twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格400円(税込)
カテゴリー ビジネス・教育・社会 政治・社会 作者 編集:総合社会福祉研究所
価格 400円(税込)
タグ 福祉平和定時制高校福島貧困
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

10 ダウンロード

Kindleに送信

この本にはePubファイルが存在しないため、MOBIファイルを生成することができません。

状態 完成 ページ数 87ページ (Web閲覧)
88ページ (PDF)
試し読み:10ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
特集

2017年の社会福祉を語る ~2016年を振り返り、2017年を展望する~

 国民生活から乖離(かいり)した政策に対して、孤立して暮らす多くの高齢者、保育所に入れずに路頭に迷う母子、あした暮らすお金もなく、生活保護からも排除される人たち、六五歳を境に障害から高齢へと規制と抑制される障害者。現象面に浮かぶ出来事の背景と真意を明らかにするために、それは、個人の責任ではなく、社会、国家の問題であることを。
 国民の生活の叫び、願いを、常に科学的で鋭い政策批判と、その実態を、『福祉のひろば』は発信し続けます。

 社会福祉現場で、生活問題や社会問題を背負っている人々に向き合い、寄り添う福祉労働者の存在は、今の日本で欠かすことができません。そして心ある社会福祉事業者の存在も大きな力です。それらの人々を励まし、その苦闘と福祉労働の醍醐味を『福祉のひろば』は伝え続けたい。
 親たちが日々の生活と労働に疲弊(ひへい)しています。そのなかで、子どもたちが健やかにはぐくまれる地域や社会の存在が大切なのに、削ぎ落とされています。だからと言って、黙認するわけにはいかないのが、社会福祉であり、福祉労働者です。専門職と言われても、その社会的扱いは、その役割や価値から大きくかけ離れています。

 昨年、保育や介護の人材不足問題が、かつてないほど高まりました。今も続いています。しかし、その世論や叫びが問題解決にまでは達していません。ある集会での発言です。
「川上から川下に、押し流された人が流れて来るのは私たちの施設」
「その人々と一緒にこの構造を、流れを、変えていくのも私たちの施設」
 これは、運動だけではなく、主権者としての国民の豊かに生きる保障への実践であり、チャレンジだと受け止めました。

 戦後、無差別平等、最低生活保障、そして社会保障の国家責任を、日本は決めました。その逆流を許さず、再構築する二〇一七年。その立場と、実践に! 『福祉のひろば』はがんばります。

この本には試し読みが 10 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる。やがて色の付いた羊はふえて、普通になり、名前も変わっ...

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...
200円
絶景に出会える道の駅!“全国50選”

この本を開く

全国の道の駅巡りをしています。既に1000か所以上を訪問し、2014年5月に一応全国制覇を果たしたの...

この本を開く

なまずくの耐震事件簿の第1.5話と第2話。耐震診断情報を整理して診断書を作成し報告に行きます。果たし...

もっとみる