目次
目次
目次
人物紹介 1
人物紹介 2
人物紹介 3
大友家家系図
用語集 1
用語集 2
用語集 3
用語集 4
戦争芸術
戦争芸術 1
戦争芸術 2
戦争芸術 3
外交官達の戦場
外交官達の戦場 1
外交官達の戦場 2
外交官達の戦場 3
外交官達の戦場 4
外交官達の戦場 5
外交官達の戦場 6
外交官達の戦場 7
外交官達の戦場 8
外交官達の戦場 9
外交官達の戦場 10
外交官達の戦場 11
外交官達の戦場 12
外交官達の戦場 13
外交官達の戦場 14
外交官達の戦場 15
外交官達の戦場 16
水城合戦
水城合戦 1
水城合戦 2
水城合戦 3
水城合戦 4
水城合戦 5
水城合戦 6
水城合戦 7
水城合戦 8
水城合戦 9
水城合戦 10
水城合戦 11
水城合戦 12
水城合戦 13
水城合戦 14
水城合戦 15
水城合戦 16
水城合戦 17
水城合戦 18
水城合戦 19
水城合戦 20
水城合戦 21
水城合戦 22
水城合戦 23
水城合戦 24
響灘海戦
響灘海戦 1
響灘海戦 2
響灘海戦 3
響灘海戦 4
響灘海戦 5
響灘海戦 6
響灘海戦 7
響灘海戦 8
響灘海戦 9
響灘海戦 10
響灘海戦 11
響灘海戦 12
響灘海戦 13
響灘海戦 14
響灘海戦 15
響灘海戦 16
響灘海戦 17
響灘海戦 18
小金原合戦
小金原合戦 1
小金原合戦 2
小金原合戦 3
小金原合戦 4
小金原合戦 5
小金原合戦 6
小金原合戦 7
小金原合戦 8
小金原合戦 9
小金原合戦 10
小金原合戦 11
小金原合戦 12
小金原合戦 13
小金原合戦 14
小金原合戦 15
小金原合戦 16
小金原合戦 17
小金原合戦 18
小金原合戦 19
小金原合戦 20
小金原合戦 21
小金原合戦 22
小金原合戦 23
小金原合戦 24
小金原合戦 25
小金原合戦 26
小金原合戦 27
小金原合戦 28
小金原合戦 29
小金原合戦 30
小金原合戦 31
小金原合戦 32
小金原合戦 33
小金原合戦 34
小金原合戦 35
小金原合戦 36
小金原合戦 37
小金原合戦 38
門司義父娘会談
門司義父娘会談 1
門司義父娘会談 2
門司義父娘会談 3
門司義父娘会談 4
門司義父娘会談 5
門司義父娘会談 6
門司義父娘会談 7
門司義父娘会談 8
門司義父娘会談 9
門司義父娘会談 10
門司義父娘会談 11
門司義父娘会談 12
門司義父娘会談 13
門司義父娘会談 14
門司義父娘会談 15
門司義父娘会談 16
門司義父娘会談 17
門司義父娘会談 18
門司義父娘会談 19
門司義父娘会談 20
門司義父娘会談 21
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

51 / 133ページ

試し読みできます

水城合戦 23

……あの女の手の上で踊っていたという訳た……」

 室見川手前で原田勢は糸島半島から出た大友軍二千に補足され、激しい合戦の後原田勢は大将以下全て討ち取られた。

 主なき高祖城も開城し、糸島と太宰府の連絡線の構築によって博多が最前線となった為に、毛利軍は立花山城に後退する事になる。

 原田了栄が漏らしたあの女については珠姫だろうと言われているが、お色太夫ではないかという説も根強く残っている事を明記しておこう。

 この合戦で毛利軍は大友軍に数百の損害を与えはしたが、千数百近い損害を受けて水城を抜けなかったという敗北を喫した。

 だが、大友軍はその勝勢に乗って博多を奪還しにはこなかったのである。

 

水城合戦

 兵力 

大友軍 七千

毛利軍 九千五百

 損害

大友軍 数百

毛利軍 千数百

 討死

  原田了栄 (毛利軍)

 

「しかし、何でやつら追撃しなかったんだ?

 あのまま名島なり立花山なり攻めていれば、博多は奪還できただろうに……」

 水城合戦の翌日、山中幸盛は名島城で博多の町を眺めながら呟く。

 大友軍は再占拠した丸山城も捨てて全兵力を元の水城に下げさせていた。

 大友軍が捨てた丸山城には毛利軍がそれなりの兵を置いて、寝返った稲居塚城主安河内延昌と宇美方面へ備えさせている。

 この水城合戦では毛利軍の将兵が消耗したが原田家が滅んだだけで、博多の支配権は相変わらずこちら側にある。

 勝利による戦果拡大を狙うのならば、大友軍はこっちに押し出してもおかしくは無い状況のはすである。

 毛利軍の兵はまだ多いが敗戦で士気は落ち、大友軍は糸島や原鶴からの後詰も期待できた。

 その問いに対する答えは、立花山城からの早馬で届けられた。

「白山城の宗像氏貞殿より急報!

 響灘沖で大友水軍と毛利水軍が戦い、毛利水軍が敗北したとの事!!」


試し読みできます

水城合戦 24


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)

読者登録

北部九州在住さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について