閉じる


<<最初から読む

1 / 33ページ

試し読みできます


まくらにやどる おばけを 知っていますか?

これは そんなおばけの おはなしです


試し読みできます


ここは ゆめちゃんの おうち
今夜も お父さんと お母さんと
なかよく お休みします

試し読みできます


お父さんと ゆめちゃんは いつものように いっしょに おふとんをしこうとしていました
おふとんを出そうと おしいれに 近づいたとき 何やら 
中から もの音が きこえてきます
 
ねずみでもないし ごきぶりでもありません

もっと大きなものが うごいているようです

お父さんはゆめちゃんにいいました

「 ゆめちゃん きこえるかい? おしいれの中から 音がしているよ・・ 」
「 えーん・・ こわいよ・・ おばけだったら どうしよう おとうさん・・ 」

「 でも おしいれを あけなくっちゃ・・ 中にある おふとんをしくことができないよ 」
「 こまったね・・ 」

お父さんはゆめちゃんにいいました

「 よし お父さんが おもいきってあけるから 
ゆめちゃんは うしろで お父さんをはげましてくれ! 」
「 うん! わかった まかせて 」
「いくよ! せーの・・ それっ! 」.

お父さんは おおきな声で そっと ふすまをあけました

試し読みできます




なんでしょう なにやらうごいています
おしいれの中で まくらがうごいていました
お父さんとゆめちゃんは とてもおどろきました

「 まくらがうごいているよ これはなきまくらだ 」

中をみると いつも家族でつかっている まくらがみあたりません
それに 目の前で うごいている まくらたちのカバーの 色や柄が
いつもゆめちゃんたち家族がつかっているものとまったくおなじでした

「 なきまくら? なきまくらってなぁに? 」

ゆめちゃんは ふしぎそうな顔でたずねました

「 むかしから このあたりにいるといわれている まくらに宿るおばけさ 」

「 やっぱりおばけ! やだ こわいよ 」

「 こわがることないよ なきまくらは しあわせをはこぶ いいおばけというからね 」 

「 いいおばけなの? 」

「 そうだよ 静かで平和な家の いごこちのいい おしいれをこのんで
すみつく まくらのおばけなんだ お父さんが まだ ちいさかったころには 
このあたりにもすこしはいたんだけどね 」


試し読みできます




そこへ 「 どうしたの? 」と おかあさんがやってきました

「 なかに おばけがいるの まくらのおばけ 」
「 みてごらん なきまくらが いるんだよ 」
と ふたりは おしいれを ゆびさします

「 まあ ほんとうに なつかしい こどものころ いらいだわ 」
おかあさんも中をのぞくと
まくらたちはびっくりして おしいれのおくに かくれていました

「 さあ おいで・・ こわくないよ・・ でておいで 」
おとうさんは やさしい声で まくらたちによびかけると 
そのうちのひとつが おそるおそる でてきました

「 さぁ いいこだね・・ 」
おとうさんは でてきたまくらをだきよせ やさしくなでながら しずかにいいました

「 なきまくらはね おおきな音や さわがしい声が にがてなんだ 
だから こうやって しずかにやさしく なでてやるんだよ 」

「 そうするとね・・ きもちのいいこえで なきはじめるんだ
ほら・・ きこえるかい? なきはじめたよ・・ 」

ゆめちゃんが 耳をすませていると なにかきこえてきました

ごろごろ・・ごろろ・・ ぶるんぶるん・・・

ごろごろ・・ごろろ・・ ぶるんぶるん・・・

「 ほんとだ・・ ないてる 」

「 こどものころには どこの家にも よくきていたけどね 」と おとうさん
「 おしいれのあるいえが へったせいかしら 」と おかあさん
ふたりは なつかしそうに まくらのこえを きいています

しばらくすると ようすをうかがっていた ほかのなきまくらたちも でてきました


読者登録

由井青朗さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について