閉じる


試し読みできます

もくじ

間違いだらけの肩こり解消法

 

【もくじ】

 

●のうがき

 

 

●方 法


試し読みできます

のうがき

間違いだらけの肩こり解消法

 

 

【のうがき】

 

 

●この方法を使えば、1~2分で大抵の肩こりや肩の痛みは解消する。長くて3分である。

肩こり、五十肩、腕の痛み、肩の痛み等々。

 

肩の血流が改善されたら、首や頭部の血流も良くなり、目の疲れ、鼻の状態等々が改善されても不思議でない

気が付けば胃腸の具合も良くなったり、腰痛が改善され股関節の開脚までもが広がるのも少なくない。

たかが肩こりなんだが全身に悪影響を与えている。

 

 

●方法はハンディマッサージャーでポイントをついて撫でるだけ。

効果の高いハンディーマッサージャーを使う事とポイントの2つがこの書籍の要である。

とても簡単に自分で出来る。

 

 

●肩こりがあると冷え性にもなりがち、血流が悪いから冷え性になる。

冷え性になると新陳代謝が悪くなり太りやすい。

まずは肩こりを治して血流を良くしてやると、足先が暖かい時が多くなる。

冷えは万病の元、肩こりも万病の元なのである。

 

 

●お年寄りになると、腕が真上に挙がらない、酷い場合は水平にも上がらず五十肩とか言われてしまう。

肩や肘で腕が曲がって挙がっているなんてことにもなる。

肩こりが原因で血流が悪くなり、腕が伸びないのである。

 

 

●加齢してくると、瓶の蓋が開けられない人も増えてくる。

握力が低下しているのだ。

肩周辺の血流が悪いために指先までの血流が悪くなってしまっていて、指の力、掌の力が失せてしまっている。

 

 

●手の指の関節が痛む人も加齢と共に多くなる。

調べてもらっても病気は見当たらず、加齢によるものだと診断されてしまうことも少なくない。

まずは肩の血流を良くしてみてはどうだろうか。

 

私も左右親指の付け根の関節が痛かった。

拳法でのパンチの突きで痛めたものだと判断していた、だがなかなか治らずに、親指に力を入れると痛みが走っていた。

肩を良くすると、もう殆ど痛みは出なくなってる。

 

 

●指が良くなるとしっかり力強く握れる。

するとパンチ力が増すのである。

指に支障はない人でも、肩の可動域が増し、肩や腕を始め指先まで血流が良くなり、腕は軽くなりパンチのスピードも増す。

 

パンチ力だけではない、腕の力が入りやすいので、テニス、水泳、バドミントン、バスケット、野球など多くのスポーツで重宝する。

勝つためには肩を健全にしておくことが大切なのである。

 

 

●筋肉が大きくなりやすい

腕の太さに憧れる人は多い。

スポーツ選手は勿論のこと、健康志向の高齢者や若い男性も憧れている。

頑張って筋トレして腕を胸を広背筋などを大きくしようとする人は多く居る。

だが、頑張れは筋肉は疲労し冷えて硬くなる。

冷えて硬くなったまま放置すると血流が悪いままである。長時間続けば筋肉は小さくなってしまう。

そして痛めてしまうなんてことも。

【例えば】

陰性体質の人は筋肉はなかなか大きくならない。身体が冷えているから大きくなりにくいのである。

反対に暖かい陽性体質の人は、少しの筋トレでも大きくなりやすい。

 

筋トレすれば、必ず筋肉は冷えて硬くなる。そして肩こりは生じる。

丁寧に取り去ってやることで、肩こりは消え去り、肩も全身も血流の良い状態に持っていける。

筋肉が大きくなるために必要な老廃物を取り去り、栄養を送り込んでくれる状態になるのである。

 

 

 

●私が「間違いだらけの肩こり解消法」を産み出した理由

ベンチプレスで腱が切れた50代男性のA氏が居た。

熱心に筋トレをしていた。

ダンベルベンチ左右同時に片側30キロをしていた。

ダンベルを下げた時に突然、ブチッと大きな音がして右大胸筋と肩関節をつなぐ腱が切れてしまった。

手術で一カ月余り入院。

そして一年近い辛くて痛いリハビリが続いた。

お陰でなんとか回復し、切れてから2年経っ今、また筋トレを本格的に始めている。

 

だが、右のその切れた部位にまたもや痛みが生じている。

それに左の肩も痛みが出ている、私も左にもある。(それでも筋トレしたいんだ)

切れる前も、右に痛みが出ていて、マッサージを受けたりや痛み止め薬などでごまかして筋トレしていた。

 

私はA氏のそんな内容の話を聞いていた。

ところが、同じような痛みが私も出だしたので、とても注意深くベンチプレスをやるようになっていた。

でも、なかなか良くならない。

お尻等をいくら緩めてもダメだった。

足指や手指ををやっても良くならない。

マッサージャーで通常に、動画でやっているような箇所である肩等をなでてもダメ。

巻くだけで「たすき掛け」もやってみた。んー?

 

もう、フリーウエイトのベンチプレスはやらない方向になっていった。

チェストプレスマシンの最重量は痛みをこらえながら出来るが、力が入らないのが判る。

そして試行錯誤しながら、治す方法を模索した。

 

平成29年1月27日に、ある法則(マッサージャーで効かせる法則)で撫でると、私の肩がとても軽くなり、可動域が広がり、目も快適になる、鼻が通るなど、沢山の改善が見られた。

 

その夜、筋トレを熱心にやるでゴッツイ筋肉マンの道場生にも試してみた。とても快適な身体になっていた。

肩がこっているなんて思っていなかったそうだが、片側をやり、やった側だけがとても快適になったのが判り、反対側も快適にしてあげた。

 

1月28日には腱が切れたA氏にも施術してあげた。

悪い側の右である。

1~2分で肩が快適になり驚いていた。

「こんな道具があるんですね」なんて言って、マッサージャーが欲しそうだったので、品番などを教えてあげた。

 

それからも、療法技術の改革に日々勤しみ、いろんな症状の人に試していた。

1月31日には私がやるチェストプレスは、右肩の痛みは少しは出ていたが、以前ほどではなかった。

それにマシンが軽く感じられた。

左肩の変な方向に上げると痛みが走るのもマシになっている。

また、右肩患部に直接マッサージャーをあてると、異常な痛さがあったが、それも無くなっていた。(異常な痛さは当てては良くない、返って痛めてしまう恐れあり)

肩の改善が感じられた瞬間である。

 

 

首の痛みと手指の痺れ

首の骨がおかしくなると首の痛みや手指などの痺れが出る場合がある。

60歳のS氏は、首の後ろ側が痛くなり、両手指も痺れだした。

2週間経っても良くならないでいた、左右共で5分ほどの「間違いだらけの肩こり解消法」で首の痛み手指の痺れが良くなってしまった。

首は触ることなく良くなることに、不思議さを覚えたとS氏は語っていた。

 

 

●高血圧は肩こりが原因

 私も高血圧で150台であった。

お尻や股関節そして太ももをしっかりほぐすようになり130程度にまで下がっていた。

最近、医院で市民健康診断を受けた値も130であった。

 

残念ながら、「間違いだらけの肩こり解消法」での血圧降下効果を試すことはしていない。

だが、多くの医学著名人が「肩こりは高血圧が原因」だと唱えている。

高血圧も脳梗塞など多くの危険な病をもたらすから下げておきたいものである。

 

 

●人は疲れてきたら、まずは肩こりとして現れる!?

肩こりがあたりまえになっていて、肩こりだと気付かない人も多い、

やってあげると、肩がとてもラクになり、こっていたんだと初めて自覚する場合も多々ある。

 

殆どの人は疲れてくると肩こりを感じる。

目、肩、腰、と薬の宣伝ではないが、そんな部位に症状が現れやすい。

この方法で肩コリを取り去ると、目や腰までもがラクになる。

 

肩こりを感じたら、いやいや感じる前に取り去ることで疲れを取り去り、憧れであるスタミナのある元気な身体になっていく。

 

 

様々な症状改善は「原田秀康の徒然日記」をご覧ください。

http://sokukenhou.com/myBloggie/admin.php?mode=viewlist

 

 

 

 

 

 

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格3,000円(税込)

読者登録

原田 秀康さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について