閉じる




やぁ!

ぼくは、りす。


きみの住んでいる街の、となりの森に住んでいるよ。

今日は、ぼくの森を紹介するね。




シロツメクサとミツバチは、とってもなかよし。
いつも楽しそうにお話している。

歩くことのないシロツメクサに、

ミツバチが森のいろいろなニュースを届けてあげている。




この木では
次から次へと兄弟姉妹たちが生まれている。

近くに行くといつも
楽しげなおしゃべりや、くすくす笑いが聞こえるんだ。




これは、ほわほわボール。

これで遊ぶととっても楽しいのさ。


でもこれは、乱暴者には扱えないよ。

やさしくやさしく扱うのがコツ。


りすたちと小鳥たちとで、キャッチボールをする時もあるよ。

ちなみにりすは、手よりしっぽの方をよく使う。




ひらひらひらひら
ちょうたちが集まっている。

いや、そうではなく、
この花からちょうたちが生まれ、飛びたっていくのかもしれない。

ひらひらひらひら
ひらひらひらひら

いつもぼくは

どちらなのかよくわからなくなってしまう。



読者登録

sakikoさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について