閉じる


立ち上がれ!毛根

金曜日はストレスのたまりすぎで
頭に10円ハゲができているのに気がついた
信用できない人の話は聞き流すこと
寝ていても時間に追われてること
立ち上がれ!毛根
そんな小さなことに負けてちゃダメなんだ

 

月曜日は死にたくないけど
今日限定で病気ということにしたいこと
かばんの中には不必要なものばかりだってこと
春なのに雪が降ってるから明日の面倒がふえること
そしてやっぱり朝になれば
雪かきにかりだされるってこと
立ち上がれ!毛根
鏡の前で深夜ポーズ決めてみるんだ
守るべきものがあるヤツほど
カッコいいヤツはいないから

 

立ち上がれ!毛根
これは僕の応援詩
10円ハゲなんか隠さない
僕が強くなっていくしるしだ


6
最終更新日 : 2017-02-18 14:12:04

ウイルス

しゃべって しゃべって ウイルスを交換
欲しいけど 実はいらないローヤルゼリー
コンクリートやTシャツで巣を創った人間たちは
その目で見た事もない宇宙や銀河について
偉そうに語る 何光年

 

殴って 殴って それでもまだ足りないんだろう
風邪をこじらせて内出血しながら育ってきたんだ
巣の中の人は みんな同じような見た目で
岬に立って「地球は丸い」だなんて
ウイルスに感染していませんか

 

別の惑星へ行きたいな
この図書館に置いてある本の
そこには未来の僕らは住めるだろうか

 

雲の中でさえ通れるんだから
人間様は地球で一番偉いな
でも腹減ったから 何か食べたいな

 

この地球という おかしな人間の巣から
外に出て はばたいてみたいな
宇宙とか銀河とか それって押しつけられた地図だろう
本当は何があるのか

 

 

人間のかかった風邪は巣全体を包もうとする
何も知らないままで本当の女王蜂をさがしているんだ
平凡な妄想力で 黒板に土星の輪を描く
それって出版された教科書のパクリだと思うんだけど

 

外に出て はばたいてみたいな
明日のアリより人間様が偉い この巣から
外に出たらノートに書きとめた疑問 わかるのかな

太陽って本当にあるの?
月って 銀河って 本当にあるの?

 

地球は丸い惑星 銀河は何億年 何光年 宇宙の寿命は
ウイルスに感染していませんか
ウイルスに感染していませんか

自分で考えたことあるかい

 


7
最終更新日 : 2017-02-18 14:12:04

Halo


はあ

あたし ぬれ雑巾

 

今日はあおむけに寝れない
言葉にならないくらいだ

 

言葉にならないくらい自分が愚かで

 

言葉にならないくらい胸を破りたくて

 

言葉にならないくらい助けを求めてて

 

言葉にならなくて言葉にならなくて
言葉にならないくらい言葉にならないんだ

 

なぜ?

 

どうして?

 

今日はあおむけに寝れない
電気つけても消しても怖い でもそうじゃなくて

 

言葉にならないくらい意味の無い時間

 

言葉にならないくらい耐えて笑ったつもりで

 

言葉にならないくらい誰かの鏡のようで

 

言葉にしてもならない言葉にならない
言葉が出てこないくらい言葉が出てこない


あなたは誰・・・?

 

光で照らしてくれる

雑巾のあたしを

言葉にならないくらい熱くて胸が熱くて闇がときめいて
目の中が熱くてひたいが熱くて悔しさが切なくて

 

横を向いて寝よう

 

もっと聴きたいから

 

あなたの歌声 

機械のぬくもりを突き抜けてはばたく

 

言葉にならない光でもう言葉にならないほど
キラキラ残って言葉にも何にもならないほど

 

あなたは誰・・・?

 

光で照らしてくれる

 

ああ 光で照らしてくれる

 

夜に連れて行かれる

 

みんな夜に連れて行かれる

 

生まれる前からあなたの声を死ぬほど聴いていたりして
言葉がときめいて出てこないほど出てこないほど熱くて

 

あおむけに寝れない

 

ぬれた熱で閉じこめてしまいたい

 

光で照らしてくれる

 

ただ 光で照らしてくれる

 

ぬれ雑巾のあたしを今ヒロインにしてくれる
強くて強くてもう言葉にも夢にしかならないほど

 

光で照らしてくれる

 

待って 光で照らしてくれる

 

スイッチ押すときこえる

 

あなたは 誰?


8
最終更新日 : 2017-02-18 14:12:04

スタバ

僕は誰にとっても一番手じゃないんだ

みんな僕以上に大切な人がいて

僕は君にとっての三位か四位かもっと下 まず視界に入ってるのだろうか

知らなきゃいい事知ってるよ

もし大地震が起きたら君はまず 別の人をかばうって事

 

君がiPhoneで「スタバへ行こう」って言った

さっき聴いてた「スタバ」っていう曲 かっけーなあ

シャウトの心地よさがたまらないよ ドーパミンが冬なのにアロハって言ってる

音楽的に叫べば シャウトになるんだ?僕は何でもいいから叫びたいよ 

シャウトしたいよ スクリーマーになるよ この気持ちを

 

仕事の帰り道

時が流れゆくまで 真っ暗な大理石に座って悪い姿勢で

噴水を背に スタバを聴いていた

もっと君に赤いタトゥーを彫るまで

僕が噴水みたいに自信がつくまで

シャウトして欲しい 無理な音量にイヤホンがうなる 

僕の耳はちょっと壊れてる

 

君はスタバの前で立ち止まった

列に並んじゃっていいのかな

適当に注文したら コーヒーめいたものが出てきた

僕の一番手

僕の一番手

ただ横顔がかわいいなって思ったよ

ストローをくわえて笑う

 

もし大地震が起きたなら

君は誰か別の人をかばうだろう

それでも僕は君をかばうだろう

もうわからないよ

君は引っ越すんだって

会話の内容すら 涙を落としたプリントのようで

スタバってそうやって使うんだね ようやくわかった

 

星がバーンって爆発して 鼓動のリズムが崩れた

「スタバ」っていうのはやっぱあの曲の事だと ベッドの中で知ったよ

コーヒーめいたものなんかいらないから 友情が欲しかった

去っていくのに楽しげな君の顔なんて 見たくなかったよ

枕に口をあてて 叫んで忘れようとして

これがシャウトなんだって言えたらいいのに

 

最後にいつか わかるだろう

君がまぶたを閉じるそのとき

ずっと手を握っているのは あの人じゃなく 僕だから

風呂場でシャウトの練習していたよ ただの叫び声よ君に届け

君はそれでも僕の一番手


9
最終更新日 : 2017-02-18 14:12:04

春は来る

「この病気は火事のようなもので
一度焼けたら元に戻らない」と貴方は言うけど
それって最初に誰が言ったの?
何年前の情報なの?
みんな凍えてひび割れていく顔と手

 

残念そうな顔で
凍えるクランケに「一生」を告げる
病気とは金か

 

病気の焼け跡に春が来て
花が咲かないと誰が決めたんだ?
芽のひとつも出ないと誰が決めたんだ?

 

 

焼け跡をみんなで囲んでる かろうじて4度の薬
病気の切なさに凍える人々
一度焼けたら 笑い重ねたこの家は
「もう元に戻らない」ってさ
そう言う貴方は あたたかい家に帰るんでしょう?

 

焼け跡に春が来て
花が咲かないと誰が決めたんだ?
病気を忘れて生きる木が生えないと誰が決めたんだ?
何年 何十年後には
高い高い知恵のタワーが
幸せの花咲く公園が
家族や仲間のたくさんのビルの街が
立っていないと誰が決めたんだ?


10
最終更新日 : 2017-02-18 14:12:04


読者登録

あめのこやみさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について