閉じる


試し読みできます

もくじ

原田式 「立ち方トレーニング」

 

【もくじ】

 

 

●のうがき

 

 

●方 法


試し読みできます

のうがき

原田式 「立ち方トレーニング」

 

 

【のうがき】

 

 

●人間の身体で最大の関節である股関節。

人の身体は筋肉や各関節に老廃物が溜まっていき、いつしかそれらが硬くなり可動域が失われてカチカチの硬い身体になっていく。

すると血流が悪くなり、体温が下がり、肌が白くなり老齢化が加速する。

 

最大の関節である股関節は、大きさに伴うように老廃物が溜まりやすい部位である。

血流の多くが股関節で流れを止められ、全身の血流悪化を招いている。

 

股関節の血流を改善してあげるだけで股関節痛を始め、腰痛、坐骨神経痛、膝痛、足首痛、五十肩や目の症状まで良くなってしまう事も珍しくない。

全身の血流を促してくれる、あるいは堰き止めてしまう、健康には重要な部位なのである。

 

 

●「原田式 座り方トレーニング」は股関節や脚の血流を促す、とても良く効く療法なのだが、立っていてもトレーニングできないものかと研究した。

立っていて、歩いていて、運動していて、腰、股関節、坐骨神経痛、膝などに支障をきたしてくる場合は多いからね。

 

……、

自分で色々試してみて、見つけた立ち方トレーニングで結果が素早く出る子供たちにも試してみた。

まずは足首が痛い11歳の子供。

立っているだけ(立ち方トレーニング)30秒してもらうと、足首の痛みは消えて、直ぐに拳法が出来る状態に。

 

次に9歳の子供、拳法の稽古中に膝が痛くなった。

この子にも立っているだけ(立ち方トレーニング)30秒してもらう。

それだけで膝の痛みが消え、そのまま拳法練習を再開していた。

 

上記二人の子は、その後なんの異常も無く拳法を最後まで練習していた。

 

 

私も筋トレをしていて左股関節が痛くなった。

上半身の筋トレ時であり、まだ下半身の筋トレはしていないのだが、それでいて左股関節に異常が出てきたのである。

疲れが出て身体の血流が悪くなると、まずは大きな股関節に老廃物が溜まる?あるいは股関節の血流が悪くなる。

それで股関節に違和感を覚えるのである。

 

立ち方トレーニングを行うと、股関節に効いているのが直ぐに実感できる。

そして止めると、股関節や腰などがラクになっているのである。

 

この立ち方、子供等を見ていると身体の弱い子、立っているのが辛い子などは、この立ち方を自然と行っている場合がある。

人は本能的に、辛い時にこの立ち方を使っているんだ、なんて感じたりして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格3,000円(税込)

読者登録

原田 秀康さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について