閉じる


<<最初から読む

9 / 33ページ

試し読みできます




よく朝になると なきまくらたちはみんな おしいれに入っていくと
たたんだ ふとんの上に乗ってねむりました

「 まくらが おしいれに入っちゃった 」

「 ちゃんと自分たちのお部屋にかえるのね おりこうさんね 」

「 まったく たいしたもんだ むかしから
『 なきまくらの宿る家には ねずみはでない 』と いわれているしね 

ゆめちゃんは 「 すごいね! 」と かんしんしました

お父さんは にこにこしながら いいます 
「 いつもきれいで ふかふかなふとんのある おしいれをこのむというし
お母さんが きれいにしてくれているから ここにきたのかもしれないね 」

お母さんは 「 まあ 」といって えがおになりました

「 それにしても ほんとうに いいまくらだよ しごとのつかれも すっかり とれたみたいだ 」

「 そうね なきまくらは人をぐっすりとねむらせて 
しあわせなゆめがみられる といいますものね
なぐさめまくらとか 子守まくらとも いわれていて わらべうたも あったんだもの 」

「 ゆめもね たのしいゆめをみたよ 
えーとね はねがはえた ライオンにのって 空をとんだの 」

「まあ それは たのしそうなゆめね ゆめちゃんよかったわね 」
「 うん! おかあさんは? 」

「 お父さんの およめさんになった日のゆめよ 」
おとうさんと おかあさんは しあわせそうにわらっています

それから
「 ありがとう またね 」と まくらさんたちに手をふって
おしいれをしめました



試し読みできます




お母さんは 天気のいい日に ふとんを干します
ゆめちゃんも ぽかぽか たいようのにおいのする おふとんがすきです

お母さんは いつものように うたっています
おふとんを干しながら うたいます

夜は おしいれからでてきて 朝は おしいれの中で ねむるまくらたちも
天気のいい日には えんがわに出てきて ひなたぼっこをしながら ねむります

そんな日は お母さんのはなうたが まくらたちの子守歌
まくらたちは 気持ちよさそうに ねむります

試し読みできます




おしいれの中のまくらたちは
夜の ねるころになると おしいれのなかから かりかりと ふすまをかぐり 
音をならして さいそくします
いつからか おしいれをあけてやるのが ゆめちゃんの しごとになりました

「 ふぁ~ みんな夜だよ・・でておいで・・ 」


試し読みできます




あるばんのことです
お父さんは まくらをうらがえしにおいて ゆめちゃんに こう おしえてくれました

「 ゆめちゃん なきまくらには ひみつがあるんだよ 」
「 ひみつ? ひみつってなあに? 」

「 なきまくらのひみつは おなかにあるんだよ 」
「 おなか?ひみつのおなか? 」

「 うん 」と お父さんは うなずきました

「見てごらん なきまくらのおなかは ふだんはしっかりと むすばれているだろう?
それは ここに ちからが ふういんされているからなんだよ
なきまくらは おなかに 小さな うちゅうをもっているんだ 」

「 ちいさな・・ うちゅう? 」 ゆめちゃんにはなんのことだか わかりませんでした
「 ためしてごらん そうすればわかるよ 」

そう言っておとうさんは まくらのおなかのひもを ていねいにほどきました
ふわふわのあたたかそうな まくらのおなかが でてきました

試し読みできます



「 さあ ひらいたよ ゆめちゃん ここに まくらのおなかに とびこんでみなさい 」

「 とびこむって どうやって? 」

「 おなかに かおをうずめるのよ ゆめちゃん 」と お母さん

ゆめちゃんは ちょっぴり こわかったのですが 
ゆうきをだして ふわふわの おなかに かおをうずめました

「 えい! 」



読者登録

由井青朗さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について