twitterアカウントでログイン

カテゴリー 趣味・生活・芸術 雑誌 作者 フリースタイルな僧侶たち
価格 無料
タグ アイドル仏教僧侶
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

1,003 ダウンロード

Kindleに送信

この本にはePubファイルが存在しないため、MOBIファイルを生成することができません。

状態 完成 ページ数 11ページ (Web閲覧)
12ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
パリッと焼き目がついたサンマが恋しい10月1日、「フリースタイルな僧侶たち」vol.43を発行しました。

表紙には、大きなお団子頭の若い尼僧さんがババーン!
タイトルは「フリスタが見た 尼僧アイドルの素顔」

そうなんです。実はこの尼僧さん、その界隈では有名なアイドルなのです。

奈良県吉野郡の静かな山間のお寺で、副住職を務める中村祐華さんは、9年前からライブハウスを中心に法事(ライブ)活動をしています。
一度聞いたら忘れることができないアイドル名と、一度見たら夢に出てきそうなコスチュームとは裏腹に、とても仏教に真面目な歌詞や法事(ライブ)内容。ライブハウスにはいつも多くのファンか詰め掛けます。

そんな尼僧アイドルの素顔を、フリスタの編集長が得意のしつこさで(?)根掘り葉掘りいたしました。

それにしても、表紙の色。アイドルの特集にしては、ずいぶんとシブい・・・。
フリスタの敏腕デザイナーにこの色を選んだ理由を聞くと、

「アイドルといっても、ピンクというよりは、灰桜だなと思った」そうです。

いえいえ、悪口ではありませんよ。
中村祐華さんが桜の名所・奈良県吉野郡のお寺にいらっしゃることから、吉野の桜をイメージして、灰桜を選んだそうです。

そのほか、今号の連載は下記の通り。

・連載漫画:「お坊さん日和。」第21話「さかなにも歴史あり」
・Movie Review:「2016年 夏のアイドル」
・連載企画:「しりとり法話バトル」 第16回のお題は「小さくて大きいもの」

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

日々の中で、人はさまざまな想いをいたします。しかし、想いは想いでそのままにしておけば、初冬の風に吹か...

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...

もっとみる