twitterとfacebookアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格30円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション ホラー・オカルト , 文芸 作者 水流苑まち(つるぞの・まち)
価格 30円(税込)
タグ 短編小説幻想
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

3 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 10ページ (Web閲覧)
15ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
気まぐれに会社を休んだわたしが向かったのは、虫をモチーフにした風変りな美術展だった。
そこで声をかけてきた「昆虫標本愛好家」を名乗る男は、なぜか妙にわたしに執着してきて……?
ちょっぴり背筋の凍る表題作の他、恋の終わりを予感する女の子の微妙な心の内を描いた『残像』をおまけ収録。

(原稿用紙約20枚・『いまごろわたしの蝶は』/12枚・『残像』)

※この小説は、アメブロで無料公開しています。(12月より過去作品から順に連載中)

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧