twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , 歴史・時代 作者 唐橋史
価格 無料
タグ 歴史短編集ファンタジー静岡文学マルシェオリジナル
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

7 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 1ページ (Web閲覧)
3ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 第1回静岡文学マルシェ(2017/2/12)にて頒布する新刊のお試し読みです。(文庫版/102p/400yen)

 口を開けば嘘ばかり――ついたあだ名は「そらごと申す大納言」!
 時は平安時代。
 嵯峨を訪れた幼い姫君を待ち受けていたのは、「そらごと申す大納言」と称される祖父が語る奇想天外な冒険譚だった。空想は唐、天竺、波斯を駆け巡る!? 『ほら吹き男爵の冒険』をモチーフにした平安ファンタジー。
 源平合戦の混乱期、乱世に翻弄された二人の稚児の運命を描いた「雲を追う少年」同時収録。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧