目次
目次
もくじ
薔薇の日々
2014年4月1日~2014年4月11日
2014年4月12日~2014年4月21日
2014年4月22日~2014年5月2日
2014年5月2日~2014年5月11日
2014年5月12日~2014年5月20日
2014年5月21日~2014年5月31日
2014年6月1日~2014年6月10日
2014年6月11日~2014年6月20日
2014年6月21日~2014年6月30日
2014年7月1日~2014年7月9日
2014年7月10日~2014年7月18日
2014年7月19日~2014年7月28日
2014年7月29日~2014年8月7日
2014年8月8日~2014年8月17日
2014年8月18日~2014年8月28日
2014年8月28日~2014年9月6日
2014年9月6日~2014年9月17日
2014年9月18日~2014年9月29日
2014年9月30日~2014年10月9日
2014年10月10日~2014年10月19日
2014年10月20日~2014年10月29日
2014年10月30日~2014年11月8日
2014年11月9日~2014年11月18日
2014年11月19日~2014年11月28日
2014年11月29日~2014年12月9日
2014年12月9日~2014年12月19日
2014年12月20日~2014年12月29日
2014年12月30日~2015年1月8日
2015年1月9日~2015年1月15日
2015年1月16日~2015年1月22日
2015年1月23日~2015年1月30日
2015年1月30日~2015年2月6日
2015年2月7日~2015年2月13日
2015年2月14日~2015年2月20日
2015年2月21日~2015年2月27日
2015年2月27日~2015年3月5日
2015年3月5日~2015年3月10日
2015年3月10日~2015年3月14日
2015年3月15日~2015年3月19日
2015年3月19日~2015年3月24日
2015年3月24日~2015年3月30日
2015年3月30日~2015年4月3日
2015年4月3日~2015年4月9日
2015年4月10日~2015年4月16日
2015年4月17日~2015年4月23日
2015年4月23日~2015年4月29日
2015年4月30日~2015年5月5日
2015年5月6日~2015年5月12日
2015年5月12日~2015年5月18日
2015年5月18日~2015年5月24日
2015年5月25日~2015年5月31日
2015年5月31日~2015年6月6日
2015年6月6日~2015年6月12日
2015年6月13日~2015年6月19日
2015年6月19日~2015年6月25日
2015年6月26日~2015年7月1日
2015年7月2日~2015年7月8日
2015年7月9日~2015年7月14日
2015年7月14日~2015年7月18日
2015年7月19日~2015年7月23日
2015年7月23日~2015年7月28日
2015年7月28日~2015年8月2日
2015年8月2日~2015年8月6日
2015年8月7日~2015年8月11日
2015年8月12日~2015年8月16日
2015年8月16日~2015年8月20日
2015年8月21日~2015年8月25日
2015年8月26日~2015年8月30日
2015年8月31日~2015年9月3日
2015年9月4日~2015年9月8日
2015年9月8日~2015年9月13日
2015年9月13日~2015年9月17日
2015年9月18日~2015年9月23日
2015年9月24日~2015年9月30日
2015年10月1日~2015年10月7日
2015年10月7日~2015年10月13日
2015年10月14日~2015年10月19日
2015年10月19日~2015年10月25日
2015年10月26日~2015年11月1日
2015年11月1日~2015年11月7日
2015年11月8日~2015年11月14日
2015年11月15日~2015年11月21日
2015年11月22日~2015年11月27日
2015年11月28日~2015年12月4日
2015年12月5日~2015年12月10日
2015年12月10日~2015年12月16日
2015年12月17日~2015年12月23日
2015年12月23日~2015年12月29日
2015年12月29日~2016年1月5日
2016年1月6日~2016年1月12日
2016年1月13日~2016年1月20日
2016年1月20日~2016年1月27日
2016年1月27日~2016年2月3日
2016年2月3日~2016年2月9日
2016年2月10日~2016年2月14日
2016年2月14日~2016年2月19日
2016年2月19日~2016年2月24日
2016年2月25日~2016年3月1日
2016年3月1日~2016年3月5日
2016年3月6日~2016年3月11日
2016年3月11日~2016年3月16日
2016年3月16日~2016年3月20日
2016年3月21日~2016年3月25日
2016年3月26日~2016年3月30日
2016年3月31日~2016年4月4日
2016年4月4日~2016年4月9日
2016年4月10日~2016年4月14日
2016年4月15日~2016年4月20日
2016年4月20日~2016年4月24日
2016年4月25日~2016年4月29日
2016年4月29日~2016年5月4日
2016年5月5日~2016年5月9日
2016年5月9日~2016年5月13日
2016年5月14日~2016年5月18日
2016年5月19日~2016年5月22日
2016年5月22日~2016年5月26日
2016年5月27日~2016年5月30日
2016年5月31日~2016年6月3日
2016年6月3日~2016年6月7日
2016年6月8日~2016年6月12日
2016年6月12日~2016年6月15日
2016年6月15日~2016年6月19日
2016年6月19日~2016年6月22日
2016年6月23日~2016年6月26日
2016年6月26日~2016年6月29日
2016年6月29日~2016年7月2日
2016年7月3日~2016年7月5日
2016年7月6日~2016年7月8日
2016年7月8日~2016年7月11日
2016年7月12日~2016年7月14日
2016年7月14日~2016年7月17日
2016年7月18日~2016年7月21日
2016年7月21日~2016年7月24日
2016年7月24日~2016年7月27日
2016年7月28日~2016年7月31日
2016年7月31日~2016年8月3日
2016年8月3日~2016年8月6日
2016年8月6日~2016年8月9日
2016年8月9日~2016年8月12日
2016年8月12日~2016年8月15日
2016年8月15日~2016年8月19日
2016年8月19日~2016年8月22日
2016年8月23日~2016年8月26日
2016年8月26日~2016年8月29日
2016年8月29日~2016年9月1日
2016年9月1日~2016年9月4日
2016年9月5日~2016年9月8日
2016年9月8日~2016年9月11日
2016年9月11日~2016年9月14日
2016年9月15日~2016年9月19日
2016年9月20日~2016年9月23日
2016年9月24日~2016年9月27日
2016年9月28日~2016年10月1日
2016年10月1日~2016年10月5日
2016年10月6日~2016年10月9日
2016年10月9日~2016年10月14日
2016年10月14日~2016年10月17日
2016年10月17日~2016年10月21日
2016年10月22日~2016年10月26日
2016年10月26日~2016年10月30日
2016年10月31日~2016年11月3日
2016年11月4日~2016年11月7日
2016年11月7日~2016年11月11日
2016年11月11日~2016年11月15日
2016年11月16日~2016年11月19日
2016年11月19日~2016年11月22日
2016年11月22日~2016年11月25日
2016年11月26日~2016年11月29日
2016年11月30日~2016年12月3日
2016年12月3日~2016年12月7日
2016年12月7日~2016年12月11日
2016年12月11日~2016年12月15日
2016年12月15日~2016年12月19日
2016年12月20日~2016年12月23日
2016年12月24日~2016年12月25日
写真・イラストお題集(1)
写真・イラストお題集(2)
写真・イラストお題集(3)
コラム 「うたの日と私」
愛で食べるのも疲れた家族/恋をしている(1)
愛で食べるのも疲れた家族/恋をしている(2)
なんたる秘密/ナイス害(1)
なんたる秘密/ナイス害(2)
ののさんは腰痛持ち/遊糸(1)
ののさんは腰痛持ち/遊糸(2)
うたの日昔がたり ~双葉スイッチ~ /箔紙(双葉屋ほいる)
全首評とわたし/太田青磁(1)
全首評とわたし/太田青磁(2)
Twitter 生まれうたの日育ち/長月優(1)
Twitter 生まれうたの日育ち/長月優(2)
うたの日とわたし/たかはしりおこ(1)
うたの日とわたし/たかはしりおこ(2)
短歌ド素人、ネット歌会にハマる。/三田たたみ(1)
短歌ド素人、ネット歌会にハマる。/三田たたみ(2)
知好楽/ササキアンヨ
私がうたの日を続ける理由/村田馨(1)
私がうたの日を続ける理由/村田馨(2)
うたの日を辞めた日/沼尻つた子(1)
うたの日を辞めた日/沼尻つた子(2)
奇跡のような場所で育って/門脇篤史
自由帳 「みんなのみんなのうた」
きむろみ(1)
きむろみ(2)
中牧正太どんまい集
照屋沙流堂のえらぶ中牧正太作品30首 (うたの日首席100回記念)
中牧正太試論(うたの日首席100回記念)(1)
中牧正太試論(うたの日首席100回記念)(2)
中牧正太試論(うたの日首席100回記念)(3)
中牧正太試論(うたの日首席100回記念)(4)
中牧正太試論(うたの日首席100回記念)(5)
プルプルたかたか(1)
プルプルたかたか(2)
プルプルたかたか(3)
「恋しくて」 多香子
りむたん
童話集  (雀來豆)
風の日に けら
寄せ書き短歌
サンキュー(1)
サンキュー(2)
サンキュー(3)
サンキュー(4)
サンキュー(5)
サンキュー(6)
サンキュー(7)
サンキュー(8)
うさぎの背中2
連作「ノート」 五條ひくいち
二度見 (荻森美帆)
白いシャツ (文乃)
凛の織永(知己 凛)
心からの感謝をこめて  (木蓮)
カレー集
カレー集つづき
しましましゅう
しま・しましまのディープな世界(1)
しま・しましまのディープな世界(2)
しま・しましまのディープな世界(3)
しま・しましまのディープな世界(4)
しま・しましまのディープな世界(5)
秘密結社DDIT (1/3)
秘密結社DDIT (2/3)
秘密結社DDIT (3/3)
わたしの選ぶうたの日のうた
2014年5月~12月
2014年12月~2015年7月
2015年7月~12月
2016年2月~5月
2016年5月~9月
2016年9月~11月
うたの人々
1代目~11代目
12代目~19代目
20代目~29代目
うたの史
2014年3月~12月
2015年1月~7月
2015年8月~2016年2月
2016年3月~9月
2016年10月~12月, 注釈(1)
注釈(2)
注釈(3)
うたの日1000日データ集
全データまとめ、部屋ごとTOP10(1)
部屋ごとTOP10(2)
総合成績TOP10(1)
総合成績TOP10(2)
総合成績TOP10(3)
ベストうた
いろいろTOP5:2014年前半(1)
いろいろTOP5:2014年後半(1)
いろいろTOP5:2014年前半(2)
いろいろTOP5:2014年後半(2)
いろいろTOP5:2015年前半(1)
いろいろTOP5:2015年後半(1)
いろいろTOP5:2015年前半(2)
いろいろTOP5:2015年後半(2)
いろいろTOP5:2016年前半(1)
いろいろTOP5:2016年後半(1)
いろいろTOP5:2016年前半(2)
いろいろTOP5:2016年後半(2)
よせがき
ののさんへ(1)
ののさんへ(2)
ののさんへ(3)
ののさんへ(4)
ののさんへ(5)
裏管理人から管理人へ
編集後記
うたの日1000日記念号プロジェクト
編集後記
奥付
奥付
裏表紙

閉じる


<<最初から読む

208 / 293ページ

中牧正太試論(うたの日首席100回記念)(1)

  はじめに

「うたの日」という、毎日題詠歌会が行われてるウェブサイトがある。ここでは、1日3〜4の題詠の部屋があり、24時間のあいだに短歌を投稿、その後3時間のあいだに投票を行ない、得票の一番多い者が首席となる。先日(2016/05/27)、このサイトで快挙が成し遂げられた。
すなわち、首席通算100回の快挙である。
達成者は、中牧正太氏。
照屋は、彼と一度しか会ったことがなく、それほど仲が良いというわけではないが、彼の偉業を称え、同時に、彼の作品について考えてみたいと思ったので、ここに試論をこころみてみる。
いずれ書かれるだろう中牧論の先鞭の、その先の風圧にでもなればさいわいである。

  オールラウンダーの肖像

中牧作品の印象は、一口に言ってオールラウンダーのような上手さを備えている印象である。これは、「うたの日」が題詠歌会であることも少しは影響しているかもしれないが、与えられた題をどのように短歌的に処理するかという課題において、さまざまなバリエーションを持っていることを意味する。

◯スポーツをからめた処理

「彼のこと信じてあげるべきだろう」中継ぎエースは腕で抱かない 『エース』
川の辺の恋でみがいた渡辺のアンダースローにはかなわない    『投』
サヨナラのヒーローインタビューでしたお返しします自由を君に  『ヒーロー』
春未満 遠くに君を見つめればロングシュートの実りがたきよ   『長』
強かったころの明治のスクラムのイメージでゆく求婚の海     『大学』

題に対して、恋愛模様を野球、サッカー、ラグビー、(ビリヤード)など、スポーツに重ねて処理するのは、落語の三題噺的な手法とも言える。

◯性別変更

絵葉書でこの身をつなぎとめる人、大志も良いがわたしを抱け   『葉』
迷うのよこの不自由はやさしくてあの不自由は仕事ができて    『自由』
あの人へ帰るあなたのシャツにこのミートソースが飛びますように 『パスタ』
新品に戻らないけどできるだけあなたを容れるための空っぽ    『空』
ほんとうにわたしでいいの印鑑は首をかしげているようだけど   『印』

「うたの日」の参加者は女性が多いので、男性風の作風は支持を得にくかったり、特定されやすかったりする。そういう点でのフェイク的な理由もあるかもしれないが、逆にいうと、多くの女性の厳しい審査に晒すわけでもあり、リスクもある。これは中牧氏に限った問題ではないが、短歌における女性性の表現において、女性言葉でジェンダーを表記する方法については、俵万智の文体以降、大きく変化していないようだ。


中牧正太試論(うたの日首席100回記念)(2)

◯旧仮名
ぎりぎりで隠し通してくれたまへ高等学校制服女性        『ギリギリ』
諍(いさか)ひて帰る男の軽トラの梯子は月へ飛び立つ角度    『はしご』
それならば吾もときどき壊れやう君の昔の車のやうに       『昔』
それからはアンドロイドに替へましたとても仲良く暮らしてゐます 『それから』
数学に長けたるきみに想ひ出が数へ切れぬと云はせたいなあ    『学』

これも題詠歌会の性質上、匿名性を出す演出の一つとみることもできる。彼の傾向的に、旧仮名を使用するバランスとしては、少し照らいのある内面の吐露や、現代的、未来的のシーンに、ある抑制として旧仮名を用いているのではないか。

◯恋愛
はちみつを紅茶に入れるブログとかもうやめていい僕がいるから  『はちみつ』
雨ですね給料半分あげましょう君も半分くださいとわに      『給料』
こっちだと思ったほうと反対の電車に乗ってお嫁においで     『ドジ』
はじめましてどうぞよろしく赤い傘その役割をいつかください   『デート』
雨だけどいっそ僕ではどうですかつぶれた店の軒先だけど     『だけど』

ふつう、性別変更して歌う歌人は、気持ち悪がられるかもしれないが、彼がそうならないのは、性別変更以上に、がっつりとアプローチする短歌も多いからかもしれない。ユーモアを漂わせながら、ちゃんと告白していく姿勢は、リアルが充実している背景も予想させる。

◯言葉、文字
短編の僕らをのせて井の頭公園行きのスロウボートは       『船』
サンチャとは何と聞けずにうなずいた わたしいつまで野苺さがし 『鋏』
ああそうかすべての恋は終わるのだ平家蛍が「ん」と書いてゆく  『虫』
ありがとう楽しかったと笑む君の明朝体になりゆく言葉      『明』
つかまえることの上手な人たちの渋谷一面ライ麦畑        『本のタイトル』

いわゆる詩的な、詩言語としての形容も、言葉遊びがいきすぎず、現代短歌の、平明でありながら、印象的に処理するトレンドに沿っている。
これがあざとくなるかどうかのバランス感覚は、つくり手よりも読み手のそれであろう。


中牧正太試論(うたの日首席100回記念)(3)

  作風の分析など

項目ごとの書き出しはこのあたりにしておいて、彼の重複するモチーフについて考えてみよう。彼はしばしば、同一モチーフ(あるいはくせ)を持っているようで、ここに、彼の作劇術(ドラマツルギー)と、技術的な発展を辿れるか。

◯色の表現

けんかしてあいだをとった紫のマーチで行こう行けるとこまで   『紫』
赤色を好んだ君の紫のネイルおそらく彼氏は青木         『赤』
キレンジャー以上アカレンジャー未満、僕はあなたを助けていいか 『橙色』
黄色黒赤の誰もが道を断つ僕たちならば青へ飛ぼうか       『踏切』

時系列で並べた。「赤と青のあいだの紫」というモチーフは2回使われ、次には題「橙色」から「黄色と赤」に分解している。そして踏切ではさらに多色へ展開されている。

◯風俗の照らい

ふるさとの山河しずかに元気あり風俗店もがんばっており     『元』
ふるさとの駅はほほえむ黒松もソープランドもがんばっている   『泡』
モーテルの一つしかない町であるモーテルがんばれ僕もがんばれ  『ラブホテル』

これも時系列だが、これはあまり進展というよりも、同一モチーフである。彼の中での風俗は、都会ではなく(おそらく)地方の風景を伴っていて、その地方の応援と掛け合わせることで性風俗の存在を肯定しようとしている。これは彼一流の照れもあると思われる。


中牧正太試論(うたの日首席100回記念)(4)

 

◯尋ねる、という関係性
ボランチの意味を教えてくれますかまた四年後もめんどくさそうに 『サッカー』
シボレーとあれは読むんだ 真夏日の君に教わる二つめのこと   『アメリカ』
このBの意味をきくのは幾度目か初めて地下で失恋をする     『B』
次の冬も尋ねたいから忘れたいその鍋を持つ手袋の名を      『手袋』

同じことを何度も尋ねる、という行為を、愛情の行為に彼は換える。この他者性が、彼の作風が独りよがりになるのを防いでいるように思える。

◯間違い探し
間違いを見落としがちな八月の瞳四つで見る左右の絵       『4』
早春の間違いさがしああこれか左の絵には太陽がある       『間』
少年がこんなにうれしそうなのに左右の絵には間違いがある    『絵』

これも時系列だが、3つめの作品が、記念すべき首席100回目の作品である。間違い探しのモチーフでは、彼の作品がより詩的に発展しているのが如実にわかる。彼の作風は、才能によるよりなお、努力に預かっていることがよくわかるのだ。

 

  おわりに、内省的なリリシズム
最後に、照屋がもっとも評価する中牧作品の30首選から、いくつか挙げ、照屋のおもう中牧作品の優れた点について書く。

ぼくの手がぼくの体に服を着せ通夜の支度を整えている

  誰かの通夜に参加する主体の、通夜の相手との関係や、主体の内面のことを、主体の身体をバラバラに描写することで伝える表現はみごとである。


3D映画のあとの手のひらの雨粒もうひとつ来い雨粒

  3D映画という、立体的に見えるが立体ではない映像表現に浸ったあとに、雨粒というかすかだが確かに立体物であるものに触れたく思う心情を、命令形にすることで、ある時代的な切迫感まで帯びた表現になっている。


中牧正太試論(うたの日首席100回記念)(5)


グランデは意外にでかく僕たちは初めて顔の全部で笑う

  こんなに楽しくて、幸福で、安心したシーンを描けることが不思議に思う。


よかったら歩きませんかさよならへあのどうしようもないさよならへ

  これは「結婚」という題で、そこからこの作品を導き出すのもすごいことだが、「歩く」と「さよなら」だけで、結婚生活の質まで浮かび上がらせているのは驚きである。

がりりごり使い込まれた合い鍵を渡されながら飴玉を噛む

  複雑な、怒りも悲しみもちがい、嫉妬、とまでいかない感情を、ユーモアをふくんだオノマトペで処理した名歌だと思う。

30首すべて挙げるわけにはいかないので止めるが、照屋が選ぶ作品は、おもに、これまで述べてきた、オールラウンダーの彼が、饒舌な言葉を抑制し、内面の、まだ言葉になっていない、あるいは、してはいけない感情について丁寧に詠う作品に引かれて選んでいるようである。

中牧正太という、歌人について、照屋は、ロジカルな表現技法を持ちながらも、それによって内省的なリリシズムを表現する、現代的な詩人の一人であると思うのである。

 

 

 

 



読者登録

うたの日さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について