twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション エッセイ・インタビュー , ノンフィクション 作者 koberyo1
価格 無料
タグ 昭和昭和史歴史海軍帝国海軍旧日本帝国海軍蛟龍特殊潜航艇特攻みづち水神予科練
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

13 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 1ページ (Web閲覧)
3ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
蛟龍(こうりゅう)とは、水に関係する伝説上の生き物、たとえば龍などの水神を意味するようだ。日本では、「みずち」とも呼ぶらしい。その「蛟龍」の名を冠した旧日本帝国海軍の特殊潜航艇がある。わたしの知人であるKさんは予科練でパイロットの訓練を受けた身でありながら、特殊潜航艇の特攻を命じられ、出撃の時を待っていた。そしてとうとう出撃命令はくだされす、ついに呉市の秘密基地で8月6日の快晴の朝を迎えることになる。それは翼を奪われ、また水神の名をいだきながらも死ぬことを許されなかった少年が目撃した壮絶な光景、生と死を分岐点からの眺めだった。知人のKさんのゆるしを得て、このささやかな文章を、在りし日の少年兵にささげる。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

子ども達との出会い、子ども達と過ごした時間、たくさんの出来事は、私の人生を大きく変えました。 同じ時...

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...
3000円
『仏道の真実』

この本を開く

本書は、仏道の真実について如来である私(=SRKWブッダ)が直接記したものである。覚りの真相、覚りの...

この本を開く

長引く手術をひたすら廊下で待つ女。その女の元に一人の入院患者が話しかけてきて…。

この本を開く

『熊』、『長い下りエスカレーター、及び哲学的なゴリラ』、『閉鎖回路』、『西暦2999年』、計四篇の短...

もっとみる