目次
目次
目次
人物紹介 1
人物紹介 2
人物紹介 3
大友家家系図
用語集 1
用語集 2
用語集 3
用語集 4
戦争芸術
戦争芸術 1
戦争芸術 2
戦争芸術 3
外交官達の戦場
外交官達の戦場 1
外交官達の戦場 2
外交官達の戦場 3
外交官達の戦場 4
外交官達の戦場 5
外交官達の戦場 6
外交官達の戦場 7
外交官達の戦場 8
外交官達の戦場 9
外交官達の戦場 10
外交官達の戦場 11
外交官達の戦場 12
外交官達の戦場 13
外交官達の戦場 14
外交官達の戦場 15
外交官達の戦場 16
水城合戦
水城合戦 1
水城合戦 2
水城合戦 3
水城合戦 4
水城合戦 5
水城合戦 6
水城合戦 7
水城合戦 8
水城合戦 9
水城合戦 10
水城合戦 11
水城合戦 12
水城合戦 13
水城合戦 14
水城合戦 15
水城合戦 16
水城合戦 17
水城合戦 18
水城合戦 19
水城合戦 20
水城合戦 21
水城合戦 22
水城合戦 23
水城合戦 24
響灘海戦
響灘海戦 1
響灘海戦 2
響灘海戦 3
響灘海戦 4
響灘海戦 5
響灘海戦 6
響灘海戦 7
響灘海戦 8
響灘海戦 9
響灘海戦 10
響灘海戦 11
響灘海戦 12
響灘海戦 13
響灘海戦 14
響灘海戦 15
響灘海戦 16
響灘海戦 17
響灘海戦 18
小金原合戦
小金原合戦 1
小金原合戦 2
小金原合戦 3
小金原合戦 4
小金原合戦 5
小金原合戦 6
小金原合戦 7
小金原合戦 8
小金原合戦 9
小金原合戦 10
小金原合戦 11
小金原合戦 12
小金原合戦 13
小金原合戦 14
小金原合戦 15
小金原合戦 16
小金原合戦 17
小金原合戦 18
小金原合戦 19
小金原合戦 20
小金原合戦 21
小金原合戦 22
小金原合戦 23
小金原合戦 24
小金原合戦 25
小金原合戦 26
小金原合戦 27
小金原合戦 28
小金原合戦 29
小金原合戦 30
小金原合戦 31
小金原合戦 32
小金原合戦 33
小金原合戦 34
小金原合戦 35
小金原合戦 36
小金原合戦 37
小金原合戦 38
門司義父娘会談
門司義父娘会談 1
門司義父娘会談 2
門司義父娘会談 3
門司義父娘会談 4
門司義父娘会談 5
門司義父娘会談 6
門司義父娘会談 7
門司義父娘会談 8
門司義父娘会談 9
門司義父娘会談 10
門司義父娘会談 11
門司義父娘会談 12
門司義父娘会談 13
門司義父娘会談 14
門司義父娘会談 15
門司義父娘会談 16
門司義父娘会談 17
門司義父娘会談 18
門司義父娘会談 19
門司義父娘会談 20
門司義父娘会談 21
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

29 / 133ページ

試し読みできます

水城合戦 1

水城合戦

 

 毛利家からの後詰である尼子勢四千が丸一日かけて芦屋にあげられた時、大友家はそれを妨害する事ができなかった。

 いや、しようとしていたのだ。

 問題は、その妨害行動が戦略行動ではなく、国人衆達の自衛行動から発していたという所で、そあいう経緯から偶発的に発生した猫城合戦は大友軍の敗北に終った。

 この合戦にまだ一部しか上陸していなかった尼子軍は、山中幸盛が先頭に立ち猫城の後詰に動き、九州の諸将にその武勇を見せ付けることに成功していた。

 その後、妨害を排除した尼子勢は宗像領の本拠である岳山城に入り、毛利の旗を掲げて彼らの軍勢千と共に立花家との最前線にあたる許斐岳城に移った時にその報告は飛び込んできた。

「立花家にて謀反発生!

立花家は毛利につき宗像家に後詰を求めています!」

 水際で防ぐ事を期待されていた立花山城の立花鑑載が重臣である安武鑑政と藤木和泉守の謀反によって殺されるという突発事態が発生したのである。

 間の悪い事に、この時大友軍は原田了栄が篭る高祖城を攻めており、この謀反で大友軍は城攻めを中止して撤退に追い込まれていた。

 かくして、毛利軍五千は犬鳴峠と見坂峠を守っていた立花軍と合流して、立花山城に入城したのだった。

 この入城を持って、博多は毛利の手に落ちたと言っていいだろう。

 なぜなら、博多の大友勢力は立花山城陥落時の想定に基づいて二日市に退避を終了しており、後を任された博多町衆は大友勢力が居ない事と、毛利軍に逆らわない事を約束して博多を戦火から守ったのである。

 この町衆の中に中州遊郭の島井茂勝の姿もあった。

 毛利軍の中には、珠姫の牙城である中州遊郭そのものを焼き払えという声もあったが、神屋紹策の仲介に宗像氏貞の妹であり中州遊郭主となったお色太夫(太夫の名乗りはったりだったが、後に珠姫が正式に追認した)の嘆願に策源地となった宗像家からも配慮の声が出た為に、実行に移されることはなかった。

 とはいえ、その代償に兵糧の提供と遊女達の奉仕を突きつけられ、お色太夫をはじめとした大友女達は服を着る暇もなく男の上で腰を振り続ける羽目になった。

 その凄惨な陵辱に、府内のとある姫(妊婦)は、

「なんてうらやま……げふんげふん。

けしからん!」

という一言を残したという。


試し読みできます

水城合戦 2

 話がそれた。

 現在博多に集結している毛利軍の内訳は以下の通りである。

 

 尼子勢  三千  山中幸盛 他

 旧大内勢 千   秋穂盛光 吉田興種

 宗像勢  千   占部尚安

 立花勢  四千  安武鑑政 藤木和泉守

 原田勢  五百  原田了栄

 合計   九千五百

 

 彼らが博多掌握後に目をつけたのが、博多近郊の大友勢力の最大の拠点である二日市遊郭と太宰府であり、それを守る宝満城であった。

 

 日田鎮台 二千  田北鑑重

      五百  問駐所鎮連   

 筑後衆  五百  豊饒鎮連

 御社衆  千五百 怒留湯融泉

 筑前衆  五百  筑紫広門

 竜造寺勢 二千  鍋島信生

 合計   七千

 

 兵力では勝っており、一合戦で完全に博多を支配するのも夢ではない。

「兵で勝ち、勢いも我等の方にある。

 宝満城を落とせば、大友軍は容易に博多に攻められなくなる。

 直ちに兵を出して、宝満城を攻め取るべし!」

 今まで散々押されていた分、立花山城での軍議に参加している原田了栄は鼻息荒く攻撃を主張する。

 が、安武鑑政が岩屋城近隣の大友軍の詳細を告げる。

 家中の掌握のために立花家においては総動員がかけられていたが、謀反のためにそれを十分に使えるとは言いがたいのは口にしなかった。

 だが、先ごろまで大友側だっただけに、大友軍の配置も全て漏れていた。

「糸島半島を抑える臼杵鎮続は、府内からの指示によって城に篭っている模様。

 こちらが糸島に兵を向けたら、宝満城からの後詰が背後から襲う手筈になっております」

 原田了栄は糸島半島を巡って臼杵鎮続と何度か争っていた。


試し読みできます

水城合戦 3

 もちろん、この機会に糸島半島を手に入れたいという下心はあるが、即座にそれを主張するほど視野が狭いわけではない。 

 安武鑑政はそんな原田了栄の内心など気にすること無く話を続ける。

宝満城の城主は筑前方分にして加判衆である田北鑑重

 彼が八千の兵と共に宝満城とその周囲に篭っています。

二日市と太宰府には中洲遊郭から逃げ出した女共が居る模様」

 散々苦しめられた鬱憤を中州遊郭で晴らした原田了栄が下卑た冗談を言う。

「彼女らは、宝満城落城の際に褒美として兵たちにくれてやろう。

 もちろん、われらが先に味見した後で」

 冗談で評定の席が笑いに包まれるが、それに参加しないのが宗像家から来た筆頭家老の占部尚安(うらべ なおやす)。

 何しろ、宗像家の祟りを払った珠姫に恩はあれど敵意はないからだ。

 それでも、毛利家についているのは、毛利家にはそれ以上の恩があるからに過ぎない。

 そんな彼ら宗像兵にとって、中州遊郭であられの無い姿を晒して情けを請うお色姫を見たらどう思うのか?

 それに気づいていたのは山中幸盛しかおらず、彼も積極的に口を開こうともしない。

「で、宝満城を落とすならば、岩屋城を落とさないといけない。

 その岩屋城を落とすためには、水城を抜かないといけない訳だが?」

 場の空気を戒めたのは、大内家旧臣の秋穂盛光。

 隣に座っていた吉田興種も黙って頷く。

 彼ら大内家旧臣は元々筑前を支配していたからその土地感を忘れてはいない。

 太宰府の奥地にある宝満城の手前に、岩屋城という支城が存在していた。

 更に、古に築かれ元寇時に太宰府を守った水城が岩屋城の西側に位置して相互に守れる形になっていたのである。

 古の元寇になぞらえるならば、元軍が毛利軍で大友軍が日本軍である。

 ついでに言うと、大友家のこの元寇に参戦し功績を挙げている家だったりするから歴史というのは面白い。

「平地にあるただの土塁ごとき、抜くのは容易い事。

 何しろ我等にも大筒はある」

 安武鑑政が余裕の評定で言い放つ。

 大筒は高価なものであるが、珠姫が買いあさりそれを使用した戦果を上げていた事もあって、九州の大友勢力を中心に購入を始めた勢力が出て来たのだった。

 そして、立花家は博多という大筒が買える経済力と大筒を入手できる場所を持っていた事もあり、二門だが大筒を保有していた。


試し読みできます

水城合戦 4

「岩屋城の守将は、太刀洗合戦で不覚をとった怒留湯融泉。

水城が落ちれば、かの御仁ならば宝満城に逃げるやもしれぬ

藤木和泉守が地図を見ながら、大友軍の防衛体制を説明する。

相手側に漏れているとはいえ、変更するとかえってろくでもない事になるのが大軍というものである。

「水城を守っているのは、鍋島信生と筑紫広門の二名のはずだ。

このうち鍋島信生率いる竜造寺勢は高祖城攻めから命からがら逃れたから士気は低かろう

「つまり、水城を落とし、岩屋城を落とした上での宝満城攻めか。

 そして、こちらが大筒を持っている事は、向こうも知っている。

 二日市も太宰府も防御に向いていない以上、大友は全力で水城を守りにくるだろうよ」

 山中幸盛は、はじめてこの戦評定で口を開く。

 その声は飢えた餓狼を諸将に想像させた。

「戸次鑑連はどうする?」

 続けて発せられた山中幸盛の質問に一同黙り込む。

 戸次鑑連はまるでこうなる事が分かっていたかのように、原鶴遊郭に六千の兵を率いて留まっている。

 原鶴遊郭から二日市遊郭まで無理すれば一日。

 二日市遊郭の前には水城がある。

 博多から出陣し水城を攻めるにも一日かかる。

 つまり、こちらの出陣が分かれば、最適の時間で戸次鑑連の後詰が襲い掛かる事を意味していた。

「私に任せてもらおう。

秋月にて一揆を起こさせる」

 評定の場に入ってきたのは、豊後から逃れてきた秋月種実。

 この面子の中で最も大友を恨み、かつ痛い目に合わされた彼だからこそ、この場の空気が危うい事を察したのである。

「一揆?

 起こせるのか?」

 原田了栄が怪訝そうな声を出す。

 彼は旧秋月領で大友家が善政を敷いている事を知っていたからだ。

「そのあたりは心配無用。

 原鶴の大友軍を引きつけてみせよう。

 その上で尋ねるが、水城の大友軍を叩けるのか?」


試し読みできます

水城合戦 5


試し読みできます

水城合戦 6

 その質問に、さも当然という顔で山中幸盛が答えた。

「叩かねば話にならぬ。

 出来ねば、毛利の後詰が来る前に、我らは屍を晒すことになるからな」

 

 毛利軍の水城攻めは博多制圧から一週間後に始められた。

 その間に秋月種実が旧領にて蜂起し、田原親宏の手勢と交戦を始めた事が博多に伝わった上での出陣である。

 先陣は山中幸盛率いる尼子勢三千、次に秋穂盛光と吉田興種と原田了栄と占部尚安が率いる二千五百、本陣は藤木和泉守・安武鑑政が率いる立花勢二千の七千五百で立花山城を出陣した。

 立花山城守備に残した二千を除いた総力出撃に近い。

 水城攻めは本隊が引っ張っている大筒で行うため、尼子勢は本陣が水城に展開するまで、大筒を狙っていくるであろう大友軍をあしらうのが仕事となる。

「何で先陣を申し出た?

 尼子再興の為にも、兵の消耗は避けた方がいいと思うのだが?」

 戦前にそう問いかけたのが尼子勢の副将である横道正光(よこじ まさみつ)。

 他に彼は高光・高宗(たかみつ・たかむね)の弟を連れてきており、部隊運用面における実質的な大将として山中幸盛を傍で支えていたのである。

 その彼の問いかけに、山中幸盛は肩をすくめてため息をついてみせる。

「あの連中で勝てると思うのか?」

 それは、今回の戦の総大将となっている藤木和泉守・安武鑑政の二人の事を指していると横道正光は気づく。

「そこまでひどいか?」

「ああ、大将がいない。

 大将格から考えれば原田了栄だろうが、彼では兵はついてこないだろうよ」

 毛利軍の内情は寄せ集めの集団であるが、それを統率する大将をついに決めるができなかったのである。

 この手の寄せ集めの大将は、大名の一門か譜代の武将がつくのが普通である。

 だが、そんな一門なり譜代武将を毛利家はまだ九州に派遣していなかった。

 本来ならば、この戦に相応しい一門が九州に居たのだ。

 毛利元鎮である。

 珠姫を誘拐し、毛利鎮元が毛利の大将として振る舞えば、豊前と筑前に走る動揺は今以上のものになっていただろう。

 その二人のキーパーソンはついに大友家の本拠である府内から動くことはなかった。

 それが、現在の状況に繋がっている。


試し読みできます

水城合戦 7

 次善の策として、寄せ集めから大将を用意する場合、現地の一家一城の主が最低条件となる。

 それを満たしているのが、原田了栄と秋月種実しか居なかった。

 この二人では寡兵過ぎて山中幸盛をはじめとした諸将が言う事を聞くとは思えない。

 更に、謀反が発生した立花家において、まだ次期当主が決まっていなかった。

 立花鑑載とその一族を粛清した結果、正当な後継者が払底していた上に、唯一生き残った庶子である立花親善が姿を隠しており、立花家内部の動揺が収まっていなかったのである。

 このため、安武鑑政は自身が動かせる兵を最大限持ってくるしかなかった。

 つまり、彼が動かせる兵は千でしかない。

 それは藤木和泉守も同じで、二人が率いる本陣の二千というのは両方の最大兵力であり、両隊に一門ずつ大筒も配備していた。

 立花家の兵は四千

 あと二千の兵は率いる大将がいないので立花山城に篭らせているというていたらくである。

 何しろ、この戦の前に珠姫によって薦野宗鎮・米多比知直という二人の重臣を引き抜かれ、今回の謀反で当主である立花鑑載を殺しているので大将が不足していたのだ。

 それならば原田了栄や秋月種実に兵を分ければいいのだが、分けた兵を自分の物にされるのを二人は恐れていた。

 何の事はない、大友家およびその友好勢力がやらかした大失敗である、『軍勢の意思統一』がここでも図られていないのであった。

 そして、月山富田篭城戦で意思統一に失敗して軍勢が崩壊するのを、山中幸盛はその目で見ていたのである。

「俺たちの仕事は本陣が出張るまでの露払いだ。

 で、俺が敵将なら、俺らを叩くとも思えんがな。

 水城に篭っている竜造寺の大将が分かった」

 山中幸盛が陣中で得た竜造寺家の大将の名前を横道正光に教える。

「鍋島信生。

 太刀洗合戦で大友を手玉に取った、竜造寺隆信の懐刀。

 毛利が掴んでいる太刀洗合戦の詳報が本物なら、多分あの二人では勝てない」

 はっきりと山中幸盛が断言する事によって、横道正光もうっすらと彼が何を考えているか分かってきた。

「立花勢が壊滅し、あの二人が討ち取られたら必然的に毛利側から大将が来ない限り、立花山城を守るのは兵数の多い我等となる訳だ」

「城に篭るのならば、知らぬ者の指揮で篭りたくはないだろう?」

「悪党め」



読者登録

北部九州在住さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について