閉じる


試し読みできます

は じ め に

 “下準備の時に合わせ調味料を作っておく”と言うのは中華料理の一つの特徴です。 『○○○○があれば○○○○がすぐにつくれる』と書かれた市販の調味料は、この特徴をいかして作られています。 

 

 市販の合わせ調味料を使えば本格的な中華料理を作る事は可能ですが、大勢の人が『添加物が入っているから心配!』という不安を感じながらも、安いし簡単だからと言う理由で使っているのではないでしょうか?

 

 実は、『○○○○があれば○○○○がすぐに作れる』と言うようなものには、ご家庭に常備している調味料だけで作れるものもあります。

 

 ただし、合わせ調味料をはかって作るのが習慣になると、『作る度に計量しないと、どんな料理が出来上がるか不安で作れないです』 『はかりながらだと面倒だし、時間もかかるからストレスがたまります』などの悩みが生じるようです。数人の生徒さんから相談された事があります。

 

 このような相談を受けた時は、『毎回、必ず味見をしながら調味料を加えて作ってみて下さい』 『初めは美味しく作れないかもしれないけれど、慣れれば必ず美味しく作る事が出来る様になります』とアドバイスをしています。

 

 あなたにもストレスをためてほしくないので、味見をしながら作る事を習慣にして頂きたいとおもいます。 あなたのお気に入りな一品を本書から見つけて頂ければ幸いです。

 

 

著者紹介

平成21年~

蔵とラーメンの町『喜多方市』で

料理教室 “Cooking Salon Aizu”主宰

略歴
東京ホテルニューオータニ            
武蔵野調理師専門学校(夜間部)          
レストラン経営                   
若松ワシントンホテル            

資格  

調理師免許  食育インストラクター

 

 


試し読みできます

も く じ

はじめに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1
もくじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2
鶏肉とナッツの炒め物(宮爆鶏丁)・・・・・・・・・・・・・・・・・・3
鶏肉とゴーヤーのカレー風味(伽哩鶏塊)・・・・・・・・・・・・4
春雨と鶏肉のくず引き煮(粉鶏肉)・・・・・・・・・・・・・・・・5
じゃが芋と鶏肉の細切り炒め(洋芋炒鶏絲)・・・・・・・・・・6
鶏肉と里芋の煮込み(芋艿焼鶏)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7
酢豚(糖酢肉片)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8
ピーマンと豚肉の細切り炒め(青椒肉絲)・・・・・・・・・・・・9
豚肉のカレー風味焼き(伽哩肉片)・・・・・・・・・・・・・・・・10
筍と豚肉の炒め物(冬筍炒肉)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11
ザーサイと豚肉の炒め物(搾菜炒肉)・・・・・・・・・・・・・・12
あとがき・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13
奥付


試し読みできます

鶏肉とナッツの炒めもの( 宮爆鶏丁 )

鶏肉とナッツの炒めもの

( 宮爆鶏丁 / コンバオヂーディン )

 

材料(2人前)                              下準備 
鶏もも肉                        1枚                       2cm角に切って、下味を付けておく。
鶏肉下味用 : 塩・こしょう・酒・片栗粉 各適量  

 
カシューナッツ                 35g                       低温の油で色よく炒めておく。
筍水煮                          1個                        2cmの角切り。
ピーマン                         2個                       2cmの角切り。
長葱                          1/2本                       斜め薄切り。
生姜                          1/2片                       薄切り。
鷹の爪               適量              市販の輪切り。 

 

≪合わせ調味料≫・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ボウルに入れて混ぜて置く。   
★塩               小さじ1 
てんさい糖         小さじ1 

醤油             小さじ1 
酒               小さじ1 
ごま油             小さじ1 
片栗粉             小さじ1 
こしょう             少々 
水          大さじ1と1/2 


キャノーラ油         適量 

 

作り方
1、鍋に多めの油とカシューナッツを入れて弱火で炒め、軽く色づいてきたらキッチンペーパーに上げて油を切る。
2、鍋に油を熱して鶏肉をほぐしながら炒め、ほぼ火が通ったら取り出しておく。

3、同じ鍋に多めの油を熱して生姜とネギと鷹の爪を炒め、香りがたってきたら筍とピーマンと鶏肉を加えて炒める。

4、★印の合わせ調味料をまわし入れて味を調え、カシューナッツを加えて手早く炒め合わせる。

 

コツとポイント
※カシューナッツは余熱で火が入ると真っ黒に焦げてしまうので炒めすぎに注意して下さい。
※他のナッツ類(ピーナッツ、クルミ、アーモンド等)でも美味しく作れます。 


試し読みできます

ピーマンと豚肉の細切り炒め( 青椒肉絲 )

ピーマンと豚肉の細切り炒め

( 青椒肉絲 / チンジャオロウスー )

 

材料(4人前)             下準備
豚ばら肉スライス        200g      5mm幅に切り、酒と醤油と塩とこしょうで下味を付ける。
ピーマン                 8個        縦半分に切って種を取り、横方向に細切り。
筍水煮                150g         横方向に薄切りにして、横に細切り。
長ねぎ               1/2本        縦半分に切って、斜め薄切り。
酒                   大さじ1
醤油                 小さじ1
塩とこしょう              各適量

≪合わせ調味料≫
酒                 大さじ1
醤油                大さじ2
オイスターソース        小さじ1
こしょう                少々
水溶き片栗粉         小さじ1

キャノーラ油            適量

 

作り方
1、合わせ調味料の材料をボウルに入れてよく混ぜておく。

2、鍋にキャノーラ油を熱して豚肉を広げ入れ、しばらくそのまま焼いて皿に取り出して置く。

3、同じ鍋にキャノーラ油を足して熱し、ピーマンと筍を炒め合わせて豚肉を戻し入れる。

4、合わせ調味料をもう一度かき混ぜて加え、強火で一気に炒め合わせる。最後に長ねぎを加え、火を止めて余熱で火を通す。

 

コツとポイント
※調味料の分量は、あくまでも目安です。最後に味見をしながら、美味しいと感じる味に調えて下さい。 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)

読者登録

山口良一さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について