閉じる


<<最初から読む

21 / 112ページ

試し読みできます

   常識ハズレなのではねのけやすい

 

 

   だけど

 

   ホントかな?

 

   どういうことだろう?

 

   と考えながら聞いてもらえるとうれしい。

 

 

べに:うーん、よくわからないこともあるけど

 

   でも、なんかとりあえず

 

   全否定しないで、ちょっと聞いてみよう

 

   というって気になった。

 

 

 

 心理的な辛さが癒えぬ毎日

 

市川

事は、ぼくが20代前半のときに起きた。

 

22才のときに、夏のバイトをしてたり

 

そのとき、プールのバイト。

 

 

水着姿がたくさん見れる(笑)

 

べに

もうぅ(。・ω・。)

 

市川:少年に

 

   「まだ時間じゃないから

 

   プールに入っちゃいけないって


試し読みできます

   ことになってるんだぞっ」

 

   とか言ったりね(。・ω・。)ノ~

 

   1回だけどお姉さんの

 

   ぽろりもあったよ。

 

   やったぁ~見れたと思った(笑)

 

 

 

 

べに:もぅなんの話よっ

 

 

市川:つまり、別に心理的にとても苦しく辛い

 

   状態が続いているという状態ではない

 

   ということ。

 

 

べに:ふーむ。

 

 

市川:それであるトラブルがあって

 

   まあある種の大喧嘩みたいな感じかな。

 

   (一応ですが家族関係の喧嘩ではない)

 

   それが心理的な病の発症のきっかけ

 

   その頃から心理的に辛く苦しい毎日が続く。

 

 

   数週間経っても辛さや苦しみが癒えない


試し読みできます

   ぼくはこれはヤバいと思った。

 

   一向に辛さが軽減されていない。

 

   ときに体がよじれるほど

 

   心理的に気持ちが辛く苦しかった。

 

 

   それでぼくは心理療法を試そうと思った。

 

   実はぼくは心理療法に少し詳しくて

 

   予備的な知識やデータを知っていた。

 

 

   心理療法家の認知療法をやった。

 

 

べに:認知療法っていうのは

 

   どういうの?

 

 

市川:認知療法というのはとても簡単に言えば

 

   なにが問題でなにが原因で

 

   どうすればいいかを出来事などを

 

   振り返って論理的に考えて

 

   考え方がどこかズレていたら

 

   それを事実と一致させるような療法。

 

   

   心理療法の人のサイトに行って

 

   その方法をやった。

 

   ちなみに認知療法でうまくいる人もいるそう。

 

   しかしぼくの場合はうまく治癒されなかった。

 

 

   ぼくの場合は診断されてはいないけど


試し読みできます

   心的外傷ストレス障害と

 

   うつ病の2つだと思う。

 

 

   双極性障害(旧 躁うつ病)でもなく

   パニック障害でもなく

   境界性パーソナリティ障害でもないと思う。

 

 

べに:心的外傷ストレス障害って

 

   どういうのなの?

 

 

市川:心的外傷ストレス障害っていうのは

 

   英語略ではPTSDとも言われていて

 

   心に大きな傷ができて

 

   その大きなストレスによる障害が起きること。

 

   なにかの事件や事故などの強いショックによって

 

   心に大きな傷を負うことが言われている。

 

   恐怖や不安や怒りなどを伴うとも言われいる。

 

 

べに:うつ病はどういう病?

 

 

市川:うつ病は気持ちが大きく沈んで

 

   無気力の状態や辛い気持ちである状態が

  

   続く状態。

 

   他にも睡眠障害になったりすることもある

 

   と言われてる。

 

   重症の場合は自殺して苦しさから解放されたい

 

   と思い、具体的な計画を考える人もいる。

   

   自殺する場合もある。


試し読みできます

市川:ぼくの場合は自殺できれば楽だ

 

   と思うほど辛かった。

 

   だからかなり重症なほうだと思う。

 

 

べに:とても辛いんだ・・

 

 

市川:うん、とても(笑)

 

   それからいろいろと調べた。

 

   仕事をしていない状況で調べたから

 

   いろいろと調べていろいろとやった。

 

   音楽療法もやった。

 

   癒し系なのも、ロックなものも。

 

   これで癒えるだろうか・・。

 

 

べに:それで癒えたの?

 

 

市川:全然、癒えなかった。

 

 

べに:・・・。

 

 

市川:それでもぼくはいろいろと調べてやった。

 

   恐怖症対策として

 

   恐怖の対象となるものを

 

   徐々に近づけて、そしてやっつけて

 

   心理的に勝つような療法もやった。

 

   それでうまくいくか・・

 

 

べに:うまくいったら嬉しい



読者登録

たかっちさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について