閉じる


試し読みできます

連写機能を使い一瞬を逃さない

 モリアオガエルの卵塊から、孵化したオタマジャクシが落下する瞬間をとらえようと、2日間頑張ってみました。
 いつ落ちるか分からないので、落ちそうになる前からひたすら連写です。連写は動くものを追いかけるときに使う機能と思いがちですが、こんな風に、いつシャッターチャンスが訪れるか分からないときにも威力を発揮します。
 私のカメラは廉価グレードなので、連写速度(約2.8コマ/秒)はともかく、5コマ連写すると記録のために一旦止まってしまうのが辛いところ。連写が止まった瞬間にポトリと落ちたりして、何度も悔しい思いをしました。
 1000枚近く撮った中の1枚がこれ。先端に黒く見えるのがオタマジャクシです。分かりますか。泡の上の方にも1匹見えています。


PENTAX K100D+シグマ30mm/F1.4
1/200 秒、F4、ISO 200、露出補正 -1、30 mm(45 mm相当)


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)

読者登録

たくき よしみつさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について