閉じる


<<最初から読む

10 / 13ページ

春は来る

「この病気は火事のようなもので
一度焼けたら元に戻らない」と貴方は言うけど
それって最初に誰が言ったの?
何年前の情報なの?
みんな凍えてひび割れていく顔と手

 

残念そうな顔で
凍えるクランケに「一生」を告げる
病気とは金か

 

病気の焼け跡に春が来て
花が咲かないと誰が決めたんだ?
芽のひとつも出ないと誰が決めたんだ?

 

 

焼け跡をみんなで囲んでる かろうじて4度の薬
病気の切なさに凍える人々
一度焼けたら 笑い重ねたこの家は
「もう元に戻らない」ってさ
そう言う貴方は あたたかい家に帰るんでしょう?

 

焼け跡に春が来て
花が咲かないと誰が決めたんだ?
病気を忘れて生きる木が生えないと誰が決めたんだ?
何年 何十年後には
高い高い知恵のタワーが
幸せの花咲く公園が
家族や仲間のたくさんのビルの街が
立っていないと誰が決めたんだ?


10
最終更新日 : 2017-02-18 14:12:04

教えてあげる

くもり空からほろほろ 命の結晶が降ってくる
手のひらに落ちたひとつをそっとポケットに入れた
こんななさけない手のひらを 選んでくれてありがとう
ダッフルコートのポケットに手を入れて キミをあたためてる

 

キミがもし 生まれたなら・・・
どんな病気でも障害でもいいよ 生まれたなら・・・

 

教えてあげる
とれたボタンを糸でつける方法を・・・

教えてあげる
パスタのおいしさより そのパスタを作る方法を・・・

 

だってママはキミをずっと 見ていられるわけじゃないから・・・

 


教えてあげる
いつかキミはだまされるっていうことを・・・

教えてあげる
それでもあきらめちゃいけないっていうことを・・・

教えてあげる
大人になるのはゴールではなくスタートだっていうことを・・・

教えてあげる
大人が働くのはお金のためだけじゃないっていうことを・・・

 

 


くもり時々命 家に着いて
いつか春が来たらお別れのダッフルコート
ただ永遠に夢を見ていたい
回るヒマワリ アサガオに水をあげる小さなキミを

 

教えてあげる
ポケットの中はいつか冷たくなるっていうことを・・・

教えてあげる
いっぱい降ってくる命 ママが受けとめたのはキミだけ・・・

教えてあげる
いつかキミが道に迷ったとき ママはもういないっていうことを・・・

教えてあげる
助けてあげるなんてできないから キミが生きぬく方法を・・・

教えてあげる
床をふく熱いぞうきんのしぼり方を・・・

教えてあげる
涙をぬぐうティッシュの置き場所を・・・


キミがまだ小さいうちに 春が来て
ママはダッフルコートをつれて遠くに行くだろう
キミがポケットにいたクリスマスの ぬくもり忘れないよ
ポケットからいつか歩き出す キミのために祈るよ


11
最終更新日 : 2017-02-18 14:12:04

裏表紙


12
最終更新日 : 2017-02-18 14:12:04

奥付


ニコチンライター


http://p.booklog.jp/book/113070


著者 : 雨野 小夜美
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/tinycolor/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/113070



電子書籍プラットフォーム : パブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社トゥ・ディファクト



13
最終更新日 : 2017-02-18 14:12:04

この本の内容は以上です。


読者登録

あめのこやみさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について