閉じる


 

=目次=

 

 

 

 

 

1   はじめに業界の ウラ話・・・・・・・・・・(p3~9

 

 

 

 

 

 

 

2   手抜き業者の被害にあわない為に・・・・・・・・・(p10~12

 

 

 

 

 

 

 

3   塗料の薄め基準・・・・・・・・・・(p13~15

 

 

 

 

 

 

 

4   知らないと損する見積もりチェックポイント・・・・・・・・・・(p16~18

 

 

 

 

 

 

 

5   適正価格とは 安い(お得!?)高い(損する!?)・・・・・・・・・・(p1920

 

 

 

 

 

 

 

6   業界用語・・・・・・・・・・(p2122

 

 

 

 

 

 

 

7   こんな業者は危ない!? 実体験・・・・・・・・・・(p2324

 

 

 

 

 

 

 

8   やって良かったと思える工事にするためには・・・・・・・・・・(p25

 

 

 

 

 

 

 

9   塗料の選び方・種類・・・・・・・・・・(p2629

 

 

 

 

 

 

 

10   終わりに・・・・・・・・・・(p30

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

1   はじめに業界の ウラ話・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

はじめまして発行者の ()末広美装の代表取締役の小林 雅樹です。

 

 

 

 

 

 

 

簡単に自己紹介から入らせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

昭和58107日生まれ(33歳)

 

 

 

 

 

 

 

栃木県芳賀郡市貝町多田羅という田舎で生まれました。(3人兄弟の二男)

 

 

 

 

 

 

 

小学校3年の時両親の離婚(転校)

 

 

 

 

 

 

 

赤羽小→大内東小(井頭公園・一万人プールの地区が地元です)

 

 

 

 

 

 

 

大内中→真岡工業高校建築科(中退)

 

 

 

 

 

 

 

26歳で結婚 子供男の子と嫁 家族ができたことによって宇都宮高校(通信制)に

 

 

 

 

 

 

 

一年通い卒業(みんな若い子ばかり(_;) 中には60代の方もいらっしゃいました)

 

 

 

 

 

 

 

28/9.6つい最近 二人目の男の子が誕生しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

10代はやりたいことが見つからず 職を転々とし 何の仕事も長続きしませんでした。

 

 

 

職はバイトも含め色々な仕事をしました。その数は10~20くらいだと思います。

 

 

 

 

 

いわいる落ちこぼれ の優等生だったのかもしれません。

 

 

 

20代になると大工仕事と縁があり5~6年程度地元の工務店で仕事をさせていただきました。

 

いったんは大工仕事を諸事情から遠ざかり  数年経って 大工仕事と塗装工事の仕事をするようになりました

 

 

 

主に住宅がメインで 某小学校の塗り替えや 工業団地にある某会社など

 

 

 

塗装工事させていただきました。

 

 

 

 

 

2010年12月頃 今から約6年前に 開業

 

 

 

2015年1月23日(株)末広美装として 法人化しました。

 

 

 

 

 

最初に働いて手にしたお金は 仕事が始まって約4か月後だったのを今でもおぼえています。

 

 

 

最初は仕事がなく 昼は応援などで手伝いに行き 夜は新聞配達のバイトして

 

 

 

昼夜昼夜の睡眠時間 約4時間  

 

 

 

新聞配達から終わってすぐ昼の仕事なのでとても眠いです。運転しながら寝そうになったことは何回もあります。今だから ちょっと笑えますが・・・・その時は必死です

 

 

 

コンビニのトイレやパーキングなどで顔を洗って眠気さまし

 

 

 

昼間の稼ぎが悪いので夜バイトして10万程度

 

 

 

こんな生活を一年間やりました。

 

 

 

 

 

今思えば 子供や嫁がいたからそこまで やれたのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

本題業界のウラ話

 

 

 

 

 

 

 

突然ですが

 

 

 

 

 

大手ハウスメーカーの下請け業者の1棟住宅 請け負う金額いくらだか

 

 

 

 

 

 

 

知っていますか?

 

 

 

 

 

 

 

材料メーカー支給の手間

 

 

 

 

 

 

 

約15人工×15000×18000円税込 22.5万~27万(1人工とは作業員一人の一日の手間) 例 2×7+1×1

 

 

 

        150200万くらい当たり前の大手塗装工事なのに 6分の110分の1の

 

 

 

 

 

 

 

金額で施工してほかの施工費どこへいってるの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼったくり!? いいえ違いますが・・・

 

 

 

 

 

 

 

大手になると私たちには分からない スタッフの人件費や

 

 

 

 

 

 

 

広告費(CM・ラジオ・新聞・他)に莫大なお金がかかっているとのことです

 

 

 

 

 

 

 

大手ハウスメーカーに頼む最大のメリットはだれでも名前が知っているから 安心

 

 

 

 

 

 


 

ブランドなので 高くても安心を買っていると思えば 妥当な価格だとも考えようです

 

 

 

 

 

 

 

しかし良く考えてみてください

 

 

 

 

 

 

 

ハウスメーカーには職人がいません。実際やるのは下請け業者です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな話も聞きます。  工事が終わってみないと現場でいくらもらえるかわからない。

 

 

 

 

 

 

 

金額も知らせられないまま、工事金額を予想して工事を進めなくてはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

余計なことを聞くと 仕事がもらえなくなるため だまって仕事をするしかないのです。

 

 

 

 

 

 

 

そうなるといい仕事なんかできるはずがありません。

 

 

 

 

 

 

 

いくらもらえるか分からなかったり予算が極端に少ないと

 

 

 

 

 

 

 

どうなるか、酷い場合見えない所は塗らなかったり・塗料を薄めて経費削減

 

 

 

 

 

 

 

極度の希釈でこれ水!?みたいな状態で ありえない速さで仕上げる

 

 

 

 

 

 

 

いかに早く終わすかという観点しかありません。生活していくには

 

 

 

 

 

やも得ない状況も考えられます

 

 

 

       とてもお客様のためにという内容には ほど遠いです。

 

 

 

 

 

 



読者登録

suehirobisouさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について