目次
目次
目次
人物紹介 1
人物紹介 2
人物紹介 3
大友家家系図
用語集 1
用語集 2
用語集 3
用語集 4
戦争芸術
戦争芸術 1
戦争芸術 2
戦争芸術 3
外交官達の戦場
外交官達の戦場 1
外交官達の戦場 2
外交官達の戦場 3
外交官達の戦場 4
外交官達の戦場 5
外交官達の戦場 6
外交官達の戦場 7
外交官達の戦場 8
外交官達の戦場 9
外交官達の戦場 10
外交官達の戦場 11
外交官達の戦場 12
外交官達の戦場 13
外交官達の戦場 14
外交官達の戦場 15
外交官達の戦場 16
水城合戦
水城合戦 1
水城合戦 2
水城合戦 3
水城合戦 4
水城合戦 5
水城合戦 6
水城合戦 7
水城合戦 8
水城合戦 9
水城合戦 10
水城合戦 11
水城合戦 12
水城合戦 13
水城合戦 14
水城合戦 15
水城合戦 16
水城合戦 17
水城合戦 18
水城合戦 19
水城合戦 20
水城合戦 21
水城合戦 22
水城合戦 23
水城合戦 24
響灘海戦
響灘海戦 1
響灘海戦 2
響灘海戦 3
響灘海戦 4
響灘海戦 5
響灘海戦 6
響灘海戦 7
響灘海戦 8
響灘海戦 9
響灘海戦 10
響灘海戦 11
響灘海戦 12
響灘海戦 13
響灘海戦 14
響灘海戦 15
響灘海戦 16
響灘海戦 17
響灘海戦 18
小金原合戦
小金原合戦 1
小金原合戦 2
小金原合戦 3
小金原合戦 4
小金原合戦 5
小金原合戦 6
小金原合戦 7
小金原合戦 8
小金原合戦 9
小金原合戦 10
小金原合戦 11
小金原合戦 12
小金原合戦 13
小金原合戦 14
小金原合戦 15
小金原合戦 16
小金原合戦 17
小金原合戦 18
小金原合戦 19
小金原合戦 20
小金原合戦 21
小金原合戦 22
小金原合戦 23
小金原合戦 24
小金原合戦 25
小金原合戦 26
小金原合戦 27
小金原合戦 28
小金原合戦 29
小金原合戦 30
小金原合戦 31
小金原合戦 32
小金原合戦 33
小金原合戦 34
小金原合戦 35
小金原合戦 36
小金原合戦 37
小金原合戦 38
門司義父娘会談
門司義父娘会談 1
門司義父娘会談 2
門司義父娘会談 3
門司義父娘会談 4
門司義父娘会談 5
門司義父娘会談 6
門司義父娘会談 7
門司義父娘会談 8
門司義父娘会談 9
門司義父娘会談 10
門司義父娘会談 11
門司義父娘会談 12
門司義父娘会談 13
門司義父娘会談 14
門司義父娘会談 15
門司義父娘会談 16
門司義父娘会談 17
門司義父娘会談 18
門司義父娘会談 19
門司義父娘会談 20
門司義父娘会談 21
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

8 / 133ページ

試し読みできます

用語集 3

大友の姫巫女七巻時の大友家加判衆の構成

 

大友義鎮  (おおとも よししげ) 大友家当主。

 

戸次鑑連 (べっき あきつら)  大友義鎮の陣代として大友軍を率いる。

臼杵鑑速 (うすき あきはや)  博多奉行として大友の外交を担当。

吉弘鑑理 (よしひろ あきまさ) 大友家の武闘派で国東半島の旗頭。

志賀親守 (しが ちかもり)   豊後南部北志賀家当主で豊後の内政を担当。

田北鑑重 (たきた あきしげ)  玖珠郡の旗頭で田北鑑生の弟。筑前方分。

一万田親実(いちまだ ちかざね) 新領地南予統治の全権を握る。

                父親である一万田鑑相は大友義鎮の寵臣だったが、

                粛清された。                

 

大友珠             大友義鎮の娘。

                右筆ゆえ発言権はないが、大友義鎮の加判を管理。

                実質的参加者として発言権が与えられる。

 

角隈石宗(つのくま せきそう)  軍師兼大友義鎮の相談役。

                義鎮が訪ねた時のみ答え、加判衆でなく発言権なし。

 


試し読みできます

用語集 4


試し読みできます

戦争芸術 1

戦争芸術

 

「娘よ。

 孫の祝いを受け取るがいい」

 

 その報を指し手の一人は月山富田城を眼前に呟き、

 

「チェックメイトよ。

 おじいさま」

 

 もう一人の指し手は府内の復旧する町を天守から見下ろして吐き捨てた。

 

 

 

 

――西国の覇者を決める戦は、本当の大将無しで始められた。

 だから、人が駒のように動き、駒のように死んでゆく。

 そこに、倒れる死体や流れ出た血で染まる大地を指し手は見る事無く――

 

 

 

 

「やっと始めおったか。

 正行。お主には働いてもらうぞ」

 

「では、西へ?」

 

 同じ才を持つ若者に、老いてもなお知略盛んな謀将は凄みのある笑みで言い放った。

 

「東だ。

 織田の若造に話をつけてこい」

 


試し読みできます

戦争芸術 2

――西の戦に天下が動く。

 誰もがその戦を注視する――

 

 

 

「猿。

 ありとあらゆる手を使って、この戦を集めろ。

 何が起こったかを全て俺の所に持って来い」

 

「はっ。

 で、殿はいかがするので?」

 

 そう問うた猿顔の重臣を睨み付けて殿と呼ばれた男は笑う。

 

「出迎えるに決まっていようが!

 新しき公方と共に、京でな」

 

 

 

「一月、かの地で持ちこたえてもらいたい。

 分かっていると思うが、この戦次第で月山富田の……」

 

 船団を眺めながら、若武者は水軍大将乃美宗勝の言葉を遮った。

 

「分かっている。

 ところで……」

 

 浮かんだ笑みは自然体で、高野監物を討ち取った自負も見せずに淡々とその事を確認したのだった。


試し読みできます

戦争芸術 3

「戸次鑑連。

 討ち取ってしまっても構わないのだろう?」

 

 

 

――毛利軍先鋒、筑前国芦屋に上陸――

 

 

 

 その報を聞いた雷神と称えられし男は、ただ地図の芦屋を指して全軍に進撃を命じた。

 

 

 

――島津が竜造寺が長宗我部が、全ての大名達がその戦を注視する。

 戦の規模、外交・謀略、経済から軍事衝突……

 明らかに他の戦とかけ離れたこの西国の一連の戦を、後の史書は『戦争芸術』と名づけた――

 

 

 

――乱世はまだ続く。

 だが、その終わりの始まりは、今、この戦から始まる――

 



読者登録

北部九州在住さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について