目次
目次
目次
人物紹介 1
人物紹介 2
人物紹介 3
大友家家系図
用語集 1
用語集 2
用語集 3
用語集 4
戦争芸術
戦争芸術 1
戦争芸術 2
戦争芸術 3
外交官達の戦場
外交官達の戦場 1
外交官達の戦場 2
外交官達の戦場 3
外交官達の戦場 4
外交官達の戦場 5
外交官達の戦場 6
外交官達の戦場 7
外交官達の戦場 8
外交官達の戦場 9
外交官達の戦場 10
外交官達の戦場 11
外交官達の戦場 12
外交官達の戦場 13
外交官達の戦場 14
外交官達の戦場 15
外交官達の戦場 16
水城合戦
水城合戦 1
水城合戦 2
水城合戦 3
水城合戦 4
水城合戦 5
水城合戦 6
水城合戦 7
水城合戦 8
水城合戦 9
水城合戦 10
水城合戦 11
水城合戦 12
水城合戦 13
水城合戦 14
水城合戦 15
水城合戦 16
水城合戦 17
水城合戦 18
水城合戦 19
水城合戦 20
水城合戦 21
水城合戦 22
水城合戦 23
水城合戦 24
響灘海戦
響灘海戦 1
響灘海戦 2
響灘海戦 3
響灘海戦 4
響灘海戦 5
響灘海戦 6
響灘海戦 7
響灘海戦 8
響灘海戦 9
響灘海戦 10
響灘海戦 11
響灘海戦 12
響灘海戦 13
響灘海戦 14
響灘海戦 15
響灘海戦 16
響灘海戦 17
響灘海戦 18
小金原合戦
小金原合戦 1
小金原合戦 2
小金原合戦 3
小金原合戦 4
小金原合戦 5
小金原合戦 6
小金原合戦 7
小金原合戦 8
小金原合戦 9
小金原合戦 10
小金原合戦 11
小金原合戦 12
小金原合戦 13
小金原合戦 14
小金原合戦 15
小金原合戦 16
小金原合戦 17
小金原合戦 18
小金原合戦 19
小金原合戦 20
小金原合戦 21
小金原合戦 22
小金原合戦 23
小金原合戦 24
小金原合戦 25
小金原合戦 26
小金原合戦 27
小金原合戦 28
小金原合戦 29
小金原合戦 30
小金原合戦 31
小金原合戦 32
小金原合戦 33
小金原合戦 34
小金原合戦 35
小金原合戦 36
小金原合戦 37
小金原合戦 38
門司義父娘会談
門司義父娘会談 1
門司義父娘会談 2
門司義父娘会談 3
門司義父娘会談 4
門司義父娘会談 5
門司義父娘会談 6
門司義父娘会談 7
門司義父娘会談 8
門司義父娘会談 9
門司義父娘会談 10
門司義父娘会談 11
門司義父娘会談 12
門司義父娘会談 13
門司義父娘会談 14
門司義父娘会談 15
門司義父娘会談 16
門司義父娘会談 17
門司義父娘会談 18
門司義父娘会談 19
門司義父娘会談 20
門司義父娘会談 21
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

10 / 133ページ

試し読みできます

戦争芸術 1

戦争芸術

 

「娘よ。

 孫の祝いを受け取るがいい」

 

 その報を指し手の一人は月山富田城を眼前に呟き、

 

「チェックメイトよ。

 おじいさま」

 

 もう一人の指し手は府内の復旧する町を天守から見下ろして吐き捨てた。

 

 

 

 

――西国の覇者を決める戦は、本当の大将無しで始められた。

 だから、人が駒のように動き、駒のように死んでゆく。

 そこに、倒れる死体や流れ出た血で染まる大地を指し手は見る事無く――

 

 

 

 

「やっと始めおったか。

 正行。お主には働いてもらうぞ」

 

「では、西へ?」

 

 同じ才を持つ若者に、老いてもなお知略盛んな謀将は凄みのある笑みで言い放った。

 

「東だ。

 織田の若造に話をつけてこい」

 


試し読みできます

戦争芸術 2

――西の戦に天下が動く。

 誰もがその戦を注視する――

 

 

 

「猿。

 ありとあらゆる手を使って、この戦を集めろ。

 何が起こったかを全て俺の所に持って来い」

 

「はっ。

 で、殿はいかがするので?」

 

 そう問うた猿顔の重臣を睨み付けて殿と呼ばれた男は笑う。

 

「出迎えるに決まっていようが!

 新しき公方と共に、京でな」

 

 

 

「一月、かの地で持ちこたえてもらいたい。

 分かっていると思うが、この戦次第で月山富田の……」

 

 船団を眺めながら、若武者は水軍大将乃美宗勝の言葉を遮った。

 

「分かっている。

 ところで……」

 

 浮かんだ笑みは自然体で、高野監物を討ち取った自負も見せずに淡々とその事を確認したのだった。


試し読みできます

戦争芸術 3

「戸次鑑連。

 討ち取ってしまっても構わないのだろう?」

 

 

 

――毛利軍先鋒、筑前国芦屋に上陸――

 

 

 

 その報を聞いた雷神と称えられし男は、ただ地図の芦屋を指して全軍に進撃を命じた。

 

 

 

――島津が竜造寺が長宗我部が、全ての大名達がその戦を注視する。

 戦の規模、外交・謀略、経済から軍事衝突……

 明らかに他の戦とかけ離れたこの西国の一連の戦を、後の史書は『戦争芸術』と名づけた――

 

 

 

――乱世はまだ続く。

 だが、その終わりの始まりは、今、この戦から始まる――

 


試し読みできます

水城合戦 1

水城合戦

 

 毛利家からの後詰である尼子勢四千が丸一日かけて芦屋にあげられた時、大友家はそれを妨害する事ができなかった。

 いや、しようとしていたのだ。

 問題は、その妨害行動が戦略行動ではなく、国人衆達の自衛行動から発していたという所で、そあいう経緯から偶発的に発生した猫城合戦は大友軍の敗北に終った。

 この合戦にまだ一部しか上陸していなかった尼子軍は、山中幸盛が先頭に立ち猫城の後詰に動き、九州の諸将にその武勇を見せ付けることに成功していた。

 その後、妨害を排除した尼子勢は宗像領の本拠である岳山城に入り、毛利の旗を掲げて彼らの軍勢千と共に立花家との最前線にあたる許斐岳城に移った時にその報告は飛び込んできた。

「立花家にて謀反発生!

立花家は毛利につき宗像家に後詰を求めています!」

 水際で防ぐ事を期待されていた立花山城の立花鑑載が重臣である安武鑑政と藤木和泉守の謀反によって殺されるという突発事態が発生したのである。

 間の悪い事に、この時大友軍は原田了栄が篭る高祖城を攻めており、この謀反で大友軍は城攻めを中止して撤退に追い込まれていた。

 かくして、毛利軍五千は犬鳴峠と見坂峠を守っていた立花軍と合流して、立花山城に入城したのだった。

 この入城を持って、博多は毛利の手に落ちたと言っていいだろう。

 なぜなら、博多の大友勢力は立花山城陥落時の想定に基づいて二日市に退避を終了しており、後を任された博多町衆は大友勢力が居ない事と、毛利軍に逆らわない事を約束して博多を戦火から守ったのである。

 この町衆の中に中州遊郭の島井茂勝の姿もあった。

 毛利軍の中には、珠姫の牙城である中州遊郭そのものを焼き払えという声もあったが、神屋紹策の仲介に宗像氏貞の妹であり中州遊郭主となったお色太夫(太夫の名乗りはったりだったが、後に珠姫が正式に追認した)の嘆願に策源地となった宗像家からも配慮の声が出た為に、実行に移されることはなかった。

 とはいえ、その代償に兵糧の提供と遊女達の奉仕を突きつけられ、お色太夫をはじめとした大友女達は服を着る暇もなく男の上で腰を振り続ける羽目になった。

 その凄惨な陵辱に、府内のとある姫(妊婦)は、

「なんてうらやま……げふんげふん。

けしからん!」

という一言を残したという。


試し読みできます

水城合戦 2

 話がそれた。

 現在博多に集結している毛利軍の内訳は以下の通りである。

 

 尼子勢  三千  山中幸盛 他

 旧大内勢 千   秋穂盛光 吉田興種

 宗像勢  千   占部尚安

 立花勢  四千  安武鑑政 藤木和泉守

 原田勢  五百  原田了栄

 合計   九千五百

 

 彼らが博多掌握後に目をつけたのが、博多近郊の大友勢力の最大の拠点である二日市遊郭と太宰府であり、それを守る宝満城であった。

 

 日田鎮台 二千  田北鑑重

      五百  問駐所鎮連   

 筑後衆  五百  豊饒鎮連

 御社衆  千五百 怒留湯融泉

 筑前衆  五百  筑紫広門

 竜造寺勢 二千  鍋島信生

 合計   七千

 

 兵力では勝っており、一合戦で完全に博多を支配するのも夢ではない。

「兵で勝ち、勢いも我等の方にある。

 宝満城を落とせば、大友軍は容易に博多に攻められなくなる。

 直ちに兵を出して、宝満城を攻め取るべし!」

 今まで散々押されていた分、立花山城での軍議に参加している原田了栄は鼻息荒く攻撃を主張する。

 が、安武鑑政が岩屋城近隣の大友軍の詳細を告げる。

 家中の掌握のために立花家においては総動員がかけられていたが、謀反のためにそれを十分に使えるとは言いがたいのは口にしなかった。

 だが、先ごろまで大友側だっただけに、大友軍の配置も全て漏れていた。

「糸島半島を抑える臼杵鎮続は、府内からの指示によって城に篭っている模様。

 こちらが糸島に兵を向けたら、宝満城からの後詰が背後から襲う手筈になっております」

 原田了栄は糸島半島を巡って臼杵鎮続と何度か争っていた。



読者登録

北部九州在住さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について