閉じる


tovo plus〜あおもりの100家族、わたしたちのこれから。[season 5] No.058

今号(59家族目)のご家族 ▶

中嶋 優太さん・江梨菜さん・日向嘉くん・心瑚ちゃん

撮影場所 ▶ご自宅(田舎館村)

 

【インタビュー】

●2011年3月11日のこと、憶えていますか?

▶優太さん「当時は、まだ結婚する前でしたが一緒に暮らしていました。私は薬剤師の仕事をしていて、地震があった時は五所川原の薬局で仕事中でした。停電でパソコンも使えず不便でしたが、店は開けていて、出せる範囲で患者さんに薬をお出ししました。会社には24時間営業の薬局があって、ちょうど私が夜勤の日だったので、結局うちに帰ったのは次の日だったと思います。」

▶江梨菜さん「私は病院に勤務していて、夜勤が終わって家にいる時に地震がきました。当時住んでいたアパートがオール電化で、停電してしまって何もできなかったので、とりあえず実家に戻りました。車にガソリンを入れようと思ったけど、スタンドには行列が出来ていて、何軒も回ってガソリンを入れました。食べるものとか電池を買うためにコンビニにも並んだなぁ。

 地震があった日も夜勤だったんですが、停電して真っ暗な夜に通勤することを家族が心配して、みんなで車に乗って家族全員で職場に送ってもらったことを覚えています(笑)灯りがないぶん、車のライトが目立って、走っている車の数がいつもより多いように感じました。

 病院は非常用電源で電気が点いていたので、一人暮らしのスタッフの中には、停電している家に帰るよりも病院にいた方がイイってことで、仕事が終わっても休憩室に残る人もいて、いつもの夜勤より人が多かったですね。」

▶優太さん「地震の3日後に会社の方針で被災地へ支援に行くことが決まって、9日後には岩手県の大船渡へ向かいました。向こうはやっと瓦礫の中に車が通れる道が一本通ったような状態でした。

 避難所の中に診察室が開設された時期で、普段飲んでいる薬が欲しいとか、避難所生活で体調を崩した人が薬を求めたり、薬剤師のニーズは高まっていました。地元の薬剤師さんは自分も被災して家を流されたのに避難所で活動していて、そういう人たちが自分の身の回りのことを出来るようにバックアップしました。余震も多くて『いつまた地震が来るのか』という不安や怖さは常にありましたね。被災地では内陸の旅館を拠点に1週間くらい活動していたので、帰ってきた時にはこっちはかなり落ち着いていました。」

▶江梨菜さん「お互いそんな感じでそれぞれ動いていたので、地震の後、ゆっくり会ったのは彼が被災地から帰ってきた後なんです。それまでの間、私一人でアパートにいてもしょうがないと思って、実家で生活していました。」

 

●震災後変わったことは?

▶江梨菜さん「懐中電灯を買ったくらいですね。また地震がきた時のために荷物をまとめておいた方がいいと思ったけど、なかなか行動には移せずに…。」

▶優太さん「正直、あまり防災意識は上がってないですね。当時はまだ結婚していなかったし、なにより子どもがいなかったので…、大人だけだとなんとかなるというか。子どもがいたら必要なものも全然変わってくるし、当時自分に子どもがいたらと思うとゾッとします。」

 

●10年後のイメージは?

▶優太さん「結婚して家を建てて子どもも2人授かって…と、どんどん責任が大きくなっているので、10年後も今の生活が維持出来るように、しっかりと家族を支えていきたいですね。そのためには健康が一番かな。」

▶江梨菜さん「10年後、息子は中学生って思うとドキドキしますね…難しい年頃だなぁ(笑)きっと子どものために2人でカツカツ働いているだろうと思います。」

▶日向嘉くん「早く学校に行きたい!!」

 

【取材後記】 とってもオシャレな中嶋さんのご自宅にお邪魔しました。2011.3.11を出発点に、現在、そして未来のことを伺うトヴォプラスのインタビュー。中嶋さんご夫婦のお話には、その節々に子どもたちを思う親心を感じます。そんなお2人のまわりで無邪気に遊ぶ日向嘉くん。パパの腕の中ですやすや眠る心瑚ちゃん。寒い日でしたが、中嶋さんのおうちの中は暖かい雰囲気で満ち満ちていました。(今号No.058 インタビューと撮影:工藤文昭)

 

【寄付総額】2011年6月〜2016年12月15日まで「¥4,759,579」を、あしなが育英会「あしなが東日本大震災遺児支援募金」へ寄付することができました。ご支援に深く感謝致します。

 

【定期購読のご協力を!】1年間の定期購読を承ります。1,800円(送料・寄付含)/1年間(12号)です。このフリーペーパーは定期購読の皆様のご支援で発行されております。ご支援の程、宜しくお願い致します。ご希望の方は、ウェブショップ(http://shop.tovo2011.com)よりお申し込みください。


1
最終更新日 : 2017-01-11 12:17:04

この本の内容は以上です。


読者登録

tovoさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について