閉じる


はじめに

近頃、めっきり電子書籍周辺が賑やかで「うかうかしていられない。このビッグウェーブに乗るしかない」などと思っていたのですが。

思っているだけで、インターネットのことは全然わからないし、そもそも具体的に何をしていいのかわからない……。

そんなときに見つけたのが、誰でも電子書籍を作って、売ることができるパブーのサービスでした。

 

「これなら、もしかして何とかなるんじゃね?」というわけで、パブーでいろいろやってみようと思い立ったのですが……。

公式に用意されているマニュアルには、あまり詳細なことが書かれていませんでした。

マニュアル製作を仕事にしているせいか、どうしても詳細なマニュアルが欲しがってしまうのです(あったらあった、たぶん読むことはないんですが…)。

 

そこでパブーの画面を見ながら「このメニューバーでは何ができるんだ?」と、とりあえず操作をしながらメモ書きしていました。

そうやってメモを書き留めていくうちに、けっこうな分量がたまってきました。

たまったメモを前にして「このメモを電子書籍として発行しちゃえば、ネタ出しと電子書籍の練習の一石二鳥になるんじゃね?」ということで、まとめられたのが本書です。

 

本書では、パブーの公式マニュアルと重複する説明は基本的に省略しています。

ページの編集画面をメインに、主にテキストの編集や画像の挿入、表組みの作成について触れていく予定です。

(本書を刊行後も随時バージョンアップしていきます)

パブーへの登録方法や、ブックやページ追加などについては公式マニュアルをご覧ください。

また、本書の内容は執筆時点でのパブーの挙動を元に書かれています。パブーのバージョンアップに伴い、本書と内容が異なる場合があります。

 

最後になりましたが、本書の内容はパブーのページ編集画面を操作しながら、気付いたことをメモしたものがベースとなっています。

したがって仕様に基づいた記述ではありませんので、あらかじめご了承ください。

パブーの仕様に関するお問い合わせなどは、運営サイトへお訊ねください。


目次

1. ページの編集画面
1-1. メニューバーの操作
1-2. メニューバーから選択できるフォント一覧
1-3. フォントのサイズ
1-4. [書式を解除する]の挙動
1-5. [元に戻す]と[やり直し]
2. 文字入力
3. 段落の扱い
3-1. 改行と改段落の挿入
3-2. 文字・段落の装飾
3-3. 文字に色を付ける
3-4. 複数の段落にまとめて文字の色を付ける
4. 円マークが文字化けする
5. URLを入力したときの挙動
6. ルビを振る

1.ページの編集画面

電子書籍の本文の入力は、ページの作成・編集画面で行います。

ページの作成・編集画面では、最初に[ウィジウィグエディター]による編集画面が表示されます。

ウィジウィグエディター

 

ワープロ感覚で文字の入力や画像の挿入ができ、メニューバーにあるボタンをクリックするだけで、HTMLタグを知らなくても簡単な文字・段落の修飾ができます。

ワープロやブログなどでおなじみの画面のためか、マニュアルには詳しいことは書かれていません。

(今後のバージョンアップで、画面が変わることも見越しているのかもしれません)

 

画面下の[HTMLエディターに切り替える]をクリックすると、HTMLタグを使って入力する画面になります。

HTMLエディター

 

こちらはHTMLを直接編集して、本文を入力していきます。

[ウィジウィグエディター]ではできなかった細かな設定ができます。

HTMLに習熟している方にオススメの編集方法……なのですが、パブーではちょっとしたクセがあるようです。

本書では、そのクセについても触れていきたいと思います。


1-1.メニューバーの操作


1.選択した文字を太字にします

2.選択した文字に斜体をかけます

3.選択した文字にアンダーラインを引きます

4.選択した文字に打ち消し線を引きます

5.選択した段落の頭に番号を振ったリストにします

6.選択した段落の頭に点を付けたリストにします

7.選択した段落にインデントを設定します(ボタンを押すごとにインデントが下がります)

8.選択した段落のインデントを解除します(ボタンを押すごとにインデントが戻ります)

9.選択した段落を左寄せにします

10.選択した段落を中央寄せにします

11.選択した段落を右寄せにします

12.選択した文字・画像にリンクを設定します

13.リンクを解除します

14.行中に横罫線を引きます

15.選択した箇所に画像を挿入します(画像の挿入に関しては別項にまとめる予定です)

16.選択した文字のフォントを設定します

 ・ヒラギノ明朝 Pro W6

 ・ヒラギノ明朝 Pro W3

 ・HGS明朝E

 ・メイリオ

 ・Osaka

 ・MSPゴシック

 ・Arial

 ・Georgia

 ・sans-serif

17.選択した文字のサイズを変えます

18.選択した段落に<p>と<h1>~<6>のタグを付けます。
 (デフォルトの「Style」のままだと段落には何もタグが設定されない状態となります)

19.選択した文字の装飾を解除します

20.操作を一段階戻します

21.元に戻した操作をやり直します


1-2.メニューバーから選択できるフォント一覧

メニューバーから選択できるフォントの一覧です。

一応、それぞれのフォントをHTMLタグで設定していますが、お使いのハードウェアにインストールされているフォントによっては正しく表示されません。

 

フォントの説明は「和文フォント大図鑑」を参考にしました。

フォント名をクリックすると、「和文フォント大図鑑」の一覧表が表示されます。

フォントのイメージを見たいときは、こちらのサイトを参考にしてください。

(本当は、こちらでフォントイメージを用意したかったのですが、インストールされていないフォントもあって、こちらで用意できませんでした)

 

和文フォント

ヒラギノ明朝 Pro W6

MacOS Xからバンドルされているフォントです

 

ヒラギノ明朝 Pro W3

MacOS Xからバンドルされているフォントです

 

HGS明朝E

Microsoft Officeにバンドルされているフォントです

 

メイリオ

Windows Vistaからバンドルされているフォントです

 

Osaka

MacOS 9.2.2までにバンドルされているフォントです

 

MS Pゴシック

Windowsのシステムフォントです

 

欧文フォント

Arial

 

Georgia

 

sans-serif



読者登録

アイソメ万太郎さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について