目次
目次
目次
人物紹介 1
人物紹介 2
人物紹介 3
大友家家系図
用語集 1
用語集 2
用語集 3
用語集 4
戦争芸術
戦争芸術 1
戦争芸術 2
戦争芸術 3
外交官達の戦場
外交官達の戦場 1
外交官達の戦場 2
外交官達の戦場 3
外交官達の戦場 4
外交官達の戦場 5
外交官達の戦場 6
外交官達の戦場 7
外交官達の戦場 8
外交官達の戦場 9
外交官達の戦場 10
外交官達の戦場 11
外交官達の戦場 12
外交官達の戦場 13
外交官達の戦場 14
外交官達の戦場 15
外交官達の戦場 16
水城合戦
水城合戦 1
水城合戦 2
水城合戦 3
水城合戦 4
水城合戦 5
水城合戦 6
水城合戦 7
水城合戦 8
水城合戦 9
水城合戦 10
水城合戦 11
水城合戦 12
水城合戦 13
水城合戦 14
水城合戦 15
水城合戦 16
水城合戦 17
水城合戦 18
水城合戦 19
水城合戦 20
水城合戦 21
水城合戦 22
水城合戦 23
水城合戦 24
響灘海戦
響灘海戦 1
響灘海戦 2
響灘海戦 3
響灘海戦 4
響灘海戦 5
響灘海戦 6
響灘海戦 7
響灘海戦 8
響灘海戦 9
響灘海戦 10
響灘海戦 11
響灘海戦 12
響灘海戦 13
響灘海戦 14
響灘海戦 15
響灘海戦 16
響灘海戦 17
響灘海戦 18
小金原合戦
小金原合戦 1
小金原合戦 2
小金原合戦 3
小金原合戦 4
小金原合戦 5
小金原合戦 6
小金原合戦 7
小金原合戦 8
小金原合戦 9
小金原合戦 10
小金原合戦 11
小金原合戦 12
小金原合戦 13
小金原合戦 14
小金原合戦 15
小金原合戦 16
小金原合戦 17
小金原合戦 18
小金原合戦 19
小金原合戦 20
小金原合戦 21
小金原合戦 22
小金原合戦 23
小金原合戦 24
小金原合戦 25
小金原合戦 26
小金原合戦 27
小金原合戦 28
小金原合戦 29
小金原合戦 30
小金原合戦 31
小金原合戦 32
小金原合戦 33
小金原合戦 34
小金原合戦 35
小金原合戦 36
小金原合戦 37
小金原合戦 38
門司義父娘会談
門司義父娘会談 1
門司義父娘会談 2
門司義父娘会談 3
門司義父娘会談 4
門司義父娘会談 5
門司義父娘会談 6
門司義父娘会談 7
門司義父娘会談 8
門司義父娘会談 9
門司義父娘会談 10
門司義父娘会談 11
門司義父娘会談 12
門司義父娘会談 13
門司義父娘会談 14
門司義父娘会談 15
門司義父娘会談 16
門司義父娘会談 17
門司義父娘会談 18
門司義父娘会談 19
門司義父娘会談 20
門司義父娘会談 21
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
奥付
奥付

閉じる


目次

試し読みできます

目次

はじめに

 

 この物語は、SS創作・投稿掲示板アルカディア http://www.mai-net.net/ に投稿されていたそる氏の大傑作『腕白関白』にいたく創作意欲を刺激されて筆をとり、完結させたものの加筆修正版になります。

 

 この物語は歴史改変憑依オリ主でTS物です。

 そして、物語のほとんどが北部九州限定というマニアックさです。

 

 では、天下など気にする事もできない、小さな戦国異聞を語らせてもらいます。

 

 

目次

 

 人物紹介

 戦争芸術

 外交官たちの戦場

 水城合戦

 響灘海戦

 小金原合戦

 門司義父娘会談

 あとがき

 

 


試し読みできます

人物紹介 1

人物紹介

 

大友珠   (おおとも たま)

この物語の主人公。

大友義鎮  (おおとも よししげ)

豊後国の戦国大名。珠の父親。

比売大神  (ひめの おおかみ)

宇佐八幡宮の主神。珠の母。

       宇佐八幡宮を守る為に珠を産む。

奈多夫人  (なだ ふじん)

大友義鎮の正室。珠の養母。

佐田隆居  (さだ たかおき)

宇佐衆筆頭。珠の爺。

佐田鎮綱  (さだ しげつな)

佐田隆居の息子。珠の執事。

林麟    (はやし りん)

珠の護衛。珠が『麟姉』と呼んでなついている。

       吉岡長増嫡男吉岡鑑興(よしおか あきおき)と結婚。

       杉乃井御殿代(城代)に就任。

由良    (ゆら)

    遊女。姉御肌で同性からの人気が高い。白貴の友人。

白貴    (しらたか)

  遊女。下腹部に彫物あり『二杏葉の白貴』と呼ばれる。

       珠と出会う前は白菊と呼ばれていた。

       現大友義鎮の愛妾として囲われている。

戸次政千代 (べっき まさちよ)

戸次鑑連の娘。珠姫の侍女。

島井茂勝   (しまい しげかつ)

珠の御用商人。博多遊郭を差配する。

大神惟教  (おおが これのり)

大神系佐伯家一門。

       現在は珠の勘定方として働いている。

 

 


試し読みできます

人物紹介 2

田原親宏  (たはる ちかひろ)

       大友三大支族田原家本家。

       大友宗家に常に警戒されていた。

       珠による筑前国替えにて難を逃れ、珠の与党になる。

田原親賢  (たばる ちかかた)

       奈多家次男が田原分家に養子に入る。大友義鎮の寵臣。

       田原本家及び珠の監視役。他の家臣と軋轢がある。

高橋鎮理  (たかはし しげただ)

       香春岳城城代。

       珠がスカウトした武闘派吉弘家の次男。

       南予進攻後の報奨にて筑前の名家高橋家の名を継ぐ。

安宅冬康  (あたぎ ふゆやす)

       三好家元宿老。

       三好家のお家争いで粛清寸前で珠にスカウトされる。水軍の将。

       珠の持つ南蛮船を差配する。

佐伯惟教  (さえき これのり)

       大神系国人衆の宗家。

       小原鑑元の乱において伊予に逃亡。

       珠の助けで大友家に帰参する。

舞(まい)・霞(かすみ)・綾音(あやね)

       元甲賀くノ一。畿内にて珠にスカウトされる。

       霞と綾音は佐田鎮綱の側室になっている。

菜子(なこ)・里夢(りむ) 

       舞・霞・綾音が姫巫女衆から抜擢したくノ一見習い。歩き巫女出身。

吉岡長増  (よしおか ながます)

       大友家の長老。大友家の謀将。最近隠居した。

       隠居後、杉乃井にて若者に文を教えている。

毛利元就  (もうり もとなり)

       西国六カ国を支配する戦国大名。大友義鎮や珠と激しく争う。

毛利元鎮  (もうり もとしげ)

       四郎。毛利より出奔した大友のへの人質兼珠の愛人。

       御社衆を与えられる。

藤原行春  (ふじわら ゆきはる)

       元伊予国米津城主。家族ともども珠に誘われて豊後へ。

       杉乃井御殿奉行として、実務を預かる事に。

瑠璃御前  (るり ごぜん)

       藤原行春の妻で八重・九重の母。静流長刀と吹き矢の使い手。

       珠に乳母として雇われ伊予から豊後にやってくる。

八重  (やえ)

       瑠璃御前の娘。八双手裏剣の名手。アクティブつっこみ役。

九重  (このえ)

       瑠璃御前の娘。八双手裏剣の名手。無口系読書少女。


試し読みできます

人物紹介 3

一万田鑑種 (いちまだ あきたね)

元の名前は高橋鑑種で、元筑前国宝満山城城主。

       毛利家に内通していたが、見抜かれた珠に忠誠を誓う。

       兄、一万田親実に代わって新領地南予にて全権を振るう。

父親である一万田鑑相は大友義鎮の寵臣だったが、粛清された。

恋     (れん)

比売大神が源平合戦時生んだ子の末裔で珠と瓜二つ。     

       村の飢餓によって売られたがその容姿で珠の替え玉として抜擢。

       由良の付き人として学び、遊女としてデビュー。

       また、その血脈から珠とは種違いの妹して大友一門に組み込まれる。

       四郎に一目ぼれ。

小野鎮幸  (おの しげゆき)

戸次家家臣。試し合戦で珠の兜を落とすほどの武の持ち主。

       秋月討伐において功績をあげて戸次家にスカウトされる。

       内政軽視発言で珠に叱られ、杉乃井にて勉強中。

田北鑑生  (たきた あきなり)

元加判衆で最近隠居した。

       吉岡長増と共に杉乃井にて若者に武を教える。

       この事を珠は『老後の楽しみ学校』と呼んでいる。

鶴      (つる)

       来島通康(くるしま みちやす)の娘で四郎の本来の許婚。

       四郎奪還の為に杉乃井に押しかける。

夏      (なつ)

       鶴姫の侍女。

       苦労人で、いつの間にか珠の侍女連中とも仲良くなっている。   

桔梗     (ききょう)

       奈多婦人と前夫との間にできた娘。

       大友義鎮の養女として、志賀親度に嫁ぐ。

野崎綱吉  (のざき つなよし)

       信州から流れた御社衆の一人。

       偉丈夫で、文武両道という事で抜擢され四郎の下につく。

朝倉一玄  (あさくら いちげん)

       志賀家の分家筋の青年。

       軍師志望で吉岡長増に教えを請い珠の下で働く。

大谷吉房  (おおたに よしふさ)

       元六角家家臣で療養の為に別府にやってきた彼を珠は見逃さなかった。

       土下座と五千貫にて書類地獄に落ち息子も心労が絶えない。

お色     (おいろ)

       筑前国国人衆宗像家の姫で当主宗像氏貞の妹。

       お家騒動で発生した祟りを珠姫に鎮めたお礼に遊女となって博多の姫巫女衆を差配する。


試し読みできます

大友家家系図


試し読みできます

用語集 1

大友家家臣団の色分け

 

 一門  大友一族で宗家のみが使用。

     当主以外の兄弟は分家するか養子によって大友姓から外れて同紋衆となる。

 

 同紋衆 大友一族を祖に持つ譜代衆。

     義鎮の代では最高意思決定機関である加判衆は彼らからしか選ばれなかった。

 

 他紋衆 一門・同紋衆以外全ての国人衆の総称。

     それゆえ、内部が一枚にまとまっていない。

     豊後国には佐伯家を頂点とする大神系国人衆がおり、大友家と対立していた。

     また、豊後国には大神系以外の国人衆も勢力を持っていた。

 

 

大友三大支族

 

田原家

 国東半島を拠点に勢力を持つ。

 幾度と無く独立を望み、大友宗家より常に警戒される家。

 その分断策に吉弘家など田原分家が優遇された。

 

志賀家

 豊後南部に勢力を持ち、北志賀家と南志賀家(双方とも志賀と名乗っている)に本家が分裂しているがその地盤は強大。

 南部衆と言えば、この志賀家とその一族を指す事が多い。

 

託摩家

 肥後を拠点に菊池家の血と混ざり土着化。肥後の名族菊池家をついに乗っ取る。

 だが、菊池義武の大友からの独立とその戦乱で衰退。

 

 


試し読みできます

用語集 2

大友家以外の国人衆

 

宇佐衆

 宇佐八幡宮の荘園領主を母体とした国人衆の集合体。

 現在の筆頭は佐田隆居で、宇佐衆は勢場ヶ原合戦にて大内家の方につき、現在でも大友家中ではその怨恨を引きずっている所が多い。

 

大神系国人衆

 鎌倉時代前から豊後に土着し、緒方惟栄などを輩出して豊後を支配していた一族。

 それゆえ、豊後の支配をめぐり鎌倉時代に下向した大友家と長い闘争を続けていた。

 小原鑑元の乱によって、一族宗家を束ねる家が滅亡・逃亡・引退に追い込まれた事で、一族としての統一行動を取る事はほぼなくなっている。

 

城井宇都宮家

 元は関東の名家で豊前国に根付いた一族。

 とはいえ、大友・大内にはさまれた結果勢力は衰え、分家の多くが大友・大内(毛利)へと独自の判断にてついている。

 宇佐衆筆頭の佐田家は城井宇都宮家の有力分家の一つ。

 

大蔵党一族

 筑前国に根を張る国人衆の集合体。

 藤原純友の乱鎮圧に功績のあった大蔵春実を祖に代々大宰府府官を務め、子孫は九州の原田氏・秋月氏・波多江氏・三原氏・田尻氏・高橋氏の祖となって繁茂。

 筑前国人衆に大蔵の血が入っていない所はないと言われるが、大内家や少武家などの守護勢力の下で弱体化。

 大蔵党は原田・秋月・高橋の三家の格が高いのだが、高橋家は断絶。一万田家より養子をもらう事で家を存続させた。

 それが高橋鑑種で、南伊予進攻に伴い高橋の名字は吉弘鎮理に移り高橋鎮理と名乗る。

 

姫巫女衆

 大友珠が作った遊女・歩き巫女を主体とした諜報部門。

 色仕掛けによる情報収集や後方での慰安などを任務とする。

 元甲賀くノ一を雇ってくの一部門を作るも、防諜まで手が回らず。

 女である珠姫の身の回りの世話をする事から戸次政千代などの武家の子女の入り、拡大している。

 

御社衆

 大友珠が作った野党や盗賊くずれを集めた戦闘部隊。

 弾除け兼案山子要員として雇い、悪ささせない為に銭と女で骨抜きにするので戦うと基本負ける。

 その中で優れた連中は抜擢して取り立てるので、やっぱり基本的に弱い。 


試し読みできます

用語集 3

大友の姫巫女七巻時の大友家加判衆の構成

 

大友義鎮  (おおとも よししげ) 大友家当主。

 

戸次鑑連 (べっき あきつら)  大友義鎮の陣代として大友軍を率いる。

臼杵鑑速 (うすき あきはや)  博多奉行として大友の外交を担当。

吉弘鑑理 (よしひろ あきまさ) 大友家の武闘派で国東半島の旗頭。

志賀親守 (しが ちかもり)   豊後南部北志賀家当主で豊後の内政を担当。

田北鑑重 (たきた あきしげ)  玖珠郡の旗頭で田北鑑生の弟。筑前方分。

一万田親実(いちまだ ちかざね) 新領地南予統治の全権を握る。

                父親である一万田鑑相は大友義鎮の寵臣だったが、

                粛清された。                

 

大友珠             大友義鎮の娘。

                右筆ゆえ発言権はないが、大友義鎮の加判を管理。

                実質的参加者として発言権が与えられる。

 

角隈石宗(つのくま せきそう)  軍師兼大友義鎮の相談役。

                義鎮が訪ねた時のみ答え、加判衆でなく発言権なし。

 


試し読みできます

用語集 4


« 前の章