twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション ノンフィクション , エッセイ・インタビュー 作者 フリースタイルな僧侶たち
価格 無料
タグ 死の体験旅行ワークショップお坊さん仏教
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

911 ダウンロード

Kindleに送信

この本にはePubファイルが存在しないため、MOBIファイルを生成することができません。

状態 完成 ページ数 11ページ (Web閲覧)
12ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
2月1日、「フリースタイルな僧侶たち」vol.45を発行しました。

皆さんは、自分の死について考えたことがありますか?
今号、取り上げたのは「死の体験旅行」。

死を体験する旅行? 何か危ないことをするの? 棺桶に入るの? など、きっと疑問がたくさん頭に浮かぶと思いますが、どれもちょっと違います。「死の体験旅行」は「自らが死を遂げるまでを疑似体験する」ワークショップなのです。

主催しているのは浄土真宗の僧侶・浦上哲也さん。これまでにのべ2000人以上の方がこのワークショップを体験されてきました。でも一体、どのように「死」を疑似体験するのでしょう?「死」に向き合うことで、何が得られるのでしょう?

フリースタイルな僧侶たち編集部がじっくりと体験し、レポートしました。

そのほか、今号の連載は下記の通り。
・連載漫画:「お坊さん日和。」第23話「カッコイイ人」
・イベントレポート:「愛$菩薩と声明衆の一座法要」
・連載企画:「しりとり法話バトル」 第18回のお題は「らしさ」

フリーマガジン配布マップはこちら:http://www.freemonk.net/freemagazine

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

なまずくの耐震事件簿の第1.5話と第2話。耐震診断情報を整理して診断書を作成し報告に行きます。果たし...

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

もっとみる