目次
ざ・新世界
活気にあふれた町、新世界を楽しんでくださいませ。
通天閣界隈には判りやすい店が多いです。 ここは見てのとおり、フグ専門店
串かつ、こなもんなんでもありまっせ!
新世界には、日本一やら元祖がやたら多い。
ビリケンが通天閣に来たのは明治45年(1912年)だそうな? ほんまかいな?
「冷凍だこは使いまへん、生だこのみやで!」
「2度付け禁止やで!」で有名なおやっさんです。 「どて焼き」も美味い!
今も昭和を味わえる大衆演劇は健在なり! 国宝に指定されたりして。。。
新世界には「並ぶ」という単語は存在しません。
モーニングセットは「Coffee & トースト」 新世界でその常識通じません。
「新世界」のメインストリート、じゃんじゃん横丁です。 昭和の世界へあなたをタイムスリップさせてくれます。
Humor make life richer 笑いなくして人生なし! この考えが大阪のルーツかと思います。
将棋を観戦するおっちゃん、おばちゃん。 将棋棋士、阪田三吉と小春さんは今も新世界のヒーロー&ヒロインです。
関西弁ほるもん(捨てる物)というところからきているという説もある「ホルモン」は「もったいない文化」の先駆けであり、美しき日本の文化ですね。
通天閣は今日も、明日も、ず~と古き良き昭和の時代を味合わせてくれる町です。
ざ・新世界でした
最後に

閉じる


ざ・新世界

大阪には「ミナミ」「キタ」と言われる大きな繁華街があります。

 

「ミナミ」はご存知の道頓堀、心斎橋、戎橋などが有名ですね。

「キタ」も梅田駅近辺のおしゃれな繁華街で有名ですね。

 

でもね、大阪には「新世界」というところもあるんです。

 

大阪浪速区(天王寺近く)にある繁華街ですが、ここは、「ミナミ」や

「キタ」とは少し違った趣があるんですよ。

 

1912年に大阪の新名所として「新世界」が誕生したようです。パリ、

ニューヨークをまねしたらしいですが、大阪独特の香辛料で味付けされ、味わい深い町に仕上がっていると思います。個性強すぎという人もいますが。。。

 

戦争で金属が必要とのことで、通天閣の解体、空襲を受けて町の壊滅、昭和の高度成長時代に取り残されさびれた時代など、むずかしい時代を経験してきています。

 

でも町のひとびとは 「不況?なんぼのもんや」と、わが道をたくましく生きてきました。

 

90年代に入ると、昭和を懐かしむひとびとが増えてきて「新世界」が

見直されてきました。

 

映画、ドラマでも舞台になるなど「新世界」にとって“めぐみの風”が吹いたわけです。

 

今では、他地域からや、海外からの旅行者も多く、「新世界」も賑わいをみせてきました。

 

昔から「新世界」のひとびとは変わってないと思います。どうぞ、皆様も昔から変わらない古き良き昭和の時代を今なお残す「新世界」をご堪能ください。

 

このミニ写真集が「新世界」を垣間見る助けになれば幸いです。

 

AKI


活気にあふれた町、新世界を楽しんでくださいませ。


通天閣界隈には判りやすい店が多いです。 ここは見てのとおり、フグ専門店


串かつ、こなもんなんでもありまっせ!


新世界には、日本一やら元祖がやたら多い。



読者登録

teabreak-beachさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について