腕のほどは確かなものである。

 本人もそれを十分承知していて、家柄の枷さえなければ、ああ私は自由なエゲラ(放楽人)になりたい、などとわざとらしく世間を煙にまくような言葉を吐くもので、ひととなりを伝え聞いた姫君たちが、俗世嫌いの風流子、と勝手に思いこんでますます熱をあげ、求婚の使いの途絶える日もない。

 当人は、どう考えているのか。

 学資とひきかえに小姓の役割をひきうけている特待生のウルノル=アンは横目で観察している。

 固有の家名も持たないギオ・ラグノン(素労系)出身の彼が官界で身をたてようと思えば、学舎での修業期間中に後ろ楯をつかんでおかねばならない。

 この、現在の主君は、どういう人物か…


     O


 学舎の新入生と思しき先刻の少年に姫宮は好感を覚えたものらしく、本題にはいる前にひとしきりその顛末を語った。

 身分の上下に卑屈にならず自分の非礼をきちんと指摘してくれたのが善いと、きっぱりと言いきる姫宮は、その不具である肢体以上に宮城では異端者だった。

 ただ、父である現神帝と東宮にはその気性を深く愛されている。

 そのことを、従兄アランナールもよく承知していた。

 アリンシ=エラン内親王の、母妃は十数年前に異母姉との后位争いに敗れて以来、心痛のあまり帝都郊外の自領にこもったまま、半ば隠遁者か半病人のような暮らしを続けている。

 争いに破れてというのは文字通り、現聖后の放った手の者に城館をとりこめられ、深傷を負わされたのである。

 それも、自分ではなく、たったひとりの愛姫アリンシに。

 生涯、歩けぬ、と、治療にあたった医薬師どもは口をそろえた。

 悲嘆に泣きくれる心弱い母妃に比べ、姫宮の気性は父帝のほうにこそ、はるかに似ていた。

 傷の癒えるとともに寝台から這い降りて独りで歩く訓練をはじめ、

「姫さま、そのように無様なお姿を人目にさらすくらいなら、寝たきりの内親王よと忘れられた方がまだしもで御在ます。」

 侍女達になんと責められようとも、どこへでも自分で歩いて行った。

 その速度はつねのもの半分にも及ばなかったけれど。

 その苦労を笑いとばす姫宮自身の話を聞いて、乗用にと北の獣を献上したのが、アランナールの父にあがる現神帝の弟君である。

 アランナールは北辺の自領から、贈物をたずさえて初めて従妹姫を訪れた。

 幼い二人には気性に似たところがあったのか、すぐに意気投合して大の親友となり、結局、ジョアというその荷役獣に乗るにも姫宮の脚は適さないと判ったので、獣に曳かせる独特の車輿を、三月かかって従兄は考案した。

 ジョアは穏やかで賢い獣で、走ることは決してしないが、人の足より早く、一日中でも歩き続ける。

 まもなくアランナールは貴家の慣例に従って官立の学舎に入寮し、アリンシ=エランは聖家の姫宮らしくもなく、供も連れずに度々訪問するようになったのだった。


     O


 聖家のアリンシ=エラン姫が窓ごしに気軽く声をかけると、アランナールはいつも窓わく越に抱き上げて、室内へと招きいれる。



(未完)
 

 

 

コメント

霧木里守≒畑楽希有(はたら句きあり)
2017年2月24日18:54
画像1: 幼い頃のアリンシちゃん。
画像2: 13歳くらい?のエルルくん。

「人間なんてさあ、仕事と、食うものと、あと寝るところさえあったかけりゃ、それで十分だと思わん?」

「人間なんてさあ、仕事と、食うものと、あと寝るところさえあったかけりゃ、それで十分だと思わん?」

2017年3月3日 リステラス星圏史略 (創作) コメント (1)

 

「…なぁ。」

 課題を浄書する手筆をふと止めてエルルが呟いた。

「人間なんてさあ、仕事と、食うものと、あと寝るところさえあったかけりゃ、それで十分だと思わん?」

「まぁた、脱線して。」

 すでに紙葉の製本にかかっているウルアンが睨む。

「それ今日中に提出だぞ。判ってんのか、落ちこぼれ。」

「うるさいなー。おれ、まじめに考えてんだけど。」

 なあ? と、再度、意見を促されて、 "色男" アランナールは、ふっふと笑った。

「おまえの言うのはアレだな。衣・食・住じゃなくって、意・食住なんだな。」

 竹琴と、女性のためにしか使わない、と本人が公言している長くて細い指が、雅な茶器を口元に運ぶ。…むろん、学舎共有の安物などではない。数多ある恋人からの差し入れなのだろう。

 エルルは、ちょっとすねた顔をした。

 あちこち染料のはねた自分の学徒服を見おろす。

「服なんか着てりゃあいい。…いや、寒くさえなけりゃ、裸でだっていいな。」

「女性が同じセリフを言ってくれたら、私は何をおいても暖房に意をくだくんだが?」

「史略概説」。

「史略概説」。

2017年2月24日 リステラス星圏史略 (創作)





史略概説

 今日リステラス星圏として知られる機構のもとい(基)となったのは大別して二系統の文明である。地球系植民惑星連邦…テラズまたはテラザニア…と、リスタルラーナ星間連盟として、それらは互いのファースト・コンタクト(第一遭遇)の相手となり、様々な曲折を経て統合され、ほぼ現在に等しい領域とシステム(機構)をもって汎銀河協約に加盟した。

 星間連盟リスタルラーナ、その首都にして人類発祥の地でもあった惑星リスタルラーナの、名称の語源は、リ・イス・スタル・アルラーナ、我らが美わしの天地よ、という、祈りまたは呼びかけの冒頭の詩句である。

 この詩句は現在は一般の人心からは失われているが、リスタルラーナ前・近代の混沌期においては、世情の安定を求める人々のあいだで広く愛唱された歌謡であったという。

 作者は、詩曲ともに上代中期の人、ハッシュ(貴)・ヴェーラ家のアランノ・アール。



 さて、天変地異による混乱の前期を経て、近代にはいり政治的に統一されると共にスタル・アルラーナと呼ばれることになるこの惑星は、その以前、上代においては、それぞれ起源を異にすると思われる三種族の人類と、さらに数多い文化圏とで成り立っていた。

 地理的には二つに区分される。巨大な淡水湖である多島大海…ラクシャ・インストラ…と、それをとりまく形で惑星の過半を占める大陸ウァ・エムバである。大陸は、両極周辺に三千アクラ級の山岳部を有する他は、おおむね起伏にとぼしく、気候も温順で、豊かな耕地が広がっていた。

 この物語は、ウァ・エムバを舞台として語られる。

 かの地で、ひとにぎりの学生たちが始めたささやかな試みが、ひとつの流れとなり、いつしか惑星文明の根底をなす思想として世界を、歴史を、動かすに至った。

 その、始まりと過程の史略である。
 

(ナシルの谷 史略:概説

(ナシルの谷 史略:概説)

2017年3月3日 リステラス星圏史略 (創作)




 ナシルの谷 史略:概要 概説

 今日リステラス星圏として知られる機構のもとい(基)となったのは大別して2系統の文明である。地球系植民惑星連邦…テラズまたはテラザニア…と、リスタルラーナ星間連盟として、それらは互いのファースト・コンタクト(第一遭遇)の相手となり、様々な曲折を経て統合され、ほぼ現在に等しい領域とシステム(機構)をもって汎銀河協約に加盟した。

 星間連盟リスタルラーナ、その首都にして人類発祥の地でもあった惑星リスタルラーナの、名称の語源は、リ・イス・スタル・アールラーナ、我らが美わしの天地よ、という、祈りまたは呼びかけの冒頭の詩句である。

 この詩句は現在は史録に残るばかりで一般の人心からは失われているが、リスタルラーナ前・近代の混沌期においては、世情の安定を求める人々のあいだで広く愛唱された歌謡であったという。

 曲節に関しては残念ながら記録が残されていないが、作ったのは詩曲ともに上代中期の人、ハッシュ(貴)・ヴェーラ家のアランノ・アールであったとされている。

 さて、天変地異による混乱の前期を経て、近代にはいり政治的に統一されると共にスタル・アルラーナと呼ばれることになるこの惑星は、その以前、上代においては、それぞれ起源を異にすると思われる三種族の人類と、さらに数多い文化圏とで成り立っていた。

 地理的には2つに区分される。巨大な淡水湖である多島大海…ラクシャ・インストラ…と、それをとりまく形で惑星の過半を占める大陸ウァ・エムバである。大陸は、両極周辺に3,000アクラ級の山岳部を有する他は、おおむね起伏にとぼしく、気候も温順で、豊かな沃野が広がっていた。

 この物語は、ウァ・エムバを舞台として語られる。

 彼の地で、4人の学生が自分達の生き方を模索して始めたささやかな試みが、ひとつの潮流となり、いつしか惑星文明の根底をなす思想として世界を、歴史を、動かすに至った。

 その、始まりと過程の史略である。


     *   *   *

 ウァ・エムバ最古の