目次
the latest treatment of my copyright ! / 最新のコピーライトの取り扱い方!
2017
wind within my head in the now ! / オラノオーッ アッタマニャアーッ イマノオーッ ドッマアーンナッカニィーッ カゼェーッ フイテェーッカアラーアーットサーアーッ !
holding the truth in the now ! / 今の真ん中に全存在に対等な神の全力を保てっ!
see god in every body and the now ! / 今の真ん中にてっ全ての体の中に存在してる神を観よおーっとなあっ!
result of the shift to your hear in the now! / 今の真ん中にてーっ ハートへのエネルギーシフトによる結果だねーえーっ!
I AM Your God-Self! / 私はあなたの神自己だよっ!
beyond childish humanism -1- ! / 幼稚なるヒューマニズムの超越だっさあーっ -1- !
beyond childish humanism -2- ! / 幼稚なるヒューマニズムの超越だっさあーっ -2- !
beyond childish humanism -3- ! / 幼稚なるヒューマニズムの超越だっさあーっ -3- !
beyond false childish smile ! / ニセモノの幼稚な笑いを超えて行くのさあーっ !
expanding love from within ! / 内なる愛の拡大中なのさあっ!
love universe ! / ヒトツノ愛ノ詩!
every moment is pure ecstasy from the heart ! / ハートからすればすべての瞬間は純粋な快感だけーっ!
Letting Go of Self-Importance ! / 自己愛 自尊心 を 手放すとさあーっ !
God Loves You and Has Given You Everything! / 神は全てを愛し全てを与えてあるだけねっ!
Who You Are is Constant and Unchanging! / 存在するもの全ての本性は不変であるうっ!
How To Create Abundance ! / 豊かさの創造方法なのらあっ!
All is in consciousness in the now ! / 全ての存在は今の真ん中にて意識の中に存在してあるよおっとさあっ!
accelerator of pure image in the now ! / 今の真ん中にある純粋想像の加速者なのらよおっ!
Love is all there is in the now ! / 今の真ん中にあるもの全てが愛なのだっ!
self and social responsibility on child education in the now ! / 現在の幼児教育問題としての自己と社会全体の責任を問えばだねえっ!
being completely free to be whatever in the now -1- ! / 今の最中に何でもあるよおーにぃー完全に自由であるさあーっとねーっ -1-!
being completely free to be whatever in the now -2- ! / 今の最中に何でもあるよおーにぃー完全に自由であるさあーっとねーっ -2-!
being completely free to be whatever in the now -3- ! / 今の最中に何でもあるよおーにぃー完全に自由であるさあーっとねーっ -3-!
perceiving all beings' rights equally in the now ! / 今の真ん中にて全存在の権利を対等に観じてみちゃえーっとぱーあっ!
being rich in harmony within all in the now ! / 今ある全存在の真ん中で調和して豊かであることなのらあーっ!
what love is in the now ! / 今の最中に愛は何であるかよっ!
comparison meditation in the now ! / 今の真ん中における比較瞑想なのらっ!
opening heart to the pure reality in the now ! / 今の真ん中に純粋な現実にハートを開くのらっ!
it is time to end the separation ! / 分離を終了する時なのらよおーっとさねっ!
You Have Always Been Good Enough !
keep being love just in the now ! / ただいま 愛であるだけにしちゃえるうっ!
love changes all in the now ! / 今の中で愛は全てを変えるのさあーっ!
enjoy dancing heart in the now ! / 今の真ん中にてハートダンスをたのしんでおっけーいーだよっおーんーっとさあーっ!
new being imagination = creation beyond capitalism in the now ! / 超資本主義であるうーっ!今の真ん中にて新存在想像力=創造力なのらあー
enjoy = in joy 5D vehicle in the now ! / 今の真ん中にて5Dの乗り物に乗って楽しめよおーっとなーあっ!
how to function complete free consciousness in the now ! / 今の真ん中における完全自由意識の完全機能法っ!
seeing aging ,disease and death real! / 老い 病 死 の 現実観法 !
focus upon the idea of your true dream in the now ! / 今の真ん中で貴方の真の夢の思考に焦点を絞り込むうっ!
being beyond coming from behind point in the now ! / 今の真ん中にて逆転ポイントを超えてあれーよおーっとなあーっ!
when you recognize what lives within your powerful and fiery heart ! / あなたの心の力を認識するとさねっ!
souvenir to the whole universe in the now ! / 今の真ん中に全宇宙へのミヤゲをばあーとねえっ!
what if it's labor for nothing !?! / タダバタラキナラバアッ!?!
crystalizing turning point in the now -1- ! / 今の真ん中にてっ具体化する回帰点 -1-!
crystalizing turning point in the now -2- ! / 今の真ん中にてっ具体化する回帰点 -2-!
how to experience the brand new in the now ! / 今の真ん中にて新品を体感する方法はねえっ!
how to feel higher than marijuana in the now !?! / これはなあーったったイママリファナよりハイを観じる方法かもおーんっ!?!
possible true solution in the now ! / 今の真ん中にて実行可能な真の解決法!
fitness for the end of capitalism !?! / 超幼児的依存性の暴徒化=資本主義エンディング準備はーっ!?!足腰の強化あーっとかかなあーっ!?!
being true light in the now -1- ! / 今の真ん中にて真実の光であるのさよおーっとねーっ -1-!
being true light in the now -2- ! / 今の真ん中にて真実の光であるのさよおーっとねーっ -2- !
Mike Quinsey Message feb-10-2017 ! / マイク・クインシーのハイヤーセルフからのメッセージ 2017年2月10日!
giving free birth just for now -1- ! / ただ 今 自由誕生 させるよっおーんっとなあーっ -1-!
giving free birth just for now -2- ! / ただ 今 自由誕生 させるよっおーんっとなあーっ -2-!
creating always by pure vibration in the now ! / いつでも今の真ん中にて純粋バイブレーションにより創造中!
just keep creating everthing by vibration in the now ! / 今の最中にバイブレーションにより全てを創造中ってなあーっだけなのよっ!
how to keep taking propaganda through mas media -1- ! / マスメディア経由の意識・思想・行動の誘導は このようにして 継続中だったなあーっ -1-
how to keep taking propaganda through mas media -2- ! / マスメディア経由の意識・思想・行動の誘導は このようにして 継続中だったなあーっ -2-
how to be free each other completely in the now ! / 今のど真ん中に完全に自由である為に必要なことー!
oh boy ! too spoiled self satisfaction by baby's game called capitalism ! / 資本主義乳幼児用ゲームに甘え過ぎたの自己満足っ!
inspiration will come with divine timing ! / 神性時にドンピシャリ直観は来訪するのらよおーっとねっ!
let you accept that love is all of your nature ! / 全ての存在の本性は愛である真実を受け入れてしまうとさねーえーっとなあーっ!
changing brand new energies shines through individual earth suit in the now ! / 変化中の新着エネルギーは各地球着を通過し
my first image of complete creation ! / オレの完全創造第一印象!
how do I eat ? / オレはどうやって食べるかあなあーっ?
let's flash the best light in the now -1- ! / 今のど真ん中に最高の光フラッシュしてやりやしょねえーっ -1-!
let's flash the best light in the now -2- ! / 今のど真ん中に最高の光フラッシュしてやりやしょねえーっ -2-!
returning to own divine light in the now ! / 今の中に各存在の神聖なる光への帰還だねーっ!
balancing in ascension in the now ! / アセンションにおける今のバランスをとりつつだなあーっ!
being in love ! / 愛の最中にありましょーっ!
  how about simple point -1- !?! / シンプルポイントはあーっドオーなっちゃってるのっかさーあーっとなーあーっ -1- !?!
  how about simple point -2- !?! / シンプルポイントはあーっドオーなっちゃってるのっかさーあーっとなーあーっ -2- !?!
how about simple point -3- !?! / シンプルポイントはあーっドオーなっちゃってるのっかさーあーっとなーあーっ -3- !?!
knowing that you have come your true home in the now ! / 今 君は 真の 実家に 戻ったあーっ!とおーっ 知っているっうーんのらよおーっ!
for peace for all in the universe ! / 全宇宙の全存在の平和へっ!
graduation from illusion called school in the now ! / 今の真ん中にてぇーっ学校ってなあーっ幻想からーっ卒業っさーあーっ!
be the richest loving all in the now yes ! / 今の真只中に全存在を愛する最高の豊かなる存在であれよっとさあーっ ハアーィーッ!
  let the light in consciously in the now ! / 今の真ん中に光を意識的に入れよーっ!
self healing in self love for all galaxy in the now -1- ! / 今、全銀河の為になる自己愛の中での自己回帰さっ -1-!
self healing in self love for all galaxy in the now -2- ! / 今、全銀河の為になる自己愛の中での自己回帰さっ -2-!
for returning to true state of consciousness in the now ! / 今の中にてっ真実の意識の状態に回帰するためにいーっ!
Mother Mary feb-24-2017 ! / マザー・メアリー 2017年2月24日!
let all keep breathing love in the now ! / 今のさなかあーっ。全存在に愛を吸い吐き続けさせよおーっとさなーあーっ!
time to sit down right again within universal love for now ! / 今宇宙愛の只中に意識を正しく坐り直させる時なのらっはあーっとさあっ!
being imagination = creation of new earth joy for all beings in the now,yes ! / 今の最中にて新地球の全存在のよろこびの想
love keeps expanding in the now ! / 愛は今の真ん中にて拡大し続けるさあーとねえーっ!
Genetic Engineering -1-
Genetic Engineering -2-
Genetic Engineering -3-
true harmonic peace of all beings in action now ! / 今真実に全存在中の調和的平和の活動とはだなーあっ!
only love is present by trusting your heart ! / ハートを信頼することによりただ愛だけがあるうーってやっあーんでえーいっ!
creating the brand new all in the now ! / 今の真ん中にて真新しい全てを創造中なのらよおーさーあーっとねーえーっ!
attention is my only true power in every now moment ! / 注目力は 私の 全ての今にある 唯一真の力 なのらーっ!
I AM ONLY COMPLETELY FREE TO FOCUS ON WHAT I WANT IN EVERY NOW MOMENT ! / 私には全ての今の真ん中で欲しいものにエネルギーを集
keep being as infinite autonomous energetic status not only limited human being in the now ! / 今の真ん中
c.f. may-8-2017 ! / 参照 2017年5月8日!
come into true you in the now ! / 真の君におはいりぃーなっさーあーいーっとーなあーっ 今ねえーっ もおーっさあーっ!
New vibrational shift purely in the now ! / 今のど真ん中 新・純粋バイブレーション転換!
start remembering to love whole universe as only energy in the now again ! / 今のど真ん中にあってえーっ全宇宙をエネルギーと
etc = releasing energy day by day ... ! -1- / 雑記 = 時々刻々にエネルギー解除さねえーっとさあーっ ホカァーッ !-1-
etc = releasing energy day by day ... ! -2- / 雑記 = 時々刻々にエネルギー解除さねえーっとさあーっ ホカァーッ !-2-
expanding into multidimensional consciousness ! / 多次元意識への拡大!
etc = releasing enslavement each other on earth within every now ... ! / 雑記 = 今の中に 地球の上で 相互奴隷のし合いを 手
keep being universally healthy pure vibration in the now! / 今のど真ん中に宇宙全体的に健全なる純粋バイブレーションであり続けたらあーっぱあー
take back all vibrations into yourself that is the only and true home in every now ! / 全ての今の真ん中にて
fiiling self with love to love all beings in all the now ! / 意識を愛で満たし全ての今に存在する全てを愛する体験におかえりなさあーいーっとお
etc = new feelings in the now ... ! / 雑記 = 今の真ん中なあーっ にゅうーっっふぃーりんぐっすうーっ ホカァーッ!
etc = vibrational harmony between part and whole ... ! / 雑記 = 部分と全体のバイブレーションハーモニー ホカァーッ!
love is the only reality always in the now ! / いつでも 今の中 愛が唯一の現実 なのらー!
etc = experience of universal abundance in thougt,emotion and action in the now ... ! / 雑記 = 今 思考 感
perceiving no death only life in every the now moment ! / すべての 今ってなあっ 瞬間にはよっ 死は皆無っ 存在あるだけなあーっ 知覚するーう
Rejoice, Because There is Only Love ! / よろこべぱあーっとねえーっ だあーってえーっ 現実では 心に 愛があるだけだっからさねーえーっ!
through brand new habit completely in the now ! / 今 完璧に 真新しい習慣を 通じて!
changing all only by withdrawing from drawing the outlines of guru guru guru of ego self ... in the
EARTH EATS EVERYTHING ! / 地球は全てのものを食べてるのよおーっとさあーっ!
understand how to fly only by letting it happen openly in the now moment ! / 今の瞬間に 全開に 完全創造力の飛翔と一体化す
to truly understand what and how I create reality in the now ! / 今のど真ん中に自己は何をどう創造中かを真に理解するのさあっ!
it's time to discard make up of egoism - capitalism right now,yes ! / 利己主義-資本主義の化粧を落とす時が来たーあーっ今っ!
I AM the SOURCE only in every now moment perfectly ! / 今の瞬間のという1点においてのみ完全にアタシャアナタノ創造力の源-全体であるだっけねえ
how to complete disarmament of egoism - capitalism in the now ! / 今即完了 超シンプル シホン=私本手技 全武装解除法 完全 マニュ
what I can create really always in the now ! / いつでも今の自己にゃ現実に何を創造する可能性があるのかあーっとなあーっ!
let GOD's love get in to youeself openly in the now ! / 今自己の中に神愛の流入を受け入れちゃうだけさあーっ!
finish returning to full consciousness right now ! / タダイマアーッ完全意識ニ帰還完了!
look inside yourself filled with real gold that is love always in the now ! / いつも今の真ん中に愛ってぇっ真理の黄金が自己
leaving selfishness behind for all higher creation in the now ! / 今のど真ん中にて全存在のより高次元の創造実践の為に利己主義から去りや
JUST ALL IS COMPLETED IN THE NOW ! / すべて今完了してあるだけ!
shifting from duality into unity consciousness in the now ! / 今における意識状態を二元性から一元性へ移行して行こおーっとねーっ!
I Am in you as are you in Me ! / アタシハアナタノナカニオリアナタハワタシノナカニオルヨォーッ!
it's how guru pops up in the now ! / これがあーっ!?!今瞬時にグルを出現させる方法だったのかよーおーっとねーえーっ!?!
all beings can return to the only one true heart in an instant ! / 全存在は 即座に 真実唯一のハートに 帰っちゃえるのらあーっ!
getting rid of eternal implants of conscious energy by excuse called fixed time and history and etc
Love Me until only I Am Real ! / アタシが現実であると体験するまでアタシを愛しなさあーいー !
Hold your focus steady upon what you do want in the now moment ! / 今の中で理想にシッカリフォーカスキープし現実化しちゃえよーっ!
allow all dreams to happen now ! / いま全ての夢が現実化することに許可を与えちゃえよおーっ!
CREATION BEGINS FROM SOUL IN THE NOW ! / 創造は今の中で魂より開始してるさあっ!
I Am your Love and your perfection in the now ! / 今の ど真ん中においてえーっ ワシは あんたの 愛 完全さ 完璧さ さあーっ!
KEEP PERCEIVING INFINITE LOVE IN EVERYTHING EVERY NOW MOMENT ! / 全ての今という瞬間 全ての中に 無限大の愛を 観じ続けるのらーあっ!
let every past memory melt into true light of I AM ! / 全ての過去の記録をだねーえーっ真実の私の光の中に全溶解せよおーっ!
seeing abundance right in here now ! / 今 ここに モオアル 豊かさ を 観じてーっ!
gargling with laundry detergent made me awaken in the now !?! / 洗濯洗剤でうがいしたら今のど真ん中に目が覚めたのさねえーっ!
what is rape essentially !?! / 核心的に レイプとは 何さあっ!?!
  there are not miracles but only facts naturally - 1 - ! / 奇跡ハナニヒトツモ存在セズ自然ナママ事実ガアルノミサーアーッ - 1 -!
there are not miracles but only facts naturally - 2 - ! / 奇跡ハナニヒトツモ存在セズ自然ナママ事実ガアルノミサーアーッ - 2 -!
being equal love of light for all in the middle of the now ! / 今の真ん中にてねっ全存在に対等な愛の光として存在しちゃってるうーっ!
always creating the only now period ! / 常に今を創造しているだけっ!
The duet begins ! / デュエット ビギンズ !
CREATE WITH FULL OF MY POTENTIAL WITHIN NOW THAT'S ALL EXIST ! / イマゼンリョクデソウゾウセヨ-ソンザイノスベテハコレニツキハテルダケサ
The Love you all seek resides permanently within you ! / 世界中で外界にお探し求め中の愛なんてえーっ!永久に自己存在中にあんだあーってっぱーあー
keep my imagination = creativity as the best love in the now ! / 自己の想像力=創造性を今の真ん中に最高愛として維持してみーいーっ=ステ
Engaging only with Love in the now !?! / 今のど真ん中に愛と結び合うだけにしとくとおーっ!?!
Seeing everything from the True Heart Within Every Now ! / イツモ今真実のハートカラ全テヲ観テオンドリャアーットネッェーイ!
INCREASING UNIVERSAL LOVE FROM WITHIN EVERY NOW ! / スベテノイマニマシツヅケル存在ノ内側カラノウチュウアイーッサーアーッ!
See that your most dominant vibrations - the sum total of your most habitual thoughts - keep creatin
Returning to be THE TRUTH OF GOD'S DIVINITY in the NOW ! / 今の中にて神の真実の存在観=真実の存在観にカエルトキが来チャッタッスウーッ!
Keep changing the air for all beings in the now,yeah ! / 今の真ん中で全存在の為の空気を変え続けるのらあーっ いえーすーっ!
RETURNING TO THE TRUTH IN THE NOW ! / 今の真ん中に真実に帰還するとはなー!
there's no need to love yourself for you are already and always love itself just now ! / イツモ今ノタダナカニ既
Everyone and everything is Me, Living Love ! / 全人類 全存在は いき続けておる 愛 = 私 なのらよおーっん !
c.f.-jul-30-2-17 ! / 参考資料 - 2017年7月30日!
keeping the highest vibration is the best work for all in the now ! / 今の最中にてだねっ!最高のバイブレーション維持する事は全存在
You are already completely free to create within this now moment ! / あなたは もおっ 既に この今あーっ ってなあーっ 瞬間に 完
keep being conscious of the top priority to the highest good for all in the now perfectly ! / 今の瞬間に全
at the same time ! / 同時に!
KEEP ACCEPTING THAT LOVE IS ALL IN THE NOW ! / 今の真ん中に存在し続けてあるのは愛だけであるという真実を受け入れ続けるのらよおーっとねーえーっ!
ALL IS IN A BEAKER FILLED WITH UNIVERSAL LOVE IN THE NOW ! / 全存在は今の瞬間宇宙愛で満たされたビーカーの中にあるよっ!
As you love as God truly in the now moment ! / 今の一瞬間にあなたが神として真に愛するなら!
You are already free in the now moment ! / 今の瞬間にてえーっ あなたは既に 自由さねーえーっとだあーっ!
feeling being only as all equal beings with pure vibration in the now moment ! / 今の瞬間に純粋バイブレーションである
there's always the responsibility with every single creation to the wholeness in every now moment !
keep singing & dancing universal love always everywhere within & without now ! / いつでも どこでも 存在の 内も 外も
c.f. - aug-16-2017 ! / 参考資料 - 2017年8月16日!
You are the heart of the Love I Am in every now moment ! / 全ての今の瞬間毎にあなたはあなたは愛であるハート=核としてのわたしなのでしたあっ!
a point of heart-o as basic premise ! / heart-o ワンポイント 大前提!
remembering responsibility with creativity to all of the whole universe in every now moment ! / 全ての今
We are close ! / わたしたちはちかいのらあーっ!
Creativity is only for every now moment ! / 創造力はいつも今の瞬間毎のためにだけ存在するらよおーっとだねーえっ!
keep creating purely the vibration that brand new universe is filled with love in every now moment !
keep the brand new best vibration for all as one in every now moment ! / 全ての今の瞬間毎に全体にとって真新しい最高のバイブレー
You are the embodiment in consciousness of the giving of My Love ! / あなたは神の無限の愛を与える意識として存在してるーぅーっ!
keep closing limitation for opening infinity pure consciously in every now moment ! / 全ての今の瞬間毎に純粋意識に
keep filling the conscious oneness with infinite love in every now moment ! / いつも今の瞬間毎に1つの全体意識を愛で満た
focusing on pure conscious energy completely in every now moment ! / いつも今の瞬間毎に純粋意識に完全にフォーカスしてみっちゃったり
keep inspiring all excellence in the whole universe every now moment ! / 全ての今の瞬間毎に宇宙全体の全存在の 粒ぞろい観 全存
concentration on universal love as pure energy in every now moment ! / 全ての今の瞬間毎の宇宙愛への純粋エネルギーとしての集中っ!
all start to create all only by pure conscious energy within universal love every now moment ! / 全ての
keep expanding imagination of whole brand new universe in every now moment ! / 全ての今の瞬間毎に全く新しい全宇宙の想像を
ONLY ONE TRULY POWERFUL POINT ! FEELING of Gratitude of/for Being in every now moment ! / 唯一真の力点!全ての
be loving and only loving, regardless of the situations ! / 全てを愛するだけであり続けることさっ 状況に無関係にさねっ!
brand new universal dream ! / 全く新しい宇宙ドリーム!
the richness of All That Is ! / 神の真のリッチ観っ!
allow the Will of Love to live you and to create in you the experience of unlimited life now at la
focus on LOVE ! / 愛だけに意識の焦点を合わせ続けるらあーっとねーえーっ!
c.f.-sep-3-2017 ! / 参照 - 2107年9月3日!
never forget to look inside in every band new now moment !
keep shaking up myself to be universally beautiful and peaceful for all beings in every brand new no
focusing on only ONE LOVE in every brand new now moment , YES ! / スベテノ真新シィーッ今ノ瞬間毎二ジャヨーオーットナーアーッ!ヒトツノ
focus on only one core point beyond human illusory fight between dark and light ! / 陰謀論 資料 リンク 検索 よ
focus on only one core point beyond human illusory fight between dark and light ( c.f – 1 ) ! / 陰謀論 
focus on only one core point beyond human illusory fight between dark and light ( c.f – 2 ) ! / 陰謀論 
focus on only one core point beyond human illusory fight between dark and light ( c.f – 3 ) ! / 陰謀論 
focus on only one core point beyond human illusory fight between dark and light ( c.f – 4 ) ! / 陰謀論 
focus on only one core point beyond human illusory fight between dark and light ( c.f – 5 ) ! / 陰謀論 
etc = keep creating brand new universal ecstasy in every brand new moment ... ! / 雑記 = 全ての真新しい今の瞬間毎
UNIVERSAL LOVE IS LIGHT ! / 宇宙愛ってーえ軽いんだよおーっとさあーっ!
c.f. - sep-9-2017 ! / 参照 - 2017年9月9日!
melting into pure and free universal dancing in evey brand new now moment ! / 全ての真新しい今の瞬間毎に純粋で自由な宇宙の
keep being LIGHT ! / かるく あかるい ひかりで ありつづけて さーあーっと なーあーっ!
keep being LIGHT ! / かるく あかるい ひかりで ありつづけて さーあーっと なーあーっ!
keep being LIGHT ! / かるく あかるい ひかりで ありつづけて さーあーっと なーあーっ!
I AM more than enough ! / 完璧な神である私とはあ充分以上であるものだよおーっとんーっ!
keep the highest point in every brand new now moment ! / 全ての真新しい今の瞬間毎の最高点をキープし続けてねえーっとなーあーっ!
a point - sep-14-2017 ! / わんぽいんと - 2017年9月14日!
GOD IS RETURNING IN EVERY BRAND NEW NOW MOMENT , YES ! / 神は全ての真新しい今の瞬間毎に帰って来ちゃってるのらよおーっとさあーっ ハッーアーイー
silence in a dead body ! / シタイノシズケサッ!
step by step ! / 一歩ずつうっ!
integrating positive and negative vibration perfectly in the now moment ! / 今の瞬間の真ん中にてポジティブとネガティブバイブ
joyful jumping message from a grasshopper ! / バッタカラノオーッヨロコバシーイーッヒャッホーオーッナーッアールーゥーッメッセージーィーッ!
keep creating with completely free open consciousness in every new now moment ! / 全ての今の瞬間毎に完全に自由で全開放
it's your freedom of choice in the now ! / 今の中にいつも自己選択の自由があるさなあーっ!
LIGHT GOD ! / カルイカミ!
only keep trusting in Me in every brand new now moment ! / 全て  の 今 の 瞬間 毎 に 完全 なる 神 愛 として の 私 を 信頼 し
how can we use divine creativity for the best of all in every brand new now moment !?! / 全て の 今 の 瞬
etc = in my wholeness ... ! / 雑記 = 全体中ニテーェー ホカァーッ!
what we need to do for integration of new energy !?! - 1 - / 新 エネルギー 統合 のために 必要な ことはーあーっとなーあーっはーあーいー
what we need to do for integration of new energy !?! - 2 - / 新 エネルギー 統合 のために 必要な ことはーあーっとなーあーっはーあーいー
love is not foolish but clearly smart in every now moment ! / 全ての今の真ん中にて 愛は 愚かにあらず 明白に 賢明であるものなのさーあー
keep experiencing creation by resonance in every brand new now moment ! / 全ての真新しい今の瞬間毎にはだねっ 瞬間共鳴による創
what emperor is ! / エンペラーはなにか!
what emperor is ! - 2 - / エンペラーはなにか! - 2 -
each of you is the center of magnificent expression of My Love ! / ヒトツ ヒトツ ノ 全存在 が 私 の 愛 の すっばらしきいーっ
c.f.! - Planetary Graduation ! / 参照!-惑星的卒業!
focus on the holiness and pure joy within all here now ! / 今ここに全存在中の神聖さと純粋の歓喜に意識エネルギーの焦点を当てよおーっとさな
c.f. - oct-1-2017 !
c.f. - oct-3-2017 !
c.f. - oct-2-2017 !
c.f. - oct-1-2017 - 2 !
I declare that I keep practicing my new basic consciousness for creation in every new now moment ! /
let's come back to our sacred creation only by pure conscious energy ! / 純粋意識エネルギーのみによる私達の神聖創造へ回帰しまし
LOVE IS YOUR REAL IDENTITY IN EVERY NOW MOMENT ! / スベテノ今ノ瞬間ニ愛ハアナタノ現実ナノダヨオーンーットサーアーッ!
'congratulations meditation power' to open in every now moment ! / 『オメデトオーッ瞑想パワー』を全ての今の瞬間毎に全開放しちゃえるの
the only question and answer is always what I do want to be to do with my imagination = creativity i
c.f. - oct-5-2017 !
参照 - 2017年10月5日 - 日本語版 !
c.f. - oct-3-2017 ! / 参照 - 2017年10月3日!
GOD ONLY BE IN THE NOW MOMENT ! / 神よ 今という瞬間に ただ 在 れ !
just as the butterfly, you find yourself free at last ! / 蝶の如くにアナタは遂に自己が完全に自由であるという真理に気付くさーあーっとなーあーっ
Only when you receive My Love will you really know what Love feels like ! / あなたが私の愛を受け入れた時にのみあなたあは愛と
create the bridge between Innate and consciousness in the now moment ! / 今の 瞬間の 真ん中で 神の本性 神の本能 と 意識 
FEEL FOR THE REALNESS OF WHAT YOU WANT IN THE NOW MOMENT FOR IT'S MANIFESTATION ! / 現実化のために 今の瞬間のど真ん
The Messages from God - Perception !
神からのメッセージ - 神性なる知覚とはあーっ !
etc = only as beingness in nature ... ! / 雑記 = ただの自然の存在としてなーあーっとさーあーっ ホカァーッ!
I CREATE MY PURE CONSCIOUSNESS ENERGY FROM WITHIN PURE ONE DIVINE CONSCIOUSNESS ENERGY IN EVERY NOW
It’s safe to let your Light shine !
Domestic Violence Has a Spiritual Answer ! / 幼児期から結婚後までの長期間に渡る家庭内暴力体験を通して学び実体感した精神力の真実性 !
you have no idea how passionately I love you in every brand new now moment ! / 全ての 真新しい 今の 瞬間毎に いかに 
On Heart Openings !
all who have chosen to ascend are rehearsing natural divine state of light with,on and as gaia in ev
BEING ONLY AS ONE PURE DIVINE LIGHT IN THE NOW MOMENT MEDITATION ! / 今の瞬間の中にてたったのひとつ純粋なる神性な光としてあるだけに
DIVINE MAKING LOVE IN EVERY NOW MOMENT,YES ! / 全ての今の瞬間毎に神性愛創造体験しちゃえるぞーおーっとさーあーいーっ ハアーイーッ!
your consciousness energy will greatly expand by falling into the feeling of peace ! / 平安との一体観により意識エ
expanding imcompatibility keeps pushing to a divine jump ! / 拡張し続ける違和感は神性意識創造力の跳躍へと押し出し続けておるらあーっとさあー
Just be be be DIVINE LOVE AS ALL IN EVERY NOW MOMENT ! / 全ての今の瞬間毎に全存在として神性の愛である ある あるーうーっ てだけにーいーっ な
keep focusing on divine true confidence and peace within all equally to let it manifest in every now
ONLY KEEP CREATING THE BRAND NEW AS INFINITE DIVIE GOD IN EVERY NOW MOMENT ! / 全ての今の瞬間毎に無限大の神性神としてだ
etc = divine action in every now moment ... - 1 - ! / 雑記 = すべてのいまの中の神性の動きーいーっ ホカァーッ - 1 - !
etc = divine action in every now moment ... - 2 - ! / 雑記 = すべてのいまの中の神性の動きーいーっ ホカァーッ - 2 - !
etc = divine action in every now moment ... - 3 - ! / 雑記 = すべてのいまの中の神性の動きーいーっ ホカァーッ - 3 - !
c.f. - oct-25-2017 !
how we evolve our consciousness in every now moment - 1 - !?! / 全ての今の瞬間毎に私たちはどのように意識を進化させ得るかーっ - 1
how we evolve our consciousness in every now moment - 2 - !?! / 全ての今の瞬間毎に私たちはどのように意識を進化させ得るかーっ - 2 -
it happens at once only when you do ! / こおーっするうーっ時にだけこれは一斉に起こるのだよーっとさーあーいーっ!
Erasing Borders 8 Minutes at 8PM - c.f. - oct-27-2017 ! / 境界線を消し去りまーっすうーっ 8時8分 - 参照 - 2017年10月27日!
cause of disease ! / 病気の原因!
conscious concentration on the only one god's abundance and fulfillment in every now moment ! / 全て
about what I will publish from now ! / これから出す文章内容に関してはあーっ!
be the newest love beyond comprehension in every brand new now moment ! / 全ての真新しい今の瞬間毎に理解を超越してただ最新の愛
c.f.-nov-9-2017 ! / 参照-2017年11月9日!
c.f.-nov-9-2017 ! / 参照-2017年11月9日!
only two choices to focus in the now ! / 今の瞬間にあるのは焦点の2択だけなのらーあーっ!
etc = perspective keeps expanding beyond any limitation,of course ... ! / 雑記 = もっちろーおーんーっ!無限界に拡大し続ける
keep pure and only universal celebration in gratitude in every now moment ! / 全ての今の瞬間毎に感謝と共に純粋な唯一の宇宙
focus on a point within just now ! / ただ今だねーえーっ 内なる1点に集中してさーあーっとなーあーうーっ!
only by a simple shift in focus in every now moment that is forever ! / 永遠である全ての今の瞬間にただ意識エネルギーの焦点の移行
prepare for the perfectly free and pure light dance party of all gods in every now moment forever ec
keep singing the song of Love in harmony with all in every now moment ! / 全ての今の瞬間毎に 全ての存在と調和した愛の歌を歌い
completely opened pure energy through own physical body that is whole physical body in the now momen
How To Transmute And Open Divine Love Disease ! / 神性愛の不調を変質させて全開放し健全化する方法はーあーいー!
see truly who you are always in the now ! / いつの今の瞬間にもだよっ全存在の正体を観てごらあんっ!
Start to practice perfect free conscious energy in every now moment ! / 全ての今の瞬間毎の完璧に自由である意識エネルギーの練習開

閉じる


<<最初から読む

72 / 292ページ

  how about simple point -1- !?! / シンプルポイントはあーっドオーなっちゃってるのっかさーあーっとなーあーっ -1- !?!

  how about simple point -1- !?! / シンプルポイントはあーっドオーなっちゃってるのっかさーあーっとなーあーっ -1- !?!

 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 

how about simple point -1-

 



 

!?!

 



 

mar-9-2017

 



 



 



 

c.f.

 



 

!

 



 

AGE OF PROPAGANDA

 



 

THe Everyday Use and Abuse of Persuation

 



 

by

 



 

Anthony R. Pratkanis and Elliot Aronson

 



 

W.H.Freeman and Company

 



 

New York,New York and Oxford

 



 

Copyright (c) 1992 by W.H.Freeman and Company

 



 



 



 



 



 



 



 



 

シンプルポイントはあーっドオーなっちゃってるのっかさーあーっとなーあーっ -1-

 



 

!?!

 



 

201739

 



 

参照

 



 

 



 

プロパガンダ

 



 

広告・政治宣伝のからくりを見抜く

 



 

A.プラトカニス / E.アロンソン 著

 



 

社会行動研究会 訳

 



 

誠信書房

 



 

19981030

 



 



 



 



 



 



 



 

目次

 



 

執筆を思い立ったわけ

 



 

1 プロパガンダの時代

 



 

1章 日常生活のなかの説得

 



 

2 神秘的な影響力

 



 

3 思慮のないプロパガンダ、思慮深い説得

 



 

4 合理化に努める動物

 



 

2章 説得のお膳立て-効果的な説得を行うために

 



 

5 言葉の魔術

 



 

6 頭のなかの絵

 



 

7 サダム・フセイン-現代のヒトラー

 



 

8 的確な質問をすること

 



 

9 「おとり」の力

 



 

10 事実もどき

 



 

3章 本物とまがい物

 



 

11 信憑性の高い伝達者

 



 

12 チャンピオンが口にするものを食べる

 



 

13 信頼されていない場合の説得

 



 

14 信憑性を演出する

 



 

15 プロボクサーの姿が11人を殺す

 



 

-マスメディアに登場するモデルの影響

 



 

4章 メッセージ-それはどのように伝達されるのか

 



 

16 パッケージ

 



 

17 自分を納得させる

 



 

18 すきまだらけの屋根裏と身近な勇士

 



 

-鮮明なメッセージの効果

 



 

19 同じ広告が何度も繰り返される理由は?

 



 

20 何も言うことがないなら、気を逸らせよう

 



 

21 1センチ獲得したいなら、ときには1キロ要求するのです!

 



 

22 プロタゴラスの理想-一面的な賞賛と二面的な討議

 



 

5章 感情にアピールする説得

 



 

23 恐怖アピール

 



 

24 グランファルーン・テクニック

 



 

25 罪悪感で説得する

 



 

26 花一輪をプレゼントすることの効果

 



 

27 これくらいなら・・・・・

 



 

28 希少性の心理と幻の神秘

 



 

6章 説得の戦略を打ち破るために

 



 

29 サブリミナル(識閣下)の魔術-誰が誰をたぶらかすのか

 



 

30 プロパガンダに抵抗する方法-実際どのように抵抗するのか

 



 

31 教育か、それとも宣伝か

 



 

7章 情報戦略が失敗するとき-プロパガンダと社会

 



 

32 情報戦略の無効性

 



 

33 ニュースとは何か

 



 

34 ダイレクトメールによる説得

 



 

35 カルトの教祖になる方法

 



 

36 第三帝国の宣伝-不確実性のケース

 



 

37 ペイソの子供たち

 



 



 



 



 

以下 上記書籍内容 一部引用 他

 



 

内容は 古く バイブレーションは 未成熟であるが 同時代のバイブレーション観としての限界なのだろう と 予測は 可能だったねーっ!

 



 

よくありがちな 情報操作による マインドコントロール 特定の価値観への誘導 等による 自由意志 への 介入 意識 エネルギーの支配 

 



 

という 観点 から これに どう対処するか を 問う 内容の土台には heart-o の 観じてる 全存在対等の愛 という 基礎的 意識の欠如

 



 

が 存在しているっ!

 



 

そうである限り そこには 第一に 人類最優先至上主義 という 愛のバイブレーションの歪み が 存在し続け これを 放置 正当化 肯定し

 



 

不変 不動と しておく限りは 真の宇宙愛のバイブレーション を 土台とする 想像力 創造力は 始動しないのだあーっ!

 



 

ここには いかに 数を取るか 人の気を引き付け続けるか の テクニック 事例 結果集 も 満載 であるがなあーっ!

 



 

これは 資本主義 つまり 数 の 奴隷 に なった 意識 の あれ とか これ とか それ で あり

 



 

そんな ことの ために こおも おかしなことだらけが 発生 連鎖してきちゃってえーっ!?!

 



 

そのために こんなに 莫大な 金が 必要経費 維持費 として 広告 宣伝 洗脳 教育 に 使われ続ける必要が あるうーっ!

 



 

なあーんてえーっ!

 



 

やっぱあーっ 資本主義ってえーっ エネルギー 消耗 しまくるうーっ 燃費のサイッアク なあーっ エネルギー の 乗せ方 使い方 だったんだあーねーえーっ!?!

 



 

ってさーあーっ 観じる よおーなあーっ おかしさもおーっ まんっさあーいーっ!?!

 



 

だったりねえーっ!

 



 

しかあーもーおーっ!

 



 

その ばかくせーえーっ 事実を イチイチイーッ 紐解いていくとだねえーっ こおーんなあーっ 時間 エネルギー かかるのねえーっ!

 



 

ってことまでえーっ 含めてさあーっ 燃費 悪すぎ でしたあーっ やっぱねえーっ!

 



 

ってなあーっ 感想 さねーえーっとなーあーっ!

 



 

その くせーえーっ 結論があーっ 核心的 ではあーっ なあーいーっ!?!

 



 

っとくりゃあーっ どーおーよーおーっ!?!

 



 

このよおーなあーっ エネルギー の 使い方 はあーよおーっ!?!

 



 

ってやあーんでえーいーっ だあーっ!

 



 

人類最優先至上主義 という 存在観 の ゆがみ = 優越性 という 呪縛 を 自意識 の 内外 で 解かねばあーっ!

 



 

全宇宙 全存在 として 公正 に 観じる 事は 不可能 なあーんだ なーあーっ!

 



 

ってなーあーっ 再確認 も 可能 なあーっ 書籍 だーあーなーあーっ!

 



 

だからこそおーっ この内容が そこで 止まっており 人類最優先至上主義を 残したまんま 無理矢理 人類のご都合主義 つまり 幼児的 我侭なる

 



 

愛 と 平和 の 生活 を 幻想し その為に ちょっとは ましな 生活を 目指す とかゆうーっ とこ 止まり に なってるだっけさーあーねーえーっだーあーっとなーあーっ!

 



 

と 軽く heart-o の 観じ との 比較 結論 を 再指摘 した 上で さーあーっ!

 



 

エネルギー の 歪み の 歴史 に おける ちょっとした 事例集 とか 歪んだまんま の 観点 論点 の 散漫さ 消耗的な思考の作用 連鎖 等を

 



 

観察する 一つの資料 としては 参照し得る という 事での 提示 だけさねえーっ!

 



 

又 各詳細内容の どっかに どっかの バイブレーションが 触れる事により 明確化 開放され得る 可能性も あるかもねーっ!?!

 



 

っとっかなーあーっ いつものおーっ 訳 など から もよーおーっ 提示 しておきまーすーうっ!

 



 

ただし あんまりにも 古い バイブレーション で 散漫 であり また リズム観が 不足 等により 読みづらい ために 苦痛を 伴う

 



 

わりにゃあーっ 内容は あんまり 無いっ よおーでもありーっ だけどねーえーっ!

 



 

その 時代の限界を 考慮すると しょーがないかなーあーっ とも 言えるのでさーあーっ!

 



 

変な 各社会問題 心理学的分析 洗脳 情報操作 等に 関する 資料を 無造作に 時間 エネルギー 消耗して あさるんならあーっ!?!

 



 

これとかあーっ いくつか挙げてあるうーっ 数冊の書籍に したほーがあーっ まだ まし な 消耗エネルギーであり そこに まとまってるよおーだねーえーっ!?!

 



 

って 観じた から さーあーっ!

 



 

ただあーっ こーゆーっ 観点から ではなくってえーっ もっと シンプルに 軽く 今 の 純粋 エネルギー バイブレーション の 中 に

 



 

全てを 純粋 エネルギー バイブレーション として 送受信 してるのがあーっ 最適 かつ 快適 で いーから さーあーっ!

 



 

っとっかなーあーっ バイブレーション はあーっ スルー で いーっしょおーっ!

 



 

ってなーあーっ こってすーうーっ!

 



 

heart-o の 提出 情報 内容 は 全部 消化する 必要は なくってーえーっ!

 



 

各 バイブレーション の 今 の 観じ で 識別して いーと 観じたものはあーっ スルウー してねえーっ!

 



 

全ての 可能性に 最大限に 情報 共有 しよおーっとかあーっ しちゃってるからさーあーっ!

 



 

全部 消化するのはあーっ そおーっとーおーっ エネルギー 消費するうーっ かもおーっだっからさーあーっ!

 



 

そーしたけりゃあーっ いーんだけどねーえーっ!

 



 

キーワード とかあーっ 直観 でえーっ サッ サアーッ となーあーっ 決めてーっ 切ってってえーよおーなーあーっ!

 



 

のおーぢゃんるっ なあーんでえーっ このおーっ ごった煮なあーっ ノリ の 中ではよおーっ 各自 なりにいーっ

 



 

適度に サバイテェーッ イッテェーッ クレチャッテーエーナーアーットナーアーッ ハイヨオーッ!

 

 

 



 

ではさーあーっ!

 



 



 



 



 



 

iii-

 



 



 

執筆を思い立ったわけ

 



 



 

・・・プロパガンダの時代には、民主主義を滅ぼさないために最も必要とされるのは、自らのメッセージを明確かつフェアに伝達する方法に熟達した送り手と、フェアなプレゼンテーションと騙しの手口の違いがわかる知識豊かな有識者の存在である。本書はこうした目的に少しでも近づくことを願って書かれたものである。

 



 

編集者が真に本とアイデアを愛していた旧き良き時代を、編集者のジョナサン・コップ氏はわれわれに思い起こさせてくれた。みなに感謝の意を表したい。

 



 

19917月 著者

 



 

P58-

 



 



 

人びとの心理を理解し、また十分に反復しさえすれば、四角が本当は円であると証明することは不可能ではない。

 



 

結局、四角や円とはいったい何なのか。それらはたんに言葉であり、言葉というのは、偽装した概念をそれに纏わせるようにして作り上げることができるのである。

 



 



 

-ナチス 宣伝相 ヨセフ・ゲッベルス-

 



 



 

2章 説得のお膳立て - 効果的な説得を行うために

 



 



 



 

政治アナリスト、ウォルター・リップマンはその著書『世論』のなかで、小さな炭鉱町で育った少女が、ある日突然、上機嫌な状態から悲嘆のどん底に落ち込んだ話を紹介している。その日、突風が突然、台所の窓ガラスを割った。すると少女は悲嘆に暮れ、しばらくの間、わけのわからないことをしゃべった。ようやく意味ある言葉が出てきたとき、彼女は、窓ガラスが割れることは、親しい者の死を意味しているのだと説明した。彼女は、父親が死んでしまったと確信し、悲しみに暮れていたのである。数日後、電報によって父親が生きていることが確認されるまで、彼はまさに生ける屍であった。単純な外的な事実(割れたガラス)、迷信(割れたガラスは死を意味する)、恐れ、そして彼女の父親への愛情などにもとづいて、少女は完全なフィクションを組み立てていたらしい。

 



 

リップマンがこの話を持ち出したのは、異常なパーソナリティの内的な働きを探求するためではなかった。この少女の場合と同じように、われわれが頭のなかに思い描くフィクションは、われわれ自身の行為や思考にどの程度影響を及ぼすのだろうか。このことを自らに問いかけるためであった。リップマンは、われわれは、自分たちが考える以上にあの少女に似ていると確信していた。マスメディアは想像された世界を描き出し、それによって出来上がる。「われわれの頭のなかの絵」が、ある時点での人びとの言動に影響を及ぼすのだ、というのである。リップマンがこの考えを主張したのは1922年のことである。それじから70年経った今、われわれは次のような問いかけをすることができる。彼の主張を支持する証拠は何だろうか。われわれがテレビやその他のマスメディアで見ている絵は、われわれの世界の見方や、日常生活においてもっとも重要とみなしていることについてのアジェンダ(議題)の設定の仕方にどの程度影響を与えるのだろうか。

 



 

ジョージ・ガーブナーの研究グループは、テレビについてこれまで最も広範囲にわたる分析を行ってきた。1960年代後半以来、彼らはプライムタイムに放映される番組を何千本も録画し、その内容と登場人物を注意深く分析してきた。全体として見ると、彼らの結果は、テレビが描く世界が現実とはかけ離れていることを示していた。さらに驚くべきことに、彼らの研究は、われわれがテレビで見たことを現実の反映として受け取っているということを示していたのである。

 



 

プライムタイムの番組においては、男性は女性より3倍多く登場し、またそこで描かれている女性は相手の男性より若い。非白人(とくにスペイン系)、幼児や老人は登場することが少ない。そして、少数派集団のメンバーは番組のなかでマイナーな役割を担うことが多い。さらに、プライムタイムの登場人物の多くは専門家、または管理的な仕事をする人として描かれている。合衆国の労働力の67%はブルーカラー、もしくはサービス業に従事しているのだが、テレビの登場人物の場合にはそのような仕事に就いている人は25%にすぎない。さらに、テレビに出てくる犯罪は、現実生活における発生件数の10倍に達する。平均15歳の人たちが13000回以上テレビで殺人現場を見ているのである。テレビの登場人物の半数以上が、毎週暴力的な場面に巻き込まれている。FBIの統計によれば、現実には、アメリカで暴力犯罪の犠牲になる人の数は国民の1%以下にすぎない。テレビ作家で前アメリカ作家組合会長のディビット・リンテルスは、この点をうまく言い表した。「毎晩8時から11時まで、テレビはひとつの長い嘘である」。

 



 

テレビ視聴と頭のなかの絵の関係を理解するために、ガーブナーとその共同研究者たちは、たくさんテレビを見る人(1日の視聴時間が4時間以上の人)とあまり見ない人(1日の視聴時間が2時間以下の人)の態度や信念を比較した。その結果、次の点が明らかになった。たくさんテレビを見る人たちは、①人種的な偏見の態度を表出する、②医者、弁護士、運動選手を職業とする人びとの数を過大評価する、③男性に比べて女性は能力や関心が低いと考えている、④世の中の犯罪件数に関して誇張した見方をしている、⑤20年前に比べて、老人の数が減少したうえに病気がちである(実際にはその逆)と信じている。さらに、テレビをたくさん見る人はあまり見ない人に比べて、この世の中を不吉な場所と考える傾向があった。また、「多くの人びとは自分の利益ばかり追いかけ、チャンスさえあれば他人につけこもうとしている」という考え方に賛成していた。ガーブナーたちは、このような態度や信念は、テレビが描くアメリカ人の生活が不正確(heart-o : 非現実)であることの反映であると結論している。

 



 

テレビの犯罪番組では警察と犯人どちらも驚くほど一貫したイメージで描かれていることを指摘している。たとえば、テレビに出てくる警察官は驚くほど有能で、ほとんどすべての犯罪を解決し、けっして誤らない。一方、番組の終わりに悪者が刑務所に入れられることはけっしてない。テレビは犯罪との闘いが必然的であるという幻想を助長しているのである。また、登場人物が犯罪を犯すのは、精神異常のせいであったり、飽くなき(そして不必要な)欲望のせいであったりする。テレビは、犯罪がそれを犯した個人の責任であることを強調し、貧困や失業など犯罪と関連する状況的な圧力をほとんど無視しているのである。

 



 

さらにハニーとマンゾラティは、このような描写が重大な社会的結果をもたらすことを指摘している。テレビをたくさん見る人が上で述べたような信念システムをもつ傾向があるとすると、それが彼らの期待に影響を及ぼし、陪審員をやるときに厳しい立場をとることになるかもしれない。テレビをたくさん見る人たちは、被告は有罪に違いない、さもなければ裁判にかけられるはずがないと信じて、無罪の推定を翻す可能性があるからである。

 



 

同じことが、「われわれの頭のなかに描かれた絵」についてもいえる。たとえば、センセーショナルでどこでも起こりうる犯罪の新聞記事をよく読んでいる人は、犯罪に対する恐怖心が強い。R指定(訳注 16歳未満の入場は保護者同行が必要な映画)の暴力的な「切り裂き魔」の映画を繰り返し見ると、レイプの犠牲者に対する同情や共感はしだいに薄くなっていく。ある地域にテレビが導入されると(その地域での)盗みの発生件数が増加するが、これはテレビが消費主義を生み出したことによるとも考えられる。それによって、経済的に恵まれない視聴者が、テレビに映る生活と自分たち日常を比較して、欲求不満や怒りを感じることになるからである。

 



 

最近行われたいくつかの実験は、テレビをたくさん見ることが、世の中についてわれわれがどのような絵を描き出すかを決定しているらしいことを明らかにしている。

 



 

政治心理学者シャント・イェンガーとドナルド・キンダーは巧みな実験をいくつか実施している。彼らは、夕方のニュースショウを編集して異なるものを作製し、それを実験参加者に見てもらった。参加者は、アメリカが直面している特定の問題についてのニュースを一定量見るのだが、第一の条件の参加者たちが見た内容は、アメリカの国防能力の全弱さを示すものだった。第二の条件の参加者は、公害への関心を強調したニュースを見た。第三のグループはインフレその他の経済問題についてのニュースを見た。

 



 

結果は明白だった。特別に編集された番組を見た1週間後、参加者は番組を見る前に比べて、自分がテレビで見た問題(番組のなかで最も広範に扱われていた問題)こそ、わががまず第一に解決すべき重要な問題であると確信していた。されに、参加者たちはこの新しい視点にもとづいて判断を行うようになった。その特定の問題をどのように処理するかにもとづいて大統領の業績を評価したり、その問題について強い立場をとっている候補者を対立候補よりも肯定的に評価したのである。

 



 

イェンガーとキンダーの結果は、偶然に得られたものではない。コミュニケーション研究者は、マスメディアが取り上げる問題と視聴者が最も重要だと考える問題が、ある程度一致することを繰り返し明らかにしている。マスメディアの内容が、公衆の政治的、社会的アジェンダを設定するのである。たとえば、ノースキャロライナの選挙を扱った先駆的研究では、有権者が選挙運動の期間に最も重要だと考えるようになった問題と、その問題に関する地方メディアの報道量との間に関連性が認められてる。同様に、麻薬の乱用、NASAの無能ぶり、原子力エネルギーなどに関する問題は、バスケットボールのスター、レン・バイアスの麻薬による死、チャレンジャー号の爆発事故、スリーマイル島やチェルノブイリにおける原子力発電所の事故など劇的な出来事によって国家的な関心事となったのである。アメリカの元国務長官ヘンリー・キッシンジャーは、ニュースメディアが議題設定の機能をもつことをはっきりと認識していた。彼はかつて、私は夕方のニュースの内容には全然関心がない、「国民が何に注目しているかがわかるので、どんなニュースがどれくらいの時間流されているのかという点」だけに関心があると語ったことがある。

 



 

もちろんわれわれは、さまざまな社会的な文脈のなかで、多くの人びとと個人的な接触をもつ。したがってメディアは、政治問題や、異なる民族、ジェンダー、職業グループなどに関する知識の源泉のひとつにすぎない。情報や印象を直接的に受け取ることができるときには、メディアを通し受け取る情報や印象はそれほど影響を及ぼさない。家庭の外で働いている女性を数人でもよく知っている人は、テレビが描くステレオタイプ的な女性像にほとんど影響されないだろう。一方、犯罪や暴力など、われわれが直接経験する機会がほとんどない問題の場合には、テレビなどのマスメディアは、われわれが世の中をイメージするときの唯一の生き生きとした情報源となるのである。

 



 

指導者を自称する人たちは、世の中の絵を描くときにマスメディアが宣伝的価値をもつことを、見落とすはずはなかった。たとえば、「犯罪に厳しく」のような社会政策(heart-o 犯罪に限らず全ての問題の核心的根源である、全存在の対等なる完全自由と自律的創造力に対する相互尊重の欠損と不公正化の重奏的社会法制度による純粋意識エネルギー活動の支配と抑圧以上の第一義的犯罪・不正行為は存在せず、これを実行した上で、自然なるエネルギーの反作用としての全てを犯罪、異常現象、等と定義して、それのみを批判、罰し続ける意識を共同集団意識として定着化する事が、支配の為の必要要因であるから、これを社会政策として、実施するのであり、その実行の為に、マスメディアが使用されて来た)は、精神病理や人間の貪欲さと結びついた行為としてプライムタイムの番組で描き出すほうが、貧困や失業のような状況的要因とともに描き出すよりも、簡単に広めることができるだろう。(heart-o このようにして、直接関係する現実の全体像、相関図を、明確、簡素に提示する事から逃避し続け、問題を11点、バラバラに指摘したり、核心的には、無関係な問題同士を対立させ、不要な感情、概念、等を提示し、これにかかる意識エネルギーの消耗をさせ続けて、論旨をすり替え続ける消耗戦での勝利、というテ等が、複合的に、あらゆる議題においても、撒布され、散らかされ放題である為に、それらのいくつかにでも、まんまと、はめられているだけで、エネルギーは消耗して、枯渇するか、核心的創造力の起動には不足する、という事になるのだ。こうして、核心的に、完全自由である各存在の創造力が開放されぬ事による、核心的根源的欲求不満、つまり、エネルギーが開放されない為の閉塞感、運動不足感が、欲求不満となり果てて、全ての問題の唯一の原因としての、エネルギーの歪みが生じ、これを、全想像そして全創造の第一元素とするが為に、更に、全ての想像と創造が、病的、欲求不満的になり、閉塞感がかさみ、その一部のみを少しは開放できますよ、等との宣伝文句にヤスヤスと釣られ続けては、核心的ではないエネルギー体感を束の間、仮初の麻薬風に得る為に、惨めなる商品を買い続け、売り続ける、資本主義の思う壺になっちゃってるのだよおーっとさあーっ!これが、メディアの正体だあーっ!資本主義の為のエネルギーの引っ張り合いの会場設定の為のエネルギーの散乱化。目的は、散乱させるだけだから、どのように、どのような定義、感情を、作り出し、それで、追いかけっこをさせ続けるか、はどうでもよいのさあーっ!正義感ぶってもねえーっ!何かを批判してる人とかでも、資本主義には、相当、はまっちゃってるからさあーっ!結局、本が売れて、儲かる、そこで、落ち着いてたほーが楽だし、先生扱いされるしーってんでなあーっ、適当に、何かを批判してりゃあーいーってことにしよおーっ!とかで止まってたりしますからねーっ!議題別の本を何冊買って、別々にやってる場合じゃあーないんですよおーっとさあーっ!死ぬまで、これで持たせりゃあーいーやあーっ!ぐらいの意識のやつらはだねえーっ!エネルギーを死ぬまで、適当に、チューチュー吸引するのが、第一義だったりしてますからねえーっ!そーゆーバイブレーションに共鳴してる止まりいーっ!?!ではあーっやられて終わりいーっだぞーいーっ!)同様に、「麻薬との戦い」は、バスケットボールのスター選手が麻薬で死亡した後では容易に広めることができるし、原子力発電所での悲劇の後では、原子力の廃絶を促進することも簡単である。

 



 

指導者を自称する人たちにとって、彼または彼女自身が世の中について描いた絵を宣伝することはもっと重要なことである。政治家学者ロデリック・ハートは、1960年代以来、アメリカの大統領は平均して1ヶ月に25回以上のスピーチ(その多くが公の場での演説)を行っていると述べている。1976年には、ジェラルド・フォード大統領は、平均するとなんと6時間に1回の割合で公衆の前で話をした。(つまり、これ程、露出し、注目を浴びて、意識エネルギーを収集し続けなければ、権力者、支配者、支配構造、つまり、不公平なる全構造とは、維持不可能である、という証拠でもある。これを逆手に取るならば、何かを、特別視する、力をより多く持つものとして、意識する行為、そのような思考、感覚、感情を、一切、持つことが無ければ、そのような思考、感覚、感情の性質のエネルギー、バイブレーションを土台とした、現実化は、発生しないのだ。だから、誰か、何かを、支持する、という意識、感覚、感情、の創造自体が、問題なのであり、誰や、何かを、支持する限り、それに、特別な力を注ぎ続けるから、何かより、力を持ち、支配される、という現実を、創造し続けてしまう事になる。もっとよい指導者を、という思考、感覚、感情は、全ての存在の創造力を、指導者に譲渡する事になり、これは、無責任、怠惰であり、渡した相手には、各自己の渡した分の創造力の総量が、行ってしまうのだ。これが、傲慢、暴走の原因であり、その張本人は、各自己である。これを、起こさぬ為には、よりよい指導者への期待、等という依存の意識、自己創造力に対する責任の放棄を停止するより他はナシであり、少なくとも、人類以外の生命体は、人類以上には、依存的ではなく、自律的に、存在しており、その証拠として、人類社会に見られる、格差、貧困、大富豪とホームレスのようなおかしな現実を、想像も、創造もしていない様子であるよっ!)ある問題について頻繁に話をすること(そして、それが夜のニュースで取りあげられること)によって、大統領は政治的なアジェンダ、すなわち自分が掲げる社会政策にとって都合の良い世の中を作り出すことができる。事実、ブッシュ大統領のアドバイザーの一人のロバート・ティーターは、アメリカ人が何を考えているかを知らせ、どの問題を大統領の演説の話題にすべきかを進言する世論調査家であった。これは、権力を維持するうえで非常に重要なことであった。企業組織の専門家であるジェファリー・ペッフェによれば、社長の権力の源のなかで最も重要なものは、どのような問題が議論されるべきか、問題解決のためにどのような基準がいつつかわれるべきか、誰をどの委員会に所属させるかということであり、そしておそらく最も大切なことは、どの情報を広く伝達しどの情報を選択的に無視するかを決定することによって、組織のアジェンダを設定する能力なのである。(『どの情報を選択的に無視するかを決定することによって、組織のアジェンダを設定する能力なのである』-これは、特に、公務、公務員が、実行している事であり、核心的、エネルギーの歪みの発生源としての、公務、公務員による、法制度化した、エネルギー支配の現実には、触れさせない、回答しない、担当する部署無し、責任者無し、で一貫し、分裂させた各部署に配属された者らには、永遠に回答に成り得ぬ、全部門共通の捨て台詞「私の権限ではありません、文句があれば、裁判を自費でどうぞ!」があるのみであり、裁判は、関連する問題を、やはり、ぶつ切りにして見せ、何裁判と、扱いを分けてしまう為、永久に解決しないように、一貫して、配置されている、支配者の好都合なだけの構造、機能になっている、これを、内容が、核心的には、無構造、無機能である、公務、公務員、法制度の自称、看板のみ掲げ続けて来ちゃったあっ!『構造』であり、『機能』ってことの正体であったねえーっ!っなっあーんだーあーっ!)

 



 

マスメディアが描き出す世界の絵は、なぜそれほど説得的なのだろうか。その理由のひとつは、示されている絵についてわれわれが疑問を呈することはまずない、ということである。(または、疑問を呈し、問題提起したくても、できない、面倒くさい事だらけ、複雑すぎて、金も時間もかかるので、誰でもが、100円均一の買い物程に、お手軽、気軽には出来ないように仕組まれておるが為に、しないことにしちゃった為に、ますます、そこが定着化して、強化され、生きる屍的、無機能エネルギー状態になって来たという現実があったからさねえーっ!例えば、税金は、自動的に取りまくるが、控除、還付は、基本的に、自己申告で、面倒くさい書類とか作成して、自分の時間を消耗しないと、やらないんですよーっとさねーえーっ!つまり、公務、公務員、法制度は、ハナカラーッ、取る気満々であるだけで、公正なんか考えていないのであり、公正に近づくなら、より、エネルギー取るぞーっ!ってやって来るんだあーっ!で、結局、ちょっとばかしの還付金、控除とか、以上に、エネルギー消耗しちゃって、取られてるんですよなあーっ!だからあーっ!heart-oは、そんな面倒な事はしてなあーいのだあーっ!それより、今、創造したい創造を、想像する、今に、意識を使い切る事に、存在の力の全てを、注ぎたいからなあっ!金なんかで、あーだこーだやってるんなら、今の創造をするのさっ!それが一番、怖いんだからさあっ!今、100%の力を意識をエネルギーを、金や数、未来とか時間に関する茶番劇場にもってかれてえーのさねえーっ不安とかなあーっ!?!そーゆーもんにーっ一切流さずにさあーっ!存在のエネルギー全開で起動されたらあーっ!?!全ての支配の世界の絵は、最後っ!だあーってえーっわかっちゃってるからさあーっ!引っ張り続けるんだよおーっ!得したあーっ!?!だってえーっ!?!バッカダナアーッ!損してんだよおーっ!てめえはさあーっ!?!ってことなのさっ!特に、人類だけの最優先思考を変えてしまわないと、人類だけは、最優先でやりやしょおーっ!いつまでもおーっ!?!なんつうーっのろのろなあーっエネルギーの性質、バイブレーションで止まり、停滞するだけで、突破しないからさねっ!そこは、人類だけで、癒着しない事だなのさーっ!人類の問題を、人類だけで話し合い、解決しよおとし合いましょおーっ!?!ってなあーっ意識、感覚、感情、ノリ、アクション、バイブレーションもだねえーっ!そおーっとおーにいーっ不足だからねえーっ!人類同士、ちょっとツルンデルだけえーっ!?!ってとこでえーっ落ち着かないよおーにいっ!注意しなければあーっ!だよーおーっとさねーえっ!)たとえば、「いろいろなニュースがあるなかで、なぜ、このニュースが流されるのか」とか、「警察は本当にこういう捜査をしたのだろうか」とか、「世の中は本当にこれほどの暴力や犯罪に支配されているのだろうか」などと自問することはめったにない。テレビがわれわれの家に運んでくる絵は、現実を映し出したものとして、当然のことと受け入れられてしまうことが多いのである。

 



 

一度受け入れてしまえば、頭のなかに作られた絵は、われわれの思考や行為を導くフィクションとして働くようになる。こうしたイメージは、素朴な社会的理論としての役割を果たす。すなわち、われわれに「事実」を提供し、どの問題が最も緊急かを決定し、世の中についてわれわれが考えるときのタームを決定するのである。政治家学者バーナード・コーエンが述べているように、マスメディアは、

 



 

「何を考えるべきか」を人びとに伝えるのに成功しているとはいいがたいが、「何について考えるべきか」を伝えることには大きな成功を収めている・・・・・この世の中は、新聞記者、編集者、出版社がどのような地図を描き出すかによって、人びとの目に異なったものとして映るのである。

 



 

heart-o 何か、考えるべき事があるとか、云々、書いてるけどなあーっ!これも、まだまだ分散的で、エネルギー消耗的なものだねえーっ!とは言え、各自己の各バージョンのバイブレーションにとって、どこかに、参考になり、必要な点もあると観じたから、引用しただけねっ!何か問題があるっ!というのは、トリック、トラップの始まりでありますねーっ!今、創造力で、完全に想像したら、それが現実として体感されるっ!というのが、完全な自由意志の即答として、より時間、空間から自由なバージョンの創造の現実として、第一に存在し得る、とまず指摘しよっ!その上で、あえて、どの辺りを、今、体感するのか、とか、往復するとか、比率とか、同時多発的体感にしとくかあーっ!とかねーっ!あるからさあーっ!ってことだよなあーっ!問題がある、とは、現実的には、過去にあった、というだけで、今、それに、全く、とりつかれず、意識を、切断し、独立して、創造しちゃえば、それは、無関係、非現実と成り果て得るから、実感もあり得ないっ!共鳴しないものは、自己が体験は、しない。共鳴は、エネルギーによる、契約書へのサイン、合意、ウンッ、とうなずいたってことおーっ!になるからさあーっ!共鳴するか、しないか、その比率、とかで、体感が、違って来るんだわっさなーあーってことだけねーっ!だから、今、全存在に、純粋の存在力、完全なる自由、自律、相互尊重のバイブレーションでいたあーいーっ!って来たならばだねえーっ!

 

たとえばよおーっ!そおーしたいだけえーっそおーしてるうーっ!ってことはだなあーっ!雨を降らすよおーなあーっことだなあーっ!エネルギーとして、全てに、今、自己は、そうありたいっ!てことだねえっ!で、それは、純粋で、宇宙的、全存在的であればそれだけ、3D地球の法制度、利己的、支配的構造に、引っかからないものとして、エネルギーアクションになり得るのさあーっ!それは、純粋な思考、感覚、感情のよーなものだけーっ!でありましてねえーっ!それから、税金とか取れないからなあーっ!で、そーゆーっ純粋エネルギーアクションがあーっぶっこわしまあーすうーっ!っからねっ!でも、これも、暴力行為として、証拠が取れないんだわさあーっ!あっははあーっ!このよおーになあーっ!純粋エネルギーは、法制度には、無関係で、ありまあーすうーっ!っでえーっ、まっすますうーっ!こっちの純粋ダイナマイトエネルギーアクションに注ぎ込めばさあーっ!非課税のやあーりいーっまっくりーっ!なあーっ破壊行為もおーっさっくれつーうーっ!っだからさあーっ!これは全て、目に見えないからなあーっ!きゃつらのおーっ「えーっとっおーっ!?!科学的証明えーっ!?!なあーんかにもさあーっ!?!ひっかからなあーいーのよおーっ!商業活動もしてねーしさあーっ!こっからぢゃあーねーえーっ!なあーんにもおーっ!取れないんですーっ!これがあっ!怖いのよっ!だから、金、数を、無我夢中で追っかけてて暮れちゃってさあーっ日が暮れ続けてらあーのおーっ資本主義まっさかりいーっ!?!なあーっばかものたちがねえーっ、資本主義にゃあーっありがてえーっ奴隷根性エネルギーなあーんだわっさーあーっ!で、これをますますうーっ、やめましてだねえっ!ますますうーっ!純粋エネルギーアクションヒューマンになってっちゃうーんならばねーえーっ!そりゃあーっそれでーっいーわっけさあーっ!まだねえーっ!そこまではあーっこのリンクしてるうーっ書籍の内容はあーっ飛んでなあーいっからさーあーっ!?!そこはあーっ!シッカリィーッ!指摘しとくねえーっ!ではよっ!)

 



 

(heart-o 補足 その1 = 本書の内容と関連する議題 諸々 - かつてギリシャにおいて、裁判のようなものの際には、弁護士に自己の弁護をさせる行為は、禁じられており、自己弁護は、自力で行う事のみが、有効であった、と本書中にある。弁護士に依存し、言葉の力を金の力に移し、自ら思考し、発語しないという現代の習慣よりは、まだ、こっちのほうが、ましだ。何でも、金で買える事は、自力で何もやらなくなる、出来なくなる、全体の繋がりを、自己の全体に、観じて、現実的バイブレーションアクションをしなくなり、権利だけが、膨張、暴走し、勘違いが逆巻き続ける事の発端に、自己の言葉を語る場の喪失が第一であるとは、heart-oの観じでもあったよおーっとねーっ!これは、天皇、皇室を筆頭に、公務、公務員から走り出した、一存在対一存在の対等な言葉を通してバイブレーションのぶつかり合い、をしない事によってしか、虚偽のバイブレーションの策略は、維持し得ぬが為である。例えば、同人類間においては、全存在権の対等性の略奪という虚偽の第一義、天皇と例えば全国民が、一対一の対等な言葉の交わし合いが出来る状態を維持すると、天皇という特別な権力は一瞬たりとも維持し得ぬのである。一対一の対等な言葉の交わし合いを許可せず、厳重に警護体制を常駐させる等の存在である程、これが強い。警察は、天皇の虚偽を警護する行為により、権力を維持し得る為、天皇とセットなのだ。天皇という不公正なる権力の象徴の警護無くして、警察は存在し得ぬ。現在の日本国憲法に準じて合法の天皇は存在せず、これを公式の天皇として警護する行為も含め、違憲行為の実行団体に過ぎぬ。これが、権力の正体である。対等なエネルギーの交流を最初に認めず、高ぶるのである。天皇を、他生命種に対する人類としても、同一である。人類は、例えば、他生命種、土、水、大気等の多くを、人類以外の存在に比較しては、大々的に、支配しており、対等な尊重の意識が薄すぎる生命種と言える。これは、言葉ではなく、より、純粋なる、意識、エネルギー、バイブレーションのレベルでの、交流を対等に許容せず、支配的に、横暴に、暴力的に、一方的、圧倒的に、強奪、侵害するという、意識、エネルギー、バイブレーションによる、アクションのために、そうなった。例えば、より小さく、かすか、微細な音、エネルギー、バイブレーションとして、可視の最小の虫を、人類は、何とも観じずに、存在し続けており、それは、耳を貸さず、対等に、言葉(=音=バイブレーション=エネルギー)を交わさぬ人類同士の差別的世界観とその過ごし方、存在作法に通じているのだ。人類は、自我を膨張させた、分裂し、全体関係性を観じぬ、エゴという意識の超肥満した存在と成り果てたが為に、自己が、自己が、と自己の事、第一義主義的に、全ての点で、なって来た。これは、人類同士なら、自己の言葉を全て聞いて欲しく、これを強要するが、他存在の言葉は、一切聞かぬ、一人の最も横暴なひと、として見ると、より一層、明瞭に、その存在の全貌が、浮き彫りにされて観得るだろうかねえーっ!そんなやつ、誰にも、相手にされないよおーっ!だねえーっ!人類は、これに、限りなく近く、例えば、家族2-3名のみ以外、話ができない(わがまま度が同レベルなので、会話が成立するのが、数名しかいない等の理由でねっ!)とか、1人だけしか信頼できる者がいない、とかそれ以下とか、金しか信用してない、とか、相当ヤバイーッ、宇宙エネルギーレベルに成り果てたあーっかもねえーっとさーあっ!この根源には、歪んだ、つまり誤った生命観があるよっ!それは、何かを取らないと、存在できないっ!という、まあ、飲食とかに関連する、意識、エネルギー、感覚、感情、バイブレーションなのさねっ!これが、あらゆる消耗戦の根源的意識の原型なる質だからねーっ!資本主義は、量でしょおっ!相手にするのおーっ!まあねーっ!量、数という幻想を追い続けるという行為に縛りつけて、支配に好都合な、奴隷的意識エネルギーの性質を作り出し続けたあーっ!があーっ、より明確なところだっけどねっ!数を追うという性質だねーっ!だから、数を追う事において、より多く取る、少なかった、は問題ではなく、数に支配されているという性質が、欲しいだけねっ!資本主義支配の構図はだねっ!どっちでもいーのよーっ!だから、戦争で、どっちが勝っても負けても、支配者が儲かる、という構図だあーったあーんですうーっとさーあーっ!だから、そういう性質の意識、エネルギー、バイブレーションを転換する、変換する、と、転換、変換した性質の意識、エネルギー、バイブレーションと共鳴する現実が創造可能だったあーのさあーっ!ってえーっシンプルなあーっ事なのよおーっとねえーっ!だから、例えば、税金控除とか、還付金とかで、エネルギー消耗するうーっ!ってのはあーっ、数を気にしてるうーっ!って性質のエネルギーを、創造力として、出すっていう行為、なあーんだよおーっ!それは、金が、どおのとかではなく、エネルギーの性質として、どんな性質を、提出するか、という点に、フォーカスすると、即、明快に、わかる事だねーっ!今、自己は、どんな性質のエネルギーを創造力として、出してるのか!?!そんだけねえっ!資本主義は、この、そんだけの問いと回答を、無限大の表現で分散化して、あれはあーです、それはそーです、これはこーです、あれとそれはそれとあれですよおーっ、とかあーってえーっ延々とおーっエネルギー分裂させてえーっあたかも全く関係ないあれとかこれとかそれが無数にあるかのよおーにしてえーっやりまくっていたからさあーっ!実際にはあーっそれだけえーっ!なあーっだけでしたあーっ!てことなのだよおーっきみいっ!わかっちゃたあーっ!?!もおーだねえーっ!?!この書籍の内容は、あくまでも、人類の言葉としてのトリックを見破り、公正な言葉の交わし合いをしよおーっ!とかゆうーっやっぱどだあーいーっ人類最優先的なあーっ意識があーっまとわりついてくるうーんだけどなあーっ!?!まあーっ、言葉のトリックとかでもねえーっ、そーゆーことをーっ、体験として、通過する、やり切るって事によって、より、純粋意識、エネルギー、バイブレーションが、洗練され、柔軟になり、自由性を増し、自律性、応用力もつきまくるうーっ!?!などのおーっ効果があるとしてえーっ!まあねえーっ!このエネルギートリック大運動会に参加したあーっ!とゆうーっことでえーっ捕らえるとかねえーっ!で、そこで分析するなら、してみるもよしいーっ!ってなあーっことでえーっこの書籍はあーっわりっかしいーっいーのではあーっないかよおーっ!ってとであったよおーなーあーっ観じなのさっ!あーっそおーやってえーっだましたりいーっだまされたりいーっエネルギーバイブレーションまるめこまれていっちゃったりいーっしてたのねーえっ!っとかさねえーっ!で、消耗戦として、公務、公務員が、本来は、全存在で、対等に共有する、自由なエネルギーの状態を、奪取して、不平等にした、支配した、所有の意識によって、分裂、対立し続ける、恐怖、不穏なバイブレーションに固定化していたあーっ!とゆうーっことではさあーっ!不穏にしといて、それ自体が、問題なのだが、それは、そのまんまで、問題があったら、一つずつ、これまたあーっ、分類して、件名付けて、裁判とかしてえーっ!?!ってえーっ、更に、金とか、時間とか、エネルギーを、払う事に、はまっていくうーんですよなあーっ!これが、公務、公務員という、ビジネスの正体ねえーっ!不満、不公正にしといて、不満だったら、ちょっとでも公正にしたかったら、エネルギーを出せっ!って、もう、取ってんだよおーっ!基本的になあーっ常時さあーっ!で、その張本人が、各問題、不満、一件につき、いくらあーっ、件の内容によっても、金額が、出してもらうエネルギーの量があーっ違いますうーっ!?!ってえーっ売りつけるのさあーっ!これは、シンプルには、不公正を作って、ちょっとましを、小分けにして、ばら売りする、ビジネスなあーんすよーっ!公務の儲け方は、これが基本のシンプルな構図だよねっ!はまれば、はまるほど、出すはめにいーっ!夢中になれば、なるだけえーっ、もってかれてらあーのよおーっとねーっ!なあーんだあーっ!ってことだなあーっ!これは、消耗戦だからあーっ!消耗するのよおーっ!儲かった、買った、ちょっとましになった、気にさせといてえーっのおーっ消耗してたのよおーっとさあーっのおーっ巻なのさあーっ!だねーっ!これを終わらせる、ログアウトする、別の創造法にする、はあーっ、意識、エネルギー、バイブレーションの性質を、取らないと死ぬ、から、ただ存在しておっけー、モードにするだけよおーっ!冷房から、暖房に、スイッチ切り替えるうーっ!切り替えっ!だからあーっ!パッチリ切り替えるんだねっ!まあねえーっ徐々にいーっとかあーっ行ったり来たりいーっでもいーんだよおーっ!ただあーっ!創造は、性質だからねっ!性質が、変わると、その瞬間、創造が、変わるからねっ!ずっこけることも、出来るのさあーっ!いつまもで同じ、自動操縦ではなくて、自己が意識の照準を合わせる、主導権を、ドライバー席にしっかり座ってる、自律の意識であるよおーっ!っとなあーってえーっこったあーっ!おーいえーっ!)

 



 

heart-o 補足 その2 = 本書の内容と関連する議題 諸々 - テレビ、一定の定義、世界観の宣伝により、影響された行為の事例が、この書籍の冒頭に、挙げられておりましたねーっ!ナイキの新モデルの広告をテレビで見て何が何でも欲しくなった10代少年が、同年代の少年を殺して、スニーカーを奪い履いて去ったっ!検察官は、「スポーツシューズに贅沢なイメージを植え付け、それを欲しいが為の殺人が起こるようであれあば非常に残念なことである」と述べ、広告が作り出すイメージにも若干の責任があることを認めている。又、レイプ被害者が、レイプ加害者を訴え、裁判において、加害者が、被害者に誘惑された等の証言をしたりして、レイプ被害者が、加害者を訴える際には、レイプに匹敵する心理的屈辱を受けて、苦しむ可能性がある、という内容の番組が放映された後の数週間、レイプ被害者から警察への届け出件数が急激に減少したという。これは、番組を見た被害者が警察に信じてもらえないことを恐れた結果である可能性が高い。また、青酸カリ入りの頭痛薬タイルのーるを飲んだ7人が死亡したニュースが全米に報道された。数週間にわたって、テレビやラジオをつければ、必ず毒入り頭痛薬の話題が出てくるという状況が続いた。このニュースはすぐに思わぬ結果を招いた。歯磨き、目薬、鼻炎用スプレー、ソーダ水、そしてホットドッグにまで毒物を混入する事件がアメリカ中で頻発したのである。こうした毒物混入事件はセンセーショナルに「猿まね毒盛り」と命名され、広くメディアの注目を集めることになった。すると、今度はこれが人びとの関心を引き起こすことになり、よくある喉の痛みや胃痛でもパニック状態になり、医者に駆け込むケースが続出した。その数は、実際の毒物混入による被害の7倍にも上がったという。これらに限らず、情報に触れる度に、誰かがわれわれを教育したり、商品を売り込み、何かを信じ込ませ、支持させ、応援、投票、集金、同情、献金、熱狂、陶酔、同様、同調させようとしている。こういう反応を、研究し、いかに多くの注目=つまり、エネルギーを集めるか、は資本主義においては、直接、金、つまり、権力となる為に、政治家、あらゆる種類の何者かたちは、その手法を駆使して来た。この反応には、大別して、少しは、考える事による反応と、考えない自動反射的な反応とがあるという。例えば、コピー機を先に使わせてもらう際に、正当な理由とも言えぬ「何か一言」を何でもいいから、添えた方が、譲ってくれた、という実験結果があり、それは、「コピーをとりたいので、先に使わせてもらえないか」等の、考えてみると、誰でも、コピーをとりたいから、コピーをとるのであり、立場は同じであるのだが、理由の内容には、ほとんど頓着せず、何も言わずに、先にとらせてくれ、というより、何か理由らしい流れを挿入した方が、すんなり貸してくれることが、わかったそうだ。これは、何かの献金をしてもらう際に、出し渋っている相手に、最後に、「10円でも良いので」と言うと、そこには、10円も出さないのは、よほどのケチだというマイナスな自己評価が下される、という恐怖心を刺激して、結果的に、献金させる事が出来るという。また、10円でもいい、と言われた殻といって、10円だけ出すのでも、やはり、ケチくさいという意識から、それよりも、ある程度の額出させることになると言う。似た事例として、17円寄付をお願い致します、等、金額を明示した方が、献金者の数が何倍にもなり、金額も、それ以上の寄付をされ、何も言わず、ただ献金をお願い致します、とやったのと比較して、合計金額は、さして、変わらなかったそうだ。広告の事例では、英語で、万人を指す「he 彼」という単語を使用した際に、女性の反応が、カンバシク無く、自分に向けられたメッセージだ、と感じ得る呼びかけ、と成り難い事が、わかった等、膨大な実験結果を元に、情報は、操作され続けて来たのであり、情報の受け取り手としての大衆は、無意識の内に、特定のアイデア、感覚、感情、ライフスタイル、習慣、等へ、誘導されて来たとも言える。この第一には、「注目をされる」ことであり、「反復」「露出度」「数」「量」が一般的であるが、必ずしも、こればかりではなく、地味に、しかし、着実に、広告無しに、口コミで、等もあるであろうが、この書籍は、あくまで、大衆広告による社会全体への影響力をメイン・テーマとしてある。戦前、戦時中は、戦争をする必要がある良い行いであると、正当化する為に、様々な広告が大衆に向けて、送り続けられ、日本への原爆投下を、アメリカ人の多くは、悪い事ではなく、むしろ良い事、そうするより仕方がなかった事と、認識していた程、戦争広告の力は、効いていたという。冷静な心理で、人が人を殺して良いとは、考えないのが、普通だが、それを、良い事にまで、信じ込ませる程の力を、大衆広告は、発揮し、大衆も、それにまんまと染められたが為に、戦争は可能になったのだから、これは、誰かの作為のせいとばかり言える現実ではなく、のった大衆の意識の甘さ、エネルギー、バイブレーションの未熟さ、経験不足等のせいとも言える。そういう全ての体験が無ければ、意識、エネルギー、バイブレーションは、未熟、未発達、未進化のままであるとするならば、それらの体験とは、より大きなスケールで観じると、必要な、良いこと、とも、また、言えるのかもしれない。少なくとも、heart-oにとって、嫌だと感じた体験の全ては、体験しなければ、そこから進化した意識の新結晶化が得られなかったと観じられる、という1点のみからでも、嫌だと感じたが、全体性においては、体験してよかったと言えるものだ。この観じは、heart-oの場合、特に、最近に近い程、嫌だと感じる最中でも、しかし、これもまた、良い結果をもたらす必要なエネルギー新発見のプロセスなのだろう、とか、そうなるようにすると意図しておきましょう、という、どこか、切り離した意識が、保持されてある様子である。これが、年少期などは、その感情、感覚、意識に、完全に、夢中になっていた。が、それはそれで、それぞれに、喜怒哀楽という感情を、完全に体感し切るという、一つの体験をする必要が、ある事にも、今では、頷けるし、それを経て行きつつ、次第に、幻想の夢の感覚から、覚めて行くのでしょう、とも、今は、観じているものだねっ。この書籍の内容は、heart-oが、観じて来た内容に、共鳴する箇所も多くあり、分厚い書籍を、全部読むかどうか考えているところだが、目次だけを見て、大体、内容の感触を、観じ取ることが出来、又、この書籍に限らず、何でも、体験されたバイブレーションは、書籍なら書籍自体として読む以外にも、バイブレーションとして、直接観じ取る事は、いつでも、可能であり、今、存在する全てのバイブレーションを全ての存在は、観じる事が出来る、という意識は、あるから、そう不思議ではないが、共鳴する点の多い書籍ではある事は確かだなあーっ。例えば、内容の中に、真理は、意識=思考活動によってのみ到達可能だが、そこまでに至っていない段階の意識には、選択肢の提示、理解させる為に、わかりやすく案内、分析、解説する等の意味を含める『説得』の必要性がある、という記載があったけどねっ!これは、heart-も共鳴する重要な1点だったねっ!言葉による、ごまかし、トリック、迷わし、混乱させる等の意識の誘引、封鎖、歪曲活動が存在する現実を前にして、これは、言葉によって可能な限りの事を、為す必要性があると観じたから、heart-oも、その一部を、自己の自由意志によって選択し、実行して来たのだらからねーっ!惑わす言葉が存在する以上、反対の正す言葉、戻す言葉、中性化する言葉、言葉の力をゼロにして、純粋意識、エネルギー、バイブレーションに全力を還す為の、踏み台としての役目を取る言葉、等を置く必要があるんだねっ!って観じたのよっ!それで相殺できるからねっ!もし、還す言葉、戻す言葉、しかなかったら、逆に、惑わす言葉を、作って遊んでみよっかあーっ!それで、より一層強くなれるかもーっ!ってーっ観じたかもねーっ!つまり、結局、どっちも、heart-oは、やったんだよなーあーっ!で、最後に、戻す言葉を、こんだけ、集中して、想像した事もなかったからあーっ!?!たぶんねーっ!やったのだろおーっと観じているのさねーえっ!だなーっ!?!たぶうんっ!?!それは、全ての役柄を演じて来た、役者たちへの、もうこの演劇は、終わりにして、楽屋で、化粧と衣装を、はがしてえーっ、素顔で、会いひょおーっ、やりひょおーっ!年も、性も、生命の種別もなくさあーっ!っとっかなあーっカケコトバアーッもおーっ含めてだなあーっとなあーっ!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

heart-o

 

 

 

 

 

 

 

http://hearto.webcrow.jp/

 

 

 

 

 

blog

 

 

 

 

 

http://heart-o-one.blogspot.jp/

 

 

 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 

 


72
最終更新日 : 2017-03-09 14:50:30

  how about simple point -2- !?! / シンプルポイントはあーっドオーなっちゃってるのっかさーあーっとなーあーっ -2- !?!

  how about simple point -2- !?! / シンプルポイントはあーっドオーなっちゃってるのっかさーあーっとなーあーっ -2- !?!

 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 

how about simple point -2-

 



 

!?!

 



 

mar-9-2017

 



 



 



 

c.f.

 



 

!

 



 

AGE OF PROPAGANDA

 



 

THe Everyday Use and Abuse of Persuation

 



 

by

 



 

Anthony R. Pratkanis and Elliot Aronson

 



 

W.H.Freeman and Company

 



 

New York,New York and Oxford

 



 

Copyright (c) 1992 by W.H.Freeman and Company

 



 



 



 



 



 



 



 



 

シンプルポイントはあーっドオーなっちゃってるのっかさーあーっとなーあーっ -2-

 



 

!?!

 



 

201739

 



 

参照

 



 

 



 

プロパガンダ

 



 

広告・政治宣伝のからくりを見抜く

 



 

A.プラトカニス / E.アロンソン 著

 



 

社会行動研究会 訳

 



 

誠信書房

 



 

19981030

 



 



 



 



 



 



 



 

P120-

 



 

14 信憑性を演出する

 



 

もしあなたが、これまで検討してきたいかなる個人的コミュニケーションの要素よりも協力なものを習得し得るとすれば、それは「好感」をもたれる資質である。私はそれを魔法の弾丸と呼んでいる。聴衆があなたに好感をもてば、あなたが犯罪を犯した場合以外、どんなことをやっても許してくれるだろう。逆に、徴収が好感を抱いていないとすれば、たとえあなたがすべて的を正しく射ていたとしても、そのことは問題にされないだろう。

 



 

では、好感をもたれるようにするにはどうしたらよいか。以下は、エイルスのアドバイスである-聴衆が思っていることを話しなさい、他者を快適な気分にするようにしなさい、雰囲気(状況)をあなたに有利になるようにコントロールしなさい。

 



 

P122-

 



 

15 プロボクサーの姿が11人を殺す-マスメディアに登場するモデルの影響

 



 

カリフォルニア大学サンディエゴ校の社会学者デビット・フィリップスは、非常に正確に将来の出来事を言い当てることが出来る。彼の最近の予測に次のようなものがある。「全国ネットで放映される今度のプロボクシングヘビー級チャンピオン決定戦から4日以内に、普通だったら死ぬはずのない、何の罪もないアメリカ市民が少なくとも11人、冷酷に殺されるであろう」。視聴者は、テレビの画面に映し出される尊敬すべき人物の行動から学ぶ、というのがこの予測の根拠である。

 



 

heart-o 本文内容まとめ一部 : 又 過去の統計等から 彼は この結論に至った。)

 



 

この研究で得られた結果のなかでさらに印象的なのは、決定戦の後に殺される人が、試合に負けたボクサーに類似しているという事実である。つまり、若い黒人ボクサーが負けた場合には、白人ではなく若い黒人男性の犠牲者が増える。同様に、若い白人ボクサーが負けた場合には、黒人ではなく若い白人男性の犠牲者が増えるのである。さらに、プロボクシングが殺人に及ぼす影響は、試合の報道量が多いほど強く現れることも明らかにされた。その試合の結果を知っている人が多いほど、殺人件数は増加するのである。

 



 

heart-o 補足:これは、意識するものが拡大し現象化する、というエネルギーの現象化の法則、と呼ばれる事に、一致する。つまり、そういう事があった、と意識する事により、エネルギーが変形し、そのバイブレーションと共鳴し、現象化に繋がる、という事である。だから、映像とか放送とか全国ネットとかいう、3D感覚レベルの情報に限定した、バイブレーションの送受信から、純粋エネルギー、意識を開放するなら、狭い範囲の情報とかバイブレーションのみに、作用されにくくなり、現象化もしないように出来る、とも言えるのだ。この内容は、あくまでも、意識を3D感覚に、限定し固定した状況においては、そういう現象が、起こり得る、という但し書きを付け、意識する事により、それ以外の可能性を開放して、より、公正に観じることが可能となる。この内容に限らず、情報の送受信者には、意識の条件付けが、前提にあり、それが、どう条件付けられた状況での、情報の送受信をしているのか、を、より、引いて観じる事により、そこに、すっぽりはまり込み、むやみやたらに、悩みに陥ったり、絶望したり、のぼせ上がったりする、エネルギーの偏りを避ける事が、可能となるし、それ以外の可能性を、より、公正に、健全に、提示、提案する事も可能となるでしょおーっとさーあーっ!おーっ いえーいーっ!)

 



 

フィリップスが見出したことは、(heart-o : この事例に限らず、全てにおいて)マスメディアに登場する人物の行動が、それに接する人びとの行動に影響を及ぼし得るという事実である。

 



 

P125-

 



 

教えることと説得することは同じではない。モデルは言葉よりずっと効果的に人を導くのである。実験結果では、子どもたちは、モデルが言ったことよりもやったことに強く影響を受けたのである。モデルがもつ強い説得力を、広告製作者が見逃すはずはなかった。モデルは、単に製品を売るだけではない。価値を強化し(heart-o : 細身の体型が望ましい、この製品、ライフスタイル、フィーリングが、より新鮮で、幸せをもたらす 等)、ライフスタイルを教え込むのである。政治家もモデルを利用する。効果的なテクニックの1つは、「バンド・ワゴン効果」を創出することである。つまり、すべての人がその立候補者を支持しているような印象を作り上げるのである。見せかける。これを実行することで、まだ誰に投票するか決めていない有権者に印象づけようとするのである。世論調査で高い支持率を獲得すること-これこそ支持者が多いことを示すものであるが-は、候補者が選挙運動の成果を確実にしたいならば、欠くことのできないものである。プロの説得者は、マスメディアのなかのモデルがもつ直接的な説得力については明確に認識している。しかし(もう1つの)モデルの目だたない重要な効果となると、すべての人に無視される場合がほとんどである。次のボクシングの試合が報道される結果として殺害されることになる11人は、そのほとんどが、彼らを愛する人びと以外には誰にも知られていない顔ぶれであろう。彼らは風変わりな場所や土地ではなく、自分の家の近所で死ぬことになるはずである。彼らは、超自然的な力によって死に至るのもなければ、自然災害の犠牲になるのでもない。非常な独裁者によって殺されるわけでもない。実際、彼らがなぜ殺されるのか、その理由がすぐに明らかになることはないだろう。それでも、彼らは、確実に死ぬ。マスメディアのなかのモデルが説得力をもつという単純な事実の結果として死ぬことになるのである。

 



 

P134-

 



 

4章 メッセージ - それはどのように伝達されるのか

 



 

16 パッケージ

 



 

パッケージされるのは商品だけではない。人間も同様である。ある人物について私たちが最初に気にとめる情報として、性別、年齢、人種、身体的特徴、社会的地位などがある。しかし、これらの情報は普通、考え方や行動を左右する単純なルールやステレオタイプと結びつく。そして、性別や人種に関するステレオタイプは、「男性と女性はどのように異なっているか」とか「ある民族集団の成員はどのような人間か」を教えてくれる。これまで行われた多くの研究が、私たちは美しい人を見ると、美しくない人と比べてその人が人生で成功を収め、感受性豊かで、温かみがあり、性格が良いと考えがちであること、また、こうした推論に沿った行動をとることが多いことを明らかにしている。また、服装やマナーから判断して社会的地位の高い人物は、人びとの尊敬の対象となることもある。だからこそ、「出世を目指す」自己修練書のなかに、読者に「成功するための服装術」を身につけること、つまり、適切な印象を相手に与えるために正しい服装、魅力を高めるために必要な正しい化粧品を勧めることがよくあるのである。これは、さきほどのヒューリスティックを最大限に利用する術を教えていることになる。

 



 

P136-

 



 

大きな拍手や歓声は、「社会的コンセンサス」というヒューリスティックとしての役割を果たす。これは、「このメッセージの結論をみなが受け入れている。だから、あなたもそうすべきだ!」ということを示す手掛かりとなる。「拍手喝采が多ければ正しい」というヒューリスティックの力を認識しているからこそ、政治家は、自分に都合の良い場所を選んで演説を行おうとするし、テレビのプロデューサーは録音された笑い声や拍手を番組のなかに挿入する。さらに、広告主たちは自社の製品に対する需要がとても大きいことを示す証拠を見せ付けたりもする。したがって、前と同じように、社会的コンセンサスというヒューリスティックの場合も、メッセージの意味を考えようとする受け手の動機づけが低いときにもっとも大きな効果を発揮することがでこれまでの研究のなかで明らかにされている。

 



 

次のヒューリスティックは、話し手の自身の程度にもとづくものである。私たちは、話し手が自信に満ちているように見えるとき、その話の内容を受け入れる傾向が強い。たとえば、法廷での証言に関する研究によれば、自信に満ちた目撃者もしくは専門家が証言台に立つ場合に、陪審員はその証言を信じがちになる。同じように、言葉の間違いが少ない、威厳のある口調、きちっとした姿勢など、話の内容に自信をもっていることを示す非言語行動が多く見られるほど説得力が増す。

 



 

もう1つよく用いられる戦術として、そのメッセージは受容する価値があるということを受け手に知らせるために、「正しい」シンボルやもったいぶった専門用語を盛り込むという手がある。たとえば、車のディーラーや政治家は、「私が主張する立場は、愛国心と信仰に根ざすものである。ゆえに、受け入れる価値がある」とでも言わんばかりに、国旗をちらつかせ、神のご加護をと祈る。もちろん、国益ではなく個人の利益を求めて国旗のもとに身を隠してきた悪党が数多くいたことは歴史が明らかにしている。

 



 

heart-o : 自己の立場を含めるあらゆる商品価値の宣伝行為における利益獲得の為の作為的な手法に対する)方策を用いたとしても、ヒューリスティック的な考え方を全面的に払拭することはできそうにない。どんなに警戒を怠らない政府をもってしても、内なる偏見から私たちを守ることはできないのである。結局のところ、プロパガンダに関して私たち自身が貯えた知識や、重要な問題を本当に重要であると認識して扱おうとする私たち自身の努力をあてにするほかない。

 



 

P141-

 



 

17 自分を納得させる

 



 

第二次世界大戦は、爆弾や銃弾が飛び交うだけでなく、噂やプロパガンダの戦いでもあった。ナチのプロパガンダ構成が最初に構想されたのは、ヒトラーの著書『我が闘争』のなかであり、それを実行に移したのがヨゼフ・ゲッペルス率いる宣伝省であった。その反対にアメリカ合衆国は、社会心理学者やその他の社会科学者の協力を仰ぎ、国民の戦意を高揚させ、ナチのプロパガンダの影響力を弱めるためのキャンペーンを展開しようとした。

 



 

第二次世界大戦は終わりを告げたが、自分を納得させるといったプロパガンダの技法はいまだに使われている。

 



 

(消費財の販売 等において「自己イメージ法」と呼ばれる形態の自己説得の効果がある。その商品を手に入れることにより、自己の(生活全体)様子、感覚が、どのように変化するかを想像させる事により、それが、自己イメージを高めると、体感させること、感情を動かすこと、刺激して、エネルギー変化を起こさせる事により、それを手に入れる必要性を感じさせる、という手法である。この手法に関する実験結果は、消費者に、より自発的に、想像力を使い、感じさせる程に、効果がある、と出たという。)

 



 

自己説得という手法は、参加、自己依存、自己決定といったアメリカ人の価値意識にうまくフィットしている。皮肉にも、この技法によって自己依存という価値観が巧妙に利用されると、私たちは知らぬ間に、しばしば操作者の意に沿うような一連の行動をとるように誘導されてしまう。

 



 

自動車のディーラーに行ってみると、この辺りの事情がよく分かる。親しげなセールスマンの話ぶりは、車を所有することについて客がよく考え、さらに、所有することの理由を”今すぐ”自分自身で考えるように仕向けることに注意が注がれている。

 



 

自己説得という方法を考えついたのは、自動車のディーラーだけではない。マスメディアを利用する広告業者も、同じような方法を使っている。そうした効果的なコマーシャルの1つに「人生の一場面」を扱うものがある。これは、広告主が推奨するブランドを使うことで人生の諸問題をうまく解決するという夢を、広告のなかの登場人物と一緒に見させてくれるものである。またある広告は、未完成の反復語を埋め合わせることを私たちに求める。たとえば「どこにあるの、あの・・・(ビーフ)」(ハンバーガーチェーンのテレビコマーシャル。競争商品の丸パンをのぞいて老婦人がつぶやく。)「故郷からせーラムを持って行くことはできる。でも・・・(せーラムがなくて故郷を思うことはできない)」。また、販売促進の手として「なぜアクメ社の製品がすきなのか、50語以内で述べてください」と応募を求めることもよくある。政治家は、「この次のキャンペーンを計画するときに役立つような」意見を求める調査用紙を送りつけてくる。こうして自己説得の例をもっと挙げていくと、読者の方々は、自己説得の効果をさらに確信することができるだろう。

 



 

heart-o 補足 : 投票率が低いという現実は、多くの人たちが、政治、社会制度、国家、法等に、期待出来ぬ、国民の一人一人が、対等に尊重され参加権がある、意清浄、健全性のある、意志疎通、エネルギーの交流が存在しない、という意識の顕現の一例であろう。そうではなく、政治には、意見が反映される、各個人は対等に尊重し合う、参加体感の充分にある、社会全体の活動が生き生きとして存在してある、との意識があるなら、投票率は、100%になり得るし、投票の形式自体が、誰もが、投票可能な形式となされていなければならないのである。比較して、納税に関しては、執拗に、確実に、各個人宛てに、義務化しており、この比較のみでも、政治は、金は強制徴収したいが、それ程に、全個人の対等な尊重、コミュニケーションの健全性に、努力はしない、という事が明確に表現されている。既に、選挙自体が、いかなる手段を講じても、投票数さえ、改ざんしたり、現実の数値を、見せ掛けにおいて、より高く、権力者に優位になるように操作、提示する、等の事実さえ、周知の現実であり、そうまでして、何でもやるという場に、わざわざ出向く事に、バカバカしさを痛感し切っており、マジになれっこない、というのは、より現実的であろう。しかし、それだけでは、想像力も、創造力も、自律的に行使しておらず、『仕方無い』止まりの、思う壺のバージョンエネルギー派と成り下ったまんまであるからねーっ!そこは、想像力、創造力を全開にして、これをぶっ飛ばすバイブレーションアクションをゾクゾクウーッとさあーっ実行し続けることだねえーっ!そおでないならあーっ!?!しょおーがなあーいーっ族はあーっ権力者以下なあーっエネルギー活動家だあーっ!ってことがあーっ現実なあーんだあーってばーあーっ!ってこってすーうーんっだ!)

 



 

P152-

 



 

ジャミソンは、レーガンのコミュニケーション・スタイルは、歴代の大統領とは大きく異なっていると主張する。それまでの大統領は、自分の主張を述べるときに、論拠の巧みな組み立て、可能な選択肢との対比、隠喩による主張など、伝統的な修辞法を用いた。これに対してレーガンは、自分の主張を通すために、劇的表現や物語性を重視した。彼のスピーチは、視覚的イメージを作り出し、行政の中心的テーマを個人的なものにし、アメリカンライフというドラマティックな物語に人びとを夢中にさせることによって、説得力をもたせたのである。

 



 

レーガンは、ベトナムでの戦死者をアメリカ最高のヒロイズムを示すシンボルやイメージに続けて口にすることで、ベトナム戦争を1つの鮮明なイメージをもつ正当かつ称賛すべき使命へと変容させたのである。

 



 

貧困が大きな社会問題ではないことを国民に納得させるために、レーガンは「貧乏から大金持ちへ」のシンデレラ・ストーリーや「隣人の助け合い」の話をよく持ち出した。(heart-o : レーガンの主張を際立たせ正当化するのに適当なモデルを市民の中から選び出し、スポットライトを当てる事などをしてまでも)貧困や薬物乱用は連邦政府ではなく国民一人ひとりが解決すべき問題であり(選び出したモデルの事例のように、個人的に克服できるものだ、という証拠提示と共に)、レーガンの政策が故意に黒人に不利益を被らせるものではないことを示す具体的な事例としての役割を果たさせるようにして使ったのである。

 



 

レーガン大統領の就任直前、アメリカの子どもの9人に1人が貧しい暮らしをしていた。しかし、彼の任期が終わる頃には、この数字は4人に1人になった。プロパガンダの目的次第で、貧しい暮らしをしている子どもでも、両親がそうした環境から抜け出した子どもでも、その鮮明な事実を見つけることは簡単であろう。こうした人間臭い事例は、私たちの主張の説得力を高めるかもしれないが、アメリカの貧困の問題を扱うにはほとんど役に立たない。それには、政府のさまざまな政策が貧困の指標にどの程度影響を与えたのかを丹念に調べることが必要なのである。共産主義の指導者スターリンがいみじくも「1人のロシア兵の死は悲劇である。100万の兵士の死は統計である」と述べた。このとき、彼は既にプロパガンダの戦術として鮮明さが今日のように使われることを予期していたのである。

 



 

劇的な描写で視聴者を引き付けるという点でテレビは非常に強力である。それゆえ、人びとの心を揺さぶる鮮明なテレビの訴求力が、小説のような単なる感動的な物語に取って代わられることはないだろう。

 



 

 (heart-o 補足 : 自己の意識で充分に全体的、宇宙的には観じずに、エネルギーを全開にして起動させない限り、において、上記の事実は、可能性としてあり得、意識、エネルギーを、3D知覚に限定し閉鎖し、怠惰、愚鈍化する為に、テレビは、利用されても来た為に、テレビを見る習慣を増せば、それだけ、自力を、自律的に、起動させなくなり、その為に、外から、提示される、雑多な情報、エネルギーを、受動的に取り込み続け、自己形成され続けて行く、という悪循環に陥り、それは、テレビ等の、情報送信者が、そのように、怠慢化した、受信者に対して、マスマス、合わせるようになって行き、意識、エネルギーの自律性、が退行し続ける連鎖が強化、深化されていく、という現象に繋がり得る。しかし、heart-oは、これを、必ずしも、悪い事としては、観じず、行き着くところまで行ってこそ、得られる、新しいエネルギー、バイブレーションの自律性の鋭さ、爆発力、等の可能性をも秘めた実験である、とも観じているだっさあーっとねっ!)

 



 

P158-

 



 

19 同じ広告が何度も繰り返される理由は?

 



 

プロパガンダのもつ繰り返しの力を最もよく理解していたのは、ナチの宣伝省ゲッベルスであろう。彼のプロパガンダのやり方は「大衆は、最も慣れ親しんでいる情報を真実と呼ぶのである」という単純な主張にもとづいていた。ゲッベルスは、次のように述べている。

 



 

「一般市民は、私たちが想像する以上に原始的である。したがって、プロパガンダは常に単純な繰り返しでなくてはならない。結局、諸問題を簡単な言葉に置き換え、指揮者の反対をものともせずに、その言葉を簡明な形で繰り返し繰り返し主張し続けることができる人だけが、世論に影響を与えるという最終的な結果を残せるのだ。」

 



 

単純なメッセージ、イメージやスローガンを繰り返すことで、世界についての知識を作り出し、真実とは何かを定義し、どのように人生を生きたらよいかを示すことができるのである。

 



 

マルボロの広告に出てくるカウボーイのような単純な例を考えてみることにしよう。何百回となく見せられながら、おそらく深く考えたことがあまりなかった男性のイメージである。このカウボーイは何を語っているのだろうか。第一は、タバコは(健康にがいのあるものではなく)荒々しく自信に満ちた人間のためにあるということ。第二は、アメリカの男性は(やさしく繊細であるよりも)たくましくあるべきだということである。そしてもう1つ、マルボロを喫うだけで、いとも簡単にその荒々しくたくましい男になれるということも語っているのである。長年、黒人はならず者とか白人に媚びへつらう存在として描かれ、ヒスパニックはダメ無法者として表現されてきた。また女性というものはペーパータオルの効用につてい果てしなく議論しているか、自動車のボンネットの上にセクシーに横たわっているかの、いずれかとして長らく描写されてきた。このような長年にわたる繰り返し描写によって私たちのステレオタイプが維持強化されてきた。

 



 

そうとはいえ、広告者は同じ広告を繰り返し流すと「擦り切れ」と呼ばれる現象が生じることに気づいている。反復される広告を、消費者が退屈で苛立たしく感じることによって、その広告の効果が減退してしまうのである。「擦り切れ」効果が生じやすいのは、お笑い広告や情報提供型の広告のように、注意を引きつけることにねらいを置いた広告である。そこで、広告者はよく知られた「ヴァリエーションをつけた反復」のテクニックを使うことで「擦り切れ」が生じないように試みる。

 



 

heart-o 本文内容まとめ一部 : しかし、これらも消費者が内容の本質的価値を吟味、批判する等の考える機会を持つと、効果減少、消滅という実験結果も出た。考える隙を与えず、刺激として受け取らせ説得できる限りにおいて、広告は有効である、と見れば、そのような利己的益を目当てとする行為にとらわれず、自由であるためには、自らの意志で自律して考える、熟考する、(熟考の果てに達し得る)瞬間的直観で真理を見極める、全体を見抜くこと、が挙げられる。

 



 

P162-

 



 

20 何も言うことがないなら、気を逸らせよう

 



 

広告者の昔からのモットーに「何も言うことがないなら、歌えばいい」というのがある。言い換えれば、(歌や無関係な絵画などで)適度に注意を逸らせることが反論を生み出すことを妨害し、説得的なメッセージの効果を高めることになるのである。

 



 

1940年代、典型的な雨以下人が最も口ずさんだ歌は、アービン・バーリン、コール・ポーター、ロジャース・アンド・ハマーステインの素晴らしい曲ではなかった。「リンソー・白!リンソー・白!幸せでかわいらしい洗濯日の歌!」こんな単純で、さして意味のない短い歌だったのである。リンソーは洗濯用洗剤であるが、その売れ行きは競争相手の商品とたいしてい変わりなかった。しかし、この歌のほうはみなに親しまれたのである。1970年代、コカ・コーラは「世界に歌を歌うことを教えたい」という歌でヒットチャートに載った。今日ではペプシが、レイ・チャールズに、こんなセレナーデを歌ってもらうために何億円も使った。「きみは本当にいいやつを手にしたな、ベイビー、ダイエット・ペプシ、アハッ、ハアーッ!」。歌は、説得に際してどのような効果をもつのだろうか。歌が人びとを幸せな気分にさせ、それがメッセージの説得力を増大させることになるのだろうか。そういうことも、ときにはあるだろう。しかし、これまでの研究によると、歌やその他の娯楽は、受け手が反論を考え出すことを妨害するという点で大きな影響を与えるらしい。しかし、すべての広告者が、「歌にすべし」という格言に賛同しているわけではない。

 



 

しかし、説得力( heart-o : 内容に価値・力)のない主張をするとき、反論されたら困るというときには、そう、商品をメロディにのせて歌うという手をいつも使うことができるのである。最近、テレビコマーシャルの製作者は、視聴者の注意を逸らせることでメッセージの処理を妨害する巧妙な方法を使い始めた。時間を圧縮するのである。心理学的に見ると、時間を圧縮された広告に対しては、反論することが困難である。ようするに、広告者(heart-o : および私たちに影響を及ぼそうとする他の人びと)は、さまざまな戦術を使って私たちの注意を逸らさせ、メッセージの処理や反論を生み出すことが困難となるようにしている。結局、せわしない広告(heart-o : コミュニケーション) が増える一方、じっくり語りかけてくる広告(heart-o : コミュニケーション) が少なくなる。

 



 

P175-

 



 

22 プロタゴラスの理想-一面的な称賛と二面的な討論

 



 

アリストテレスは二面的メッセージが有利であるとするプロタゴラスの考えを効果的なコミュニケーション理論の1つの構成要素として位置づけた。相対する意見を付き合わせることは、対照的な考え方の重要性に容易に触れることができるからである。それらが併記されている場合には、とくにそうである。また、二面的メッセージによって論理的な推論が容易に行えるという点も重要である。つまり、正反対の結論が併記されることによって、いずれか一方が誤りであることを証明することができるのである。ギリシャ人が二面的メッセージにもとづく論議を好んだことの影響は、今日でも多少ではあるが残っている。

 



 

P176-

 



 

しかし、今日のマスメディアのなかに見出される説得のやり方は、プロタゴラスの理想とは大きくかけ離れている。一面的で有用な情報が少なく、誇大な主張を含むのが典型的な広告といえるだろう。「この鎮痛剤は胃にやさしく、すぐに素晴らしい効き目を発揮します」「~を使えばすぐにやせられます」「~の味にまさるものはありません」「大統領候補者の中で、防衛力を強化し、国内消費を増やし、(国会で承認されるような)均衡した予算を立てられるのは~だけです」・・・。今日のさまざまな説得を眺めると、たいていの場合、討論とか比較というものが欠けていることが分かる。

 



 

P179-

 



 

説得効果は、受け手に与えられている情報の量や当該の問題に関しての受け手の持っている意見にある程度左右されるのである。混乱を招くような大量のメッセージが伝達されるマスメディア環境においては、わずかな例外を除いて、一面的なメッセージを使うほうが有利な場合が多いのである。

 



 

P180-

 



 

たいていの政治家はこの現象をよく知っており、聴衆が誰かによってスピーチの内容を大きく変える傾向がある。彼らは、自分の政党の支持者に話をするときは、党の綱領や候補者を手放しに称賛する。反対の立場に言及することがあっても、小馬鹿にしたような調子で話すだけである。一方、テレビに出るときとか、聴衆のなかにさまざまな立場の人が混じっている場合には、反対意見をもつ人たちの感情を煽らないように、そつのない態度で望むことが多い。

 



 

二面的コミュニケーションが効果を発揮する条件を示す証拠は、プロタゴラスの理想を高く評価する人びとにとっての関心事である。大量のメッセージが送られるマスメディア環境は、メッセージ内容を賢明に考えたうえで処理するというやり方には向いていない。テレビのチャンネルを変えることが簡単であるということは、私たちが自分の好み( heart-o : エネルギーの癖 ) に合った楽しい( heart-o : とほぼ自動反射的に翻訳しちゃうように習慣付いちまっておるかもねえーっ!?!なあーっ!?! )メッセージを見つけるのも簡単 ( heart-o : 手軽、気軽、身軽、安上がり、ではあるが、現実的に、実のあるものとは言えぬものばかりの情報の中での選択に縛られているだけの制限、閉鎖された世界観に陥っているだけかもさねーえーっ!?!)であることを意味する。このような環境でしのぎを削っていると、送り手はしだいに一面的で偏ったコミュニケーションに頼るようになり、その結果、受けてはその時代の問題について十分(な情報を得られぬ、偏った大量の偏向断片的情報のゴミの山の中にいるだけとなっちまってねーっ!)に( heart-o : 世界の全貌と自己の公正、冷静な現実をだなあっ!)理解することが困難になってしまう。

 



 

P182-

 



 

結局のところ、討論が一面的なコミュニケーションで終わるということは、聴衆の知性が侮辱されていることになるのである。

 



 

P185-

 



 

5章 感情にアピールする説得

 



 

23 恐怖アピール

 



 

1741年、ニューイングランドの小さな町エンフィールドで、ジョナサン・エドワーズは「怒れる神の手中にある罪人」という題で説教を行った。「・・・天啓を受けていない人は、地獄の上に置かれた神の御手のなかにある。・・・彼らには、もう、何もない。彼らを守っているのは、ただ、神の御意であり、何ものにも縛られない無慈悲な激昂した神の寛容しかない。」説教の場面に居合わせた人の話によると、その説教によって集まった人びとは「涙を流して嘆き悲しんだ」という。18世紀のアメリカでの大覚醒運動では、何千人もの人が自分の人生をキリストに捧げたという記録がある。それから2世紀後の1932年、アドルフ・ヒトラーは、次のような言葉で国民を鼓舞した。「わが国の街はどこも騒乱状態である。大学は反逆し暴動を起こす学生で満ち溢れている。共産主義者は、わが国を滅ぼそうとしている。ロシアは、力でわれわれを脅かしている。そう、共和制は内外からの危険にさらされているのである。われわれには、法と秩序が必要である!これらなくして、わが祖国が生き残れる道はない。」何百万というドイツ人が、ヒトラーの国家社会主義(ナチ)党に加入した。エドワーズとヒトラーの目標は、大きく異なるが、二人の使った手法は同じだった。恐怖を注ぎ込む( heart-o : 想像させ 創造させる ) のである。エドワーズもヒトラーも、ある行動をとらなければ悲惨な結末が待ち受けているといって聴衆を脅したのだ。人々を動機づけ説得するために恐怖心をよびおこそうとするのは、牧師や政治家だけではない。生命保険会社は、保険に加入させるために、恐怖を使う。親は、娘が早くデートから帰って来るように恐怖を使う。医者は、自分が処方した医療処置を患者が守るように恐怖を使う。このような恐怖アピールが政党な懸念にもとづいていることもある。たとえば、喫煙はたしかにガンの原因となるし、「安全でないセックス」はエイズにかかる危険を高めるし、歯磨きをしないと虫歯になって痛い目にあうことになる。しかし、恐怖アピールが悪意のある不当な恐怖にもとづいていることも多い。ヒトラー時代のドイツ、スターリン時代のソビエト、臨時政権下のアルゼンチン、フセインのイラクに見られるように、さまざまな時代のさまざまな国で、政府は国民に圧制を敷き、恐怖を注ぎ込んで来た。恐怖アピールが強力な効果を発揮するのは、人びとが恐怖を感じると、当面の問題を注意深く考えなくなり、恐怖から逃れる道を一生懸命に探すようになるからである。そうした恐怖をかきたてるメッセージはさまざまな嘘も作り出す。だからこそ、われわれは、恐怖アピールがどんな時にどのように効果をもつのか、詳しく見ていく必要があるのだ。

 



 

P197-

 



 

24 グランファルーン・テクニック

 



 

グランファルーンは、他者と感情を共有することによっても作り出すことができる。楽しい一時、悲しい場面、恐ろしい経験を共有したとき、他者との一体感を感じることができる。キャサリン・ホール・ジャミソンは、ロナルド・レーガンが、あれほど説得力のある大統領となることができた理由の1つとして、この技術-われわれが感じている、または、感じたいと思っている感情を示してみせる能力-を指摘している。よくレーガンは、スピーチのなかで、他の人の情動経験-オリンピックの聖火をリレーするときの気持ち、一人息子を戦場に送る家族の気持ち、娘が父親との約束を守ったときの気持ち、第二次世界大戦を戦った退役軍人がノルマンディーを訪れたときの気持ち-を描写してみせた。みなに共通する感情を表現することによって、レーガンは、国民との一体感を作り出し、それによって、テフロンの大統領(批判などで傷つくことのない大統領)に対する攻撃が、あたかも自分自身を攻撃することと同じになってしまうようにしたのである。

 



 

P201-

 



 

25 罪悪感で説得する

 



 

最近のガールスカウトのクッキー募金運動で、13歳のエリザベス・ブリントンは、11200箱のクッキーを売った。どのようにしたのか尋ねられると彼女はこう答えた。「相手の目をじっと見て、罪悪感を感じさせるの」罪悪感で説得する。これは、親、教師、聖職者、事前か、そして、生命保険会社が、知らず知らずのうちに使っている説得法の真髄である。

 



 

P225-

 



 

28 希少性の心理と幻の神秘

 



 

エーリッヒ・フロムが述べているように、自分を物質的なもので示そうとすれば、果てしのない不満足のトレッドミルに落ち込んでしまう。

 



 

P232-

 



 

「サブリミナル」というのは、識閾下で提示される非常に微かで速いメッセージをいう、( heart-o : とされている。その一方で、サブリミナルは、実際には、何の効果も無いともいい得る、実験結果も多く存在するが、サブリミナルに関して提示される情報の中に、それらは、ほとんど含まれておらず、サブリミナルというものの効果は絶大である、という信じ込み、思い込みだけが、一人歩きし続けて、拡大して行った、とも言える、事実が存在する。又、そうした信じ込みによって、情報の受け手が、サブリミナルに影響される状態を、自力で作り出す、とも予測し得る、実験結果も出ている。それは、有名な、コーラを飲みたくなり、ポップコーンを食べたくなる、というサブリミナル効果に関連して、実際には、そういうメッセージを入れてもいない情報の受け手の多くが、何かが飲みたくなったり、食べたくなったりした、と言ったという結果 等が そうである。)「ポップコーンを食べ、コーラを飲め」研究は、下火になったマーケティング・ビジネスの顧客を増やすための作り事だったというのである!

 



 

P249-

 



 

6章 説得の戦略を打ち破るために

 



 

30 プロパガンダに抵抗する法-実際どのように宣伝に抵抗するのか

 



 

文化的に自明の理というのは、まず疑問視されることがない。そのような場合、人はなぜ自分がその信念をもっているのかわからなくなってしまう。したがって。強烈な攻撃にさらされると、そうした信念はいとも簡単に崩れ去るのである。自分の信念を支えるよう動機づけるには、私たち自身、信念が影響を受けやすいことを認識する必要がある。そのための最良の方法は、あらかじめ信念を軽く攻撃しておくことである。自分の信念を事前に水面下の攻撃にさらしておくと、説得に対する抵抗力が培われる。なぜなら、①自分の信念を守ろうとする気持ちが強まり②その結果、反論の練習をするようになるからである。そうなれば、もっと強力な攻撃を受けたときに、十分な備えをもって抵抗することができる。危険が迫ったときに駝鳥は自分の頭を砂に隠してじっとしているが、それと同じような事なかれ主義の時代は終わりにしたいものである。砂のなかに頭をかくして説得に抵抗することはできない。簡単に説得されてしまう人というのは、重大な挑戦を受けたことが無いスローガンにもとづいて自らの信念を形成している人なのである。

 



 

P251-

 



 

31 教育か、それとも宣伝か

 



 

西洋文明の曙の頃から、ある人が説得という方法で別の人に影響を与えることができるという考えは、まったく軽蔑に値するとまではいかないまでも、たしかに不快なことではあったようだ。宣伝は、邪悪なまやかし屋の仕業とされることが多かったのである。( heart-o : これほど時代の離れていない、heart-o の幼少期に、『昔の人は、不動産屋と聞けば、そんな事を仕事にしているやつはろくな人間であるはずがない、と認識していたものだ。』とかいう話を聞いた。それは、土地を、売り買いする、という行為自体が、まやかしであり、落ちぶれた、おかしな考えであり、そんな事をして金を得ようとする事は、間違っている、と、現代よりも、明確に、一般人のより多くは、認識していた、ということであると、観じられた。そのように、それは、おかしい、まやかし、詐欺的行為だ、と、明確に認識した事柄が、時代と共に、当たり前のようになった事は、無数にあるのだ。その根源的なポイントとして、説得を、いかがわしいもの、まやかし、として、いぶかる意識の、まだ存在した、ギリシャの古い時代には、言葉によって、たぶらかす、自己の都合の良いように、誘導する、ごまかす、見せかける、信じ込ませる、錯覚させる、「言葉の乱れ」とは、純粋なる意識の歪みから発生し、その連鎖により、想像性、創造性が、つまり想像され、創造される世界全体が、歪み、狂い始める、という可能性をも含めて、指摘した、ギリシャの古い意識は、真の宇宙的調和としての愛に通じる智慧が、貫通していた、と観じ得た。)『アメリカ伝統英語辞典』は、宣伝を「特定の信条による故意の伝達」と定義し、教育を「知識や技術を伝える行為」と定義している。ここからも、朝食用のシリアルとアスピリンの広告は、特定のブランドの売り上げを増やそうと企画された宣伝であると誰もが納得できるであろう。しかし、いまだに、女性や少数派をステレオタイプ的な役割によって描く傾向のあるアメリカのテレビ番組はどうだろうか。もっと微妙な問題として、黒人や他の少数民族の貢献をまったく無視している大多数の高校生向けのアメリカ史の教科書はどうだろう。算数は、見かけほど簡単なものではない。これは、その教育が行われている資本主義的システムをたんに反映しているだけではない。系統的にそのシステムを支持し、正当化し、当然で標準的な方法であることを示唆( heart-o : 教養し子どもたちに疑問、反論の余地無く、背負うのが当然、義務だと命じ、信じ込ませ、飲み込ませ、そのような行為へと誘導 ) しているもである。

 



 

掛け算とパーセントの例題として、教科書のなかのジョーンズさんは、新車を購入するために銀行から年率14%で100万円借りるかもしれない。このような例題は、初期のキリスト教社会のように、利子を課すことが罪深いことと信じられている社会で用いられるだろうか。借金までして物を求めるべきではないと考えている社会で用いられるだろうか。算数の教科書で、こうした類のレイを使うことが悪いといっているのではない。( heart-o は、悪いと言いますよっ!)それらが一種の宣伝であって、生徒にそのようなものだと認識させるのに有益かもしれない、という点を指摘したいのである。( heart-o としては、これは、「(算数とか学科の)教育と言い張っての、特定の価値観、世界観の押し付けであり、これを採用するか、これに触れるかどうか、は各存在の完全なる自由意志によって選択されるべきものである、という自由意志に対する尊重が、完全に、侵害されている行為であり、教育の名の下に、これは、子どもに対して、継続的に、強制的に、実行されている、自由意志の破壊、侵害行為である、とheart-oは、認識する。だから、子どもに対して、heart-oは、例えば、学校へ行く義務、必要がある、との主張は押し付けることができぬ。heart-oの幼児期、そして、現在も、自称大人、親らが、他称子どもに、学校へ行く事の前からも、何かを命令し続けていられる神経、そのような意識、エネルギー、感覚、感情、バイブレーション状態に、heart-oは、成り切れず、だからこそ、子どもを持つこと、家族を持つこと、年などの数で、権利が差別されたり、優劣が一方的、強制的に、習慣的、自動更新的、思考停止的に、機械的に、無機質に、続くだけの、催眠状態の受動的想像とも創造とも言えん創造力のダラダラ連鎖への意識による、署名捺印を、想像し、承認し得ないんだよなーあーっとさーあーっ!税金を、一方的に徴収させ、使用させてる事により、承諾し得ぬ行為を、他者にしているのだ、と観じる程に、このままの存在法の継続は不可能だなと、観じる事は、より一層、強く、なり続けてるんだあーったらさあーっ!だから、少なくとも、金に関与しない事によって、人類同士が、やりあっちゃってるような行為をしないでいる、他生命種の意識、エネルギー、バイブレーションの軽妙さ、爽快観などを、観じてみるとねーっ!少なくとも、あのくらいでいたいよなあーっ!と観じるんだけどさーあーっ!それでもねっ!だったら、やっぱ食物連鎖からは、完全に、抜け出て存在したあーいーよなーあーっ!もおーっソろっそろおーだねえーっとかあーっなっているんだよねえーっ!)

 



 

P258-

 



 

7章 情報戦略が失敗するとき-プロパガンダと社会

 



 

32 情報戦略の無効性

 



 

情報キャンペーンは、しばしば人の意見を変えさせることに失敗する。この事実は、すでに1947年に、ハーバート・ハイマンとポール・シートレイによって観察されている。彼らは、情報キャンペーンが失敗するのは、人は興味のある事柄に関しては多くの情報を獲得しようとするが、信念と一致しない情報は避けようとする傾向があるからだと説明している。そして関心のない、あるいは賛同できない情報にさらされることから逃れられないと気づくと、人はその情報を曲解したり、再解釈したりしようとする。こうやって、自分の信念や態度を変えることに繋がる情報の意味を無視しようと努めるのである。

 



 

アメリカの医療問題を扱うときに、情報満載の国民健康保険のドキュメンタリー番組にすると失敗し、非常にドラマチックかつ個々のケースを取りあげるような楽しい番組にするとうまくいく。このことに気づいているのは、われわれだけではない。ロバート・エンマンは、過去20年間に、政治についての情報を入手できる機会が飛躍的に増加したにもかかわらず、アメリカ人の政治に関する知識と関心は増加せず、むしろこの期間に低下しているかもしれないと述べている。国民、報道関係者、政治家の関係は悪循環に陥っているといわざるをえない。洗練された報道番組は、知的な視聴者を要求する。しかし、教養豊かな聴衆がいないのなら、記者や政治家じゃ自らの主張を簡略化し、「娯楽作品」に仕立て上げなければならない。そのため、社会全般の素養がさらに低下してしまうことになる。その結果行き着くところが、エンマンが著書のタイトルとしているような、「市民なき民主主義社会」なのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

heart-o

 

 

 

 

 

 

 

http://hearto.webcrow.jp/

 

 

 

 

 

blog

 

 

 

 

 

http://heart-o-one.blogspot.jp/

 

 

 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 

 


73
最終更新日 : 2017-03-09 14:51:20

how about simple point -3- !?! / シンプルポイントはあーっドオーなっちゃってるのっかさーあーっとなーあーっ -3- !?!

  how about simple point -3- !?! / シンプルポイントはあーっドオーなっちゃってるのっかさーあーっとなーあーっ -3- !?!

 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 

how about simple point -3-

 



 

!?!

 



 

mar-9-2017

 



 



 



 

c.f.

 



 

!

 



 

AGE OF PROPAGANDA

 



 

THe Everyday Use and Abuse of Persuation

 



 

by

 



 

Anthony R. Pratkanis and Elliot Aronson

 



 

W.H.Freeman and Company

 



 

New York,New York and Oxford

 



 

Copyright (c) 1992 by W.H.Freeman and Company

 



 



 



 



 



 



 



 



 

シンプルポイントはあーっドオーなっちゃってるのっかさーあーっとなーあーっ -3-

 



 

!?!

 



 

201739

 



 

参照

 



 

 



 

プロパガンダ

 



 

広告・政治宣伝のからくりを見抜く

 



 

A.プラトカニス / E.アロンソン 著

 



 

社会行動研究会 訳

 



 

誠信書房

 



 

19981030

 



 



 



 



 



 



 



 

P261

 



 

32 ニュースとは何か

 



 

テレビやラジオ、雑誌や新聞の編集者は、毎日たくさんの事件や面白い話を耳にする。典型的な日刊紙では、毎日、記事になる可能性のあるニュースの75%が没になり、印刷されない、テレビ放送のような全国的メディアの場合、没になるニュースの割合はもっと高いだろう。たとえば、どの日をとっても何百という戦争や武力衝突が世界中で起こっているが、夜のニュース番組の視聴者や日刊紙の読者が知らされるのは、そのうちせいぜい2つか3つである。何年もの間、新聞を読んだりテレビのニュースを見たりしていても、名前を挙げることのできる現在進行中の戦争は十指にも満たないだろう。ニュースの選択が宣伝の基本である。ウオルター・リップマンは、次のように述べている。

 



 

「何らかの検閲なしには、厳密な意味での宣伝は不可能である。宣伝を実行するためには、大衆と出来事との間に障壁がなければならない。より好都合で望ましいと思われる擬似環境が作られるまでは、真の出来事への人びとの接近は制限されなkればならない。それは、出来事に直接近づく人はその出来事を曲解する可能性があるからである。大衆に対して何の出来事のどの部分を見せるかが決められない限り、大衆がその出来事をどのように曲解するかは誰にもわからないのである。」

 



 

革命家や指導者の卵たちはみな、報道手段を手中に収めるのが第一歩であることを知っている。ナチ党が結成されてまもなく、彼らは専属の出版社エール・フェルラーグを設立した。その会社は、最盛期には150社以上の出版社を所有し、およそ35000人もの従業員を雇用し、年間70億円を越える利益を計上していた。hとラーは、総統として実権を握っていた時代、ナチに賛同する記者たちにうまみのあるインタビューの機会や昇進、党による恩典などの報酬を組織的に与え、賛同しない記者たちには取材活動を制限したり、取調べをしたり、免許を停止したりして新聞界の支配に成功した。

 



 

直接的な検閲が受け入れられるばかりか、むしろ奨励されるような場合もある。その一例は湾岸戦争の際で、このとき国防総省は戦争報道を規制するルールを設けた。ジャーナリストたちは、軍の司令官が立ち会う場所での合同取材、つまり実戦から離れた状況での取材活動しか認められなかった。独自に取材しようとしたジャーナリストは、憲兵によって逮捕された。たまたまジャーナリストが価値あるニュースの素材を見つけだしても、彼らはすみやかにそこから連れ出された。生の情報に接する機会がほとんどないため、ジャーナリストたちは公式発表や当局が提供する画像に頼らざるを得なくなった。しかし、これに文句をつけたアメリカ人はほとんどいなかった。ある日の「サタデー・ナイト・ライブ」のジョークでは、国家の安全保障に無理解で独りよがりなジャーナリストの戦争取材シーンをコミカルに再現して、彼らを笑いものにした。ホワイトハウスのジョン・スヌヌ長官は、その番組のビデオテープのコピーを取り寄せ、国民が軍の報道政策を支持している証拠とした。

 



 

しかし、西側民主主義社会においては、日常のニュースの選択に、伝統的な検閲以上のものが含まれていることは明らかである。ジャーナリストたちは、大量の情報のなかから新聞やテレビで報道すべきニュースをどのようにして選択しているのだろうか。典型的な記者は、さまざまな問題に直面している。締め切りまでに原稿を間に合わせなければならない。必要な情報が入手できない可能性がある。広告主や政治組織の意見を考慮しなければならない。ニュース材料が少ない、あるいは盛りだくさんの日であるかもしれない。ニュースを両面から捉える中立的な立場を保持しなければならない、などである。これらはいずれも厄介な問題ではあるが、ジャーナリストはもう1つ、自分の首がかかっている大きな圧力に直面している。それは、報道されるニュースがどれほど視聴者の関心を引きつけられるか、という問題である。夕方のニュースも含め、すべてのテレビ番組は、視聴率を高めること、視聴者を楽しませるために力を尽くさなければならない。人々がなぜテレビを見るのかを調べた研究によると、ほとんどの人が娯楽と気晴らしを求めて見るのであって、情報を得るためというのは二次的動機にすぎない。かつて BBC会長が述べたように、テレビニュースは一種の娯楽番組なのである。

 



 

したがって、ニュース番組の編成担当者がどの出来事を取りあげ、毎日収録された何キロメートルにも及ぶビデオテープのどの部分を一般に提供するか決定するとき、たぶんにその娯楽的価値が考慮されることになる。洪水に洗われた街の映像は、そうした洪水を防ぐために建設されたダムの映像よりも娯楽性が高い。洪水を抑止するためのダムの建設は重要なニュースだが、そのダムの映像がそれほど刺激的でないのは明らかである。

 



 

フットボールの試合のように動きの激しいほうが、チェスの静かな対戦よりもテレビ番組としては面白いように、暴動や爆破事件、地震や虐殺などの暴力沙汰のほうが、互いに助け合う人びとや暴力事件を抑止するために働いている人びとの話よりも報道されやすい。実際、報道曲の記者は、重要な事件が起こっているかもしれない学校や教会や研究所ではなく、裁判所や警察署のような「アクションの中心地」に駐在することが多い。そのためテレビニュースは、どうしてもテロリストや反乱者、ストライキ参加者や警察官たちの暴力的な行動に焦点を当てがちになる。平和的に秩序を保って活動する人びとの映像よりも、暴力的な行動のほうが刺激的なのである。

 



 

P295-

 



 

36 第三帝国の宣伝-不確実性のケース

 



 

( ナチの ) 巨大な建物に足を踏み入れた人間は、建物が表現している国家権力の巨大さに圧倒され、自己の存在の矮小さを感じた。それに比べると、本物のギリシャの神殿は、常に人間のプロポーションに合わせて建設sあれており、訪問者たちは、ちょうどプロタゴラスが言っているように、「人間は万物の尺度である」と感じるのである。

 



 

ナチの宣伝の最も危険な点は、絶対的な真実があり、支配階級の人だけが真実を知る特権があるという、その前提にある。『人類の進歩』という映画シリーズで、著名な学者で人道主義者であるジェイコブ・ブロノフスキーは、絶対的真実という神話を信じることの危険性を語っている。それらの映画の1つで、ブロノフスキーは、第二次世界大戦直前のドイツ文化と思想を検討し、そこに2つの極端に異なる哲学、すなわち2つの根本的に異なる世界観があったことを見出している。その1つは、当時の数人の科学者によって代表されるもので、もう1つは、ナチ党によって代表されるものである。

 



 

これらの科学者たちは、人類の知識はけっして絶対的なものではありえないことに気づいていた。それは、絶対的な固定照合点は存在せず、人間の知識には限界があるという認識に至った。

 



 

これとは対立する立場にあるのが、教条的なものの見方である。ナチ党こそが真実を具現化するものであり、他の見方に寛容である必要はなかった。ヒトラーは、このもう1つの哲学を、以下のように簡潔に表現している。

 



 

「宣伝の機能は、例えば異なった人びとの権利を尊重したり、思案したりすることではなく、主張すべきであると宣言した権利を排他的に強調することである。宣伝の役割は、それが敵に有利であるかぎり、真実の客観的な調査をして、それを学問的公平さにもとづいて大衆に知らしめるといったものではない。常に、断固としてわれわれの権利を確保することである。敵の正義をわずかでも認めてやるや否や、われわれの利権について疑惑の種がまかれるのだ。」

 



 

絶対的教義の作り話は、どのような結果をもたらすのだろうか。ヨーロッパに住んでいた950万人のユダヤ人のうち600万人が殺された。連合軍は、ロシア兵750万人、アメリカ兵25万人を含む1100万人の兵士を戦闘で失った。非戦闘員の死傷者の数を見積もるのは困難であるが、戦争の直接の犠牲者には。250万人のロシア人、86万人の日本人、30万人のドイツ人、6595人にイギリス人が含まれる。また、飢餓や病気などの間接的理由により、1000万人のロシア人が死亡したと考えられている。結局全部で3650万人もの命が失われた。いったい何のためだったのだろうか。

 



 

映画の最後に、ブロノフスキーは、この「絶対的な知識と権力を求める気持ち」への対策を紹介している。アウシュビッツの強制収容所の火葬場のすぐそばに浅い池がある。およそ200万人の人びとの灰がこの池に流された。これは、傲慢と無知と独善による行為である。この映画の最も劇的な場面で、ブロノフスキーはこの池の中に進み、かがんで200万人の灰をひとつかみすくい取った。そして、オリバー・クロムウェルから引用した簡素な願いを投げかけた。「私はあまたに、あなたも誤りを犯すかもしれないと考えるようにお願いします。キリストの哀れみの心で」。

 



 

もし、われわれの説得に関する研究から学ぶことがあるとすれば、それはわれわれが誤りを犯し、騙されることがあるという点である。 ( heart-o : 『騙される』これは被害者意識的自己正当化、怠慢である。自律的意識の起動に対する責任者としては、『自己の真実を、見損ない、自ら、外れる、というほどの表現がより、自律的であろう。以下の内容にも、やはり、人類最優先至上主義的な、意識の歪みの影響が反射し続けていると観じるが、まあ、参考資料として、引用しとくさっ! ) われわれは、この世界についての情報がニュースや娯楽を提供する組織によって選択的に編集されること、また老練な政治コンサルタントによって管理されているかもしれないということを学んできた。それらに表された世界の構図は、たとえそれが歪曲されているとしても、われわれの思考や行動を方向づけることになる。われわれはまた、宣伝者が感情に訴えかけたり、簡単なヒューリスティックを呼び起こすことで、われわれの意思決定過程を利用する可能性のあることも学んできた。これらはすべて1つの結論を導き出す。すなわち、「人間であるわれわれは、間違えることがある」。決断すべきときはいつでも、とくに他者 ( heart-o : この他者は、人類のみを指している観じだが、これを全存在 と観じ直すことのみによってさえ 現実を 転換させ得るのらーっ!)に危害を与えるようなことを決断するときには、この事実を心にとどめておかなければならないだろう。

 



 

ナチの宣伝を研究する人は誰でも、憤りと悲しみを感じる。本書の著者であるわれわれも、第二次世界大戦で友人や親類を戦闘やホロコーストで失っている。この本の読者のほとんどが、われわれと同じような喪失を経験し、ナチの強制収容所の映像を見るときは悲しみ苦悩するに違いない。ヨゼフ・ゲッベルスは、「人びとを鎖につなぐほど簡単なことはない。私が派手な宣伝ポスターを掲げただけで、彼らはそれに飛びついてきた」とうそぶいた。彼の犠牲となった人びとのためにも、宣伝の方法について、できるかぎりのことを学んでゲッベルスの誤りを証明することは、われわれに課せられた責務なのである。

 



 

( heart-o : レーガンが人道主義的、感情的に一体感を演じて見せたのと同じく、アウシュビッツの火葬場の池の水をすくいあげて訴えるのも、人間のことしか見ていない意識であろう。また、この内容に貫通するのは、自己正当化し装飾され果てた人類最優先至上主義における身勝手、偏向的な正義と悪の対比でしかない。例えば、プロパガンダの悪用による、騙し合い、エネルギーの搾取、貪欲は、人類全体が、他生命種に対して保ち実行し続けたそれが源である、とは決して自省しないのである。この大前提に救う傲慢さは、学者、研究者、大学大学院などの教師、専門家、つまり権威というものの後ろに隠れた、一見、謙虚な勉強熱心な研究者、真理探究者、問題提起者等に見せかけることが出来る、居心地の良い立ち居地、存在法を第一に確保した上で、決してそこからは逸脱しないという頑固さをもってしか、行われない観察、探求において、怠惰さ、エネルギー的脂肪(余分な偏ったエネルギー全体像)ごと、焼き尽くし、そぎ落とす、という意識活動の無限の可能性に対する決意が、最初から、無しである、という1点が、この社会問題研究者とかいう分野に限らず、権威ぶった諸君のやる意識活動、特に、言語表記に、冗長さ、あいまいさ、散漫さをはびこらせ、核心的で、シンプル、全てに通じる、共通の原因と打開策を提案しないまま、終わる、というよくあるパターンになっちゃう訳なのさあーっ!このような各分野の諸研究の長ったらしく、いつまでも、タイトル、観点が、変わり、引っ張り続けては、核心に切り込まぬ有様に、付き合っていると、時間は、死んでも足りないという事態になるのである。これこそが、この問題の核心でもあった、冗長な商売の手法であるとも言えちゃうんだっさーあーねーえーっ!この長ったらしさは、何だあーっ!?!そして、詳細に調べ、研究する必要がある、等と主張し続けるのだが、そんなことをしている間に、死ぬぢゃんかあーっ!?!そうしないまんま時間が足りない、労力も持たないという人類が大多数であろうしなっあーっとねえーっ!そのように時間、労力を消耗するわりにゃあーっなんつうーっ結論で終わってんの課あーいーよおーっとねーえーっ!?!なあーんだなあーっ!人類最優先至上主義の据え置きで、いくら、悲しいとか、憤りを感じる、とか言っててもねえーっ!?!でしょなーあーっ!?!最初に、そのオンリーワンポイントを押さえておきゃあーっ!?!このような多様な手法があり、騙されないよーにしやしょおーっ!?!ってやらなくたってえーっ、全存在は対等である、というバイブレーションに共鳴してない、っつーだけの照合で、一発、即座に、見破れるらろおーっ!?!とかもねえーっアリアリなあーんだっけどさーあーっ!そこが、抜けちゃったまあーんまだっとさーあーっ!このよおーなあーっまわりくどくて、ただまわってるだけ、核心は、いつまでも刺さないっ!とゆーっことになるんだよおーっ!こーゆーっのらりくらあーりーんなるうーっ!自称学者、学校の諸君、センコー、教授とかにだなあーっ、付き合ってるとさあーっ!?!のらりくらあーりーんなあーっなんでもなあーいーのにいーっ何様のよおーなあーっ仕草ばっかりいーっのおーっポイント外しのまんまの何百冊かの本を書いたってえーっ核心は一回も突いてなかったーっ!?!ってなあーっことでえーっそれこそがあーっ!?!何かやってるふーうなーあーっ惑わし方、引っ張り方、付き合せ方してえーっ人類のエネルギーカッパライ屋あーっ!?!とかにいーっなりかねなーあーいーっカラーあーさーあーあーあーっとねーえーっ!例えば、ヒトラーのやり方が、傲慢で、ごり押しで、諸君完全無視であった、のは、あからさまあーっ!?!だよなあーっ!でもねーっ!そおではないよおーに見えて、感じられて、実際には、そおであるうーっ!っとゆーうーっほおーがあーっ問題なあーんだよおーっ!ヒトラーほど、ド派手には、やりまくらない、じわあ~っじわあ~っとかなあっ、ふんわり、やんわり、にこにこしながらあ、頑固に決める、背負わせる、付き合わせる、引っ張り続ける手法の方がねっ!この学問専門家とかもさあーっ、そういうビジネス戦略だったりしてねえーっ!?!だって、これ、資本主義は、批判してないんだよっ!資本主義は、そのまんまだし、人類が、他生命種を、がっつがつ飲食する行為も、そのまんまで、何も触れてないし、その上で、平和を愛を叶えましょおーっ!ってボンヤリ言ってるんだけどねーっ!では、どうするのですかあーっ!何が、問題の原因なのであろうかあーっ!?!ってことは、やってない、ただ、現象として、こっちのが、あっちより、悪いから、ちょっとは、ましにしやしょおーっ!でも、核心的、本質的には、まだまあーだあーっ!とかなあーっよくある、ちょっとはまし、の提案だけなのさあーっ!で、この最大の問題点は、どっかを何かと比較して、こっちのが、あっちより、悪いとかやって、そこの範囲だけで、ちょっとはましにするにはあーっ!?!って問答してるのだねえーっ!でそれが、何の分野、かにの分野とかっつってえーっ、無数にあるのよおーっ!それを、バラバラにやる必要があるうーっ!ってなあーっ、問題提起によって、エネルギーがどんだけ消耗されるとか、それで、全体の問題は、どうなっており、保留なのか、悪化するのか、間に合うのか、長引くのか、その間に、何をどんだけ傷つけちゃう事になるのかあーっ!?!とかねえーっ全体像を観じてはいなあーいんだよおーっ!それは、第一に、何かの分野だけの専門家になって、そこで、何かだけをいじくってりゃあーっ、それを職業と言い張って、一生、金に困らない生活を維持できるが、その外に出たら、どうなってしまうかわからないので、そうやって一生をつぶすしかなくって、その発想の乏しさに、全体を巻き込み、金を稼ぐしかなあいーっ、それしかあーっ思いつかなあいーっからだねえーっ!で、それによって、巻き込んだ全体の、飲み込んだエネルギーの消耗の総体に対する、自己責任とか、全体への影響とか、を考慮はしてないんですよおーっ!この無責任さ、思考の怠惰さ、ったらあーっりゃあーしねーえーってなあーっこりゃーあーっだよっおーっとなーあーっ!これこそが、大問題なのであり、これを明確化してる、事例として、最後に、heart-oは、この内容を、結論として、落としとくよおんっ!こんなことやってたらあーっ間に合わねえーっしだなあーっ!みんなもたないよおーっ!ってなあーっ感覚があーっ無いのかさあーっ!?!っだあーなーあーっ!例えば、今も、資本主義の強引な強制の為に、権利があるのに、無いとゴリ押しされて、路上で寝たり起きたり、死んだりしてる、寒い冬、暑い夏を、過ごす人類たちがあーっ、こんなことで、もつのかあーっ!?!オレだったらねえーっ!耐えられないよおーっ!それにいーっ耐えたくないよおーっ!もおーっそおーんなにーいーっ!でなあーっ、そーゆーっ現実を発生させ続けちゃってるうーっ資本主義の中でえーっ!?!このまんまでいーのよおーっ!とかってなあーっ甘んじ切ってるうーっ傲慢族の人類とかの存在とかあーっその意識、エネルギー、バイブレーションの維持、とかもねえーっ!もおーっそおーっ長々とはねえーっ許しがたあーいーっとかさあーっ!ムカつくことだらっけっすよおーっ!この気分の全体自体がなあーっ!?!オりゃアーッ、もおーっそおーはあーっもたねえーよなあーったくよお!って観じちゃってるんだっからさねえーっ!その切羽詰った観じを、観じてないよなあーっこやつらはさーあーあーっだーあーっ!これに、まず、怒り、情けなさを観じ、おいっ、そこのおーっ、へなちょこめーっ!っとかねーっ、言っちゃうよおーっ!もおーさーあーっ!何があーっ、学者だあーっ、てめえーっ!とさあっ!

 

さてえーっ!少しは、内容に、関係してえーっ、言ってみましょおーかねーっ!?!例えばあーっ!ここで、やったよおーなあーっ、戦争の犠牲者の数をあげたりしても、それ以上の人類以外の生命種、環境を含めた全存在への侵略行為の比ではなく、そう観じるなら、少なくとも、heart-oは、こんだけ、あんだけ、してきた人類が、まだ、生きてること自体、意味わかんなあーいーっ!ってなあーっ程に、ひっでえーっよなあーっ人類とはあっ!って観じてるんだよなーっ!ここでは、知人、家族を喪失したことに、悲しみ、憤りを感じるとしか、書いてないけどなあーっ!?!地球全体の相互尊重の愛の足りなさのほおーがあーっよおーぽどおーっ長期的で痛あーいーっとかってもおーっ感じてなあーいーっラッシーいーよねーえーっこれぢゃあーよおーっ!?!heart-o にゃあーっ人類限定で知人とか家族とかってくくってえーっ喪失とか言ってるうーっその狭っくるしーっ観点の存在のほーがあーっよおーっぽどおーっ痛あーいーよおーっ!それもおーっ継続しちゃってるうーっ今の痛みとしてだよおーっ!また、戦争が最悪の時代だったみたいに錯角しやすい資料提示の仕方も多いんだけどねっ!この内容全体がさあーっ!実際には、戦争以上に、交通事故死数の方だけでも多いのであり、総数では、戦時中より、死んでるってことはあーっ!?!爆弾落とすだけが、戦争じゃないんですよおっ!だよなあーっ!戦争がない、平和な時代になった、と錯覚してて、戦争時代より、おかしくなってるのにさえ気づかずに、よかったわねえーっ!?!とかってえーっやってるほおーがあーっよおーっぽどおーっ狂気でありっますます愚かに陥ったあーってことですからなあーっ!この本のまとめでは、人類最優先至上主義とか、資本主義とかの問題点は指摘してないからねっ!そもそも、その自己意識の歪み、世界観の歪み、傲慢さ、利己心が、問題なのよっ!って、簡潔な結論だねっ!heart-oはあーっいつもと同じくさあーっ!だから、基本的に、この結論とか、表現の基礎的、思考の核心、観点、意識の立ち位置に、大きな誤り、傲慢さ、幼稚さ、怠惰さ、愚鈍さ、無知が、あるんだよねーっ!って事は、結論の前の大前提から、大間違いでしたよねっ!って指摘しとくよおーんっ!人間は、間違う、とかもねーっ!なんか、甘ったれてるんだよなあーっ!?!傲慢になって、迷い、それが原因で間違うのであって、そこを正して責任ある意識の起動法をする必要があるよなあーっ!っとかってえーっしゃきいーっとしてかなあーいのだーものねえーっ!愚か、間違う、大前提、大歓迎っ!あたりめえーっ!みたいなあーっ!?!そこで止めるなよっ!ってことだよなあーっ!二度とあってはあーっならなあーいーっ!っぐらいのおーっ気概があーっ出せねえーっのっかさーあーあっ!?!あんなに死にましたあーっ!また間違えばそおーなるでしょおーっ!?!とかあーっなあーっノリのおーっ甘さがあーっアリアリだよなあーっ!なあーによおーっこのおーっノリはよっおーっとさーあーあっ!?!だよおーなーあーっ!?!)

 



 

P305-

 



 

37 ペイソの子孫たち

 



 

感情に訴える方法や非常に単純化された議論を使うことが、このような否定的結果をもたらすのに、なぜ人びとはそのような方法を使うのだろうか。われわれが生きるプロパガンダの時代は、情報が過剰な世界であることを思い出してほしい。ほとんどの人は忙しすぎて、受け取る膨大な情報を整理する余裕も機会も能力もない。さらに、これまで見てきたように、ニュースは情報としての価値ではなく、娯楽性によって受け取られる場合が多い。そのため、ニュースの送り手たちは。理屈によってではなく、感情や短絡的な思考に訴えることによって、信念や意見を操作しようという誘惑に陥るようになる。彼らは、ますます説得術に頼るようになってきているように見える。すなわち、物事を十分に知ったうえでの議論よりも、ヒューリスティックや感情に訴え、思慮深い論説よりも鮮やかなイメージを用い、合理的な因果関係の分析よりも意味のない連想を用い、ペイソの説得よりも大衆扇動家の宣伝を利用するのである。

 



 

民主主義社会にとって、これは悲惨な結果をもたらすかもしれない。宣伝者たちが単純な説得術を使えば使うほど、さらに競い合うように単純な方法が使われるようになる。そして、単純な方法が使われれば使われるほど。人びとは社会問題について無知で鈍感になる。大衆が無理になればなるほど、宣伝者はよりいっそう単純な説得方法を使う必要に迫られる。その結果は、無知の悪循環である。ひねくれた大衆は、よりいっそう分別も節操もない宣伝の攻撃にさらされる。そうなると、宣伝を消化して理解する能力も気持ちも、ますます衰えていく。「大衆は無知である」というアドルフ・ヒトラーの信念は、このようにして現実のものになるのである。

 



 

われわれは、このような悲惨な結末を避けることは可能であると信じている。あからさまな策略や大衆扇動を見破り、そして、それらに対抗できるようになることを願いたい。さらに大切なのは、こうした知識が、どのような説得手段を選ぶとどのような結果が生じるのか、この点にわれわれの注意を向けさせることである。結局のところ、どの説得方法を選ぶかによって、その人の人格や当該の問題を考える能力が明らかになるのだ。説得の方法を詳しく調べることによって大衆扇動家のふざけた振る舞いを非難するのと同時に、当該の問題に関する充実した開かれた討論を行う技法を作り出すことができるのである。ペイソの子孫を育てる責任の大部分は、われわれにあるのだ。

 



 



 



 

他 参考資料

 



 



 



 

影響力の武器-なぜ人は動かされるのか

 



 

チャルディーニ 著

 



 

社会行動研究会 訳

 



 



 



 

社会心理学研究入門

 



 

末長俊郎 編 

 



 

東京大学出版会

 



 



 



 

社会心理学概論-ヨーロピアンパースぺクティブ

 



 

ヒューストン 他 著

 



 

社会行動研究会 訳

 



 



 



 



 

heart-o : これは、社会問題研究者という観点より、思考、記述された資料であり、そこには、傲慢さ、怠惰さ、盲点が、多分に存在し、結果として、自己の意識、エネルギー行為に対して、無責任となって終わってしまうのだ、という観察の資料としても、観じ取られたなーあっ!研究者、学者、又は、○○家とかゆーっ、専門家っつうーのはだねえーっ、第一に、何か、寝とぼけてるよおーなあーっ怠惰さ、愚鈍さを観じるんだよねえーっ!それだけやってればあーっ研究者、学者としての地位は、死ぬまで固辞できるっ!とゆうーよおーなあーっ公務員的なあーっ怠慢さに連れ添うっ精神の昏睡の深さ、強烈さを痛感しますねえーっ!研究所、小部屋で、静かに、本でも読んで、安全に、学者風に、ぼんやりしとりゃあーいーっしょおーっけっけけえーっ!?!みてえーなあーっ!?!本音を隠し持ってえーっ!?!言葉の世界に逃避し続けておりっ!まず、本気で、泣いたり、怒ったり、悲しんだり、絶望したり、してないみたいなあーっ!?!甘っちょろさを、観じるのでねえーっ!基本的に、大前提で、共鳴しないんだよねえーっ!表面的には、関心の持てる内容、テーマだったりしてもだねえーっ!グッととかねーっ、ピンととかあーっ、シックリとはあーっ、来ないんだーあーなーあーっ!やっぱだねえーっ最後まで行くとさーあーっ!すべては、心の問題、として、まっさらな心で、どう観じるかあーっ!?!どこまで観じるかあーっ!?!分野とか地位とか何とかすべての垣根を越えてもさあーっ!?!どこまで観じちゃおっかーあーなーあーっ!?!観じるのかーあーなーあーっ!?!ってなあーっ心の自由さを全開にしてえーっ!?!

 

冒険に出てみよおーっ!っとっかなーあーっ遊び心があーっ、観じられなあーいんですよなーあーっ!怖さが、あるんだけどねーえーっ!それでもおーっ、その心で自らが付けたかもしれーんーっ!?!障壁をなあーっぶっ壊しーっ!ぶっ飛ばしてえーっ!行くとまでえーっ行っちゃってみちゃうしかあーっなあーいーよなーあーっ!なっさそおーっだねーえーっ!ってなあーっノリにーっノリ切れなアーイーんだろーかーあーなーあーっ!?!やっぱねえーっ!毎日、研究所とかにいーっ出勤しなけりゃあーっいっけーねーえーっとかさあーっ!義務化しちゃうとねえーっ自由に自己を全開放しない中でしかあーっ、思考、観じる事をしなくなってっちゃうんだろーさーあーっ!そーゆーっ閉塞感、つまらなさ、やっぱ、怠けの不潔さ、甘っちょろさ、に参ったねっ!って感想かなーっ!?!内容の中にもおーっ、あったよなあーっ!?!関心が無い情報は、無視するうーっ!?!みてえーなあーっ!?!これは、社会問題研究者、としての自己イメージ以外に、関心が無さ過ぎちゃってる意識の詰まった状態による、盲点アリアリなあーっ!?!ガチガチなあーっ長ったらしくうーっ核心に切り込めねえーっ!?!よっくあるうーっ!?!学者のいつまでもおーっどこまでもおーっのらりっくらりいーっとしたなあーっ書籍の中ではあーっまあーっましだけどさあーっやっぱあーっ学者ぶってる意識ではあーっダメなんすよなあーっ!ってえーっ再確認があーっこれまでにも増してえーっ明快にーっ出来たよーおーなーあーっ体験だったのかもさーねえーっ!ではなーあーっ!あっらーあーっ!こんなーあーっ結びでえーっいっかーあーさーあーっ!?!まっいっかあーっ!ぢゃあなーあっ!ホイサアーッ!)

 



 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

heart-o

 

 

 

 

 

 

 

http://hearto.webcrow.jp/

 

 

 

 

 

blog

 

 

 

 

 

http://heart-o-one.blogspot.jp/

 

 

 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 

 


74
最終更新日 : 2017-03-09 14:52:10

knowing that you have come your true home in the now ! / 今 君は 真の 実家に 戻ったあーっ!とおーっ 知っているっうーんのらよおーっ!

 knowing that you have come your true home in the now ! / 今 君は 真の 実家に 戻ったあーっ!とおーっ 知っているっうーんのらよおーっ!

 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 

knowing that you have come your true home in the now

 



 

!

 



 

c.f.

 



 

!

 



 

There is No One God Does Not Love

 



 

Jesus via John SmallmanThere is No One God Does Not Love

 



 

!

 



 

mar-9-2017

 



 

https://johnsmallman2.wordpress.com/2017/03/08/there-is-no-one-god-does-not-love/

 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 

All is unfolding precisely as divinely planned and intended, there are no other options. Humanity has collectively chosen to awaken spiritually, and evidence of that choice is appearing all across the world and is being reported on by many news and alternate news sources.

 



 

Underlying all the disturbing or unsettling events is an intense desire and will for change, and that is what is driving humanity powerfully forwards towards awakening. Your awakening is imminent! Expect it because you have chosen it, and know that your choice is confirmed by your constant intent to terminate the game of separation which does not serve you.

 



 

Love is your nature and you have collectively chosen to open your hearts to welcome It in. When you welcome Love into your open hearts you also allow and intend for It to flow out through you to all with whom you interact personally, to all who pass through your energy field each day, and to all on Earth.

 



 

Love cannot be contained, It always flows abundantly and ceaselessly into and through every space that offers even the most minimal of welcomes, endlessly seeking to integrate and mingle with all of life. All that anyone need do is allow It to enter. It desires to fill those empty, lonely, and abandoned spaces that have been locked closed due to fear and free them from their fear.

 



 

There is no one God does not love. Love is the life force that flows constantly through all living beings. Without It life would cease. Even those seen by you as the most despicable and unconscionable of beings is living with Love flowing through them; they need It as much as anyone else.

 



 

What happens within those sad and lost ones is that they deny It and attempt to block It completely, but that is impossible. It cannot be dammed or stored for use in circumstances the ego might think are to its advantage, It can only be diverted by those unhappy beings so that it appears that there is no Love within them or flowing from them.

 



 

As the awakening process unfolds unremittingly, Love expands the hearts of all those who are in the slightest way open to receive It, intensifying the energy field in which you are all so lovingly held. Those who would block or deny It are also most positively effected by It’s increasing intensity, even though they continue to hold the intent to block or deny It.

 



 

As you know, Love is gentle, It does not impose, but It is irresistible, and even the strongest and most powerful attempts to shut It out completely fail, because It is All That Exists.

 



 

As the flow of Love intensifies all across the planet the changes necessary for your awakening continue to be put into effect. Many of you are doubtful, you think you see no signs of awakening but only signs of increasing chaos and confusion leading inevitably towards catastrophic disaster for Earth and all the life forms she so lovingly supports. Know that this is not the case.

 



 

Vast quantities of karmic inheritance ? bitterness, hatred, jealousy, rage, and betrayal ? are rising to the surface of humanity’s consciousness and being massively released! You are not alone, you are never alone, you are firmly and lovingly supported by all of God’s divine creation as you divest yourselves of all that is not in perfect and harmonious alignment with Love.

 



 

What you are releasing is unreal, it has caused you much pain and suffering because your physical forms, your human bodies, are severely limited in their ability to transmute and release what blocks the divine Love flow. These constrictions ? emotional, psychological, and physical ? are the source of that pain and suffering. As you allow yourselves to release all that is so uncomfortably arising, your pain and suffering will ease and dissolve.

 



 

Do not fear what arises within you for release, and do not judge it. There have, over the eons, been many thought forms of violence which arose from the sense of fear, abandonment, and separation from Source that the illusion was intended to provide. It worked very well, but now is the time of release for those horrifying thought forms, even as you wonder how such insane and unloving thoughts could arise within you when you want only to return to your natural state ? Oneness with your Source.

 



 

Well, the illusion was constructed to allow insanity to develop in the sense that you would believe yourselves alone and separate, and then apparently find yourselves in that state, an intensely painful and terrifying state even though quite unreal. As you know, when you were created God gave and shared with you everything that He had because Love is all encompassing, all sharing, It withholds nothing.

 



 

Therefore you had, and of course still have, the power of God in all its wonder to use freely as you chose. You used that power to construct the illusion, and it was a major construction project, now you are deconstructing it, tearing it asunder because you realize and fully understand that it does not serve you.

 



 

Over the eons, although you have experienced much pain and suffering within it, the illusion has become very familiar. You can sometimes even feel safe within it for short periods of time, and there is a reluctance to let it go, to release it, because, as humans within it, it is extremely difficult for you to imagine life without it and without all the restrictions that it places upon you. To imagine life without it, because you have forgotten what your true nature offers you in every moment, is frightening ? “if I let go what will happen to me?”

 



 

It is a little like someone who got lost at sea in a very small boat that eventually drifts to the shore. The boat has become his life support system and he is most reluctant to move away from it, from its apparent safety and familiarity. Finally he starts to move further and further from it as he explores his new surroundings, having initially used it upturned as a shelter, and in doing so he finds freedom and then discovers that he can build a far more satisfactory shelter from the abundance of material available all around him.

 



 

You will awaken, and your joy will amaze you as you find yourselves utterly free, just as you were created, and in that joy your own creativity will align once more with God’s and your creative potential will lead you to ever more new and wonderful opportunities to continue endlessly intensifying your joy.

 



 

Release your hold on all that holds you back ? bitterness, resentment, rage, and fear ? and open yourselves fully and completely to the intense divine field of Love that enfolds and embraces you in every moment of your eternal existence, and know that you have come Home.

 



 

Your loving brother, Jesus.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今 君は 真の 実家に 戻ったあーっ!とおーっ 知っているっうーんのらよおーっ

 

 

 

 

 

 

2017310

 

 

 

 

 

参照

 



 

!

 



 

There is No One God Does Not Love

 



 

Jesus via John SmallmanThere is No One God Does Not Love

 



 

!

 



 

mar-9-2017

 



 

https://johnsmallman2.wordpress.com/2017/03/08/there-is-no-one-god-does-not-love/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記 リンク 内容 一部 超訳 + α

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大海のど真ん中ではあーっ ボートはあーっ 命を守る為に必要なものとしてあったけどなーあーっ

 

 

 

!?!

 

 

 

浜に着いたらあーっ 要らねーものになっちゃうよねーえっ

 

 

 

 

 

 

自己の本当の存在法 愛 平和 調和 相互尊重 自律 自由 創造力の開放 ってなあーっ 家に着いたらあーっ

 

 

 

 

 

 

恐怖 不安 貯蓄 心配 シガミツキイーッ ニギリシメエーッ とかはあーっ 用済みっだーあーねえーっとなあーっ

 

 

 

 

 

 

 

 

家に着いたらあーっ 家に着いたあーっ ふるまいでえーっ ありゃあーっ イーッ奪けえーさーねーえーっとさーあーっ

 

 

 

 

 

 

だよなあーっ

 

 

 

 

 

 

家に着いたあーっ

 

 

 

 

 

 

心の準備を せよーっ

 

 

 

 

 

 

要らねえーっ ものにーっ さらばあーっ するうーっ

 

 

 

 

 

 

準備 だなーっ

 

 

 

 

 

 

ほいさあーっ

 

 

 

 

 

 

愛は 蓄積することが 出来ず 豊かに 流れ 開き続けて あるだけ だったあーのさーあーっ

 

 

 

 

 

 

その 愛のありさまにいーっ 完全 共鳴 してえーっ 合流 してえーっ 合体 してえーっ 統一 するーうーっ

 

 

 

 

 

 

準備 だなっ

 

 

 

 

 

 

今 ってえーっ そおーんなあーっ かあーっきーいーれーえーっどおーっきーいーんっこーおーっなーあーんだあーぜっえーってばーさーあーっ

 

 

 

 

 

 

真実の家に 戻ったあーっ

 

 

 

 

 

 

愛があーっ ただあーっ 流れてえーっ 開いてえーっくーうーっ

 

 

 

 

 

 

そおーんなあーっ バリバリイーッ なあーっ 気分 でえーっ いたーあーらーあーよっおーっとなーあーっ

 

 

 

!?!

 

 

 

地上にもーっ 全宇宙にもよーおーっ

 

 

 

 

 

 

そっおーんなあーっ 真実の家に 戻っちゃったあーっ エネルギー 意識 バイブレーション フィーリング があーっ まんえーんーっ するっぜーえーっ こりゃあーっはっはーあーっだあーっのおーっホオーイー佐々ーあーあっとっかーあーあーなーあーっ

 

 

 

 

 

 

見事なあーっるっうーっ ご帰還のおーっ 純生 バリバリイーッ バイブレーション ビーマーッ っでーえーっ おりゃあーっ いーっぺっかさーあーっだーあーなーあーっ

 

 

 

 

 

 

ヘーイッ

 

 

 

 

 

 

カッアーモッオーンーットオーサーアーッ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

heart-o

 

 

 

 

 

 

 

http://hearto.webcrow.jp/

 

 

 

 

 

blog

 

 

 

 

 

http://heart-o-one.blogspot.jp/

 

 

 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 


75
最終更新日 : 2017-03-10 13:07:14

for peace for all in the universe ! / 全宇宙の全存在の平和へっ!

  for peace for all in the universe ! / 全宇宙の全存在の平和へっ!

 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 

for peace for all in the universe

 



 

!

 



 

mar-10-2017

 



 

c.f.

 



 

!

 



 

Japanese Character Structure and Propaganda

 



 

by

 



 

Geoffrey Gorer

 



 

New Haven,March 1942

 



 



 

from

 



 

Themes in Japanese Culture

 



 

The Special Case of Japan

 



 

Why are Japs Japs

 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 

全宇宙の全存在の平和へっ

 



 

 



 

2017310

 



 

参照

 



 

 



 

日本人の正確構造とプロパガンダ

 



 

ジェフリー・ゴーラー 著

 



 

福井 七子 訳

 



 

ミネルヴァ書房

 



 

2011420

 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 

以下は、西洋諸国の日本との関わり合い方について、日本敗戦の後の為の準備として、研究、考察、議論された、日本人、日本人社会の意識構造を西洋意識が知覚した資料であり、この内容は、当時からしばらくの間、極秘扱いであり、一部の関係者の間でのみ、公開されたとのはなし。

 



 

日本は、戦争に関して、日本人に向けて、定義づけし、広報していたと同時に、西洋や諸外国の意識に関して、日本独自の観点から、とらえていたに過ぎず、この資料は、その反対に、西洋が、日本という意識を、どうとらえており、そこに、何を問題視、疑問視し、それを、どうすべきかと考えていたか、の記録としての資料だ。

 



 

殺し合いは、悪い、という定義づけは、簡潔で、公正であり、健全であり、ごもっともだとは、言い切れぬ現実が、当時、地上にはあり、日本の意識の性癖の中で、破壊する必要のあったものが、戦争という形以外では、破壊し得なかったから、戦争にまで至ったざるを得なかったのだと、少なくとも、heart-oには、納得し得る、一資料でもあると、言える内容は、含まれておる。

 



 

そのうちの1点として、日本人の社会全体における表面儀式的な強要の下に隠され熟成し続けた、日本国内では、発散し得なかった、反発心、抑圧された意識、純粋エネルギーの発散法の正当化として、戦争が存在し、そこへ向かったエネルギー現象として、戦争と日本人を分析、指摘している点であった。

 



 

日本に居続ける限り、封鎖的な日本人社会全体の性質が、打破される事は望めない。だから、国外へ出て、そのエネルギーを、抑圧された攻撃性として表現し、発散するしかなくなっていた程に、その抑圧されたエネルギーが蓄積したポイントで、チョウド、開戦したあーっ!という分析は、してないけど、容易にそこまでは、言えちゃう指摘だったのさーあーっ!

 



 

そして、heart-oは、このようなエネルギーを不健全に創造する意識、つまり純粋エネルギーの存在、使用法を、核心的、根源的、原型的、原版的に、転換しない限り、同じ事が、違う形で、繰り返され続けるだけである、と、指摘しましょーかっとさあーっ!

 



 

また、これが指摘された時代の意識、エネルギーを引きずって持ってるのは、今の老人らと、そのエネルギーに影響を受けちゃったまんま、意識、無意識的に、それを、背負っちゃってる、より若い人らあーっもよおーっとねーえーっ!

 



 

っとゆうーっことでねーえーっ!これは、そのようなエネルギーの原型は、何か、どっから、どのように、引っ張って来られちゃったのかよーおーっとさあーっ!?!

 



 

ってなあーっ疑問への回答としてもおーっ!参考になり得るーっ資料としてもさーねーっ!リンクしたよーおーっ!

 



 

つまり、このような意識を創造し合う構図を、なぞって、各役者が、演じ合い続けちゃってるとおーっ!?!

 



 

そういう世界創造の一役をかいつづけるうーっ!?!

 



 

という責任があり続けるのであり、それを、せずに、そうではない、開放型、自由型、自律型、相互尊重型、対等型の意識創造世界観に転換すると、いーんぢゃねえっ!?!

 



 

ってなあーっ提案だっさーあーっ!

 



 

いつもの通りのーっアレだっけどよおーっ!

 



 

デワサアッ!

 



 

ホッオーイーサアーッ!

 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 

以下 上記 書籍 内容 引用 一部 + heart-o的観じ 等 だなあーっ

 



 

 



 



 



 



 



 



 



 



 



 

P28-

 



 

現代の心理学では儀式、整頓や秩序に懸命である個々人は専門的に言うと、「脅迫的な精神病患者」として知られている。私たちにとってこのような性格は、統計上まれであるため、こういった人たちの性格を神経症患者と呼んでも差し支えないと思う。最後の数ページで描写されている日本人の性格は統計的にいうと一般的に神経症として表すことができよう。しかし、神経症と呼ぶには、絶対的で体系化されていない理想像と比較しない限り、このような日本人の性格を神経症と呼ぶことはできないのである。個人レベルでは、日本人は、「脅迫的神経症」と呼ばれる特徴的症状の大部分を集団でもっている。ヨーロッパ人の脅迫的神経症患者においては、幼少のころの清潔さに対する過度のトレーニングが後のその症状のよくある発展に重要かつ優先的な役割を果たしている。

 



 

脅迫的神経症患者の儀式の背景には、攻撃的になる、無意識の極端に強い願望が深く隠されている。儀式は、この危険な欲望を実行することに対する心理的な保護の役割をもつ。日本の社会は、他のほとんどの社会よりも社会で是認されている攻撃性を解き放すための機会が少ない。そして、理屈あkらいえば、適当な状況があれば、攻撃性が発散されることになる。このことは、ほとんどすべての訪問者を魅了する日本中に浸透しているその生活の穏やかさとほとんどすべての偵察員や新聞記者を怖がらせた戦争中の日本人の閉口させるほどの残忍性とサディズムとの際立った差異に対して、もっともうまく説明している。

 



 

P155-

 



 

民主的な基準からすると、日本の警察はこれまであまりにも多くの権限をもち過ぎてきた。彼らは「自治国家」というよりむしろ、「警察国家」を代表している。彼らは恣意的な権力を実際に行使するだけではない。現存する日本の制度は、民主憲法の基準となっている市民の権利さえも何ら保障するものではない。恣意的な権力を有し、行使している警察権力によって日本の一般大衆が威嚇されている間は、民主的な日本は出現することはない。

 



 

P188-

 



 

幼少期までにきちんと座ることを学ぶ。不快な姿勢で、じっと黙っていることを強いられることは、大人になると、自分の感情を抑えることによる無表情さと肉体的な苦痛の感情を抑制することは、いったん酒を飲むことで全く逆転してしまうのである。これは、日本文化が抑圧的だと感じさせる兆候であるかもしれない、とゴーラーは述べている。

 



 

また幼少期に多くの制限や欲求を阻止されることによって、反抗が日本人の生活の根本にあると考える。すべての日本の子どもが受ける初期の過度に徹底した清潔さに対するトレーニングは、無意識の攻撃心を強く生み出すことになり得る。非常に巧妙に形式的な日本の社会規範は、それほど大きな攻撃心を発散させないように計画されていたと思われる。しかし、心の奥底にある攻撃心を発散させる公認された方法の1つが戦争であり、それはまた心理的に充足感を与えるものであり得る。

 



 

さらにゴーラーが指摘している重要なことは、「日本人は攻撃されることに対して一枚岩のようにしっかり結びつかないことである。日本人は同朋たちに対しては、すぐに背を向ける」。この項については後の「日本人の仲間意識」で詳細に述べているが、とくに男世界のなかで目上の人々と目下の人々のなかでともに、各々の自分の場というものをもっている。目上の人たちに対する攻撃的な言動は、目上の人から直接罰せられるし、目下の人に対する不必要なまでのひどい攻撃は、目上の人から笑われることになる。男社会においては、男世界の様式に自分自身を順応させ、適合することが求められるのである。

 



 

日本社会においては幼いころから性差があらゆる面で厳しく意識され、区別されていることを指摘する。「日本の女の子は成長すると、自由はなくなる。しかし男の子の場合、何らかの攻撃的な訓練が許されている。男の子が4歳になると、すべての女性を、母親も含んで、支配する特権を獲得する。彼は罰を受けることなく、母親を侮辱したり、噛みついたりすることもある。母親ができる唯一の防御は、甘いものを与えてなだめるだけである」。つまり、( heart-o : 家父長制度として表現された意識支配構造を原型とする、表面的で絶対的な圧力として日本社会全体に共有されてきた ) 服従と尊敬によって成り立つ男社会ではあるが、女社会からは全ての主要な快楽、食べ物、酒、思いやり、性などの快楽が得られ、攻撃などによって快楽を要求することもあり得る。男社会は命令を出し、服従することが期待される。女社会では、女性は脅迫することと、嘆願したりすることもあるが、男が強くしつこく攻撃すれば、必ず女が譲歩する世界なのである。女は感傷的に愛され、冷遇され、見下ろされているのである。

 



 

こうして育てられた日本人は、ある種、家族の態度を強く反映するものである。日本人はすべての社会を男と女に分け( heart-o : て捕らえるように習慣づいていると考えられることから ) 、それに応じたふるまいをする。19世紀、日本が西洋のふるまいを模倣するのに懸命だった時、日本人はアメリカやイギリスを男と考えていた。それから、日本人の攻撃に対して無抵抗であったアングロ・サクソンのおかげで、日本人は西洋の力に対して性の考えを逆転させた。つまり、日本は西洋諸国を女とみたのである。日本人は他の国々や人種を「男か女か」をもとに「服従か否か(尊敬か)」という基準でみていたのである。

 



 

( heart-o : このように家父長制度は、力の大小、上下の絶対的意識の固定化を集団的に強要し合い、それに適合しなければ、意識的にも、物理的にも、背を向ける(抹殺する=殺す=死)という『恐怖心』を土台として、維持されるのだ。この最小単位が、男女から始まる「家」「家族」「血族」という集団であり、これが村、地域、国、と広がっても、意識は、同じく、ハブカレルことへの、『恐怖心』である。これが、より強固であった、戦前の日本社会全体は、まだ、個人主義、自由主義、民主主義の意識のより維持されていた西洋社会人の目から、国としては、『ミカド=天皇、皇族』を、家長=絶対権力者=命令者=神と等しい支配力を持つもとして、各自の意識における、自律の成されていない、幼児として感じられたからこそ、マッカーサーに、「日本人の精神年齢は12歳」と言わせるしかなかったのであろう。この現実に対して、ゴーラーの指摘する通りに、家=国という父の命令に従っている限り、守られる、という構図を取り払った際に、一存在としての、自律性、創造性は、『服従か尊敬か』のどちらも演じる場を失い、そうではない、自律性、創造性の使用法を知らぬが故に、もろく崩れ去り、『服従か尊敬か』の構図の中で、抑圧されていたから守っていただけの受動的で、不自然な力の制御を失うと同時、それが、際限なく、暴発するという事になる可能性が大きく、その良い事例が、他国という戦場における、西洋人の目から見ても、閉口し、首を傾げる程の、日本人の残忍さでもあり、このような、危険を日本人社会全体が、相当に孕んでおるが為、日本を敗戦後、即座に、西洋と対等な、個人主義、自由主義的成熟した意識集団としての民族、国として扱うことが、まず、不可能であり、この基準から、日本人の意識、無意識、感情、感覚、習慣的性癖、特徴を詳細に吟味して、西洋意識とは、相当に相違する、特異な日本人と接触していく必要性を精査する為に、ゴーラー等の学者、研究者が、政府の依頼により、討論していたのは、戦前からであり、その時点で、既に、日本が敗戦した後の事を、考察していた。この内容は、その為に、ゴーラーらが為していた仕事の一部だ。文化人類学も社会問題研究等の分野も、heart-oの観じでは、第一に、人類にのみ意識を向け過ぎており、人類以外を、人類以下として、ある種、「軽蔑」か「軽視」しており、そこには、人類以外の存在、エネルギー活動に対して、人類と対等なるもの、としての尊重が、大きく喪失されているのだ。これを、この研究に当てはめれば、家父長制度における、上下であり、男尊女卑、年齢による絶対的な差別、支配と隷属、命令と服従の二者択一しか存在し得ない世界創造観となり果てるが、これを取り払えば、対等なコミュニケーションが開放されるのであり、そこには、全く別の世界創造観から、バイブレーション観が、存在すると、予測され得るものだ。heart-oは、ここを指摘する意識なのだ。家父長制度、ではなくても、資本主義でも、民主主義でも、自由主義でも、人類や、それ以外でも、何かだけを、特別な力の所持者として、君臨させ、位置付け、それ以外は、それに準ずる存在と、差別するエネルギー関係性には、対等性における、相互尊重、平和、愛、調和、はあり得ず、それは、上記の日本人の心理として、ゴーラーが指摘した、表面的な芝居と、それによる、副作用的な、押さえ込まれた恨み、つらみ、反抗心を、創造し続けるだけになり、その小爆発から大爆発までを、恐怖し、回避し、自己正当化し、歪めて発散させ合うだけにし、核心では、不動のままであり、原因は放置したままで置く、という、意識の停止状態、無機能、無起動状態を続けるという事は、存在の創造力を全開で、健全に、真の調和の中で、使わない、という、核心的には、唯一で真の「欲求不満」が、続くという事なのであり、これが、退屈であり、つまらない、おもしろくない、ああ嫌だなあーっ!という事の全ての原因なのだ。そして、これを放置し合う限り、仕返しをしたり、されたりする、小さな不満、問題が発生するのだが、核心の原因を唯一のこれとして明確に意識し、捕らえておかない限り、相当にエネルギー消耗し続ける、果てしなき、小競り合い、論点ずれまくり、なエンドレスゲームに、はまったまんまであるだけ世オーッとねえーっだーあーったくーうーっ!なあーんだよねっ!ってことを、指摘しといてえーっ!やっぱ核心で、やらないと、終わんないでしょおーっとさーあーっ!いつもの結論に至るのさあーねえっ!不公正、不健全なる人工的関係性の強要のし合いによる、人類同士の欲求不満、反抗心が、存在し、抵抗し、摩擦し合うのと同じく、人類が他生命種に対して、強要し続けておる、そういう意識の歪ませ合いを、明確に意識化し、開放し、解散して、対等な尊重意識に転換すると、エネルギーの全関係性、バイブレーションが、転換する、創造世界観が、全転換する、という事なのさあーっ!オレは、これに尽きると観じるのよおーっ!で、これは、あれとか、これとか、多様に分散する、エネルギーの分裂現象を、各々追いかけ、調べ続け、考え続ける、という、やっぱ消耗戦になっちゃう行為を、統一し、オンリーワンポイントで、シンプルに、1点集中型で、やってのけよおーっとゆうーっ提案なのさあーっ!おーっいえーっすーうーっナーアーのーさねーえーっとなーあーっ!ほいさあーっ!)

 



 

P203-

 



 

西洋諸国に対するプロパガンダは「脅迫」と「甘言」で成り立っている。たとえば、「降伏しなければ全国民は滅ぼされる」とか「降伏すれば、原料に自由にアクセスできる」などといった訴え方は、日本人には絶対にしてはならないことである。「私は議論しているのではない、私はあなたに命じているのだ」というのが、日本人の典型的な父親や先生としての態度である。「これが文明化した人たちの行動方法である」「これが近代的なやり方なのだ」と放送にあたる人たちは、大いなる確信をもって話し、哀れみといったものに訴えることは絶対に避けなければならない、とゴーラーは注意を喚起する。

 



 

天皇の処遇について

 



 

ミカド自身についてのその観念的な王権について決して攻撃してはならない、と筆者は考える。実際、ミカドや皇室については尊敬以外の言葉で語ることはできない。ミカドを攻撃することは、中世のローマカトリックの法王を攻撃するのと同じである。つまり、それは神聖なものを汚すような愚かな行動に対する怒りを掻き立てるだけである。(Goere :1942:33)

 



 

ゴーラーの天皇に対する処遇は終始一貫しており、のちに続く論文 "The Specoal Case of Japan" 「極端な事例 日本」のなかでも同じスタンスが貫かれている。

 



 

なぜ「対日戦のバイブル」と呼ばれたのか

 



 

ゴーラーが「日本人の性格構造とプロパガンダ」で書いた最終章「プロパガンダと日本人」は、敵国日本に向けたプロパガンダに関する実験的な提案であった。日本の社会構造を研究し、その上で書かれた「プロパガンダ」は、日本における不満分子と思われる集団にターゲットをあてた戦略的な試みを述べた斬新で画期的なものであったといえよう。

 



 

P217-

 



 

そこから改めて認識させられることは、当時のアメリカの一般市民や軍のリーダーたちの偏見の強さである。戦争終結という目的のためにあえて組織的大量虐殺や破壊行為をするまでもなく、戦争は終結できるのだとテイラーのチームは考えていた。そのためテイラーのチームはその当時支配的であった、「熱狂的な日本兵や一般市民が死に至るまで戦うのだという、戦時局やホワイトハウスを支配していた人種偏見のステレオタイプと戦うこと」を余儀なくされたのである。それは、テイラーのチームで働いた文化人類学者や社会学者にとって、「アメリカの基準で考えることをいかにして防いでいくか」ということがもっとも大きな任務となったことでもあった。ゴーラーやべネディクトそしてラ・バーなどの研究者は心理学的にまた価値観的根拠があるものとして戦時中の日本人の行動を研究していた。

 



 

軍や情報局のなかではある種一面的な心理学研究に対する興味が広まっていた。それは「戦時中、文化とパーソナリティーの文化人類学者によって行われた、心理的・人種的な決定論のようなものは、ほとんどの軍部や文民の分析者がもっていた敵に対するイメージを壊すのではなく、それを支持するような研究であったからかもしれない」と、当時の人種的な偏見がいかに強かったかを知ることができると同時に、それはまた文化人類学者たちにとって「内との戦い」でもあったことが推測できよう。(Price:2008:172)

 



 

ジョン・ダワーが1986年に著した『慈悲なき戦争』( War without Mercy )( 日本では1987年に『人種偏見』としてTBSブリタニカより出版 )は、太平洋戦争に新たなる視点をあてセンセーションを起こした名著であるが、この本の2部「欧米人から見た戦争」の6章、「原始人・子供・狂人」でも当時のアメリカにおける日本人蔑視の具体例が詳細に報告されている。

 



 

P224-

 



 

ゴーラーはさらにいう。戦争に巻き込まれた国はアメリカだけではないのである。アメリカだけが犠牲者ではない。したがって、占領政策は連合軍として行動することが必要である。連合国に求められる処理方針として重要なことは、太平洋地域での恒久的な平和であり、日本社会を非軍事的で協力的なものにすることである。そのためアメリカ人個人が抱いている、日本人に対してもつどうしようもないほどの大きい憎しみは、コントロールしなければならないと忠告する。

 



 

ゴーラーによるこの論文を何度も読み返しながら翻訳していて感じられるのは、アメリカ人ひょ、あなたたちは占領にあたっては決して思い上がった態度をとってはいけないと諭しているように思えてくる。「せっかちに華々しい結果を得たいというアングロ・サクソン系のアメリカ人は、我慢するということ」を心にとどめておく必要がるとゴーラーは警告する。

 



 

天皇の処遇について-ゴーラーとべネディクトの見解を比較

 



 

ゴーラーは悩ましい問題として皇室について書いている。ゴーラーは、「戦争自体、天皇の名のもとに行われた」と書き、さらに天皇は、「連合国の諸国の人々の憎しみの象徴である」と説く。しかし、日本が別の政府の形態を望んでいるのでなければ、皇室は保持することが賢明である、としている。天皇を説得して、「その地位を放棄してもらい、後継者にその地位を譲るのが、ことによると望ましいかもしれない」と書いている。

 



 

べネディクトは戦時情報局に参画する前、彼女は日本文化について調査する感心ももったことがなく、またその訓練も受けたこともなかった。しかし、戦争によってべネディクトは日本文化を単に分析することから、政策にかんする提案をす出すことが求められた。当然日本にかんする先行研究も参考にしただろう。べネディクトはこれまでの文化とパーソナリティー研究から新しいものを引き出すことが必要であった。べネディクトは天皇の処遇については次のように書いている。「・・・天皇崇拝にかかわる信条を、現在使われているような軍事目的から切り離して考えることで、わが国が利益を得ることもあるだろう。また、日本が望むのであれば、その慣習を損なわず、現天皇のかわりに後任者を据えることも認めなければならない」( べネディクト:1997:38 )

 



 

ゴーラーは、「現天皇が維持されるのであれば、天皇にはアドバイザーが用意される必要がある。」と述べている。そして、最後にゴーラーは、「現在、天皇の象徴的な力は、侵略を進めるための主なる道具である。しかし他方、賢明に利用されれば、連合国にあってはもっとも有用なものとなり得る。」と結ぶ。べネディクトも同様の言葉で結んでいる。「過去十年間、象徴としての天皇のもつ力は、侵略を進めるための主要な戦略として用いられてきた。しかし、その力は、どんな目的にも使うことが可能である」( べネディクト:1997:78 )「極端な事例 日本」は、ゴーラーにとってイギリス人がアメリカ人に対して感じる「差異」を表面化させるきっかけとなったのである。「英・米人が同一の、あるいは類似の人間だと考えることは、両国間の相互理解と強力に最大の障害になるものだ」という確信にゴーラーは至ったのである。

 



 

P232-

 



 

ヘレン・ミアーズは、「天皇はヒットラー、ムッソリーニとは全くことなるということを強調するため、天皇は日本という国家家族の『優しい父親』として精神的に国家を統一する役目を担っているであり、政治的にではないことを指摘するとともに、日本の政治・社会制度は自由主義とか民主主義に根ざしていないので、敗戦後過去の封建制度に逆戻りすると思われるが、国民はいつでも天皇( heart-o : 家父長制度、家における、最上位=神的存在である「父」のより大きな家としての国における象徴 )には服従する(という習慣しか身に付けてはいない為に)から、連合国は( heart-o : 命令を下す者、指示するもの、神、権力の最上位としての象徴である )天皇 ( heart-o : 「天皇」という位置付けにある者に対して日本人の意識全体が保持する強力な意識、感覚、感情と反応 ) を利用するのがよい」と書いている ( 近藤 : 1978:147 )

 



 

P235-

 



 

『チョコレートと兵隊』は、1938年に東宝によって作られた戦意高揚のための一種のプロパガンダ的な映画であった。『チョコレートと兵隊』は実際にあった話とともに、一種の軍国美談の映画であった。明治チョコレートが包装紙の裏に点数を印刷し、その点数が100点になれば10銭の板チョコがもらえるというPRを兼ねてのサービスをしていた。その兵隊は、日本にいる子どもたちのために戦友から協力してもらい、1300点を集めて日本の家族に送るが、家族の手もとに届いたときには父親は戦死していたという話である(『大阪朝日新聞』昭和1399)。外国に対する宣伝、とりわけ日本人の戦意高揚を示すにはあまり効果的であるとは思われないような『チョコレートと兵隊』がニューヨーク会議では用いられたのだが、べネディクトにとってはこの戦争映画の非戦闘性は非常な驚きであった。アメリカと日本との戦争映画を通しての戦意高揚に対するスタンスの違いに、日本人の責務体系、日本人の自己鍛錬の背景にある価値規範を感じる。

 



 

アメリカの教義とのちがいは、日本の映画のなかに明確に示されている。日本で作られる愛国的な映画は、日露戦争のものも日中戦争のものも、かりにそれがアメリカ映画であったとしたら、平和主義のプロパガンダと受け取られかねない。ぬかるみのなかの行進という単調な日課、無意味な戦闘での苦しみ、中途半端な作戦といったものが、前面に押し出されているからである。ところが日本では、こうした映画は、平和主義を訴えるものではなく、軍国主義のプロパガンダなのである。映画が提供する様々な美徳と気高さのパターンによって強調されるのは、人生における苦しさや不幸、挫折なのである。・・・欧米諸国では、感動的な勝利を背景にした「劇的な」映画が製作されており、そこでは犠牲者たちが全快していく過程が描かれる。しかし、自国の戦争映画を見る日本人は、”恩”が返され。そのために個人の欲望と慰めを断念することが当然において求められれば、それで満足する。戦争の気高い目的すら、触れられることはない。( べネディクト : 1997:87 )

 



 

会議の初日は主として精神分析学者や社会学者そして政治学者が主導的な役割を果たした。パーソンズやハーリング、マキの発言が目立つが、2日にわたって行われた会議を通してもっとも発言の回数が多かったのがゴーラーであった。べネディクトも発言はしたものの、会議の進行の影響を与えるようなものではなかった。それはゴーラーとは対照的であった。

 



 

P237-

 



 

ころころ変化する日本人の態度-日本人の未熟さ

 



 

この会議で提案された特筆すべき新しい考え方は、日本人の行動とアメリカ社会における青年期にみられる特徴的な行動との比較であった。

 



 

精神分析学者ヘンドリクスは、「死のみならずあらゆる点において未成熟なのです。日本人は、私たちが青年期の未熟さと呼ぶに相応しい性質を持っているようです。ころころ変化する態度、人に応じて異なる感情表現、幻想に陥ることなどはパーソナリティー形成が成熟していないことを表すものです。日本人の子どもは、7歳まで愛情いっぱいに育てられますが、その後突然、義務や責任を厳しく課せられられます」と述べ、さらにこの死への服従という日本人の偉大な力は、日本人の弱点でもある、と指摘する。

 



 

日本人の行動と集団生活とのかかわりを述べた社会学者、タルコット・パーソンズの所見は重要なものといえよう。パーソンズは次のように述べる。「日本ではグループの結束構造は、そこに属する個人を守るどころか、その人を非難の的にします。こうした構造にみられる極めて強圧的な状況は、個人に多大な影響を及ぼすことになります。比較的単純な農村社会では、あまり競争は考えられません。西洋社会では、個人はその人自身の能力という点から認められねばなりません。日本社会で求められることは、個人の完璧な達成度なのです。その人はいかなる犠牲を払っても、成功しなければならないと考えます。自分が属するグループの結束を破ることなく自分が果たす個人的行為や活躍は、一段と重要になるのです。ますます増加する危険に彼は打ちのめされることになり、ひいてはさらに悪い結果を招くことになるのです」。この点については、ゴーラーが「日本人の性格構造とプロパガンダ」のなかで指摘していたことであった。それは日本人にとって他からの賛同がどれほど重要であるかを示すものであった。

 



 

精神分析学者ヘンドリクスは、「国民の性格構造の違いは、人間発達の段階における差」を発表しており、「日本人の集団の段階」は、「少年期特有の発達段階」であると述べる。さらに「社会構造が変化すると、それに対応してすばやく変わる日本人は、青年期の発達段階に特有のもの」と説明する。

 



 

日本人は変わり得るのか

 



 

政治家アーンスト・クリスはさらに議論を進める。「どうすれば、日本人の考えを変えられるのでしょうか。日本人の信念はどれくらい強固なのでしょうか。この日記の作者の信念には非常に希薄なところがみられます。それは青年期の臨床症状を示すものです。問題は、プレッシャーが取り除かれた社会的環境に突如として直面すれば、どのような抵抗が考えられるかということです」。

 



 

( heart-o : 以下 会議参加者の各発言 )

 



 

「私がかかわっている領域は、強制収容所です。アメリカで生まれた日本人には、1,2点の重要な違いがみられます。まず、彼らは日本人というよりアメリカ人という感じで、大多数のアメリカ人より、集団のプレッシャーにより敏感であるということです。そして第二に、彼らは他の集団よりもっと一所懸命に、私たちのパターンに完ぺき主義者のように従うという点です」。

 



 

heart-o : 日本社会において)「失敗は国家に不名誉をもたらすため、敗北者はまわりから拒絶されることになります」

 



 

「日本人には言い訳は認められないのです。成功するためにありとあらゆる種類のプレッシャーに押さえつけられています。その重いプレッシャーの外では、一体どのような行動をしているのでしょうか」

 



 

「日本では失敗に終わったことから再編成が行われるとき、その失敗を説明する政府の常套句は、”天皇の聖旨を実行できなかった”と説明されましたが。それは日本人の人生観が、原因と結果という当然の道理を中心に展開するのではなく、むしろ自分より偉大な何かに対するあきらめのようにみえます」

 



 

「日本人は変わり得るのか」についての決定的な答えを出すには至らなかった。

 



 

身内とよそ者

 



 

「日本では身内とよそ者という考えは非常に重要です。西洋人は、日本人が非常に礼儀正しいと考えています。確かに身内の関係のなかではきちんと紹介もされ、礼儀正しくふるまわれもします。しかし、よそ者の状況の場合、形式や丁寧さは完全に無視され、人間の感情を欠いた関係となるのです。( heart-o : 身内とよそ者という区別をしない一般という概念、感覚からの ) 社会的に丁重な言動という考え方は日本人にはありません。身内とよそ者という考えは、強い郷土愛に基づく地方主義にさかのぼることができます。外からやって来る人は、潜在的に敵やスパイと考えられていた17-19世紀に由来します。家族は最小単位の身内で、友人、級友、同郷人、同国人という単位の身内へとその範囲は広がります。よそ者はすべて劣っており、軽蔑の目で見られるのです。日本人は敗北した敵は、計是津をもって処遇されるべきだと思っています」。

 



 

敗北した日本に対するアメリカのスタンス-兄-弟という関係を用いること

 



 

さらに敗北の影響について話し合われた後、ハーリングはアメリカが日本に対して取るべき具体的な方法を提案する。

 



 

「日本人を扱うときのアプローチとして儒教的な家族の兄-弟という関係を用いることはできませんか。こうしたアプローチを取ることで、今の戦争を家族のなかで起こった喧嘩としてとらえ、私たちの強硬さを正当化することができます。それと同時に、日本人もそうした関係においては安心感をもつでしょう」。

 



 

「敗北は日本人にとって心の傷となるものです。敗北は日本人のパーソナリティーの構造破壊や、ある種の自殺といった可能性を意味することでしょう。国家という家族のなかで、日本人に居場所を与えるために何かがなされねばなりません。兄-弟という関係は、まさに建設的な方法であり、可能性が見込めるパターンで、”転移”が活用できるすばらしい方法だと思います。しかし、この役割を果たすには、私たちに多大な負担がかかることでしょう」。

 



 

「日本人は近代世界のあらゆるノウハウを求めました。私たちは発明やノウハウなどにおいて優れていたからこそ勝利することができたのです。だからこの勝利を強調し、無条件降伏と引き替えに、日本人に知識を提供することができるのではないですか」。

 



 

兄-弟という関係を阻んだアメリカによるプロパガンダ

 



 

しかし、アメリカが「兄」としての役割を果たすためには大きな障害があった。それは、これまでアメリカが行ってきたプロパガンダ、つまり日本人を「猿人間」に代表するように人間以下と扱ってきたアメリカ国内における強烈なプロパガンダに起因するものであった。

 



 

「もしアメリカが兄の役割を果たすなら、プロパガンダによって日本人を人間以下とイメージさせ続けることはふさわしくないでしょう。アメリカの世論では、日本人は人間以下とみなされています。したがって、日本とアメリカが今さら、親しい関係となることなど到底無理なことです」。

 



 

「称賛に弱い日本人にはアメとムチを使い分けることが大切です。日本が流してきたプロパガンダによって、日本人は人類とかけ離れた存在であると自分自身をみなすように条件づけられてはいますが、何かに”属する”ことを望んでいます」。

 



 

「太平洋における戦後問題の解決、たとえば日本の工業を管理したり、植民地の処理などのために、長兄関係を実際に適用することは可能なのでしょうか。こうした状況下で心の傷を少なくするためには、どうすればいいのでしょうか」。

 



 

「私たちが日本人を弟と思わない限り、私たちを兄と思えなどと日本人に求めることはできませんよ」。

 



 

「日本にあるような長兄関係はアメリカには存在しません。日本人のように理解できない場合、アメリカ人はこの役割にどのように適合すればいいのですか」。

 



 

「アメリカにとって、長兄の役割を果たすことは望ましいことなのでしょうか。日本人を弟とみなすことは、日本の顔をつぶすことになるでしょう。そうすれば、日本人は私たちの支配を快く思わないかもしれません」。

 



 

「アメリカ人がうまく何の役割を果たせるとは思いません。それはアメリカ的な考えではないからです」。

 



 

「平和を得るためには、お互いが愛し合う必要などないのですよ」。( heart-o : これは、未熟な欠点のある意識同士が、より宇宙的な愛を目指す際には、欠点を破壊し、小さき自我の殻が粉砕する、痛み、苦痛がつきものである、という意味であろう、と観じる )

 



 

「日本の場合、弟は兄を尊敬し、言いつけには従いますが、兄を嫌っています。しかし、事実1939年まで、私たちは日本の兄だったのです。日本を近代世界の仲間入りをさせるために、私たちは後押しをしたのです。しかし、日本とアメリカ人にはおそらく、異なった説明をしなければならないでしょう。現在、日本は独裁的な社会であることから、民主的な役割につくより、共産主義のような全体主義的なパターンに滑り込むほうが、日本にとっては容易でしょう。独裁的な家族を ( heart-o : 独裁的な家族的意識構造を個としても社会全体としても )もっている限り、日本に民主主義がくるはずはないのです」。

 



 

ヘレン・ミアーズ「日本人が自国の文化をどのように思っているのか、ともすれば日本の抑圧的な面が過剰に強調される傾向があることについて、次のように述べる。

 



 

「日本の文化はつらい、と考える日本人にかんしてですが、西洋化した日本人のなかにはそうした考えをもつ人がいるかもしれません。しかし、大多数はそうは思っていません。属していた集団から追い出された者が、新しい環境に適応できずにいる場合には、そのように感じているでしょう。日本人は、自分たちとは異なる方法を学んだり、その集団との関係を絶たれたりしたときに葛藤が起きます」。

 



 

ゴーラーは、ミアーズが提起した疑問を身近な例をあげて説明する。

 



 

「ミアーズさんがおっしゃったことは、本当は矛盾することではありません。条件は改善し得るものであるということがわからないうちは、その条件をそのまま受け入れることが可能なのです。私たちの祖母は、コルセットなしに生きることができるのだという考えすら抱くことはありませんでした。しかし、コルセットが非常に心地悪いことはみんなが認めていたことでしょう。日本人は自分の文化を心地悪いとは思っていますが。どうしようもないものだと考えているのは、実はそれと同じことなのです」。

 



 

日本人はノイローゼ

 



 

ハーリングは日本人全体を「ノイローゼ」という言葉を用いて特徴づけた。・・・一人は、 ”ノイローゼ ” の部分を ” アメリカ人 ” に置き換えても、ほとんど同じ結果が得られるのでは、と間髪を入れずに提案した。日本人を「ノイローゼ」とか「集団的神経症」また「脅迫的」であると特徴づけた研究者は多かった。しかし、上に述べたように、”ノイローゼ”を”アメリカ人”に置き換えても同じ結果が得られるといった皮肉はまれなものとはいえ、会議ではこのように自己を批判的な目で見る精神的、時間的な余裕がみられたのである。

 



 

日本人の精神年齢12

 



 

重要なことは、この2日間にわたる会議でテーマとして取り上げられた「日本人は青年期」の根拠となった日本人の行動パターンは、アーンスト・クリスが述べた「信念のない順応」にあり、それについては参加者の間で見解の相違はあまりみられなかった。この会議が及ぼした影響は大きく、ダグラス・マッカーサーが日本人を称して、「その精神年齢は12歳」と言わしめたほどであった ( ケント : 1997:196 )

 



 

べネディクトにとってはアメリカが抱える問題の大きさを確認する機会となった。その矛盾ゆえに日本人は「ノイローゼ」であるとか「気集団的神経症」とみなされるのである。そうして日本人の行動の背景にある日本人の倫理基準を説明しなければ、日本人の行動は到底理解できないだろうという確信に至った。

 



 

太平洋問題調査会の会議では、いくつかの重要なテーマについて多様な意見交換がなされた。しかし会議全体はさしたる成果を生み出すことはなく、ジャパノロジストたちは自説を述べることに終始した。べネディクトが59ページの論文、レポートNo.25で『日本人の行動パターン』( Japanese Behavior Patterns ) を書いたのはこうした経緯を経てのことである。べネディクトは日本人の行動の背後にある倫理規範や価値基準などに照らし、「日本人とはいかなる国民なのか説明すること」そして「日本人は変わり得るのか」という大きなテーマの研究に取り掛かった。それこそがべネディクトに求められた戦時情報局からの課題であった。べネディクトは日本の倫理規範と西洋の倫理について説明する。欧米の倫理を基準にしては日本人の行動を理解することはできない。日本時がある特定の状況の下でみせる従順さゆえに、日本人は「従順」な国民性であると分類してしまい、日本人の規律の下で彼らが示す不服従の行動パターンに気がつかない。こうした日本人の行動に見るパラドクスが西洋人を恐れさせ、日本人を不可解な国民として結論づけさせてきた。しかし、その行動の背景にある日本人の道徳規範や責務体系に関する感覚は、決して西洋人には脅威とはならない。「日本は他国から尊敬されることを重視しgており、真に平和な世界に変化してもその”精神”は変わらないと教えられている。その”精神”とは責務を果たすことと、他人の尊敬を得ることである」とべネディクトは説明する。

 



 

責務や礼儀作法にかんする規律から明らかなように、日本の倫理基準は形式的であり、善悪はまわりの状況によって左右される。したがって日本人は状況が変化しても、いとも簡単に当たらし状況に身を投じることができる。そしてべネディクトは報告書『日本人の行動パターン』のなかで、明確に「日本人は変わり得る」と結論づける。

 



 

「アメリカ式に言い換えれば、日本の自重とは、自分のあらゆる行動や話し方、身振りなどに注意を払い、考えられる影響を推し量ることを求めるものであり、こうした慎重さの背後には世間の嘲笑という拘束力が認められる、となるだろう。もちろん、第三者として、つぎのような言葉を重ねてもよい。日本人は明らかにしていないが、自重を維持するには過酷な自己鍛錬が必要であり、その掟を守れなければ、損失は大きくなるということも拘束力となっているのだ、と。その場合は、周囲の人々から是認されなくなるばかりか、その人々が結束して自分を懲らしめようとすることに気づくかもしれない。日本人が自分を扱うとき、あの有名な根を切り取られた盆栽や、活況を呈する花展で見られる、花の位置がずれないように小さな針金の輪をつけた菊を扱うときと同じような態度になるのは、そのためである」。( べネディクト : 1997:108 )

 



 

「菊」と「刀」というシンボリックな言葉をしようすることで、べネディクトの伝えようとしたメッセージは、何の手を加えなくても、そして丁寧な剪定をしなくとも菊はそれ自身美しい。そして西洋的な意味では日本人は「刀」を捨てることを申し出た。しかし、日本人は心の内なる「刀」をもち続けることで、これまでも、そして今後も不動の力をもつのである、と結ぶ。戦時中においては、攻撃性を表す象徴であったが、平和時には調和をもたらす象徴とも変化し得るのである、というのがべネディクトの「刀」に対する考えであった。それが日本人の精神の支柱ともなり得ることを指摘したのである。刀は攻撃の象徴ではなく、理想的な自己の行動の責任を取る人間というたとえとして考えていた。

 



 

べネディクトの『菊と刀』は『日本人の行動パターン』のエッセンスはそのままに、べネディクトらしさを発揮した最後の作品であった。「戦後出版された『菊と刀』によって、べネディクトの戦時情報局での仕事は、第二次世界大戦に貢献したもっとも有名なアメリカの社会学者となった。有名になったことで、べネディクトの研究や(戦時情報局における他の人々の研究)が、戦時中無視されたり利用されたことにかんする誤解を招くことになったのだが」( Price : 2008:172 ) それはまさにマーガレット・ミードが書いたべネディクトの電気的な作品である『文化人類学者の仕事』( An Anthropologist at Work ) のなかで述べていることでもあった。

 



 

べネディクトは自らの仕事の目的について、彼女の死亡する数ヶ月前の雑誌のインタビューに答えている。それは” to make the world safe for differences " ( Science Illustrated,August,1944 ) つまり、どんなにその国の文化が自国のそれと違っていようとも、そして人の生き方、価値観がある人にとって違和感を抱かせるものであろうとも、危害を与えたりするものでない限り、相互理解を促進することによって、安全に安心して生きていくことができる世界をつくることにあったといえる。べネディクトにとって国民性研究の目的はまさにそこにあるのだと公表したことになる。

 



 

戦時情報局から転じてゴーラーは、ワシントンへ行き、イギリス戦時外交使節団の1つに参画した。ゴーラーに課せられた任務は、「英国側の連絡員として行動すること、アメリカ側の類似の機関の代表員との会合で英国側を代表すること、そしてアメリカ側の態度・批判・提案を英国政府へ報告すること」であった。「共通の目的を達成しようとしていた両国の努力には一般にすぐれた協力態勢が見られたが、それにもかかわらず、この仕事が浮き彫りにしたものは、戦時という緊迫状態のもとでは、はっきり現れなかったけれども、私の同僚である英・米人多数の心の中に存在していた『不協和』『非難』という基本的な問題であった」( ゴーラー : 1967:3 )

 



 

ゴーラーにとってアメリカはやはり異文化の国であった。そしてある意味ではべネディクトもアメリカという「文化」のなかで「異文化」を感じていた。すでに論文や研究書が多く出版されており、べネディクトが抱えていた問題はオープンになっている。彼女は片方の耳が不自由であり、またレズビアンであった。戦後世界はどのようなハンディをもっていたとしても、またホモセクシュアルであろうとも、安心して生きてゆける世界であってほしいと願っていたということは当然であり、それこそが学問の力によって変え得ることだとも信じていた。ゴーラーもべネディクトもヘテロセクシュアルではなかった。違和感を感じていたからこそ、客観的な視点で異文化研究に臨むことができたのであろう。ゴーラーとは異なり、べネディクトは精神病理や専門的な社会科学用語をできるだけ省いて書いた。それはことばが文化の中心としたものであり、もしアメリカにおける読者にとってあまりにも多くの含意があると、現実認識を理解する上での障害になるのではないかと考えたからであった ( カフリー :1993:472-473 )

 



 

国民性の研究とは、国民的相違を研究することであり、文化の多様性は混乱を招くものでは決してなく、豊かにするものであるという信念をべネディクトはもっていた。

 



 

ゴーラーの日本研究は日本人の性格構造を導き出すための問題となるさまざまな糸口を取り出すことに貢献した。それを一本の太い糸にして、一見すると「脅迫的」「抑圧的」にみえる日本人の行動から日本人の倫理体系や責務体系を導きだし、パターンとしてまとまったものにするため人力したのがべネディクトであった。ゴーラーもべネディクトも絶対的な価値観が支配的な社会にあって、両者はある意味でアメリカという国のなかで異邦人であった。だからこそ文化の相対性のなかに存する共通性を求めることができ、自文化を絶対的なものとみることはなかった。

 



 

べネディクトが25年の研究生活のすべてを傾注して書いた『菊と刀』は、彼女自身の総括ともいうべき作品であった。戦時情報局も先行研究もそしてこれまで日本文化研究を行ってきた研究者からも左右されず、いうならばすべてを無にして、彼女が文化人類学を始める契機であった、世界にはいたるところに異なった習慣があり、それがどのようなものかを研究し、説明することであった。その心にあったのは、習慣がどれほど異なっていようとも、基本的には同じ目的に到達するための方法が異なっているに過ぎず、自分たちとは異なっていることで彼らの習慣は間違っているのではないことを示そうとしたのではないだろうか。また世界に真に平和をもたらすことを望んでいるなら、私たちは自分たちがしていることが唯一の方法であるという考えを捨てねばならない、ということを訴えようとしていた ( Science Illustrated )

 



 



 

他 参考資料

 



 



 

「さまよえる人 ルース・べネディクト」

 



 

マーガレット・M・カフリー

 



 



 

「菊と刀」

 



 

「日本人の行動パターン」

 



 

ルース・べネディクト

 



 



 

「アメリカの鏡 日本」

 



 

「アメリカの反省」

 



 

ヘレン・ミアーズ

 



 



 

「文化人類学の仕事」

 



 

マーガレット・ミード

 



 



 

War without Mercy (直訳:慈悲なき戦争)

 



 

「人種偏見」

 



 

ジョン・ダワー

 



 



 

「武士の娘」

 



 

杉本 鉞子

 



 



 



 



 



 



 



 



 



 

heart-o

 



 



 



 



 



 



 



 



 

特に最後の文中には、学者という業界人特有の、自己業界のエネルギー使用法の正当化に拡大する、自己陶酔があーっありふれちゃいすぎちゃってったーあーなーあーっ!?!

 



 

文化人類学ってえーっすっぱらしーいーっ!きゃっはーあーっ!

 



 

っみてーえーなーあーっ!

 



 

あのおーっノリなあーっ!

 



 

自己陶酔っ!

 



 

どこにでもあるよなあーっ!

 



 

相互に陶酔し合い、その檻から、出ないんですよなあーっ!

 



 

完全否定ではなあーいんだっけどさーあーっ!

 



 

結局、会議は、さしたる画期的な結論を得ぬまま終わったあーっ!?!

 



 

とかってあったけどさーねーえーっ!?!

 



 

だからねえーっダラダラしちゃってえーっ終わるのよおーっ所詮なあーっ金の牢獄につながれて仕事って言ったりやったりしてるとさあーっ!

 



 

それが集まっても同じだよおーっ!

 



 

ってえーっよくわかる資料とも言えるのさーあーっ!

 



 

完全否定ではないがあーっ、そこで止まったっ切りっ!?!

 



 

ではあーっいかんのさーあーっ!

 



 

ってなあーっ提案だよおーっとねーえーっ!

 



 

やっぱりーいーっ!

 



 

文化人類学にせよ、社会学にせよ、人類に焦点を当てすぎる為に、そこが、膨張して、人類最優先至上主義が、甘やかし合い過ぎになっちゃうんだよなっあーってえーっ感想があーっ第一に残ったあーなあーっ!

 



 

異文化でも、習慣がどうだって、全てを尊重して、平和にやれる、それが愛だ、とか言ってると、人類の正当化になり過ぎるのさなーっ!

 



 

そこで止まっちゃう、その意味で、この学問っつうーのはあーっ、よくねーよなあーっ!

 



 

この意識が、そもそも、戦争的、つまり、偏った自己の対立を生み出し続けたあーっ『張本人』でありっ『真犯人』だったねーえーっ!

 



 

っとかあーっオレはあーっここでえーっ決着をつけてなーあーっハッキリさせやしょおーってっかさーあーっだねーっ!

 



 

全ての人類の文化、習慣を尊重する前に、全ての存在も尊重するの前提を置くとだねえーっ!

 



 

そこには、尊重してはならない、エネルギー習慣が、アリアリでしょおーっ!

 



 

それを、『文化』とか『価値基準』と称して、正当化し、保護するで止めちゃう事を、『尊重』って言うとねっ!

 



 

人類以外が、疎外され、後回し、劣悪に扱われる事を、許可し続けることになったあーんだよさーあーっ過去ねーえーっ!

 



 

そこを、この学問とかゆうーっことを言い張ってるうーっ集団だねえーっ学者っつーのがだなーあーっ!

 



 

大妨害してきたのさーあーねーえーっとだーあーなーあーっ!

 



 

ここをーっ突き破って行個オーぢゃあーねーえーのおーっとさーあーっ!

 



 

ってことでなあーっ!

 



 

オレは、最後に結論として置き、提案として明確化しときやっすうっ!

 



 

そんなあーっオチオチィーッやってったらあーなーあーっ人類以外の全存在がなあーっブーイング出しまくるうーっにいーっ決まっちゃってエーやーアーんでーエーいーよーおーっとさーねーえーっ!

 



 

だからねっ!

 



 

学問の檻を破って、いざあーっ、出でよおーっ、全宇宙全生命観と共鳴し続けてるうーっ、全存在共有可能なるうーっ、あの純生バイブレーション炸裂うーっでなあーっ!

 



 

いっきやしょおーっひゃっほっおーいーっとっかさーあーっ!

 



 

だなーあっ!

 



 

ハイーッ

 



 

 



 

 



 



 



 

P.S.

 



 

!

 



 

べネディクト レズビアン だったあーっ

 


 



 

って あったけどさあーっ

 



 

 



 

やっぱねえーっ



 

 



 

性の快感に とっつかまっててなあーっ よっぱらったり おぼれてる うちゃあーっ

 



 

 



 

人類に甘くなり過ぎちゃうんだろーさあーっ

 



 

 



 

この会議が てえーしたあーっ 結論を 得なかったあーっ

 



 

 



 

一大原因 とかもおーっ そっから 来てらあーっ

 



 

 



 

意識 えねるぎー バイブレーション の 自己膨張化

 



 

 



 

ありそっ

 



 

 



 

だっさーあーっ

 



 

 



 

ってねーっ

 


 



 

オレは そー 結論 つけとくねっ

 



 

 



 

人類最優先至上主義

 



 

 



 

突破

 



 

するの

 



 

 



 

性の快感

 



 

 



 

超越

 



 

してらあーのーよおーっとさーあーなあーっ

 



 

超然

 



 

宇宙愛

 



 

 



 

バイブレーション

 



 

快感

 



 

モード

 



 

設定

 



 

カモーンーッ

 



 

 



 

ではよっ

 



 

 



 

バーイッ

 



 



 

マルッ

 



 

 



 

 



 



 



 



 



 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

heart-o

 

 

 

 

 

 

 

http://hearto.webcrow.jp/

 

 

 

 

 

blog

 

 

 

 

 

http://heart-o-one.blogspot.jp/

 

 

 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 


76
最終更新日 : 2017-03-10 18:26:19


読者登録

heart-oさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について