閉じる


奥武蔵

第四章

奥武蔵

 


巾着田の曼珠沙華と日和田山

20150922

シルバーウイーク、職場には計らっていただいたおかげで4日間休ませていただくことに。

いつもながらクソ忙しい期間に子育てという好都合な仮面を被らせていただき羽伸ばし。
そのすべて四日間を書き綴ってもダラダラ長文になるので、良き思い出になった3日目の行事の1シーン。

晴海登山部(仮称)の行事。
今が見ごろの曼珠沙華を西武池袋線の高麗(こま)駅近くの巾着田まで。
まだ時刻は朝8時を回ったところだというのにたくさんの訪問者で賑わう巾着田曼珠沙華公園。見事に五百万本の紅色を放っていました。

休日初日に出掛けた鎌倉アルプスの山中で、所々自生する曼珠沙華も可愛いと思っていたけど、このダイナミックさには圧倒!
普段、花に疎い私だけどカメラのシャッターはたくさん切りました。

その後は部活としてメインである日和田山にアタック。ここ巾着田からそびえて見えるその山は低山ながらもなかなか楽しめる急峻らしい。
それを我ら大人二名、小学生二名のパーティが挑む。

登山口からいきなりキツイ勾配。私にとってはすでにワクワク!

リサーチどおり男坂と女坂に分かれるが、一行は迷わず男坂。

・・・なるほどねぇ。

 

坂というよりは明らかに崖!娘はなかなか先に進めない、弱音もしばしば。
足場の確保、次の手を添える所、三点確保の前進を指示しながら登らせる。
途中、スイスイと追い付いて来た女の子二人に声をかけると娘と同学年。
これで闘志を燃やしてくれる。よし思惑通りだ!
と、思いきや、
娘 「こっちはこんなに大きいリュック背負ってるんだよぉ!」とブーイング。
うん・・・たしかに己の飲料水1リットルと、登頂後に昼食で使う四人分の食料の全てを背中に携えている。ここで滑落されたらランチは無い(笑)。

それでも未就学児の女の子がお父さんと登ってきて先を越されたのに心揺らいだのか、黙々と登り見事に到達。
一足先に待っていた私は娘と両手でタッチ!
私 「お疲れさま!後ろを見てごらん。あそこから登ってきたんだよ!」

先ほどの曼珠沙華を見た巾着田が、まさに巾着の形をしていました。

私 「(この崖を登れるんだから) もっと自信をもっていいよ!」

日和田山(ひわださん、305m)を経て物見山で昼食を済ませた後は、縦走路で武蔵横手駅まで歩きやすい道を辿りました。
(私は三人と別行動で少し遠回りのコースを走ってみたりもしました)