twitterアカウントでログイン

カテゴリー コミック ファンタジー , ヒューマンドラマ 作者 影待蛍太
価格 90円(税込)
【#11】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記- 』 『 【#12前編】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記- 』 『 【#12後編】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記- 』 『 【#13】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記- 』 『 【#15】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記- 』 『 【#16】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記- 』 『 【#17】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記- 』 『 【#18】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記- 』 『 【#19】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記- 』 『 【#20】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記- 』 『 【#21】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記- 』 『 【#22】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記- 』 『 【#23】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記- 』 『 【#24】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記- 』 を購入した方は 70円(税込)
タグ GROUNDLESSアリストリア改国戦記インターミッション回
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

125 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 執筆中 ページ数 35ページ (Web閲覧)
36ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
#25.置いてきた夢
-------------------------------------------------------------------
架空世界を舞台としたミリタリー漫画、#25。
ダシアに戻ってきた自警団分遣隊一行は、束の間の休息を取っていた。
祝賀ムードの中で、ソフィアは次の戦いの気配と、
自身の存在の不安定さを感じ取っていた…
-------------------------------------------------------------------
※今回から表紙を用意できないので
トビラページが2ページ続いているように見えますが仕様ですm_ _;m
ご了承ください。



【お知らせ】
双葉社様よりGROUNDLESSの単行本が発売されております。
2016.5/20に#22、23、24を収めた第6巻が発売予定!
今回も加筆修正、カバー下に描き下ろし4コマを加えております。
もし気に入っていただけたら、書店や通販店などでお買い求めいただけるとありがたいです。


※本文1p目(カラーの表紙の事ではありません)が左頁になります。

公開・修正履歴
2016.8/22__パブーで公開
(事前に当方のサイトで連載)

サイト
http://www.coldturbine.com/
ツイッター
https://twitter.com/kagemachi

■漫画の頁
http://www.coldturbine.com/manga_ppv.html
■玄関頁、リンク等はこちらへお願いします
http://www.coldturbine.com/


推奨閲覧ツール:
PCの場合
(ビューア)
Leeyes Ver2.6.1
http://www3.tokai.or.jp/boxes/leeyes/

(プラグイン)
axpdf.spi-1.10
http://mimizunoapp.appspot.com/susie/

上記二つのzipファイルをダウンロードしていただいてそれぞれ解凍。
axpdf-1.10フォルダ内のaxpdf.spiファイルをleeyes261フォルダにコピー。
Leeyes本体を起動し作品PDFファイルを開いてください。見開きで読めます。
画面構成は色々いじってもらってお好みで(F11で全画面表示)。
キーボード上下キーで2pめくり(推奨)、
左右キーで1pめくり(巻物的な感覚)になっております。

iPadの場合
(ビューア)
「i文庫HDでいい感じに読めるよ」との報告を頂いています。

コメント一覧

sgykfjsmさん>>>ありがとうございます!漫画楽しんで頂けて、またたくさんお褒め頂きうれしいです。昔から箱庭のようなものを作ったりイメージするのが好きだったのと、自他の死生について考えることが多かったので、そういう部分がこの作品で活きて、何かしら読者の方に伝わるものにっていればいいなと思って描いております。遅筆なのが本当に申し訳ないのですが、これからもこつこつ描いてまいりますので今後とも長い目で読んで頂ければと思いますm_ _m
影待蛍太 : 2016-09-09 06:23:44

はじめまして。単行本を購入して以来、この作品に惚れ込んでいます。 この作品はとても架空のものとは思えず、物語の深みを作品の世界観、人物の台詞や挙動、街の政治状況などから感じ取ることができるのがとても好きです。 あと、ほろ苦いところも良いです。ただ話を暗くするのではなくて、なぜ彼・彼女らがそのような発言をしたのかを考えることができるコンテキストが作品中に描写されていて、作品への没入感を高めてくれます。 今回だとラストのソフィアの発言とモンドの反応がもうたまらないです…。色々と妄想してしまって涙腺がゆるんでしまいました…。 長々と申し訳ありません。とにかくこの作品が好きだということを伝えたくてコメント欄にお邪魔しました。
sgykfjsm : 2016-09-07 22:35:14

pxa640さん>>>いつもありがとうございます!大陸系(白人)が中心になっている西海岸都市部や北部油田地帯と陸外系が中心になっている中部や東部、南部はかなり力に差があるというイメージです。以前は車が生活の中心になりつつあったけど、封国によって特に地方は馬車中心に逆戻りしたというような…そんなイメージでおります。ソフィアがモンドの射撃を見て驚いたのは単純にモンドの腕を知らなかったから驚いた、という描写のつもりです。意識するようになったのは死線を一緒に何度も潜った結果という感じですね。シュバーハンは…先々の章で彼の人生からして描写していければいいなと思っています。ルッツェンはちょっとお休みですね。…今後ともよろしくお願いしますm_ _m
影待蛍太 : 2016-08-26 17:22:16

待ってました。 首都はさすがに結構都会なんですね。 ソフィアが胸キュンしたのは、 モンドの銃が意外に上手かったから? えー、基準そこかよって感じですw シュバーハン戦場では格好良いのに、 恋愛では不遇・・・モンドより格好良さげなのにモテないのは、 ガッツきすぎてるせいですかね? あと、平和パートだとルッツェン出番なし。
pxa640 : 2016-08-25 16:16:45

facebook コメント一覧