閉じる


<<最初から読む

4 / 13ページ

バカ

どうして心の声まで否定したらいいだろう?
夕暮れの教室で「許せない」って叫んでるボクを

 

世界はそれを「いい」って思ったんだ
ボクはそれを「ちがう」って思った

 

「すばらしい」
「素敵だ」
「かわいい」
「サイコー」
「さすがこの人は」
でもボクは「ちがう」って思った

 

頭から足まで壊れてる人なんて居ない
もう傷だらけの机の影から
きこえてくるんだ
知らない誰かをあのときかばった
キミは「正しい」って

 

世界はそれを「正しい」って思ったんだ
「もっとやれ」って
ボクはそれを「許せない」って
今日も叫べなかった

 

否定して否定して生きたいわけじゃなくて
正しいものを正しいと言いたいだけ
割れた花ビンが邪魔する
こんなに冷たい「ありがとう」があるなんて

 

PC インスタグラム LINE ツイッター
世界がキミを「ただのバカだ」と笑うだろう
ののしられても
傷つけられても
笑われても
追い出されても
「許せない」って叫んだキミをボクは
「たったひとり正しいんだ」って思う


4
最終更新日 : 2017-02-18 14:12:04

交換日記

あなたは今乾いた大地を見上げているだろうか
それともビルの街の中で好きなカクテル飲んでるだろうか
小石むきだしの大地の上をはだしで歩いているだろうか
大きな大きな滝の虹の声を聴いているだろうか

 

あなたはいつか私に
「交換日記つけよう」って言った
マックとピアスと変な日本の習慣の話
最初はそれくらいしか書いてなかった

そのうち返ってきたノート
あなたは午後11時に少し窓を開けて飲む
カクテルが好きだと
日記の中で言ってた
私もカシスのカクテルを
夜に窓を開けて飲んでみた
何が美味いのかわからなかった
でもいまだにその味を思い出すんだ

 

あるとき返ってきたノート
突然「Blue」って書いてあった
下に「これを地図にしてみて」って
「Hope」「Truth」 「Youthful」 「Highway」
思いつく限り書いたんだ
あなたはそれを読んで
雨降りの私の影に何を見たのだろう

 

交換日記は1年 2年も続いていって
100均で買ったノートが宝石で埋められていくような

 

あのとき私がわたしたノート
「母の誕生日があるから
プレゼントを一緒に選びに行こう」って
さっそく二人で車とばして
チープなアクセサリー売り場で
選んだのはなんと同じネックレス

 

手をつないで歩くのは
そのときが初めてだった気がした
なんとなくハグした
たぶん向こうのあいさつで
そして交換日記のノートをわたしたあなたは
「しばらく国に帰るから またね」って言った

 

あなたは今どこにいるだろうか
あなたは今どこで誰と何してるだろうか
「さよなら」なんてまだ言ってないのに
交換日記はそのままとってあるよ
二人の時が止まっても 私たちは進んで行くだろう
あなたは裏切ったりしないから
それだけはわかってるから
「またね」って手を振った あの場所に心は置いておくよ

 

あなたはただの交換日記に大陸をつめこんだ
青い光しか見えないハイウェイをつめこんだ
自分の足が誰かと違ってとても無力なのに気がついた
「空港に行けよ」って言われたって交換日記かかえては


5
最終更新日 : 2017-02-18 14:12:04

立ち上がれ!毛根

金曜日はストレスのたまりすぎで
頭に10円ハゲができているのに気がついた
信用できない人の話は聞き流すこと
寝ていても時間に追われてること
立ち上がれ!毛根
そんな小さなことに負けてちゃダメなんだ

 

月曜日は死にたくないけど
今日限定で病気ということにしたいこと
かばんの中には不必要なものばかりだってこと
春なのに雪が降ってるから明日の面倒がふえること
そしてやっぱり朝になれば
雪かきにかりだされるってこと
立ち上がれ!毛根
鏡の前で深夜ポーズ決めてみるんだ
守るべきものがあるヤツほど
カッコいいヤツはいないから

 

立ち上がれ!毛根
これは僕の応援詩
10円ハゲなんか隠さない
僕が強くなっていくしるしだ


6
最終更新日 : 2017-02-18 14:12:04

ウイルス

しゃべって しゃべって ウイルスを交換
欲しいけど 実はいらないローヤルゼリー
コンクリートやTシャツで巣を創った人間たちは
その目で見た事もない宇宙や銀河について
偉そうに語る 何光年

 

殴って 殴って それでもまだ足りないんだろう
風邪をこじらせて内出血しながら育ってきたんだ
巣の中の人は みんな同じような見た目で
岬に立って「地球は丸い」だなんて
ウイルスに感染していませんか

 

別の惑星へ行きたいな
この図書館に置いてある本の
そこには未来の僕らは住めるだろうか

 

雲の中でさえ通れるんだから
人間様は地球で一番偉いな
でも腹減ったから 何か食べたいな

 

この地球という おかしな人間の巣から
外に出て はばたいてみたいな
宇宙とか銀河とか それって押しつけられた地図だろう
本当は何があるのか

 

 

人間のかかった風邪は巣全体を包もうとする
何も知らないままで本当の女王蜂をさがしているんだ
平凡な妄想力で 黒板に土星の輪を描く
それって出版された教科書のパクリだと思うんだけど

 

外に出て はばたいてみたいな
明日のアリより人間様が偉い この巣から
外に出たらノートに書きとめた疑問 わかるのかな

太陽って本当にあるの?
月って 銀河って 本当にあるの?

 

地球は丸い惑星 銀河は何億年 何光年 宇宙の寿命は
ウイルスに感染していませんか
ウイルスに感染していませんか

自分で考えたことあるかい

 


7
最終更新日 : 2017-02-18 14:12:04

Halo


はあ

あたし ぬれ雑巾

 

今日はあおむけに寝れない
言葉にならないくらいだ

 

言葉にならないくらい自分が愚かで

 

言葉にならないくらい胸を破りたくて

 

言葉にならないくらい助けを求めてて

 

言葉にならなくて言葉にならなくて
言葉にならないくらい言葉にならないんだ

 

なぜ?

 

どうして?

 

今日はあおむけに寝れない
電気つけても消しても怖い でもそうじゃなくて

 

言葉にならないくらい意味の無い時間

 

言葉にならないくらい耐えて笑ったつもりで

 

言葉にならないくらい誰かの鏡のようで

 

言葉にしてもならない言葉にならない
言葉が出てこないくらい言葉が出てこない


あなたは誰・・・?

 

光で照らしてくれる

雑巾のあたしを

言葉にならないくらい熱くて胸が熱くて闇がときめいて
目の中が熱くてひたいが熱くて悔しさが切なくて

 

横を向いて寝よう

 

もっと聴きたいから

 

あなたの歌声 

機械のぬくもりを突き抜けてはばたく

 

言葉にならない光でもう言葉にならないほど
キラキラ残って言葉にも何にもならないほど

 

あなたは誰・・・?

 

光で照らしてくれる

 

ああ 光で照らしてくれる

 

夜に連れて行かれる

 

みんな夜に連れて行かれる

 

生まれる前からあなたの声を死ぬほど聴いていたりして
言葉がときめいて出てこないほど出てこないほど熱くて

 

あおむけに寝れない

 

ぬれた熱で閉じこめてしまいたい

 

光で照らしてくれる

 

ただ 光で照らしてくれる

 

ぬれ雑巾のあたしを今ヒロインにしてくれる
強くて強くてもう言葉にも夢にしかならないほど

 

光で照らしてくれる

 

待って 光で照らしてくれる

 

スイッチ押すときこえる

 

あなたは 誰?


8
最終更新日 : 2017-02-18 14:12:04


読者登録

あめのこやみさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について